初めて業務用食材を仕入れる時には

初めて業務用食材を仕入れる時には

初めて業務用食材の仕入れをする時には、何から始めればいいのか全く分からない、という人が多いでしょう。
業務用食材はどこから仕入れるのでしょうか。
仕入先は多種多様でそれぞれのメリットとデメリットがあります。
自分のお店で使う業務用食材がどのようなもので、どのような形で使うかによって仕入れ先を考えるのが一番良いでしょう。
ぜひいろいろな仕入れ先を見て、より良い仕入れができるように考えていきましょう。

仕入れ先はさまざま

業務用食材の仕入先はさまざまありますが、どこから仕入れるのが便利でしょうか。
自分のお店で使う業務用食材がしっかり決まっている場合は仕入れ先も選びやすいですが、まだはっきりと決まっていない場合は食材の取扱いが多いところから仕入れるのが良いでしょう。

近場のお店から仕入れる

仕入れをしたい業務用食材がある程度決まっているようであれば、近場にある青果店や精肉店などの専門店から仕入れることができます。近所に良い青果店や精肉店や鮮魚店などがあるなら、そこからの仕入れをぜひ考えてみましょう。
自分でそのようなお店を探しても良いですし、人から紹介してもらってもよいかもしれません。
個人が営業している近所の専門店ではいろいろな種類の食材が欲しい場合は難しいこともありますが、もし良いお店が見つかれば仕入れてみるのもいいでしょう。

市場に行って仕入れをする

町の市場に行ってみるというのも仕入れの一つの方法です。
多くの食材を取り扱っている市場は多種多様な食材と出会えることもあるでしょう。実際に自分の足で市場におもむき、自分の目利きで食材を選んで仕入れている人もたくさんいます。
自分で食材を選ぶ自信があれば市場で良い食材を仕入れることができるかもしれません。
ただ市場での仕入れの場合は仕入れた食材は自分の車でお店に運ぶなどの手間は必要となってきます。

つきあいのある業者から仕入れる

もし以前にも飲食店などで働いていたのであれば、懇意にしていた卸売業者がいる場合もあるでしょう。
その業者に取引を頼んでみる、というのも一つの方法です。
以前に付き合いがあったなら、その会社のこともよく知っているでしょうし、取り扱っている業務用食材もわかります。
付き合いがある分、気軽に頼みやすいと感じるかもしれません。
ただ新たに取引を始めるにあたっては煩雑な手続きも必要となるので、そのあたりをしっかり話をしてから取引を始めるようにしましょう。

インターネットを利用して仕入れる

最近はインターネットで仕入れをする人がとても多く、販売先も多いので仕入れ先の選択肢も一気に広がります。インターネットで仕入れられる業務用食材には魅力的な食材もたくさん揃っており、どの食材を仕入れたいかはっきり決まってない場合でも、いろいろと選びながら仕入れをすることができます。
そのためお店で取り扱う食材の幅も広がるのでおすすめの仕入れ方法です。

インターネットで業務用食材を仕入れる

はっきりと仕入れたい食材が決まっていなかったり、ちょっと変わった食材を仕入れてみたいと思ったりと、仕入れ先の選択肢が多い方が良いと思うなら、ぜひインターネットを活用した仕入れがおすすめです。
インターネットを使えば仕入れの選択肢が大きく広がります。
使ったことがない食材や見たことのない食材も選ぶことができるようになるでしょう。
ではどうやってインターネットで食材を仕入れるのでしょうか。

卸売業者の運営サイトから購入する

インターネット上では業務用食材を卸売りしている企業が自社サイトを運営していることがあります。
そのサイトを通じて、自分が欲しい業務用食材を仕入れることが可能です。
半調理品などを取り扱っていることもあるので、半調理品も含めて仕入れしたいと思っているなら選択肢の一つとなります。
ただ自分が欲しいと思っている業務用食材を取り扱っているかは調べたり、問い合わせたりする必要はあるので、その手間はかかります。
取扱っている業務用食材をインターネット上で見ることができるのはとても便利です。

大手通販サイトを利用してみる

インターネット上には大手通販サイトに出店している企業や生産者も多くいるので、そこでさまざまな検索をかけて、自分が使ってみたい業務用食材を探すこともできます。
どんな食材を使うか決めてから仕入れ先を探せば、生産者とつながることができる可能性もあり、こだわりの食材を仕入れることができるかもしれません。
思わぬ出会いがあるというよりは、あらかじめ買う食材を決めておいて、それをどのショップで買うかを決める、という形になることが多いでしょう。

食のマッチングサイトを使う

インターネットでの仕入れ先の一つに食材のマッチングサイトがあります。
食材の買い手と売り手を結ぶマッチングサイトはさまざまな出会いの場を提供してくれます。
卸売業者などの企業だけでなく、生産者も登録していることが多く、いろいろな食材が豊富に揃っているのが特徴です。
食材のマッチングサイトにもいろいろありますが、登録企業が約9000社以上と非常に多いのが特徴の『BtoBプラットフォーム 商談』はおすすめです。
『BtoBプラットフォーム 商談』はプロが集う食のインターネット市場で、売り手の企業もとても多いので、取り扱い品目もたいへん多くさまざまな食材が揃います。たくさん出品されている業務用食材の中には、きっと使ってみたいと思える食材もあるでしょう。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を使って、自分のお店で使ってみたい食材を探してみてください。

試してみたい時は業務用通販コーナーで

多くの食材の取り扱いがある『BtoBプラットフォーム 商談』ですが、気軽に試してみたいという要望にも応えることができます。
『BtoBプラットフォーム 商談』には業務用通販コーナーがあり、多くの食材が出品されているので、比較検討しながら購入することができます。また見積もりなどを取らなくても、表示価格で買えるので手軽に試しに買ってみることができます。
業務用通販コーナーもぜひ利用してみましょう。

「即決!Mart」で即決購入できる

『BtoBプラットフォーム 商談』の業務用通販コーナーの「即決!Mart」は業務用食材を即決で購入することができます。
表示価格で購入できるので、新たに見積もりを取る必要や商談などの必要もなく、気軽に素早く購入できます。
急ぎで食材が欲しいというときにもカートに入れて購入するだけなのでおすすめです。
また多くの食材と見比べることもできるので、さまざまな食材を知ることができ、こんなものもあるのかという発見があることもあるでしょう。
初めての仕入れで気軽に購入できるのは悩む時間もかからず、スムーズに購入できます。

「全国特産品Mart」こだわりの食材を購入

『BtoBプラットフォーム 商談』の「全国特産品Mart」は業務用通販コーナーの中でもこだわりの食材を多く扱っているサイトです。
トップページには企業のこだわり食材が紹介され、どんな思いで食材が作られているかを知ることができます。
全国の地場食材なども掲載されているので、地域限定のものを購入することも可能で、珍しい食材や隠れた名産品などがあるのも魅力的です。

少量から気軽に試すことができる

『BtoBプラットフォーム 商談』の業務用通販コーナーは、表示価格ですぐに購入できるので気軽に買えるのが特徴です。
また見積もりや商談なしで即購入できるので、食材を試してみたいときにはおすすめです。
少量買うことができるので、初めての食材の試食用やメニュー開発でちょっと使いたいというときはぜひ業務用通販コーナーを利用しましょう。
欲しい食材をカートに入れて簡単に購入できるので、素早く購入することができとても買いやすいサイトです。

使いたいものが決まってきたら
自動マッチング機能を利用する

業務用通販コーナーを利用してさまざまな食材を試してみて、ある程度使いたい食材が決まってきたら、『BtoBプラットフォーム 商談』の自動マッチング機能を利用してみましょう。
自分がどのような食材を欲しいか登録するだけで、自分が欲しい食材を扱っている企業と自動でマッチングできます。
そこから取引に繋がることもあるので、ぜひ自分が欲しい食材を考えて登録してみましょう。

簡単な登録で利用できる

『BtoBプラットフォーム 商談』の自動マッチング機能は情報を簡単に登録するだけで利用することができます。
例えば自分が仕入れたい食材の種類や価格帯、希望条件を登録し、取引したい企業についての情報を登録します。
ここで登録した情報がマッチングに反映されるので、希望はしっかり登録しておきましょう。
さらに自社の情報を登録することで、募集情報が完成します。

欲しい食材に自動でマッチング

こちらの希望を募集情報として登録すればそれをもとに希望に近い食材を取り扱う企業とマッチングできます。
マッチングした情報は一覧で表示されるので、そのマッチング情報をもとに仕入れの交渉を始めましょう。
マッチングされた企業に自分からアプローチをかけてもいいですし、逆にマッチングした先の企業から営業アプローチがある場合もあります。
そこから仕入れに向けて交渉を進めていけば、いい出会いになるかもしれません。

予想外の食材の提案も

自動マッチングの利点は自分が登録した募集情報から思わぬ縁が生まれることです。
希望通りの商品がマッチングされるだけではなく、意外な商品を紹介されることもあります。それによって新しい食材と出会い、そこから思わぬ食材を仕入れることができるかもしれません。
それが自動マッチングのいいところでもあります。

発注はWeb発注を利用する

初めての仕入れということで発注作業に戸惑うかもしれませんが、発注は意外に手間がかかります。しかし『BtoBプラットフォーム 商談』であれば仕入先に発注する際はWeb発注を利用できます。
Web発注の利点はたくさんあるので、ぜひWeb発注を利用してより良い仕入れをしましょう。

発注の手間を大幅に削減

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb発注はインターネットを利用した発注なのでとても手軽に発注できます。
通常であれば電話やFAXを利用して発注することが多いのですが、Web発注ができるので大きく手間を削減できます。
電話での発注はお互いのミスが起きることも多く、さまざまな心配があります。
こちらが商品名を間違えたり、数量を間違えたりというミスもあれば、相手の確認不足で発注ミスが起きることもよくあります。
FAXでの発注も書き間違えがあったり、送信ミスがあったりと余計な心配が発生します。
その点、Web発注であればこちらの空いた時間に必要な数だけ注文すればすむので手間がかからず発注ができます。

発注も履歴もWebで

Web発注はWeb上ですべて完結するのでとても便利ですが、さらに発注だけではなく、発注履歴もWebで確認することができます。
履歴を確認できればどれくらいのペースで発注すればいいか、また発注ミスはないか、などさまざまなことを確認できます。
Web上で確認できるので、お店のメンバーでいちいち確認しあわなくても、それぞれが発注を把握することができます。
また紙ベースでの発注の場合は発注書の保管が発生してスペースと手間が必要となりますが、Web発注はそういう無駄も省くことができます。

支払いは決済代行システムを利用

『BtoBプラットフォーム 商談』では決済代行システムを利用できます。
さまざまな食材を仕入れているうちに取引する企業が増えてくると支払い業務が煩雑になってきますが、『BtoBプラットフォーム 商談』を通じて仕入れであれば、それぞれの仕入先をまとめて一括で支払いが済みます。
『BtoBプラットフォーム 商談』を運営するインフォマートが支払いを代行してくれるので、こちらからの支払いはインフォマートへの一度の支払いで済むのはとても便利です。
Web発注から支払いまですべて『BtoBプラットフォーム 商談』内で完結します。

『BtoBプラットフォーム 商談』で
気軽に仕入れをスタート

初めて業務用食材を仕入れるのにとてもおすすめなのが『BtoBプラットフォーム 商談』。
業務用通販コーナーで試しにさまざまな食材を仕入れるのにも、購入はカートに入れるだけと気軽に使うことができます。
こだわりの食材や地場の珍しい食材を仕入れてみるのも良いでしょう。
また使いたい食材が決まってきたら、自動マッチング機能を利用して、実際に仕入れる食材を決めていくのもおすすめです。
自分が欲しい食材だけでなく、考えてもいなかった食材とも出会うことによってお店で使う食材の幅も広がります。
発注はWeb発注を使うことで手間なく簡単に行うことができ、支払いはインフォマートの決済代行システムを利用することで一回の支払いで終わるのも魅力的です。
『BtoBプラットフォーム 商談』で気軽に手間なく仕入れをスタートさせて、お店の経営に集中していきましょう。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。