専門料理店で使う食材を安く仕入れる方法!お得に仕入れるポイントも紹介!

専門料理店で使う食材を安く仕入れる方法!お得に仕入れるポイントも紹介!

1つのジャンルに絞ったメニュー展開を行う専門料理店は他店との差別化を図りやすく、競合する店が近くに無ければ高い売上を狙えるというメリットがあります。

しかし、専門性の高いお店にするほどこだわりの食材を使用する必要が出てくることから食材のコストが必然的に高くなり、利益が出にくくなることがあります。

専門料理店で安定して利益を生み出すには、食材を安く調達できる仕入れ先を見つけることが重要となりますが、専門料理店で使われる食材を扱う場所は限られていることから妥協して少し高くても仕入れてしまうかもしれません。

しかし、そのような食材でも安く仕入れられる方法があり、仕入れ方法を見直すことで今よりも大幅に安く仕入れられる場合があります。

そこで今回は、専門料理店で使う食材を安く仕入れる方法やお得に仕入れるポイントをご紹介します。

専門料理店で使う食材の代表的な仕入れ方法とは?

専門料理店とは特定のジャンルを中心に提供する料理店のことを指し、イタリアンやフレンチといった特定の国や地域の料理を提供する店から、ジビエ料理や豆腐料理といった特定の食材を使用した料理を提供する店まで様々な業態が存在しています。

専門料理店を経営する上で、特に難題と言われるのが仕入れルートの確保です。

そこでまずは、専門料理店で使う食材を扱っている主な仕入れ先をご紹介します。

1.業務用スーパー、スーパー

業務用食材を中心に扱う業務用スーパーでは専門的な食材を一部扱っていることがあり、急遽食材を仕入れたいときにも便利です。

業務用スーパー以外にも、一般向けのスーパーでも稀に希少性の高い食材や食品を扱っていることがあります。

しかし、希少性が高い食材になるほど目当てのものに出会える確率は低くなり、わざわざ足を運んでも置いていないことがあります。

さらに他の仕入れ方法よりも仕入れコストが高くなるため、メインの仕入れ先に選んでしまうと利益を出しにくくなります。

2.小売店

八百屋や肉屋、魚屋などの小売店は、スーパーと同様、スピーディーに食材を調達できるため、すぐに仕入れたい際に活用できます。

小売店では専門的な食材を扱っていることが多く、業務用スーパーに置いていない食材を扱っている場合がありますが、一般の小売店のため大量発注できない場合があり、価格も安くないことから、仕入れ先として定期的に利用すると利益が出にくくなるため、注意して利用しなければなりません。

3.市場

市場は全国各地から集められた多くの食材が揃うことから、専門料理店にぴったりのこだわりの食材を見つけられる場合があります。

市場が近所にある場合は便利ですが、近くにない場合は遠方の市場まで買い付けに行く必要があり、その場合は交通費や時間もかかるため、他の仕入れルートから仕入れた方がコストを抑えられる場合があります。

また、ほとんどの市場では定休日を設けていることから、仕入れに行く際には、営業日を調べておくようにしましょう。

4.卸業者

食材の仕入れ先の中でも代表的な仕入れルートが卸業者です。

卸業者にはあらゆるジャンルの業務用食材を取り扱っている「総合卸」と専門的な食材を中心に扱う「専門卸」の2つのタイプに分けることができます。専門卸では、業務用の専門的な食材を数多く取り揃えており、スーパーや市場では扱いのない珍しい食材を見つけられることがあります。

しかし、卸売業者と取引するには見積や交渉といったやり取りを必ず行う必要があるため、仕入れに時間がかかる場合があり、急いでいるときには適した仕入れ先ではありません。

5.インターネット

新時代の仕入れ方法としてシェアを伸ばしているのがインターネットを使った仕入れです。

インターネットを使って食材を仕入れるには、一般的な通販サイトを利用する方法や法人のみが利用できる業務用食材仕入れECサイトを利用して仕入れる方法など様々な方法があります。

さらに他にも食品・食材の企業間取引サイトを利用すれば、欲しい食材を扱う企業をインターネット上で簡単に探すことも可能で、専門的な食材でも効率的に仕入れ先を見つけることができます。

専門料理店で使う食材を安く仕入れる方法とは?

専門料理店の中でも少し珍しい業態の専門料理店の場合、希少性の高い食材を使用することが多いため、仕入れコストが一般的な飲食店よりも多くかかってしまうことがあります。

しかし、様々な仕入れ先を比較してみることで、専門的な食材でも相場よりも安く仕入れられることがあり、これから紹介する方法を参考にして、優良な仕入れ先を見つけてみてください。

1.インターネットで仕入れ先を探してみる

希少性のあるこだわりの食材を仕入れたい場合、専門的な食材を扱う売り手企業から直接仕入れることで、相場よりも安く仕入れられる場合があります。

そのような仕入れ先を探したいときに便利なのが、国内最大級の食品のマッチングサイトである『BtoBプラットフォーム 商談』です。

国内最大級の食材のマッチングサイトである『BtoBプラットフォーム 商談』を導入すると、仕入れ先を効率的に探すことができる様々な機能やサービスを利用することができます。

特におすすめなのが「仕入れ募集情報の自動マッチング」という機能です。

この機能では仕入れたい食材を登録すると条件にマッチした売り手企業が表示され、気になる売り手企業を見つけたらすぐにコンタクトを取ることが可能です。

他にも『BtoBプラットフォーム 商談』ではWeb展示会、分析機能、商品・企業検索機能など、仕入れの強化につながる機能があり、一般の食材だけでなく専門的な食材の仕入れ先を探す際にも役立てることができます。

2.遠方の売り手から仕入れる

仕入れを検討している食材が近隣の仕入れ先だと価格が相場よりも高い場合、仕入れるか悩んでしまうかもしれません。

しかし、最近ではインターネットで遠方の売り手とも手軽に取引を行えるようになったことから、全国各地の売り手を調べることで希望する価格で販売する売り手を見つけられるかもしれません。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、全国各地の様々な業態の売り手企業と手軽に取引を行うことができ、例えばWeb商談会ではカメラとマイクを使い、全国の売り手企業とインターネット上で商談を行うことが可能です。

遠方との取引は直接食材を見ることができないので不安に感じる方も多いかもしれませんが、売り手によってはサンプルを注文できる場合もあるので、実物を確認してから取引を検討することもできます。

3.比較して仕入れる

専門料理店で使うような食材は、取り扱っている売り手を探すこと自体大変なことから、取り扱いのある売り手を見つけたらすぐに交渉をすることが多いかもしれません。

しかし『BtoBプラットフォーム 商談』には全国の食材販売業者が取り扱う約32万の食材が登録されていることから、高確率で欲しい食材を扱う売り手を見つけることができ、さらにいくつかの売り手を比較してから取引を行うこともできます。

売り手ごとに食材を比較したい際に便利な機能が「仕入コストダウン機能」です。

この機能では商品名を登録すると『BtoBプラットフォーム 商談』に登録されている商品の中からマッチングした食材が一覧で表示されます。

一覧をチェックすることで最安値をすぐに調べられるので、簡単に比較をすることができ、仕入れの見直しをしたい際にも大変便利です。

専門料理店で使う食材をお得に仕入れるポイント

専門料理店で使う食材を安く仕入れる方法を一通りご紹介してきましたが、さらに、仕入れる際に少し工夫をすることでよりお得に食材を仕入れることができるようになります。

そこで、専門料理店で使う食材をお得に仕入れるポイントを3つご紹介します。

1.規格外品、訳あり品を活用する

専門料理店では、専門的な珍しい食材の仕入れにある程度のコストがかかることから、それ以外の一般的な食材の仕入れコストを抑えてバランスをとっていきましょう。

そこでおすすめなのが規格外品や訳あり品の活用です。

賞味期限間近の食品や傷や欠けなどがある訳ありの商品は相場よりも安い値段で売りに出されています。

中でも不揃いな形、サイズが通常よりも小さい野菜や果物は規格外として飲食店向けに安く販売されることが多く、規格外の野菜や果物を一部のメニューに取り入れることで原価を大幅に安くすることができます。

『BtoBプラットフォーム 商談』内にある「業務用通販コーナー」では、規格外品や訳あり品が出品されることがあるので、こまめにチェックしてみましょう。

2.多めのロット数で発注する

業者や売り手企業から食材を直接発注する場合には、多めのロット数で発注することで価格交渉の際に値引きしてもらえることがあります。

この方法は鮮度がすぐに落ちてしまう食材には適しませんが、常温で長期保存可能な食材や冷凍可能な食材などは賞味期限が長いことから、一度に多く仕入れてコストを抑えていきましょう。

しかし、大量に仕入れすぎると保管スペースに入りきれない恐れがあるため、仕入れる前に保管するスペースがあるか確認しておくのがおすすめです。

3.一括支払いが可能な売り手から仕入れる

購入した食材の支払いの際には、業務コストや振込み手数料などいくつかのコストが発生します。

支払時にかかるコストを軽減するには、1つの仕入れ先からまとめて食材を仕入れるのがおすすめですが、専門料理店の場合は珍しい食材を多く扱うことから複数の仕入れ先から調達するケースが多いかもしれません。

しかし『BtoBプラットフォーム 商談』なら、業務コストや振込み手数料に関する課題を一気に解決することができます。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、サイトに登録されている売り手企業から仕入れた食材の代金を一括で支払うことができます。

通常では取引先ごとに振込み手数料が発生しますが、『BtoBプラットフォーム 商談』から食材を仕入れることで複数の取引先の代金をまとめて支払うことができるようになり、これによって振込み手数料を大幅に削減することが可能です。

まとめ

今回は専門料理店で使う食材を安く仕入れる方法、そしてお得に仕入れるポイントをご紹介しました。

近年では仕入れ先が多様化したことで、数多くの中から信頼でき、なおかつ安く調達可能な仕入れ先を見つけるのは簡単ではありませんが、紹介した方法を参考にして食材を安く仕入れてコストを抑え、高利益を目指していきましょう。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。