美食県・山形県の食材を新たに仕入れるには

北国の食の宝庫であり、美食県である山形県。
野菜や果物、魚介類に肉類など、おいしいものを挙げればきりがないほどたくさんあります。
自分のお店のメニューに山形県の食材を取り入れようと考えたとき、大変なのは仕入先業者の選び方ではないでしょうか。
山形県は主要な都市以外の小さな集落にも、その地域ならではの食材や郷土料理があり、そうしたものに強い小さな業者があったりするため、どこから仕入れるべきなのか迷ってしまいます。
仕入先をネットで探すことも可能ですが、検索して表示されるすべての業者を、表示された上から順にチェックして、お店のメニューやコンセプトに合った食材を扱っているかどうかを確認するだけで大変な作業になってしまいます。
ここの業者なら、と思うところが見つかったとして、その業者が自分の店にぴったりと合う食材を常に提供してくれるかは、ちょっとやりとりをした程度ではわからなかったりするものです。
そうしたお悩みにお応えするのがBtoBプラットフォーム 商談です。さまざまな機能を上手に使って、自分のお店に合った食材を効率よく仕入れましょう。

山形のさくらんぼを、圧倒的な数の中からマッチング

山形の食材といって、何を思い浮かべるでしょうか。
やはり真っ先に思い浮かべるのはさくらんぼではないでしょうか。
山形県は日本で生産されるさくらんぼの4分の3を生産しており、日本一のさくらんぼの産地として知られています。
さくらんぼとひとくちにいっても、品種やその旬の時期もさまざまです。
また、フレッシュなものを使いたいのか、冷凍のものを使いたいのかでも、仕入先が変わる場合があります。
製菓用のさくらんぼを探していたとしても、どの品種のどのような状態のものを探しているかで、相談に応じてくれる業者も違ったりするのです。
具体的な商品のイメージがあるとして、ネットで検索して業者を探すには、検索結果として表示されたリストを上から順にあたっていくのでは大変な手間がかかってしまいます。
BtoBプラットフォーム 商談なら、このような手間を掛けなくても、欲しい物を取り扱っている業者を簡単に見つけることが出来ます。
BtoBプラットフォーム 商談の「調達カタログ」に自分の店の料理に使いたいさくらんぼの品種や状態、希望する価格を登録すると、ぴったりと合うさくらんぼを持つ売り手企業をマッチングして、その企業からアプローチを受けることが出来たり、食材を持つ売り手企業が登録している「商品カタログ」を検索して、売り手企業を探すことが出来ます。
売り手企業の数は全国で1,600社、商品カタログ数は約330,000品にものぼり、圧倒的な数の中からぴったりの商品を見つけることが出来ます。

ぴったりの売り手企業を見つけたら、オンラインで商談も可能

コロナ禍になる前は、欲しいと思っている食材を生産している地域に直接出向き、訪れた地域のさまざまな食材を持ち帰り、現地で知ることの出来た業者にアプローチすることも可能でした。
県をまたいだ移動が自粛される昨今、そうした仕入れの仕方は難しくなりました。
ネットを検索するだけでは見つけることの出来ない、現地の小さな売り手企業も中にはあり、ネットで検索して出てきた企業とやりとりしても、なんとなくしっくりこないと思う方もいるのではないでしょうか。
BtoBプラットフォーム 商談では、出店審査をパスした売り手企業が数多く登録しており、マッチング後にはオンラインでの「Web商談」が可能になります。
Web商談を上手に使いながら、マッチングした売り手企業の取り扱う山形県食材に関する情報を引き出し、自分の店に活かせるような食材をさらに掘り起こすことも可能です。
山形県の僻地にある小さな会社と取引をすることもあるかも知れません。
そうした企業から、その地域に根ざした珍しい食材を仕入れることになる、といったことももちろんあるでしょう。
Web商談を利用しながら、お店のメニューをどんどんブラッシュアップしていきましょう。

山形県の伝統野菜の、よりよい生産者を探すには

山形県の食材の中で、野菜や果物全般の、より良い生産者のものを仕入れるには、どうしたらいいでしょうか。
山形県でとれる野菜にはさまざまなものがあり、季節ごとにさまざまな野菜が揃います。
その中で、山形県の名産品でもあるだだちゃ豆を探しているとします。
だだちゃ豆とひとくちにいっても、生産者が違うだけで味わいが違ってきたりします。
用途にあう品質、味かは実際に商談をしてサンプルを食べてみないとわからないといったことも考えられます。
だだちゃ豆ひとつとっても、売り手企業には得手不得手があるといえるので、具体的にどういう物が欲しいのか、はっきりとさせておくことも大切だといえます。
売り手企業によっては、価格や生産者の違うだだちゃ豆を何種類か提案してくれるかも知れません。
そうした中からより良い生産者のだだちゃ豆を選べたら、仕入れる側はベターだといえます。
自分のお店のメニューを作る上で、使い勝手の良いぴったりとくる売り手企業を、BtoBプラットフォーム 商談ではマッチング機能を使って探すことが出来ます。
あらかじめ、希望の仕入れ価格と商品の情報を「調達カタログ」に登録することで、マッチングした企業の商品情報を精査すれば、無駄のない商談を行うことが可能になります。

売り手企業が開催する「Web展示会」で山形県食材を探す

山形県食材はとても幅が広いため、ひとつの会社で山形県のすべての食材をカバーすることは難しいといえます。
BtoBプラットフォーム 商談では、各都道府県の特集コーナーが組まれていたりして、目当ての食材が探しやすくなっていたり、売り手企業が「Web展示会」を開いていたりします。
Web展示会とは、よく卸売業者などが行う商品の展示会を、オンラインで行うものです。
例えば、お店のコースの最後に出すそばを探しているとして、山形県産のそばを取り扱う企業のWeb展示会に参加したとします。
山形県産のそばといっても、地域によってさまざまで、どの地域のどんな製法のそばが良いか、自分の店に合ったものを探すのは、短い時間しかない場合は特に、専門の業者でないと提案が難しいかも知れません。
BtoBプラットフォーム 商談のWeb展示会では、山形県のさまざまなそばを、まるで実際に展示会に参加したかのように、担当者から細かい説明を受けることができます。
Web展示会では、出展者が用意したさまざまな情報を見ることが出来ます。商品カタログに掲載した商品の上はもちろん、PR動画やレシピに関する情報など、お店で実際に使うときに役立ちそうな情報を見ることが出来ます。
気になる商品が出てきたら、その商品を取り扱う売り手企業と連絡を取り、Web商談を行うことが出来ます。
パソコンの画面で、商品の情報を共有してもらいながら、担当者と顔を見て話が出来るので、安心して商談を行えるのがいいところです。
コロナ禍でなかなか行くことの出来ない、遠方にある売り手企業とも顔を見ながらの商談が可能になるので、上手に活用すれば、山形県の現地の小さな売り手企業との商談もしやすくなります。
そば以外にも、山形県ならではの食材を見つけ出すのも可能になり、地域に密着した売り手企業との商談も可能です。
さらに、お店の規模やコンセプトなどを売り手企業と共有することで、さらにぴったりとくる商品の提案を受けることも可能になります。
BtoBプラットフォーム 商談では、Web商談を通じて、売り手企業と信頼関係を築きながら、お店のメニューをブラッシュアップする仕入れが可能になるのです。

山形県のご当地食材や限定品を探すのにも

さまざまな食材が揃う山形県ですが、それぞれの地域に根づいた食材や調味料など、現地を知る業者でないと知らないような食材もあります。
そうした山形県のご当地食材を探すのには、売り手企業との信頼関係を築き、さまざまな情報を常に引き出せる状況を作っておくことが肝心になります。
地域に埋もれてしまっているような食材が、お店のメニューに活かせることがあるかもしれません。
例えばお店の料理に、山形の芋煮には欠かせない「味マルジュウ」を使いたいと考えているとして、実際の味マルジュウを視野に入れながら、代わりのものがないか探しているとします。
山形ならではの調味料ということもあり、業務用で似たものを探すのは大変かもしれません。
製造会社を探してひとつずつ当たるのも手間がかかります。
そんなときに便利なのが、BtoBプラットフォーム 商談の「調達カタログ」機能です。
希望する仕入れ価格や欲しいと思う商品の詳細な情報を登録しておけば、そうした商品を持っている売り手企業をマッチングしてアプローチしてくれるので、いろいろと相談に乗ってもらうことが可能になります。
ネットで検索した結果をしらみ潰しに当たるよりも、ずっと効率の良い商談が出来るといえます。

幻の部位・米沢牛のシャトーブリアンを探すお店の方にも

山形県の食材の中には、豊洲などの市場ですらなかなか手に入らない食材もあります。
例えば米沢牛の中でも、一頭の牛からわずかしか取れないシャトーブリアンなども、そんな食材のひとつといえるかもしれません。
例えば、懇意にしている顧客の方から、「大切な人の誕生日を米沢牛のシャトーブリアンのステーキでお祝いしたい」という依頼が入ったとします。
その日に食材をいい状態で仕入れるには、売り手企業にあらかじめ発注しておくなど、準備が必要になりますが、まだ仕入れ先がない場合は信頼の置ける売り手企業を探すことから始まります。
ネットを検索することで表示される上位の売り手企業のページに、米沢牛のシャトーブリアンが表示されていたとしても、問い合わせてみると、事情があって取り扱わなくなった、といったことはよくあります。
BtoBプラットフォーム 商談なら、取り扱いを行っている売り手企業を確実にマッチングすることが可能なため、そうした無駄足を踏み事はありません。
新たな取引先と契約するときは、取引先口座を作らなければならなかったりと、取引までに何かと時間がかかります。
実際の時間的なリミットも含め、売り手企業と相談しながら契約を進めることもでき、業務をすすめる上でも効率よく、顧客にはスマートにサービスを行うことができます。
山形県の食材と言っても得意分野が違えば、これまでの売り手企業ではカバーできないこともあり、目的別に見つける場合も、BtoBプラットフォーム 商談なら探しやすく、無駄がないのが特徴だといえます。

旬の山形県食材を探すなら、早めの準備が吉

食材はどんなものにも旬があり、季節ごとに提供するメニューが変わるのは、どんな業態でも同じことではないでしょうか。
山形県の食材は、一年を通してさまざまなものがあり、季節ごとにおいしいものも変わります。
例えば野菜ならば、4月頃に旬を迎える小笹うるいや、夏に出揃う丸なすや畑なす、秋になると出てくる山形青菜、晩秋にお目見えする温海かぶなど、実にさまざまなものがあります。旬のより良い食材を手に入れるには、早めの準備が良いといえるでしょう。
伝統野菜ひとつとっても、調べると魅力的なものも色々と出てくるといえ、その中からメニューに合ったものを精査するのには、いくつかの売り手企業の商品を比較検討する必要があることもあります。
BtoBプラットフォーム 商談は、季節ごとの食材を探すために、調達カタログの登録をこまめにすれば、その都度マッチングでき、また、33万品もの商品カタログを検索して見つけることも出来ます。
気になる食材を持つ売り手企業が、他にどんな食材を取り扱っているか、確認することも可能です。
そんなふうにたまたま見つけた食材が、新たなメニューの主役になることもありえます。
また、契約をしている売り手企業に、季節ごとの小さな商品を取り扱っているか確認することももちろん可能です。
仕入れ担当者がさまざまな機能を使いこなすことで、業務を効率化し、より良い仕入れを行えるようになっています。

山形県の食材を仕入れるなら、BtoBプラットフォーム 商談で

様々な農産物や水産物、畜産物がずらりと揃う山形県。
雪深い土地ならではの食材も数多くあり、山形県ならではの食材や調味料、加工品がたくさんあります。
その中から自分のお店にあったものを個人で探すのには、膨大な時間と手間がかかるといえ、目当てのものを探し当てるのはなかなか難しいといえます。
自分の店の料理に使用する食材は、品質はもちろんのこと、価格も大切な要素になります。
それらを踏まえてネットで探すとなると、やはり検索上位からローラー作戦であたっていくより他ありません。
しかし、BtoBプラットフォーム 商談であれば、仕入れたい食材を調達カタログに登録するだけで、その食材を持った売り手企業とマッチングして、食材を仕入れることが出来たり、売り手企業からアプローチを受けたりすることが出来ます。
パソコンを開けば、山形県食材を持つ企業が開催するWeb展示会に参加できて、まだ知らない地域の知られていない食材を探すことも可能です。
自分のお店で使うのに適した食材を持つ売り手企業とWeb商談を利用してオンラインで相談をすることもできます。
BtoBプラットフォーム 商談を上手に活用することで、効率の良い仕入れを行うことが出来、仕入れにかかっていた時間や手間を圧縮することが出来ます。
これまで狭い範囲で行っていた仕入れを、売り手企業1,600社、330,000商品の中から選りすぐった、より良いものに変更することで、顧客の満足度も上がること間違いなしです。
山形県の食材を仕入れるなら、ぜひBtoBプラットフォーム 商談をご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。