うまし国・福島県の食材を新たに仕入れるには

関東から近く、さまざまな食材が生まれる地である福島県。
野菜や果物、水産物に肉類など、おいしいものを挙げればきりがないほどたくさんあります。
自分のお店のメニューに、福島県の食材を取り入れようと思ったとき、大変なのは仕入先の選定ではないかと思います。
福島県は主要な街の周辺以外にも、それぞれの地域ならではの、食材や郷土料理があり、そうした食材に強い小さな業者があったりするため、どこから仕入れるのが良いのか、迷ってしまうことも多いといえます。

ネット検索で見つかる業者がぴったりとは限らない

仕入先をネットで探すことも出来ますが、検索をして一覧表示されたすべての業者を、上から順にチェックして、お店のメニューやコンセプトに合った食材を扱っているかどうか、確認するだけでも大変な作業になってしまいます。
この業者ならと思う会社が見つかったとしても、その会社が自分の店にぴったりの食材を常に提供してくれるかは、少しやり取りをした程度ではわからなかったりするものです。
そうしたお悩みにお応えするのが、『BtoBプラットフォーム 商談』です。さまざまな機能を上手に使って、自分のお店にぴったりの食材を効率よく仕入れましょう。

福島の桃を圧倒的な数の中からマッチング

福島の食材といって、何を思い浮かべるでしょうか。
近年よくピックアップされるのは桃ではないでしょうか。
福島県の桃の生産量は、山梨県に次ぐ2位で、品質の高い桃が生産されていることでよく知られています。
桃とひとくちにいっても、品種やその旬の時期もさまざまです。
また、生のものか加工品か、どちらを使いたいかでも仕入先は変わります。

欲しいと思う品種や、加工の状態などをピンポイントで探せる

パフェに使う桃を探しているとして、どの品種のどのような状態のものを探しているかで、相談に乗ってくれる業者も違ってくるのです。
具体的な商品のイメージがあるとして、ネットで検索して業者を見つけるには、ネットの検索結果を上位から順番にあたっていくとなると時間がかかってしまいます。
それぞれを吟味するのは大変な手間だといえるのです。
『BtoBプラットフォーム 商談』なら、そのような手間をかけなくても、欲しい物を取り扱っている業者を簡単に見つけることが出来ます。
『BtoBプラットフォーム 商談』の「調達カタログ」に、自分の店で使いたい桃の品種や状態、希望する価格を登録すると、ぴったりとくる桃を取り扱っている業者がマッチングして、その企業からアプローチを受けることが出来たり、売り手企業がそれぞれ登録している「商品カタログ」を検索して、食材を持つ売り手企業を探すことが出来きたりします。
売り手企業の数は全国で1,600社、商品カタログ数は約330,000品にものぼり、圧倒的な数の中からぴったりの商品を見つけることが出来ます。

欲しい食材を取り扱う売り手企業が見つかったら、オンラインで商談を

コロナ禍になる前は、料理に使いたい食材がとれる産地に出向いて、訪れた地域にある様々な食材を持ち帰って、現地で知ることの出来た業者にアプローチすることも可能でした。
しかし、県をまたいだ移動が自粛される昨今、そういった仕入れの仕方は難しくなりました。
ネットを検索するだけでは見つけることの出来ないような、現地の小さな売り手企業も中にはあり、ネットで検索して表示された業者とやりとりしても、なんとなくしっくりこないこともあるかも知れません。

Web商談を使って顔を見ながらオンラインで商談を

『BtoBプラットフォーム 商談』では、出典審査をパスした売り手企業が数多く登録しています。
マッチング後にはオンラインで「Web商談」できる機能も備わっています。
Web商談を上手に使えば、実際に顔を見て話ができる分、信頼関係が築きやすく、マッチングした売り手企業の取り扱う福島県の食材に関する情報を引き出し、自分の店に活かしたり、新しい食材をさらに発掘するきっかけにもなります。
福島県の僻地にある小さな売り手企業と商談をすることももちろんあるでしょう。
そうした企業から地域に根ざした珍しい食材を、お店のメニューにと紹介されることもあるかも知れません。
Web商談を利用しながら、お店のメニューをブラッシュアップしていきましょう。

福島県の伝統野菜の、より良い生産者を探すには

福島県の食材の中で、野菜や果物などの、より良い生産者のものを仕入れるにはどうしたらいいでしょうか。
福島県でとれる野菜には、非常にさまざまなものがあり、季節ごとにいろいろな野菜が揃います。
その中でも、福島県の特産品としてよく知られる、阿久津曲がりねぎを探しているとします。
阿久津曲がりねぎとひとくちにいっても、生産者が違うだけで味わいが変わってきたりします。
良い生産者の阿久津曲がりねぎを取り扱っているかどうかは、実際に商談をしてサンプルを貰ってみないと判断できないといったこともあるかもしれません。

どんな売り手企業にも得手不得手がある

阿久津曲がりねぎひとつとっても、売り手企業には得手不得手があるといえるので、具体的にどういう物が欲しいのか、はっきりさせておくことが大切だといえます。
売り手企業によっては、生産者や価格の違う阿久津曲がりねぎを何種類か提案してくれるかも知れません。
その中からより良い生産者の阿久津曲がりねぎを選べたら、仕入れる側としてはベターでしょう。

マッチング機能を上手に使って、無駄のない商談を

自分のお店のメニューを作る上で、使い勝手の良い売り手企業を、『BtoBプラットフォーム 商談』商談では、マッチング機能を使って探すことが出来ます。
あらかじめ、希望の仕入れ価格や商品の情報について「調達カタログ」に登録することで、マッチングした企業の持つ商品情報を精査すれば、無駄のない商談を行うことが可能になります。

売り手企業開催の「Web展示会」で福島県の食材を探す

福島県の食材はとても幅が広いため、ひとつの売り手企業で福島県のすべての食材をカバーすることは難しいといえます。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、各都道府県の特集コーナーが組まれるなど、目当ての食材が見つけやすい工夫がされています。
また、売り手企業が開催する「Web展示会」に参加することも出来ます。
Web展示会は、よく卸売業者などが開く、商品の展示会をオンラインで行うものです。

商品のありとあらゆる情報を、手にとるように閲覧可能

例えば、料理に合わせる福島県のお酒を探しているとして、福島県産のお酒を扱う売り手企業のWeb展示会に参加したとします。
福島県産のお酒といっても、酒蔵によってさまざまなものがあり、どの地域のどこの酒蔵のものがお店の料理に合いそうか、短い時間で判断するときは特に、日本酒に精通している業者でないと提案が難しいものです。
『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会では、福島県のさまざまなお酒を、まるで展示会に実際参加しているかのように、担当者から詳細な説明を受けることが出来ます。
Web展示会では、出展している売り手企業が用意した、さまざまな情報を見ることが出来ます。
商品カタログに掲載されている情報はもちろん、PR動画やレシピに関する情報など、お店で実際に扱うときに役立ちそうな情報を見ることが出来ます。

気になる商品があれば、すぐにWeb商談も

気になる商品が出てきたら、その商品を取り扱う売り手企業と連絡を取り合い、Web商談を行うことが出来ます。
パソコンの画面で商品の情報を共有してもらいながら、担当者の顔を見て話ができるので、安心して商談を行えるのがいいところです。
コロナ禍でなかなか行くことの出来ない、アクセスしにくい地域にある売り手企業の担当者とも、顔を見ながらの商談が可能になるので、上手に活用すれば、福島県の小さな売り手企業との商談もしやすくなります。
日本酒以外にも、福島県ならではの食材を探すのが可能になり、地域に密着した売り手企業との商談ももちろん可能です。
さらに、自分のお店の規模やコンセプトなどを共有することで、さらにぴったりとくる商品の提案を受けることも可能になります。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、Web商談を通じて、売り手企業と上手に信頼関係を築きながら、お店のメニューをブラッシュアップしていくことが可能になるのです。

福島県のご当地食材や限定品を探すのにも

いろいろな食材が揃う福島県ですが、それぞれの地域に根づいた食材や調味料など、福島県の現地を知る売り手企業でないと知らないような食材もあります。
そうした福島県の食材を探すには、売り手企業との信頼関係を築いて、さまざまな情報を常に引き出せる状態を作っておくことが大切になります。
地域に埋もれてしまっているような食材が、自分のお店のメニューで主役になる可能性もあるのです。

「調達カタログ」を上手に利用して、目当ての食材を探す

例えば、お店の料理に焼きそばを出そうと思っていて、なみえ焼そばに使われているソースを使いたいと考えているとします。
ソースといってもさまざまなものがあり、自分が思ったようなものを探すのは大変かもしれません。
製造会社を探して、ひとつひとつあたるのも手間がかかります。
そんなときに便利なのが、『BtoBプラットフォーム 商談』です。
調達カタログの機能を上手に使いましょう。
希望する仕入れ価格や欲しいと思う商品の詳細を登録しておけば、商品を持っている売り手企業がマッチングしてアプローチしてくれるので、いろいろと相談に乗ってもらうことが出来ます。
ネットで検索した業者をリストの上から順にあたっていくよりも、遥かに効率の良い商談を行うことが出来ます。

幻の食材・会津地鶏の白レバーを探しているお店の方にも

福島県の食材の中には、豊洲などの市場でもなかなか手に入れることのできない食材もあります。
例えば、全国にあまたある地鶏の中で、会津地鶏は入手しにくいことで知られていますが、その白レバーなども、いわば幻の食材だといえるでしょう。
例えば、よくお店に来てくれる常連の方から「大事なお客様を連れてくるので、会津地鶏の白レバーを用意して欲しい」と頼まれたとします。
指定された日にいい状態の食材が手に入るようにするには、売り手企業にあらかじめ発注を入れるなど、準備が必要になります。
しかし、新たに仕入先を探さなければいけない場合は、信頼の置ける売り手企業を探すことから仕入れが始まります。

「いろいろ事情があってやめてしまった」の空振りなしで確実な仕入れを

ネット検索で出てくる上位の売り手企業のページに、会津地鶏の取り扱いがあると書いてあっても、問い合わせてみると、いろいろ事情があってやめてしまった、といったことはよくあることです。
『BtoBプラットフォーム 商談』ならば、商品を確実に持っている売り手企業とマッチングするため、そのような無駄足を踏むことはありません。
新たな売り手企業と取引するときは、新しい口座の開設が必要になったりして時間がかかるものです。
実際の取引を行う上で、タイムリミットがある場合は、売り手企業と相談しながら契約を進めることもできるでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』なら、業務をすすめるのに効率よく、安心してサービスの当日を迎えることが出来ます。
福島県の食材と言っても、得意分野が違えば、これまで取引している売り手企業ではカバーできないことも出てくるものです。
目的ごとに売り手企業を見つける場合にも、『BtoBプラットフォーム 商談』なら探しやすく、無駄がないのがいいところだといえます。

旬の福島県の食材を探すなら、早めの準備が吉

食材はどんなものにも旬があり、季節ごとに提供するメニューが変わるのも、飲食に関わる業種であればどこも同じではないでしょうか。
福島県の食材は1年を通してさまざまなものがあり、季節ごとにおいしいものも変わります。水産物であれば、冬はひらめとあんこう、春にはめひかりや白魚、夏にはうににかつお、秋はさんまとさけといった具合に、実にさまざまなものがあります。
旬のよりよい食材を手に入れるには、早めの準備が良いと言えるでしょう。
あんこうひとつとっても、調べてみればさまざまな料理法が出てくるといえ、その中からお店のメニューにあったものを見つけ、使いやすい商品を見つけるのには、いくつかの売り手企業の商品を精査する必要が出ることもあるといえます。

その数約33万点。圧倒的な数の商品カタログから食材探し

『BtoBプラットフォーム 商談』は、季節ごとの食材を探すのに、こまめに調達カタログを更新すれば、その都度マッチングすることが可能で、さらに33万品もの商品カタログを検索して見つけることも出来ます。
気になる食材を持つ売り手企業が、他にはどんな食材を取り扱っているのか、確認することももちろん可能です。
そんな中でたまたま見つけた食材が、お店のメニューの顔になることもあるでしょう。
また、契約をしている売り手企業に、取り扱いがあるかどうかを確認することもできます。
仕入れ担当者がさまざまな機能を使いこなすことで、業務は効率化され、より良い仕入れが行えるようになっています。

福島県の食材を仕入れるなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

さまざまな農産物や水産物、畜産物の揃う福島県。面積の広い県だけに、地域ごとの気候が違う分、それぞれの地域ならではの食材や調味料、それを生かした加工品が数多く存在します。
その中から自分のお店にあったものを個人で探すのは、気の遠くなるような時間と手間がかかるといえ、目当てのものを探し当てるのは非常に難しいといえます。
自分の店の料理に使用する食材は、品質はもちろんのこと、価格の面も大切です。
それらを踏まえてネットで探すとなると、やはり検索上位から順にローラー作戦であたるよりほかありません。

パソコンを開けば、仕入れに必要な情報がすべて手に入る!

しかし、『BtoBプラットフォーム 商談』であれば、仕入れたいと思っている食材を調達カタログに登録するだけで、その食材を持つ売り手企業がマッチングし、その売手企業からアプローチを受けることが出来ます。
パソコンを開けば、福島県の食材を持つ企業が主催するWeb展示会に参加することが可能で、まだ知らない地域の未知の食材を見つけることも出来ます。
欲しい商品が見つかったら、その商品を持つ売り手企業とオンラインでWeb商談も可能です。
『BtoBプラットフォーム 商談』を上手に活用することで、効率の良い仕入れを行うことが出来、仕入れにかかっていた手間や時間を圧縮することが出来ます。
これまで狭い範囲で行っていた仕入れを、売り手企業1,600社、330,000商品の中から選りすぐった、より良いものに変更することで、顧客の満足度も上がること間違いなしです。
福島県の食材を仕入れるなら、ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』をご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。