山形県の食材を日本全国の飲食店に売り込むには

山形県の食材を日本全国の飲食店に売り込むには

山形県ではさまざまな農産物や畜産物、水産物が作られており、いろいろな食材が手に入りますが、非常に品質が高いことでもよく知られています。
庄内平野の恵まれた大地で作られる野菜や米、さくらんぼをはじめとしたさまざまな果物はもちろん、日本海で育まれた魚介類など、山形県の豊かな自然の中で数多くの特産品が生産されています。
その中にはまだあまり一般に知られていない、希少な食材も数多く作られており、そのような食材を大都市圏で販売するには、どうしたらいいか悩んでいる売り手企業の方も多いのではないでしょうか。
コロナ禍になる前は、大都市圏で行われる展示会や催事などに出展して、訪れた人に商品の詳細を説明したりすれば、数多くの人の注目を集めることが出来、そこで新たな契約を得ることも難しくなかったかと思います。
しかし、現在は展示会や催事は縮小傾向にあり、そのような機会は減ってしまっているのが実情です。
例えば、山形県の食材をメインに、自分の会社で取り扱っているとして、きれいなウェブサイトを公開していたとしても、そこにアクセスしてもらわなければ意味がありません。
「山形県の食材」、と検索しても、表示された検索結果に並ぶ競合他社の商品と、どのように自社の商品が違うのか、また、どのような点が優れているのかを、どうしたらアピールできるかわからずにいるのではないでしょうか。
そんなときに利用してほしいのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
登録することで、日本全国にある7,500社もの買い手企業が、山形県の食材を求めて情報を待っています。
サイト内の機能を活用すれば、たくさんの企業と効率よく商談を行うことが可能になります。

目次

山形県の食材・食品を必要とする、数多くの買い手企業とマッチング

山形県は奥羽山脈の豊かな自然に恵まれ、山や森で生まれる数多くの食材があるだけでなく、最上川の清らかな水に育まれる水産物があり、さらに庄内平野が生む農作物に恵まれ、日本海では豊かな魚介類がとれることで知られています。
小さな村ごとにさまざまな特産品があり、それを取り扱う会社も、同じ地域で同じ食材を扱っていても、それぞれ個性があります。
例えば、山形県の洋梨を取り扱っているとしても、生産している地域の違いや、生の状態かピューレなどの加工品かなど、会社によって違うものを取り扱っているといえます。
山形県の洋梨が欲しいと思っている買い手企業があるとして、どんな料理に使おうとしているかで、仕入れたい洋梨の状態が違ってきます。
例えば喫茶店でパフェに使う洋梨と、洋菓子店でババロアに使うものとでは、商品の提案は全く違ったものになるといえます。
そのため、ウェブで検索してたどり着き、問い合わせをしてきたとしても、自社の取り扱っている商品には対応していないといった、ミスマッチが起きてしまう可能性があります。
しかし、『BtoBプラットフォーム 商談』では、そのようなことが起きないようになっています。

商品を登録したら、自動的にマッチングした企業に営業するだけ!

『BtoBプラットフォーム 商談』では、取り扱っている商品を「商品カタログ」に登録するだけで、買い手企業が「調達カタログ」に登録されている、欲しい商品と自動的にマッチングされます。
マッチングした買い手企業は「見込企業」としてリスト化され、手元にリストが残る仕組みになっています。
見込企業のリストには、買い手企業が登録している担当者と連絡先が表示され、売り手企業はこの連絡先をもとに営業を行えばいいだけになっています。
この機能を使うことで、新規開拓先のリスト作成などの事務作業が省略され、効率の良い営業を行うことが出来ます。
見込企業のリストをもとに自発的な営業をするだけなので、これまで営業のノウハウがなかった企業でも、商品の売り込みが簡単に行えるようになります。
商品をおいて待っているだけの状態と違い、「攻めの営業」をするには、買い手企業のニーズを把握しないとならず、難しく感じるものです。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、取り扱っている商品を登録するだけで、日本中の買い手企業のニーズを把握することが可能になり、新規開拓先でも効率よく営業することができるようになります。
また、登録した商品カタログは、自社のデータベースとして活用することが出来、こまめにメンテナンスすれば、売上拡大のための強い味方にもなります。

「Web商談」を上手に使って顧客のニーズを把握

大都市圏で行われる展示会や催事などの機会は、開催地周辺の買い手企業と、実際に顔を合わせて話をするためのまたとないチャンスだったといえると思います。
コロナ禍になってからは、そのような機会が減り、実際に顔を合わせることが少なくなったと感じている人も多いかも知れません。
特に、山形県の特産品を使用して作る加工食品を取り扱っている企業にとって、展示会や催事のチャンスが減ったことは、大きなダメージになっているのではないでしょうか。
実際に自分が大都市圏に出向くことが減ってしまったことで、周辺地域の顧客のニーズが把握しづらくなったと感じているものの、以前のように顧客のもとに出向くには遠くて経費がかかると考えている企業も多いでしょう。
そんなときに威力を発揮するのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。

山形県の食材を使ったフルーツソースのレシピを、オンラインで相談

展示会や催事が行われたときに、開催地周辺の顧客に対して営業を行っていた企業にとっては、その機会がなくなったことは、単純に営業機会の損失になるだけでなく、顧客のニーズを把握するチャンスも失っているということになります。
例えば、山形県で作られている果物を使った加工食品を販売していたとします。
コロナ禍以前であれば、展示会や催事の期間中に顔を合わせ、買い手企業の悩みを聞きながら、新たな商品の提案を行っていたかも知れません。
しかし現在はそうした機会が減ってしまい、顧客の悩みに応えることが減ったと感じているのなら、『BtoBプラットフォーム 商談』の活用がおすすめです。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、マッチングした企業に営業をすることができるだけでなく、「Web商談」を行うことができるようになっています。
「Web商談」では、パソコンの画面で資料や動画を共有しながら、相手の顔を見て商談を行うことが可能です。
フルーツソースのレシピを画面で共有しながら、細かく調整していくことも可能だといえます。

オンラインだからこそ、距離が近づくような営業を実現

これまでであれば、大都市圏にある顧客のもとまで、長時間かけて移動して泊りがけで訪問し、新たな顧客に挨拶をし、商談を行うのが当たり前だったかも知れません。
実際に契約を結ぶまでに何度も足を運んで会議を行い、日頃のちょっとしたことは電話で対応、ということもあったかも知れません。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、日本全国どこにある企業とも、Web商談を行うことが可能です。
オンラインなので経費も移動時間もかからず、すぐに会うことが可能なので、これまでよりも密なコミュニケーションを実現します。
オンラインで商品情報を共有しながら、何人もの関係者と一緒に会議を行うことも可能です。
実際に顔を合わせて商談を行うのと遜色がなく、顧客のニーズを把握するのも可能になります。
Web商談を行うことで顧客との接点をたくさん作り、ニーズを把握して、さらに新たな商品提案などの営業を行っていきましょう。

「Web展示会」で山形県の食材の品質の高さをアピールする

これまで、大都市圏で行われる展示会や催事に出展するのに、高額の出展料を払い、取扱商品を並べて山形県の食材の魅力を伝えたり、自社の良いところをアピールしていたのではないでしょうか。
しかし、コロナ禍でそうした場が減少し、これまでのようなアピール方法が難しくなってきています。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、これまでのような展示会をオンライン上で行うことができるようになっています。
「Web展示会」は、オンライン開催なので、開催地までの移動にかかる時間やコストを気にすることなく、自社で取り扱っている商品にあったテーマの展示会に出展することが出来ます。
買い手企業は日本全国のさまざまな地域から、そのテーマに興味を持った企業が商品を探して参加します。
自社のブースではこれまでの展示会と同じように、動画で商品のアピールをしたり、スライドを使用して商品の詳細を説明することが可能です。

山形県の銘柄牛の魅力をWeb展示会でアピールする

例えば、精肉の展示会が行われるとして、自社で取り扱っている尾花沢牛とその加工品の魅力を伝えるために、Web展示会に出展したとします。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、日本全国の買い手企業に自社の取り扱う商品の魅力を伝えることが出来ますが、同時に、自社の商品に興味を持つ買い手企業の情報を収集することが出来、これまでと違った層の顧客を獲得することも可能になります。
これまでは地元の焼肉店やホテルが販売のメインになっていたとしても、その品質を認められて、ファミリーレストランチェーンからアプローチを受けるかも知れません。
商品の魅力を伝えるだけでなく、企業アピールの場としても展示会は利用されますが、Web展示会はオンライン開催のため、これまでかけていた人手やコストを省略できるため、効率よくビジネスを展開することが可能になります。
もちろん、商品に興味を示してくれた企業とは、その場でWeb商談が可能です。
Web展示会にどんどん出展して、新たなビジネスを創出しましょう。

動画やスライドを使って、山形県のニジサクラの魅力をアピールする

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会では、大都市圏で通常行われている展示会と同じように、動画を使った商品アピールや、スライドを使用した商品の説明をすることが出来、商品の特徴や魅力を訴えることが可能になっています。
普段展示会では、忙しくて足早に通り過ぎてしまうだけの買い手企業の担当者も、自分の都合のいい時間を使って、動画やスライドをじっくりと見てくれる可能性があります。
オンラインでの開催ならではの、新しいチャンスに恵まれる可能性があり、そうした強みを利用してアピールするのが大切になるといえます。
例えば、山形県で養殖されている川魚のニジサクラを新たに取り扱い始めたとして、展示会に参加している買い手企業に、養殖の様子やニジサクラの交配について、動画やスライドを使用して見てもらうことが可能になります。
その動画やスライドに興味を持った買い手企業が、今まで縁のなかった業種の企業だったとしても、Web商談を利用して、ニーズを引き出すことが可能です。
新品種であるニジサクラは、地元の飲食店やホテルなどが販売のメインだったとしても、遠方のフランス料理店から、食事のメインに使ってみたいと言われて、その場でWeb商談を行ったら契約に結びついた、というように、思いもかけない商談が生まれることもあり、そうした商談をスピード感を持って行うことが可能になります。
有名な展示会に毎回出展してはいるけれど、ブースに尋ねてくるのは顔なじみの企業の担当者ばかりで、なかなか新しい契約に結びつかないと感じている企業にこそ、Web展示会を上手に利用した商品や企業のアピールが効果を発揮します。
Web展示会を利用して、どんどん新規顧客の開拓を行っていきましょう。

オンラインだからこそ、日本全国の顧客に出会うことができる

Web展示会には、オンラインで日本全国から買い手企業がやってきます。
飛行機や電車を乗り継がないと行くことが出来ないような、遠方にある企業もそこには含まれています。
これまでなら、先方に出向いてご挨拶をして、商談を行うのが当たり前になっていましたが、わざわざ移動や宿泊のコストをかけなくても、Web商談を利用すれば、オンラインでの営業が可能になります。
オンラインでコストがかからない分、気軽にアポイントの約束をして、日本全国の顧客と商談を行うことが出来るといえます。
買い手企業の幅も広く、食品メーカーやホテルチェーンなどの大きな顧客から、小さなレストランやセレクトショップといった小さな顧客まで、商品カタログに掲載した商品に興味を持つ買い手企業はすべてマッチングされます。
これまで縁のなかった業種だとしても、取り扱っている商品を売り込むチャンスがあり、そこには大きなチャンスが眠っている可能性もあります。
見込企業のリストを利用して、どんどん営業していきましょう。

常連客にもメルマガ配信で営業のチャンスを逃さない

すでに契約をしたことのある企業には、新たに契約を結んでもらえるように、こまめなアプローチが必要になります。
何らかの働きかけをすることで、顧客に意識してもらうことが可能になり、こまめに悩みに耳を傾けることが、顧客のニーズを把握するのに大切だといえます。
コンタクトをとったものの、どんな話をするべきか迷う常連の顧客には、メルマガの配信を行ってみてはどうでしょうか。
季節ごとに入れ替わる商品の提案や、商品を使用した料理レシピの提案をすれば、新たなニーズをすくい上げるきっかけになります。
『BtoBプラットフォーム 商談』には、メルマガの一斉配信機能が備わっています。
メルマガを作成する文章力に自信がなかったり、何を書いたらいいのかわからなくても、サンプルの文面やメルマガ作成のコツを伝授するので安心して作成できます。
季節にあった商品の情報をたっぷりと盛り込んでメルマガを配信することで、新しいビジネスを生み出していきましょう。

メルマガの開封率やクリック率から顧客のニーズを分析

メルマガは配信したからといって、それだけで仕事が終わるわけではありません。
メルマガを受け取った側が、実際に開封したかどうか、また、商品のリンクをクリックしたかどうかを分析することが重要になってきます。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、買い手企業がメルマガを開封したかどうかを確認することが可能になっており、それをもとにどのようにアプローチするべきか、検討する材料にすることが出来ます。
実際に顔を合わせて話をするチャンスがなかったとしても、顧客に見えないところでこまかな接点を補強することが、新たな契約に結びつくきっかけになることもあります。
営業のチャンスは至るところにあるといえ、それを逃さないように接点を多く作っていきましょう。

「即決Mart」で訳あり商品やお試し商品を販売して、山形県の食材をアピール

商品を取り扱っていく中で、正規の代金では取り扱うことの出来ない商品が出ることがあるのではないでしょうか。
規格に満たない農水産物や、消費期限が近づいた加工食品などの「訳あり商品」は、品質は変わらなくても、価格を下げて販売せざるを得ない場合があります。
また、新商品を販売するときに、その商品をアピールするための「お試し商品」を小口で販売したいとき、どのように販売するかが問題になります。
そんなときに便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』の「即決Mart」です。
「即決Mart」は、価格を表示して販売する業務用通販サイトで、商品を掲載するだけで販売の準備が完了します。
商品をサイトに出しておけば、「待ちの営業」が可能になるといえるツールで、掲載した商品に興味を持ってくれた買い手企業の情報を簡単に得ることが出来ます。
例えば、賞味期限の近づいた芋煮のレトルトなど、品質は良くても売りにくくなってしまった訳あり商品を、時々小出しにしておけば企業アピールにも繋がります。
また、訳あり商品を無駄にすることもなくなり、フードロスの観点でも良いといえます。

買い手企業の募集情報を閲覧して営業をするチャンスも

もちろん、買い手企業が募集している、調達カタログに登録した食材をキーワード検索して、それをもとに営業することも可能です。
買い手企業が求めている商品の見積書も作成しやすくなっていて、実際の提案までが効率よく行えるようになっています。
キーワード検索して営業をした結果、思いがけない商談に結びつくことももちろんあります。
取り扱っている商品について提案をした買い手企業が、自社の商品カタログを見て別の商品の注文をし、契約が取れた、というようなことはよくあることです。
『BtoBプラットフォーム 商談』の機能を上手に利用すれば、幅の広い提案をスピーディーに行うことが可能になります。
さまざまな機能を使いこなし、効率の良い営業を行っていきましょう。

Web受発注で受注ミスを防ぎ、ペーパーレスに

『BtoBプラットフォーム 商談』では、取引伝票もオンラインでやり取りすることになります。
そのため、受発注伝票をいつでもどこでも確認することが可能になります。
いつでも確認できるため、受発注ミスを防ぐことが出来、煩わしい事務作業のペーパーレス化に繋がります。
注文書や納品書といった伝票類は、オンラインでの発行になるため、買い手企業にとっても煩雑な事務作業を省くことになるといえます。
『BtoBプラットフォーム 商談』を利用することで事務作業の無駄を削減し、業務効率化を図ることが可能になります。

決済代行システムの利用で、新規取引先の売掛金回収も100%保証

例えば、庄内浜で水揚げされる質の良いとらふぐを探している日本料理店から、大口の宴会用の注文が初めて入ったとします。
商品カタログからマッチングした遠方のお店で、Web商談を使用して商談を行い、初めての契約が宴会用のとらふぐという顧客の場合、売掛金が大きくて不安が生じてしまうことは、誰しも同じことではないかと思います。
万が一売掛金の回収が出来なかったらと考えると、初回は現金での支払いでと条件をつけたりしがちです。
状況によっては二の足を踏むこともあるでしょう。

決済代行システムで不安を一掃、攻めのビジネスを

『BtoBプラットフォーム 商談』には、独自の決済代行システムがあります。
新しい取引先だったとしても、売掛金回収100%保証なので、安心して初めての取引を行うことを可能にします。
さらに、与信審査の手間とコストを省き、手数料は3%のみ。
支払いまでのサイトも最短で10日と、短いのが特徴です。
しかもオンライン決済のため、請求書を作成する手間も省けます。
初めての顧客には、庄内浜の質の良いとらふぐを提供することで満足の行くサービスを可能にし、売掛金のリスクはゼロで、新しいビジネスを生み出すことを可能にしています。

売上ランキングを自在に検索、競合他社を分析する!

山形県の加工食品で競合他社の多いジャンルに新しい商品を投入することになったとき、やはり競合他社の情報が気になるのではないでしょうか。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、業種や地域、期間などを絞り込んで検索すれば、企業の売上ランキングを表示することが可能です。
例えば、さくらんぼのスイーツを夏だけに絞り込んで、自社も含めた売上ランキングを閲覧することで、自社の順位はもちろん、競合他社の販売している商品の情報を確認することが出来ます。
もちろん、競合他社の順位や商品情報だけでなく、どんなキーワードを使用して商品を販売しているか、販売価格や商品の特徴などを、自社の商品と比較検討の材料にしたり、自社の強みを確認したり、新たな商品をどのようにアピールするか、営業戦略を練るのに利用できます。

もちろん顧客のニーズ分析にも利用可能

『BtoBプラットフォーム 商談』に備わった検索機能を上手に活用することで、顧客のニーズ把握を効率よく行うことが出来るようになります。
業種や地域、期間といった条件で絞り込み、買い手企業がどんな商品を実際に注文しているのか、ランキングで表示すれば、どういう傾向があるのかがわかります。
これを活用すれば、流行の先取りも可能になり、流行に合わせた販売戦略を立てるのに役立ちます。
さらに、買い手企業が欲しい商品を検索するときに、どんなキーワードを使用しているかも検索することが出来るため、自社の商品を販売するときに利用するキーワードの改善にも役立てることが出来ます。

山形県の食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

海に山に、そして里にも恵まれた土地である山形県は、幅広い食材に恵まれていることで知られています。
自社で扱っている山形県の食材を、どうしたらもっと知ってもらえるか、営業するにも大都市圏に行くにはコストが掛かりすぎる、営業のノウハウ自体がないなど、抱える悩みはそれぞれです。
そのような営業の課題を持つ企業にこそ、『BtoBプラットフォーム 商談』は効果を発揮します。
さまざまな課題をクリアにし、新しいビジネスを生み出すきっかけを作るのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
ウェブサイトを作成したけれどそのままになっているといった企業でも、攻めのビジネスを展開するヒントが『BtoBプラットフォーム 商談』には詰まっています。
これまでのビジネス環境がガラリと変わる『BtoBプラットフォーム 商談』をぜひご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。