奈良県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

奈良県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

紀伊半島の内陸に位置し、いにしえの都として知られる奈良県は、紀伊山地の険しい山々に囲まれた盆地でさまざまな食材が作られています。
関西の主要都市である大阪や京都にも近く、多くの人が通勤通学をするベッドタウンとしても知られており、作られている農畜産物も関西地方で地産地消される傾向が強い地域だといえます。
奈良県では伝統野菜をはじめとしたさまざまな食材が作られていますが、まだまだ全国区になっている食材は少ないといえ、関東以北や九州四国などでの新規開拓の余地があると考えられます。
実際に奈良県の食材を関西以外の地域で販売するにはどうしたらいいでしょうか。
遠方での新規開拓について考えていきましょう。

新規開拓をするにはインターネットが必須

取り扱っている奈良県産の食材を、関西地方以外の地域で新たに販売するにはどうしたらいいでしょうか。
大阪や京都といった都市が近くにあることもあり、そこで売れていれば良いと思うかもしれませんが、食材の持つ可能性を考えたとき、全国で販売しないのはもったいないといえるでしょう。
これまで取引をすることのなかった、関東以北や九州、四国といった地方の買い手企業に奈良県産の食材を販売するには、やはり食材を知ってもらうことが第一歩になります。
取り扱っている食材を知ってもらうためには、雑誌や新聞といった媒体に広告を出すこともひとつの手段になりますが、今はインターネット広告や公式サイト、SNSを利用するほうがアクセスしやすいため、インターネットを使った新規開拓は必須だといえます。
自社のサイトを持っておらず、サーバーやドメインを準備することから始めたとしても、初期費用がさほどかからないのも魅力のひとつです。
これまでの取引先への周知は、名刺やパンフレットにURLやSNSアカウントを記載することで簡単にできますが、新たに公式サイトを作ったとして、どのように新規顧客に認知してもらうかは難しい問題です。
何も宣伝をせずに買い手企業が自身でキーワードを入力し、検索することのみで自社のサイトを見つけてもらうのは意外と難しく、そのためにはそれなりの手間とコストが必要になります。
数あるサイトの中から見つけ出してもらい、さらに商品について問い合わせをしてもらうには、どんな情報を掲載しているかが鍵になってきます。
よく、取り扱っている商品を箇条書きにしているだけのサイトがありますが、それだけの情報では買い手企業から問い合わせをしてもらうのは不可能だといえます。
なぜなら、買い手企業にとって必要な情報が揃っているわけではないため、本当に欲しいと思っているものがあるかどうかの判断がつかないためです。
例えば、奈良県で作られる柿は、品質が高いことで全国的にも知られていますが、サイトに記載する情報はどのようなものが必要になるでしょうか。
柿は品種もさまざまで、どのような状態で送られてくるのかや、最小ロットがどれくらいであれば注文を受けてもらえるのかという情報が記されていないと、たとえ問い合わせをしてもらえたとしても、ミスマッチを起こしてしまう可能性があります。
買い手企業にとって必要な情報が揃っていることが理想ではありますが、あまり情報量が多くても、今度は必要な情報にたどり着くことが難しくなってしまうので注意が必要です。
そうした問題を解決するのが難しくて、公式サイトを作ったものの、そのまま放置してしまう企業も少なくありません。
そんなときに便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。

ミスマッチを起こさず、買い手企業に認知してもらうには

インターネット広告を使わずに、キーワード検索のみでサイトに辿り着いてもらうには、これまで述べたように手間とコストが必要になりますが、せっかく問い合わせてもらったのなら、ミスマッチを起こすことなく新たな契約につなげたいのが正直なところです。
奈良県産の柿を取り扱っているとしても、どの地域で作られるなんという品種の柿なのか、どのようなパッケージで発送されるのかといった事柄を記載するのは、ミスマッチを起こさないようにするためには大切なことになります。
『BtoBプラットフォーム 商談』ではそのために、取扱商品を「商品カタログ」に登録し、その情報を元にして、商品を欲しいと思っている買い手企業と自動的にマッチングします。
マッチングするために必要な情報を登録する形のため、ミスマッチも起きにくい仕組みになっています。
また、マッチングした買い手企業の担当者や連絡先も記載されたリストが、自動的に生成されて手元に残るため、そのリストを元にして担当者に営業をすればいいだけの状態になっています。
これまでであれば、新たな取引先の候補を絞り込んでリスト化する必要がありましたが、その手間がないので効率よく営業ができます。
登録した商品カタログの情報は、自社のデータベースとして活用することができ、販売拡大に役立てることができます。
自社の取扱商品の情報を整理し、営業先のリストも得ることができるため、効率よく販売拡大を図れるのです。

オンラインツールを活用して遠方の顧客との関係を作る

ここ数年のビジネスの流れとして、リモートワークやテレワークが推奨されるようになり、その結果、ビデオ通話アプリなどのオンラインツールを使ってのビジネスは必須のものとなりました。
日本全国どこへ行っても、Wi-Fiとカメラ付きの端末があれば、会議や商談を行うことができるようになり、今まで電車や飛行機を乗り継いで出向いていた遠方の取引先とも、会議の頻度を高くすることが可能になりました。
問題があるとすれば、取り扱う議題の性質上セキュリティが気になったり、取引先によって導入しているアプリが違うことから、使い分けが煩雑になるといったことが挙げられます。
『BtoBプラットフォーム 商談』にも「Web商談」の機能が備わっており、会員同士であれば簡単にオンラインで商談を行うことができるようになっています。
一般的なビデオ通話アプリと同様に、資料や動画を共有しながら会議をすることが可能になっており、使用感はさほど変わらないかもしれません。
他のビデオ通話アプリとの違いは、スケジュール管理のしやすさが挙げられます。
会員同士であれば、担当者を指定してスケジュールを登録するだけでWeb商談の予約が可能で、相手にリマインドが送られるだけでなく、スケジュールを別に登録する必要がないため、うっかり忘れてしまうというようなミスを防ぐことができます。
他のアプリを使うときのように、ミーティングのURLを共有したり、メールでリマインドしたりという手間がなくなるため、効率よく商談の準備ができるようになります。
さらに『BtoBプラットフォーム 商談』では、最大の特色ともいえる「Web展示会」という機能が備わっています。
これを使わないのはとてももったいないといえる機能でもあり、活用することで新規開拓がグンとしやすくなります。

Web展示会を活用して、縁のなかった地域の新規顧客を獲得

Web展示会は名前の通り、オンラインで展示会に参加する機能です。
展示会というと、これまで大阪や東京といった大都市にある施設で、たくさんの企業と集まって開催するイメージがありますが、それが『BtoBプラットフォーム 商談』の中で開催され、出展するという形になっています。
展示会に出展するとなると、これまでは現地に担当者を派遣するために出張のスケジュールや予算を組む必要があり、かなり手間がかかっていたといえます。
オンラインで開催するためそうした手間やコストが省けるという魅力もありますが、参加する買い手企業も開催地が関係ないため、日本全国からさまざまな企業の担当者が集まってきます。
これまで展示会となると買い手企業の担当者は、前もって配布されている企業のリストや見取り図を参考にしながら回るところに目星をつけ、限られた時間の中で商談をする手はずを整えるのが一般的でした。
しかし、Web展示会であれば時間がゆっくりとれるときに興味のある企業のブースを見ることができるため、これまで興味があっても回れなかった企業のブースを訪れる可能性が高いのです。
売り手企業は自社の取り扱っている商品のテーマに合う展示会に出展が可能で、自社のブースではこれまでの展示会と同様に、動画やスライドを使用して商品や企業のアピールをすることができます。
例えば、奈良県産の黒米を使ったサラダドレッシングを取り扱っているとして、植物性商材専門の展示会に出展することにしたとします。
ブースではスライドを使って、奈良県の黒米がどのように栽培されているのかを解説し、動画を使ってドレッシングが作られる工程を共有することができます。
自身がブースにいるときなら、ドレッシングに興味を持ってくれた買い手企業に声をかけ、その場でWeb商談を行うことも可能で、チャンスを逃すこともありません。
さらに、ドレッシングに興味を持ってブースを訪れてくれた買い手企業の情報も、簡単に収集することができるため、それを元に後日営業をすることも可能です。
商品に興味を持ってくれた、日本全国の買い手企業に営業をかけるきっかけを作ることができるため、一気に販路を拡大していくことも可能にするのです。

買い手企業がどこに重きをおいているかを鍵に、個々のニーズを把握する

都市部の飲食店は、日本全国さまざまな地域の食材を取り寄せて提供している店も多く、そうした飲食店で奈良県の食材を注文してもらうには、何をアピールするのがいいのか気になる方も多いのではないでしょうか。
例えば、奈良県で作られている大和いもを扱っているとして、お店で提供したいという居酒屋が2軒問い合わせしてきたとします。
同じ居酒屋という業種ではあるものの、片方は客単価の高いアッパー層をターゲットにしており、もう1軒は多店舗展開をする手頃な価格帯のお店だった場合、コンセプトはそれぞれに違うため、要求する大和いものクオリティも違うのは当然のことです。
高くても質の良い商品を求める場合もあれば、大和いもであれば多少難があってもいいというケースもあるでしょう。
顧客の業態だけでなく、どのようなターゲットに向けて営業をしているのかを把握することは、それぞれのニーズを知る上でもとても重要なことです。
店のコンセプトを理解し、担当者の話を注意深く聞くことで見えてくることは非常に多く、実際に発注をするときも普段からどこに重きをおいているのかに注意をすると、それぞれの傾向が見えてきます。

潜在的なニーズを把握するには、間接的な手段も有効

これまでも取引のあった買い手企業から、新たな商品への発注をしてもらうにはどうするのがいいでしょうか。
いつも注文をしてくれるもの以外にどんな商品を提案するかは、買い手企業の隠れたニーズを掘り起こすことが重要になります。
そのためには相手がどのような商品に興味を持つかを探る必要がありますが、あまり顔を合わせる頻度が高いのも、というジレンマもあり、そこから先に進めずにいる方も多いかもしれません。
そんなときにも『BtoBプラットフォーム 商談』を使うのが便利で、「メールマガジン一斉配信機能」を使うことで、間接的な形で隠れたニーズを把握することができます。
メールマガジンといっても、文章を書くのが苦手で何を書いたら良いのかわからない、という方もいるかも知れません。
その点は、サンプルの文例や書き方指南があるので、初めてでも安心して取り組むことができます。
メールマガジンは配信してからの分析が、買い手企業攻略の鍵となります。
『BtoBプラットフォーム 商談』のメールマガジン一斉配信機能は、相手の担当者がメールを開封したかどうかが確認でき、どのような内容のものに興味を示してくれるかがわかります。
相手には見えない形で間接的な接点を持つことを可能にしてくれるツールだといえ、きちんと分析すれば営業に活用することができます。
さまざまな形でニーズを把握し、買い手企業によりよい提案をしていきましょう。

希少食材を探している企業は思っているより多い

食品を取り扱っていると、さまざまな買い手企業がそれぞれの目的で、いろいろな食材を探していることがわかりますが、希少な食材を探し求めて問い合わせてくる企業も少なくないといえるでしょう。
例えば、吉野葛を探している和菓子店から問い合わせがあったとします。
吉野葛が実際にどのように栽培され、出荷されるまでの品質管理にいかに注意が必要であるかを、これまでであれば現地に来てもらい、見てもらった上で説明をしていたかもしれませんが、今は動画などでイメージを掴んでもらうことも可能になっています。
現場の生の声を届けながら信頼関係を作ることも可能になることから、実際に取引をするまで現状を伝えるのが良いでしょう。

希少食材を初めて大量に発注をする企業に、不安なく商品を販売するには

ここで、吉野葛をまとめて発注したいという個人の和菓子店が問い合わせてきたとして、それが初めての注文だったとします。
しかも相手のお店は遠方にあり、これまでに取引したことがないとなると、一番不安に感じるのは売掛金の回収についてではないかと思います。
吉野葛は価格も高く、まとまった量になるとかなりの金額になってしまうことから、初回だけ現金でと条件をつけると相手にとって負担になってしまう可能性もあります。
こうした場合も『BtoBプラットフォーム 商談』が便利です。
独自の決済代行システムを導入しており、初めての取引でも売掛金回収100%保証となっています。
決済手数料も3%と低く、支払いのサイトも最短で10日と短くなっています。
しかもオンライン決済のため、請求書を起票する必要がありません。
どうしても高額になってしまう希少な食材を取り扱う場合は、『BtoBプラットフォーム 商談』を導入しておくと安心して取引ができる上、新規開拓も攻めの姿勢で行くことができます。

奈良県の旬の食材を、日本中のどこより早く届けるためには

これまでにも述べた通り都市部の飲食店では、地元の食材にとどまらず、日本全国の旬の食材を取り寄せて提供している店が多く、季節をいち早く先取りした食材を使った料理や、地域性のある個性の強い食材を提供することで支持を集めているところも多いといえます。
四季折々のメニューの見直しは、季節を重視した高級店に限らず、今や外食チェーンが展開するファミリーレストランですら行っていることでもあり、それは一般消費者の興味を引く上で重要であることを表しています。
例えば、奈良県産の朝採り野菜を詰め合わせて東京のフランス料理店に届けているとします。
なすやトマト、レタスやほうれん草といった定番の野菜を安定的に入れることも大切ですが、そこに個性的な伝統野菜を入れて送ると、とても喜んでもらえます。
旬を迎えると発注量の増える野菜を入れることも重要ですが、前年の実績を分析することで、どんな野菜を入れると喜ぶのか、また、今年流行りそうな新品種を提案することで、その店のメニューのトレンドを作ることも可能になります。
しかし、実際に前年その店がどのような野菜を発注していたのか、分析をする材料がどこにあるのかわからないという企業の担当者もいるかも知れません。
そんな時には『BtoBプラットフォーム 商談』を活用すると、さまざまな分析が可能になります。

トレンドを把握するには検索機能の活用が肝要

『BtoBプラットフォーム 商談』では、検索機能をうまく活用することで前年の実績を分析できたり、今年のトレンドを把握することも可能になっています。
業種や地域、期間で情報を絞り込むことで、買い手企業がどのような食材を前年には求めていたのかがランキング形式で閲覧でき、それを元に顧客の実績と照らし合わせて分析を行い、顧客の注文の傾向を把握することができます。
例えば、奈良県では伝統野菜も含めて何種類かのきゅうりが育てられていますが、東京の顧客がどのようなものを好むのかを予測したり、これまで提案したことのなかった品種をレシピとともに提案することも可能になります。
季節ごとにどのような野菜を欲しがっていて、どのようなキーワードを使って食材を探していたかもランキング形式で確認することができるため、それを活用して新たなビジネスを提案することが可能になるのです。

奈良県産食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

大阪や京都に近く、質の高い食材を生み出すことで知られている奈良県は、多くの食材が関西圏で消費されてはいますが、伝統野菜や上質な畜産物など、全国で展開できる実力のある食材が揃う地域としても知られています。
取り扱っている奈良県産の食材を、どうしたら関西以外の新規顧客に販売できるのかわからない、遠方での新規開拓はしたことがない、そもそも営業のノウハウ自体がないといった企業にこそ、『BtoBプラットフォーム 商談』は真価を発揮してくれます。
全国に奈良県の食材の良さを伝え、新たな顧客を獲得する助けとなり、さらには業務効率化を図ることを可能にするツールとして、活用できるさまざまな機能が備わっています
『BtoBプラットフォーム 商談』を活用して、新たなビジネスを大きく羽ばたかせていきましょう。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。