滋賀県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

滋賀県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

西日本の水瓶として知られる琵琶湖の湖水の豊かな恵みと、山々に囲まれた近江盆地が育む豊富な農畜産物が揃う滋賀県は、面積が狭いながらもさまざまな食材が生まれる地として知られています。
琵琶湖や鈴鹿の水源地の豊かな水資源に恵まれ、淡水魚の漁業が盛んで、稲作が古くから行われている地域でもあります。
鮒ずしなどの独自の発酵食を生み出したことでも知られ、その特色ある食文化は、京都や大阪のみならず、さまざまな人に愛されています。
人気の高い滋賀県の食材ですが、取り扱っているものの、どのように外に向けて販売していけばいいのかわからないといった場合、どうすれば売れるのかについて、ここでは考えていきましょう。

新規開拓になくては始まらないインターネット

取り扱いのある滋賀県産の食材を、新規顧客に向けて宣伝するには、どのような手段を利用するのがいいでしょうか。
これまで接点のなかった遠方の地域や、取引をしたことのない業種の企業にアピールするということでもあるので、業界専門誌への広告出稿などもひとつの方法でしょう。
しかし、不特定多数にまんべんなくチャンスがあるという点で、インターネットに公式サイトを作成したり、SNSを利用して宣伝を行うのは、現代では避けて通れないことだといえます。
実際、こうした広報を行っている企業はとても多く、成果の上がりやすい手段だといえるでしょう。
最初に掛かるコストも、雑誌や新聞などに広告を出すことと比較すると安く済み、効率が良いイメージがあるのではないでしょうか。
しかし、公式サイトを作成したりしても、アピールしたいと思っている層に届かなければ意味がありません。
そのためには、さまざまな対策を行う必要もあり、サイトに記載する情報を精査するのも大切になります。
例えば、滋賀県産の黒大豆を取り扱っているとして、サイトにはどんな情報を記載すればよいでしょうか。
取り扱い品目だけを箇条書きにして掲載している企業のサイトもよく見かけますが、それだけでは商品の特徴は全く伝わりません。
どんなものを扱っているのか、具体的にわからないと買う側は問い合わせをするのも考えてしまうかもしれません。
ある程度特徴が分かるようにしておかないと、問い合わせをくれた企業の希望の商品と違っているという、ミスマッチを起こす可能性が高くなります。
同じ黒大豆を探しているとしても、蜜煮にする大粒の黒豆を求めている日本料理店と、雑穀と合わせてお茶に使う黒大豆を探している製茶メーカーとでは、希望する黒大豆の詳細が違います。
そのため、ある程度細やかに商品の情報を記載しないといけませんが、あまり細かい情報を掲載しても、今度は少ないキーワードでは検索に引っかからず、探し出せない可能性もあります。
オーガニック検索でサイトに辿り着いてもらうには、いろいろな対策が必要になり、それにはかなりの手間とコストが掛かります。
公式サイトを開いたのはいいけれど、やらなければいけないことが多すぎて、それには相応のコストも必要となったために、更新を止めてしまった、という企業も少なくないのではと思います。
そんな企業に便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。

問い合わせの労力を無駄にしないためには

欲しい商品をキーワードに入れて検索し、公式サイトにたどり着き、良さそうな商品があると問い合わせてくれた企業担当者がいるとします。
先方が必要としている商品について、細かく話を聞いていくと、自分の会社では取り扱っていないタイプのものだった、というミスマッチを防ぐには、どうすればいいでしょうか。
滋賀県産黒大豆のページを設けていたとしても、買い手企業が必要としている情報が欠けていれば、ミスマッチを起こしてしまうのは当然のことです。
どこでとれた大きさはどれくらいの黒大豆で、等級はどうか、最低ロットはどのくらいからか、といった基本的な情報は、せめて押さえておかないといけないでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、そうした取扱商品の基本情報を「商品カタログ」に登録するようになっており、登録することでその商品が欲しいと思っている買い手企業を自動的にマッチングしてくれます。
マッチングした買い手企業は、「見込企業」として自動的にリスト化され、手元に残る仕組みになっています。
しかも、先方の担当者と連絡先も分かるようになっているので、このリストを元に営業をすればいいだけなのです。
これまでであれば、新たな営業先のリストは自分で作らなければいけないものでしたが、商品の情報を登録するだけでリストが手に入り、ミスマッチを起こすこともないのです。
商品カタログそのものも、販売拡大のツールとして利用できるので、一石二鳥を超えた機能でもあります。
問い合わせの労力を無駄にすることなく、効率の良い営業が可能になるので、どんなツールで広報するか悩んでいる企業におすすめです。

オンラインツールを使ってより強固なコミュニケーションを

ここ数年の世の中の状況から、会社に出勤せずに自宅で仕事をする、リモートワークが推奨されたことを発端に、ビデオ通話などのオンラインツールがまたたく間に広まりました。
Wi-Fiとカメラ付きのパソコンやタブレットさえあれば、日本全国どこにいようとも会議や商談を行うことが可能になり、資料を共有しながら顔を見て話ができるので、顧客との距離を縮めるのにもうってつけといえます。
ただ、会議や商談といった機密情報を扱う場の性質上、セキュリティの問題が気になったり、取引先によっては、自分の会社が導入しているものと違うアプリを利用していたりと、さまざまな問題がついてまわるといえます。
『BtoBプラットフォーム 商談』にも「Web商談」というオンラインで商談ができる機能があります。
他のビデオ通話アプリと同様に、動画や資料を共有しながら、先方の顔を見て話ができるシステムになっています。
他のアプリケーションと比較すると、会員同士の商談であれば、先方の名前を選び、予定を入れるだけで商談の設定ができるので、あれこれアプリを開く必要がありません。
リマインドもその時に送信され、スケジュール管理も『BtoBプラットフォーム 商談』の中で行えるので、ミーティングのURLをメールで送ったのにスケジュールを登録し忘れていてうっかりすっぽかす、なんていうことはなくなります。
しかも『BtoBプラットフォーム 商談』には、「Web展示会」という機能があり、この機能が新規開拓をするのに非常に役立つのです。

日本全国から参加者のあるWeb展示会で新規顧客を獲得

Web展示会は、その名前の通り、オンラインで展示会を行える機能です。
そういわれても今ひとつピンとこない人に説明すると、これまで東京や大阪などの大都市圏で行われていた展示会を、『BtoBプラットフォーム 商談』の中で行うもので、出展すると自社のブースでは動画や資料を共有して、商品や企業のアピールを行うことができる画期的な機能です。
取扱商品に合ったテーマの展示会に出展することが出来、オンラインの強みを生かして新規顧客を日本全国から獲得することが可能になります。
例えば、ビワマスを取り扱っているとして、魚介類の展示会に出展することにしたとします。
ブースでは、ビワマスがどんな環境で育っているのか、動画で説明をしたり、どのようなところで加工しているのか、スライドを使って解説したりできるようになっています。
展示会というと、買い手企業の参加者の時間も限られており、無駄なく必要なところを回らなければいけませんでしたが、オンラインであれば、ゆっくりと時間がとれる時にブースを見ることも可能になるので、これまでよりも多くの人に見てもらえる可能性が高いのです。
オンラインで自分がブースにいる時に、興味を持ってくれた企業の担当者と「その場で」Web商談をすることも可能です。
また、興味を持って立ち寄ってくれた企業の情報を集めるのも簡単なので、それを突破口にして新規開拓をしていくこともできるのです。
『BtoBプラットフォーム 商談』を利用する上で、使わないのはもったいない最大の機能だといえるでしょう。

予算の範囲でより良いものを求めていても、ポイントが違う

食材の情報を求めてネットを検索し、気になる食材をピックアップして取り扱っている会社を探しているような買い手企業にとって、実際に発注に至るきっかけになるのはどんなことなのか、気になる企業の方もいるでしょう。
例えば、近江鶏を取り扱っているとして、その近江鶏が欲しいと問い合わせてくれた会社が2社あったとします。
例えばそれが同じように焼鳥店を営む会社だったとしても、それぞれにコンセプトが違い、欲しいと思っている商品も違うといえます。
値段は張っても一番いいものが欲しいと1社は考えており、もう1社は近江鶏であれば手頃なもののほうがいい、と考えていることもあります。
商談をすすめる中で、2社の担当者に話を聞くと、それぞれどこに重きを置いているのかが見えてくるはずです。
その上でニーズに合った提案をすることが、とても大切だといえるでしょう。

Web商談やメルマガを活用して、潜在的なニーズを把握する

買い手企業の担当者と商談をする中で、その企業の潜在的なニーズを探るには、悩みを聞いたり、細やかに話をすることが大切になってきます。
電話やメールだけでなく、ビデオ通話アプリやWeb商談を使用して、顔を見ながら話をすることは、相手が何に興味を示すかがわかりやすいため、必須の条件にもなるでしょう。
しかし、これ以上頻度を詰められない場合や、時間が取りにくい場合は、メールマガジンを配信するのもひとつの方法です。
『BtoBプラットフォーム 商談』には、メールマガジン一斉配信機能が備わっています。
先方の担当者がメールを開封したかどうかも確認できるようになっているので、どんなテーマで配信すると興味を持って開いてくれるのかが分析できます。
文章を書くのが苦手だったり、何を書いたらいいのかわからなくても、サンプルの文例があったり、書き方を指南してくれるので、初めての作成でも安心して取り組むことが可能です。
顧客のニーズを把握するのにはいろいろな方法があるといえますが、そのために必要な機能が『BtoBプラットフォーム 商談』にはたくさん揃っています。

希少食材を探している買い手企業は意外と多い

買い手企業によっては、希少なことで知られる食材を取り扱っていないかと問い合わせてくる企業ももちろんいます。
例えば、甲賀市の鮎河集落でしか栽培されていない、鮎河菜の質のいいものが欲しいという問い合わせがあったとします。
取扱いに関する情報だけでなく、どのようなところで育てられているかを実際に先方に見に来てもらい、説明する機会がこれまでであれば多かったかもしれません。
今はオンラインツールが発達しているので、動画や資料を共有しながら鮎河菜について説明をすることで、イメージを掴んでもらうことが出来ます。
発注をしてもらうまで、現地の生産者の声を届けたり、実際にどんなふうに食べられているのか紹介することで、お互いの信頼関係を作ることも大切です。
オンラインツールはこうしたときにも欠かせないものだといえます。

希少食材を初めて大量に発注をする企業に、不安なく商品を販売するには

滋賀県の伝統野菜である鮎河菜以外にも、入手の難しいものをたくさん売って欲しいと問い合わせてくる企業はたくさんいます。
例えば、琵琶湖でとれる水産物にはさまざまなものがありますが、氷魚やゴリなど、希少なものが多く、わずかしか取れない瀬田しじみを醤油漬けにしたいからたくさん欲しい、という、個人の高級台湾料理店が初めて問い合わせてきたら、どうするのがいいでしょうか。
しかも遠方の企業となると、さらに悩みは深くなります。
一番最初に頭を過るのは、売掛金回収の問題ではないでしょうか。
初めての取引は現金取引にしてもらうなど、条件をつけるのが一般的な対処法といえますが、まとまった額になる場合は先方の負担になることも考えられるため、それもためらわれることがあります。
こんなときにも『BtoBプラットフォーム 商談』に便利な機能があります。
独自の決済代行システムを導入しているので、初回でも売掛金回収100%保証で、決済手数料も3%と、低く抑えられています。
支払いのサイトも短いのが特徴で、最短で10日となっています。
高額な食材や希少で高くなりがちな食材を取り扱っている場合、こうしたシステムがあると、安心して攻めの姿勢を保つことが出来ます。

どの地域よりも早く、旬の食材を届けるためには

大都市部の飲食店では、滋賀県の食材に限らず、さまざまな地方の食材を取り寄せているところもあり、地域性の出る食材は、お客さんに喜んでもらうためのひとつのツールになっているといえます。
大手の外食チェーンや居酒屋チェーンなどでも、シーズンに1度はメニューを見直すところが多く、それは一般消費者が、季節の食材が楽しめるお店を選ぶ傾向が強いことを表しているといえるでしょう。
例えば、滋賀県産の野菜をおまかせで送っている大阪の飲食店があるとして、通年出回っている水菜やキャベツといった野菜を入れるのも大切ではありますが、季節ごとの伝統野菜や、新しい品種のミニトマトなどを入れるととても喜ばれます。
旬の時期は注文数が増えるかぶやアスパラガスなど、季節の定番も欠かすことが出来ません。
昨年どんな物が売れていたのか分析することは、今年売れる物を予測する上でも大切なことだといえ、その上で顧客のニーズを把握したものをプラスし、提案するのが重要です。
しかし、企業によっては前年の分析をどうしたらできるのかわからない人もいるでしょう。
そんなときにも『BtoBプラットフォーム 商談』が便利です。

検索機能を活用することが、新たな契約に結びつく

『BtoBプラットフォーム 商談』では、検索機能を活用することで、前年の実績を閲覧することが出来たり、今年の流行予測に必要な情報を得ることができます。
期間や地域、業種などで情報を絞り込み検索し、ランキング形式で表示されるさまざまな情報を分析することが、買い手企業を攻略する上でとても重要になります。
例えば、滋賀県ではさまざまなネギが栽培されていますが、お店で出している料理によってどんなネギが向いているか、また、新たなレシピと共に普段使っていないネギを提案するなど、前年の実績を分析することで、バラエティ豊かな提案ができるようになります。
どの季節にどういう野菜を注文しているか、また、その食材を検索するのにどういうキーワードを使っているかまで、ランキング形式で閲覧ができるようになっているので、その情報を元に、自社で取り扱う商品を売り出すときのキーワードを見直すことも出来ます。
検索機能を活用することで、新たな商品の注文を獲得することも可能なのです。

滋賀県産食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

琵琶湖の湖水が育む水産物や、その清流が息づく農産物に加え、近江牛などの畜産物も数多く作られていることで知られる滋賀県。
取り扱っている滋賀県産の食材を、どうしたら新規顧客が探し当ててくれるのかわからない、関西以外で新規開拓をしたいけれどどうすればいいかわからない、そもそも営業のノウハウが会社にない、といった企業に、『BtoBプラットフォーム 商談』はおすすめです。
日本全国での新規開拓を可能にし、ビジネスを効率化してくれるだけではない、数多くの機能が備わっています。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を活用して、企業を発展させてください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。