飲食店で使う新規の食材を仕入れるためには

飲食店で使う新規の食材を仕入れるためには

自分のお店で今までにない新規の食材を使ってみたいと思った時、どのようにして新しい食材を探すとよいでしょうか。
目新しい食材を使ってお店のメニューを考案すれば、お客さんにも喜んでもらえるかもしれません。
そのためにはぜひ魅力的な新規食材と出会いたいですね。
産地や作り方にもこだわりがある食材や、あまり見たことのないめずらしい食材を使うことができれば、お店の目玉メニューにもなります。
ぜひそうした食材といい出会いをして、素敵なメニューを考案することで、お客さんにも喜んでもらいましょう。

新規の食材のベストな仕入れ先は

新規食材の仕入先にはさまざまな選択肢があります。
近くで手間なく仕入れるか、あるいはめずらしい食材を求めて、全国に仕入れ先を広げるかは悩むところです。 仕入先によって取引の仕方も大きく変わってきますので、どのような取引をしていきたいかで仕入れ先を選ぶのもよいでしょう。
ぜひベストな仕入れ先を見つけて、良い食材と出会いましょう。

地域のお店から仕入れる

自分のお店がある地域の青果店や精肉店、鮮魚店などからの仕入れも可能です。
近所によい青果店や精肉店、鮮魚店などがあることも多いでしょう。
良いお店があればそこから仕入れることも考えられます。
自分でそういうお店を探したり、あるいは人から教えてもらったりすることでいいお店が見つかるかもしれません。
しかしこだわりの食材やめずらしい食材が欲しい、となると近所のお店で見つけられる可能性は低くなります。

市場で仕入れる

町の市場に直接買い付けに行くことも考えられますし、実際にそのようにして食品の仕入れをしている人も多くいます。
自分が住んでいる町の市場に行き、多くの商品を自分の目で見比べながら選ぶことができるのはよい点かもしれません。
目利きの力があれば、良い商品を仕入れることもできるし、今まで出会ったことのない食材や地元ならではの食材が見つかることもあります。
ただ市場での買い付けの場合は自分の車などで商品をお店まで運ぶことが必要です。
時間も取られるので忙しいとなかなか難しいかもしれません。

つながりのある業者から仕入れる

以前働いていた時のつながりのある業者や、現在他の食材を仕入れている業者に頼んでみるのも一つの方法です。
相手の会社のこともわかるし、取り扱いのある商品もわかるし、と手軽に感じることもあるでしょう。
新規に仕入れる食材の希望がある程度決まっていれば、食材の内容なども含めて相談に乗ってくれるかもしれません。
しかし新たに取引を始める場合はいろいろと煩雑な手続きも必要なので、そのあたりをどうするかを考えなければならないでしょう。

インターネットを使って仕入れる

最近はインターネットでの仕入れも可能です。
インターネットを使えば、取り扱いの商品数も仕入先も一気に広がりますし、インターネットでの業務用食品にはとても魅力的な商品がたくさんあります。
その中でも『BtoBプラットフォーム 商談』は幅広い仕入れ方法があり、自分の希望の仕入れができます。
『BtoBプラットフォーム 商談』では近くの地域のものだけではなく、遠くの地域の名産品などを仕入れることもできるようになります。
こだわりの食材や地場の食材などさまざまな食材があり、簡単に仕入れができる業務用通販コーナーも便利です。
『BtoBプラットフォーム 商談』を利用することで自分が知らなかった食材に出会えるかもしれません。

インターネットを使った仕入れをしてみる

こだわりの食材やめずらしい食材を仕入れたいと考えるなら、ぜひ選択肢が多いインターネットを利用するのがおすすめです。
その場合、どうやって仕入れるのが一番いいのでしょうか。
インターネットを使って飲食店で使うことができる業務用の食材を仕入れる方法を検索するとたくさんのネットショップが出てきて、よくわからないと思う人も多いかもしれません。
では一体どうやってインターネットで仕入れ先を選べばよいのでしょうか。

生産者のサイトから仕入れる

こだわりの食材をインターネットで探していると、個人の生産者のサイトが出てくることもあるでしょう。
その生産者の作っているこだわりのある食材をぜひ使ってみたいと強く思えるなら購入を検討するといいかもしれません。
ただ、一か所の生産者だけでは生産している食材の種類が限られますので、その中で選ぶとやはり選択肢が狭くなってしまいます。
どうしても特定の生産者から仕入れたい、というわけでないのであれば、あまりこだわらなくてもよいかもしれません。

大手通販サイトから仕入れる

 
インターネットで検索すると必ず出てくるのが大手ECサイトです。
検索画面の上の部分はほとんど大手通販サイトかもしれません。
ただそこからどのように食材を選ぶのかがよくわからないこともあるでしょう。
すべて同じようなページに飛ぶようになっているため、そこから結局また食材を探す、という手間も発生します。
さらに普通のネットショッピングと変わらないため、仕入れるという感覚では購入しづらいかもしれません。割高になる場合も多いです

食のマッチングサイトから仕入れる

飲食店の食材の仕入先としてインターネットで検索すると、食のマッチングサイトが出てきます。
食のマッチングサイトはさまざまな食材の売り手と買い手を結ぶサイトです。
いろいろな食材が取り扱われていて、その中にはもちろんこだわりの食材やめずらしい食材もあります。
食のマッチングサイトの中では、特に『BtoBプラットフォーム 商談』がおすすめです。
さまざまなこだわりの食材が取り扱われており、取引のスムーズさも魅力の一つです。

Web展示会で新しい食材を探す

『BtoBプラットフォーム 商談』にはWeb展示会機能がありますので、ぜひ自分のお店で使える新しい食材を探してみましょう。
Web展示会とはいったいどんなもの?という疑問を持つ人も多いと思います。
『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会は、インターネットを利用してパソコンなどから参加できます。
売り手も買い手もそれぞれの場所から参加できるためとても便利です。
今までは出会えなかった新しい食材や企業とも出会えるかもしれません。

手軽に参加できる

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会への参加はとても手軽にできます。
まず登録された企業情報や出品されている食材をいろいろ見てみましょう。
自分で新しい食材を一から見つけるのはとても大変ですが、Web展示会であれば参加している売り手企業の食材を数多く見ることができます。
買い手企業のPR動画やカタログなども見ることができるので、しっかり吟味してぜひ良い食材を見つけましょう。

遠方の売り手とも出会うことができる

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会はインターネットを利用して行われます。
このことはお店にとっても新しい可能性を生みます。今まで出会えなかった遠方の売り手とも出会うことができるからです。
遠方の売り手にとっては自社の食材が遠くのめずらしい食材として、目玉商品となるかもしれませんし、自分のお店にとっては遠隔地の特産品を使ったイチオシのメニューとして提供できるかもしれません。
Web展示会に参加することは自分の飲食店にとっても大きなチャンスとなるでしょう。

Web商談で継続的な取引を始める

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会で出会った売り手とはぜひWeb商談を行いましょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』にはWeb商談機能があり、売り手と買い手が直接話すことができます。
新規の仕入先との取引を始めるには商談がとても重要ですので、ぜひ直接話してみましょう。
さまざまな取引条件などをしっかりと話すことでスムーズに商談が進むでしょう。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談機能を使ってみましょう。

Web商談でコストを削減

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談機能はインターネットを利用するため、わざわざ取引先へ出向く必要がありません。
そしてこちらへ来てもらう手間もなく、売り手の企業にとっても買い手のところに行く時間も必要ないので、お互いの時間とお金のコストが削減できます。
これはWeb商談のとても大きな利点です。
その分、商談内容に時間と手間をかけることができるでしょう。

Web商談で顔の見える商談を

Web商談をする時は相手の顔を見ながら話すことができます。
それぞれのパソコンなどのカメラを使うことで、Web商談の画面に顔が映ります。
お互いの顔を見ながら話すことで表情などから伝わることもあり信頼度も高まります。
ぜひ食材のことやこだわりなど気になることはどんどん聞いてみましょう。
また画面共有もできるため、売り手が準備した資料を見ながら話すこともできるので、自分のお店で使いたい食材の良さをしっかり聞き、納得した上で取引することができます。

Web商談から取引を始める

Web商談でお互いに顔を見て話すことで、理解しあえることも多くあります。
食材の良さをしっかり理解すれば、そのまま取引に繋がっていくはずです。
Web商談でぜひ条件面についてもしっかり話し合いましょう。
商談ができるとそのような細かい条件やロット数の話など、契約に関する詳細な決め事が直接できるのもいいところです。
お互いの折り合いがつき、話がまとまったらぜひそのまま取引を始めましょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談から即時発注も可能です。
また『BtoBプラットフォーム 商談』を使って、Web発注もできるのでその後の取引もスムーズにできます。

『BtoBプラットフォーム 商談』の業務用通販コーナー

『BtoBプラットフォーム 商談』の業務用通販コーナーは3つあります。
それぞれのコーナーに特色があり、自分が欲しい食材を購入するのに適したものを選べます。
また飲食店に向けた備品が充実した消耗品コーナーもあるので、食材と合わせて検討することもできます。
業務用通販コーナーは購入がスムーズにできる仕組みも整っているので、気軽に使ってみたい新しい食材を購入してみましょう。

「即決!Mart」でスピーディーに購入

『BtoBプラットフォーム 商談』の業務用通販コーナー「即決!Mart」は欲しい業務用食材を素早く購入できます。
たくさんの売り手企業が出品しているため、食材の種類も豊富で野菜や水産物、畜産物、飲料、加工品など多くの種類の中から選べます。
また価格も表示されていて、その価格で購入することができるので、わざわざ見積もりを取ったり価格交渉をしたりする手間をかけることなく、食材を仕入れることができるのはとても魅力的です。
購入はショッピングカートに入れるだけと手軽なので、まずは試してみたい新しい食材を購入してみましょう。

「全国特産品Mart」でこだわり食材を探す

『BtoBプラットフォーム 商談』の業務用通販コーナー「全国特産品Mart」は日本全国の特産品が揃っているサイトです。
各県のさまざまな特産品を選ぶことができ、自分の飲食店で提供したい新しい食材を探すことができます。
特産品にはそれぞれのこだわりがつまっており、そのこだわりは「全国特産品Mart」で詳しく紹介されています。
こだわりの食材を提供できるのはお店にとっても魅力的ですので、ぜひ自分のお店に合うこだわりの特産品を仕入れてみましょう。

必要なものがすぐに揃う「備品資材市場」

『BtoBプラットフォーム 商談』の業務用通販コーナー「備品資材市場」は飲食店で必要な備品をすぐに買うことができます。
紙タオルなどの衛生用品から鍋やフライパンなどの厨房用品、包材のような消耗品なども取り扱っています。
必要なものを手軽に検索してすぐに購入できるのは、忙しい飲食店にとってうれしいことです。

飲食店で使う新規の食材は『BtoBプラットフォーム 商談』で仕入れる

自分が経営している飲食店で新規の食材を使ってみたいと思っても、なかなかそういった食材とは出会えません。
しかし『BtoBプラットフォーム 商談』であれば、Web展示会で今まで知らなかった食材とも出会うチャンスがあります。
またWeb商談機能を使って、しっかりと相手企業や食材を知ったうえで取引を始めることができるのが魅力的です。
お試しで食材を買ってみたいときは業務用通販コーナーがとても便利で、色々な食材を使ってみるのもいいでしょう。
ぜひ新しい食材との出会いに『BtoBプラットフォーム 商談』を利用してみてください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。