飲食店の食材にこだわりのあるものを使うには

飲食店の食材にこだわりのあるものを使うには

自分が経営する飲食店で何か新しいメニューを考えたい。
できればこだわりの食材を使いたいと考えたとき、どのようにこだわりの食材を選べばよいのでしょうか。
インターネットで探したり、地元の市場で探したり、取引のある業者を通してなど、さまざまな選択肢があります。
できれば幅広い選択肢からこだわりの食材を選びたいと考えたときは、ぜひインターネットを通じての仕入れを考えてみましょう。
インターネットの中でも特に『BtoBプラットフォーム 商談』がおすすめです。
食材のマッチングサイトでさまざまな地域の食材が取り扱われています。
多くの食材の選択肢の幅が広がることで、こだわりの食材を見つけることができるでしょう。
ぜひ新しいメニューに使えるこだわりの食材を『BtoBプラットフォーム 商談』で探してみましょう。

飲食店の新しいメニューにこだわり食材を使いたい

飲食店を経営していると定期的にメニューを新しく替えたい、と思うことがあるでしょう。
常に魅力的なメニューがあることでお客様がリピートしてくれることもあるはずです。
新しいメニューを考えるときにどんなことを考えるでしょうか。
普段から人気のあるメニューの幅を広げる、あるいはまったく新しいメニューを考える、というのも一つの方法です。
そんな時に考えるのがどんな食材を使って新しいメニューを考えるのかということです。
せっかくならお客様が魅力を感じてくれる食材を使いたい、と思うものです。
お客様が魅力を感じてくれる食材にはさまざまなものがあります。
今、流行りの食材を食べてみたい、と思う人もいます。
地元ならではのものを食べたい、と思っている人もいるでしょう。
またお店のシェフがこだわりを持って作っているものを食べたい、と思う人もいるはずです。
こだわり食材を使うことでお客様にしっかりアピールもできます。
自分のお店のお客様が食べたい、と思ってくれるような食材で、さらにこだわりのある食材であれば新しいメニューの魅力は上がります。
そこをしっかりアピールすればお客様も食べてみたいと思ってくれるでしょう。

こだわり食材をどのように探す?

こだわりの食材を使って新しいメニューを考えたい、と思ったときに、どのような食材を使うかも悩みどころです。
肉類にするか海鮮にするか、あるいは野菜をふんだんに使った料理にするか、などさまざまなアイデアが浮かぶでしょう。
食材の選択肢が多い時はどのように探すか迷うものです。
ではこだわりの食材をどうやって探せばいいのでしょうか?

インターネットを使う

インターネットにはさまざまな情報があります。
食材を検索することでたくさん探すことができるでしょう。
逆にたくさんの選択肢がありすぎて決めかねることもあるかもしれません。
そんな時は食材のマッチングサイトを使うことを考えてみてはどうでしょうか。
飲食店で使うことができる食材をたくさん取り扱い、自分が探してみたいと思う食材もきっとあるはずです。
食のマッチングサイトのおすすめは『BtoBプラットフォーム 商談』です。
自分が使いたい食材を探しやすい検索機能やWebを使って直接商談できる機能があります。
自分がこだわりの食材を使って新しいメニューを考えたいと思ったときに、食材の選定からはじまり、さまざまな機能を使うことできっとあなたの強い味方になってくれるでしょう。

市場に行ってみる

自分の経営する飲食店がある町の市場に行ってみる、というのも一つの方法です。
地元の食材を使うというのも新しいメニューのアピールポイントとなるかもしれません。
自分の目でいろいろな食材を見ることで発見があるかもしれません。
ただ自分で足を運びいろいろな食材を自分で探していかないといけないなど時間的な問題も出てきます。
すべてを見て回ることはできないので、ある程度目星をつけて動くのがいいでしょう。
また自分がどんな食材を使うかも先にイメージしておいた方がいいかもしれません。
そうすることで目当ての食材を見つけやすくなるでしょう。

生産者を紹介してもらう

もし飲食店同士などさまざまな横のつながりがある場合は、生産者や畜産業者あるいは漁業関係者を紹介してもらうこともできるでしょう。
自分がどんな食材を使いたいか、どんなこだわりのある食材を探しているかが明確になっているなら、知り合いなどのつてを頼って紹介してもらうということも可能かもしれません。
自分の希望なども伝えることができるなら、希望の食材を販売してもらうことで、新しいメニューがより良いものになるでしょう。
ただ個人同士であれば支払いのことやさまざまな手続きが煩雑、と感じることも出てくることがあります。
また紹介してもらったということで逆に自分のこだわりを伝えづらいことも出てくるかもしれません。

インターネットで食のマッチングサイトを利用する

自分のお店の新しいメニューにはぜひこだわりの食材を使いたいと考えたときに、どのようにこだわりの食材を探すのがよいでしょうか。
日本全国の幅広い食材の中からぜひこだわりの食材を選びたい、と思ったときにはやはりインターネットを利用するのが一番です。
自分のお店にいながらにして、多くの食材と出会うことができます。
その食材との出会いの場が食のマッチングサイト『BtoBプラットフォーム 商談』です。
プロが集う食のインターネット市場である『BtoBプラットフォーム 商談』であれば、たくさんのこだわりの食材があります。
では『BtoBプラットフォーム 商談』のどんなところがいいのでしょうか。

こだわりの食材とマッチングできる

『BtoBプラットフォーム 商談』は食のマッチングサイトというだけあり、多くの食材の中から自分が求めている食材とマッチングできる機能があります。
こんな食材を使いたいとかこんなこだわりが欲しいと自分が考えていることを検索に当てはめてみるとさまざまな食材がヒットします。
この検索機能がとても優れています。
商品情報を入力すれば『BtoBプラットフォーム 商談』に登録されている約30万品の業務用食材の中から自分が欲しい食材を検索できます。
自分で一から探すよりもこの検索機能を活用することで時間的にも効率よく好みの食材が探せます。
ぜひこの検索機能を活用してください。
欲しい情報を絞りやすく効率的に食材を仕入れることができます。

Web商談を利用できる

検索で自分が欲しい食材が絞り込めた場合、売り手の企業とWeb商談や見積依頼をすることができます。
『BtoBプラットフォーム 商談』にはWeb商談機能があります。
仕入先とオンラインで商談することによって、実際に対面で商談をするようにさまざまな話ができます。
食材にどんなこだわりがあるのか、また自分がどんな思い入れで新しいメニューを作るのかなどの話が直接できます。
お互いの顔を見ながら話ができたり、画面で資料を共有しながら話すことができます。
また仕入方法や金額の相談などもオンラインで実際に話すことでスムーズにいくでしょう。
対面で顔を見ながら商談することで安心感も得られます。
オンラインでのWeb商談なので、このコロナ過で訪れることが難しい遠方の仕入先とも話せるのは大きな利点です。

こだわり食材が一目でわかる

『BtoBプラットフォーム 商談』にはこだわりの食材をすぐに見つけることができる業務用通販コーナーもあります。
その業務用通販コーナーの中でも日本全国のこだわり食材や特産品が集まっているのが「全国特産品Mart」です。
日本全国8500社以上が参加するインターネット市場の人気コーナーです。
こだわりの食材への思い入れを知ることができるこだわりの企業の紹介を見て、自分の希望のこだわり食材を見つけるのもいいでしょう。
またカテゴリーわけもしっかりされているので、そこから自分の新しいメニューに使いたい食材を選んでいくこともできます。
さらに価格もわかりやすく表示されているので、迷いなく購入することができます。
購入方法もまるでネットショッピングをするように気軽にできるようになっているのでわかりやすいでしょう。
簡単に一目でこだわり食材を選べるので、とても使いやすいサイトです。

『BtoBプラットフォーム 商談』で食材を購入してみる

では実際に『BtoBプラットフォーム 商談』を使ってこだわり食品を購入してみましょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』ではさまざまな方法でこだわりの商品を購入することができます。
業務用通販コーナーの「全国特産品Mart」なら多くのこだわり食材が集まっているので、自分のこだわりの商品を選べます。
価格も表示されているので即決で購入することができます。
見積もりを取ったり、煩雑な手続きを踏むことなくスムーズに購入できるのが利点です。
また自分が考えているメニューに合わせた食材をマッチングで探すのも良いでしょう。
食材を検索することで素早くマッチングできるので、食材を探す手間が大きく省けます。
マッチングできた食材を買うことを考えたら、売り手の企業とWeb商談で細かいことをきちんと話すことができれば、仕入れもスムーズに行えます。
新しい食材を求めてWeb展示会を利用することもできます。
新しいこだわりの食材と出会うことで魅力的なメニューも考えられるかもしれません。
そして『BtoBプラットフォーム 商談』を利用すれば支払いのことも悩まなくて大丈夫です。
こだわりの食材を気軽に買うことができるのはとても便利だと思いませんか?
ぜひ自分のお店の新しいメニューに使うこだわりの食材を『BtoBプラットフォーム 商談』で見つけてください

支払いはインフォマートが代行してくれる

『BtoBプラットフォーム 商談』は支払いの面でもバックアップしてくれます。
新しい食材を見つけて仕入れをする時には新しい取引先との支払いのやり取りなどの手続きが発生します。
いろいろなところの食材を使ってみたいと思うほどに、口座開設や支払いのやり取りなど煩雑な手続きがどんどん増えていきます。
また振込などに時間やお金もかかります。
そこを簡単にしてくれるのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
支払いの悩みをすべて解決してくれます。
それは『BtoBプラットフォーム 商談』を運営するインフォマートがすべて代行してくれるからです。
食材を仕入れたらインフォマートに代金を一括でお支払いいただくだけで、売り手のさまざまな企業に支払いをしてくれます。
一つの企業から仕入れるだけでなく、数社と取引するようになれば、この代金決済の代行システムの便利さを実感するでしょう。
支払業務のコストや手間を大幅に削減することができ、あなたは飲食店でのメニュー作りなどお店の仕事に集中することができます。
ぜひこの決済代行システムを利用して『BtoBプラットフォーム 商談』でこだわりの食材を仕入れてください。

飲食店のこだわり食材の仕入れは『BtoBプラットフォーム 商談』で

自分が経営する飲食店で新しいメニューを考案するなど、新しい食材を仕入れたい時はぜひインターネットを利用してみてください。
特にプロが集う食のインターネット市場『BtoBプラットフォーム 商談』は多くの食材が集まっています。
また新しいメニューにはこだわりの食材を使いたい、と思っても、『BtoBプラットフォーム 商談』ならこだわりの食材を手軽に探すシステムがあります。
食材のマッチングシステムを使うことであなたが使いたいこだわりの食材を仕入れることができます。
その食材を売っている企業とWeb商談をすることで、どんなこだわりがあるかも知ることができます。
それをメニューのアピールポイントとすれば、きっとお客様の心にも響くメニューができるでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』は支払いも代行してくれるので、取引もスムーズにできます。
煩雑な支払業務をしなくてすむだけで、お店の経営に集中できるでしょう。
さまざまな便利さを兼ね備えた『BtoBプラットフォーム 商談』を使って、ぜひあなたの飲食店の食材を仕入れてみてください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。