「食財王国」岩手県の食材を新たに仕入れる

岩手県は面積が広く、どんな料理の食材も一通り揃うといわれるほど、さまざまな食材が揃います。
豊かな自然に恵まれた大地が育む野菜や畜産物、清らかな川と海が育む魚介類、その風土から生まれる調味料や飲料など、数え上げればきりがありません。
お店のメニューに岩手県の食材を取り入れようと考えたとき、肝心になるのが仕入先選びになります。
岩手県のありとあらゆる食材に精通した業者は、大きな商社や卸もありますが、面積が広いために、地域ごとに別々の会社を探さないとならないケースもあります。
ネットでの検索結果を頼りに、地域を絞り込んでから、1軒ずつ業者をあたっていく方法もあります。
しかし、お店のコンセプトや考えているメニューに合う食材を、安定して提供してくれるかどうかは、ぱっと見ただけでは確認ができないといえます。
仕入先をそうして探すのはとても骨の折れる作業です。
そんな悩みに応えるのがBtoBプラットフォーム 商談です。
登録することでさまざまな機能を使え、お店に合った食材探しが、ぐっと効率よく便利になります。上手に使いこなしてお店に合った食材を見つけましょう。

岩手県の牡蠣を、圧倒的な数の中からマッチング

岩手県の食材といって、最初に思い浮かべる食材はなんでしょうか。
面積が広いのですぐには思いつかないかも知れません。
三陸の食材、などと地域を絞って考えると思い浮かべやすいかも知れません。
三陸ならば海の幸、なかでも牡蠣は古くから養殖をしていることで知られています。
近年のオイスターバーブームや、東日本大震災後に牡蠣小屋ができたことで、一躍三陸の牡蠣は有名になりました。
宮古市から陸前高田市までの海岸線に広がる養殖棚でゆっくりと時間をかけて育てられる牡蠣は、その品質の良さで知られています。
しかし、牡蠣とひと口に言ってもいろいろあり、生食用、加熱用、落とし、殻付き、冷凍に加え、サイズもさまざまで、漁協ごとに出荷しているものが違ったりします。
その中から自分のお店で出そうと思っている料理に合うものを探すのには、ネットであちこちあたっていくだけでも時間がかかってしまいます。
BtoBプラットフォーム 商談では、「調達カタログ」に欲しい食材を登録しておくだけで、その食材を持っている売り手企業をマッチングし、マッチングした企業からアプローチを受けることができます。
売り手企業の数は全国で1,600社、商品カタログ数は約330,000品にものぼり、圧倒的な数の中からぴったりの商品を見つけることが出来ます。

ぴったりの商品を見つけたら、オンラインで商談も

コロナ禍の前であれば、三陸の牡蠣を探すために現地へ行き、訪れた地域のほかの食材も含めて持ち帰り、そのときに見つけた業者と契約を結ぶことも可能でした。
県をまたいだ移動が自粛される昨今、そうしたかたちでの仕入れは難しくなりました。
ネットを検索して探すだけでは見つからないような、地元の小さな生産者なども、実際に足を運ぶことで見つけることができていたかも知れません。
そのため、ネットで検索上位のサイトからあたっていくやり方は、なにか違うと思っている人もいるかも知れません。
BtoBプラットフォーム 商談では、出店審査をパスした売り手企業が数多く登録しており、マッチング後にはWeb商談が可能です。
現地に行かなくても現地の企業とゆっくりと商談することが可能で、そうした中からさまざまな情報を引き出すことも出来るといえます。
牡蠣を仕入れるときに、牡蠣に合う岩手県ならではの調味料を教えてもらうといったようなこともあるでしょう。
また、商談相手が現地の小さな企業になることもあると思います。
商談を重ねながら、牡蠣以外の商品についてもいろいろと教えてもらったり、他の食材を扱う売り手企業を教えてもらうといったこともあるかも知れません。
Web商談を上手に利用しながら、お店のメニューをどんどんブラッシュアップしていきましょう。

岩手県の南部小麦の、より良い生産者を探すには

岩手県は穀類の生産が盛んなことで知られています。
お米やもち米はもちろん、質の高い雑穀も生産されており、さまざまなものを見つけることができます。
中でも有名なのは南部小麦ではないでしょうか。
パンや麺を作るお店ではよく知られているのではと思います。
南部小麦といっても、自然栽培と慣行栽培、含まれるグルテン量の違い、粒子の細かさなど、量が少ないながらもいろいろと違いがあるため、例えば実際にパンにしてみないとわからない部分も多いといえるでしょう。
売り手企業の持っている南部小麦の製品も、それぞれ品質に違いがあるといえるので、自分がお店で使うのに、どういうものが欲しいのか、イメージをはっきりとさせておくことも重要でしょう。
売り手企業によっては、南部小麦の中力粉でも、何種類かのサンプルを用意してくれるところもあるかも知れません。
そういう中から選べたら、使う側としてはベターかも知れません。
自分の店のメニュー作りにぴったりとくる商品を持つ売り手企業を、BtoBプラットフォーム 商談では、マッチング機能を使って探すことができます。
あらかじめ、欲しい商品の大まかな情報と、希望する仕入れ価格を「調達カタログ」に登録し、マッチングした企業の持つ商品の情報を精査すれば、無駄がなく効率の良い商談を行うことができます。

売り手企業が開く「Web展示会」で、岩手県の食材を探す

岩手県の食材は非常に幅が広いため、ひとつの会社だけで岩手県の食材をカバーするのは難しいといえます。
BtoBプラットフォーム 商談では、各都道府県の食材の特集ページが作られていて、目当てのものが探しやすくなっています。
また、売り手企業が開催する「Web展示会」があり、それに参加することができます。
例えば、サラダに使うわかめを探しているとして、岩手県の企業が開催する展示会に参加するとします。
岩手県のわかめといってもさまざまなものがあり、どこの産地のどういった状態のものがいいのか、仕入れまで短い時間しか取れない場合は、自分の店に合うものを探し出すのが難しいかも知れません。
BtoBプラットフォーム 商談の、Web展示会では、三陸海岸の長い海岸線に散らばる多くのわかめ産地のさまざまな商品を、まるで展示会に足を運んだように、担当者から詳細な説明を受けることができたり、気になるものが出てきたら、オンラインで商談をすることも出来るようになっています。
商談をした売り手企業に、自分の店のコンセプトやお店の規模などを情報共有すれば、より良い食材の提案を受けることも出来るでしょう。
Web商談を通じて、売り手業者との信頼関係を築きながら、お店のメニューをこれまでよりさらにブラッシュアップしたものにする仕入れを行うことが可能になります。

岩手県のご当地食材や限定の名産品を探すのにも

意外にもその面積が広い岩手県ですが、それぞれの地域ごとに根付いている食材や調味料など、現地を知っている業者でないと出てこないような食材もあります。
そうした岩手県のご当地食材を探すには、売り手企業との信頼関係を築き、さまざまな新しい情報を常に引き出せる状態を作っておく必要があります。
地元では当たり前に出されている料理の中にも、お店のメニューに活かせる食材があるかも知れません。
例えば、遠野のB級グルメである五右衛門ラーメンをお店で出したいと考えているとして、現地のお店で使っている豆板醤を探しているとします。
一般的な豆板醤かも知れませんし、地元でラーメン用に作られているものかも知れません。
遠野に繋がりのある売り手企業がいるとしても、自分の思った味のものを探すのはなかなか大変です。
そうした場合でも、BtoBプラットフォーム 商談の調達カタログに登録しておけば、キーワードを手がかりにマッチングした売り手企業が相談に乗ってくれる可能性もあります。
現地に行って何軒もの店を渡り歩くことがしづらくなった今、比較的効率よく目当ての食材が探し出せるといえます。

幻の牛肉・いわて短角牛を取り扱う売り手企業を探す人にも

岩手県産の食材の中には、豊洲などの市場でも手に入らない希少な食材があります。
例えば「いわて短角牛」は、そういった食材のひとつだといえるでしょう。
和牛の中でも生産量が少なく、脂身の少ない赤身肉は、噛むほどに味わい深いのが特徴です。
例えば「外国からの訪問客をいわて短角牛でもてなしたい」という依頼があったとして、予約の当日に確実にいわて短角牛を仕入れるためには、売り手企業にあらかじめ発注するなど、準備が必要になります。
新たな仕入先を見つけなければいけないケースもあり、その場合は信頼の置ける売り手企業を探すことから始めなければなりません。
ネットを検索し、検索上位に表示される売り手企業のページにいわて短角牛があったとしても、問い合わせてみると今は扱っていないといわれたりするのはよくあることです。
BtoBプラットフォーム 商談であれば、取り扱っている売り手企業を確実にマッチングすることができるため、そのような無駄はありません。
新たな仕入先を見つけるときは、口座を作ったりする手間が必要になる場合もあり、時間がかかるものです。
実際の時間的なリミットも含め、売り手企業と相談しながら契約を進めていくことも可能なので、業務上も効率よく、実際に顧客にサービスするのもスマートに準備を進めることができます。
岩手県の食材といっても、得意分野がそれぞれ違うことも多く、これまでの仕入先ではカバーできない可能性があります。
目的ごとに食材を探すときも探しやすいのが、BtoBプラットフォーム 商談の特徴だといえます。

岩手県の旬の食材を探すなら、早めの準備が吉

どんな食材にも旬があり、季節ごとに提供する料理のメニューが変わるのは、飲食業であればどこでも同じではないかと思います。
岩手県の食材には1年を通してさまざまなものがあり、季節ごとにおいしいものも変わります。
例えば、山菜というと、都市部では春先に出回るイメージがありますが、東北にある岩手県の山菜の旬はゴールデンウイーク頃からになり、初夏の食材になります。
季節になるとプロだけでなく、一般の人も山菜を取りに行くようになるため、質の点でいうとまさにピンからキリまでといった感じになります。
プロが採集した質の高い山菜を入手したいのであれば、やはりゆとりを持った早めの準備が肝心だといえるでしょう。
岩手県の初夏の食材は、山菜以外にも魅力的な物が多く、調べたり話を聞くうちにいろいろなものが出てくるということもあるので、それらを自分の店のメニューに合ったものかどうか精査するのには、いくつかの売り手企業を見比べることも必要になるでしょう。
BtoBプラットフォーム 商談では、季節ごとのメニューに使う食材を探すために、33万品もの商品カタログを検索して見つけることが可能です。
気になる食材を持つ売り手企業が、どんな食材を持っているか閲覧することもでき、そうした中でたまたま見つけた食材が、新しいメニューの主役として活躍することも考えられます。
もちろん、自分が探している季節の商品がないか、現地の売り手企業に取り扱いがあるかどうかを問い合わせることも可能です。
業務を効率化する上でも、仕入れ担当者がさまざまな機能を使いこなすことで、より良い仕入れが行えるようになっています。

岩手県の食材を仕入れるならBtoBプラットフォーム 商談で

さまざまな農産物や水産物、畜産物などがずらりと揃う岩手県。
冷涼な土地ならではの食材や、岩手県にしかない珍しい食材や加工品も数多く存在します。
その中から自分のお店にぴったりと合うものを個人で探すのには、膨大な手間と時間がかかるといえ、目当てのものを探し当てるのはとても大変だといえます。
自分の店で使うものだからこそ、品質はもちろん大切ですが、価格も大切な要素になります。
それらを踏まえてネットで食材を探すとなると、やはり検索上位からローラー作戦であたっていくことになってしまいます。
しかし、BtoBプラットフォーム 商談なら、欲しいと思った食材を調達カタログに登録するだけで、その食材を持っている売り手企業とマッチングして見つけることができたり、食材を持っている売り手企業からアプローチを受けることができます。
パソコンを開けば、岩手県の食材を持つ企業が開催するWeb展示会に参加できたり、主催する企業とWeb商談を行うことができます。
BtoBプラットフォーム 商談を上手に活用することで、効率よく仕入れを行うことができ、これまで仕入れにかかっていた手間や時間を圧縮することができます。
これまで狭い範囲で行っていた仕入れを、売り手企業1,600社、330,000商品の中から選りすぐった、より良いものに変更することで、顧客の満足度も上がること間違いなしです。
岩手県の食材を仕入れるなら、ぜひBtoBプラットフォーム 商談をご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。