どれも絶品!春の旬な食材を仕入れるには

どれも絶品!春の旬な食材を仕入れるには

長い冬が終わり、暖かくなって過ごしやすい春が訪れると、入学や就職と言った新生活をスタートする人に多くおり、
様々な変化を感じることができます。

春はお花見やゴールデンウィークと言ったウキウキする様々なイベントが目白押しでもありますが、それだけでなく、春と言えばおいしい旬の食材の宝庫でもあります。

春の日差しを浴びて豊かに育った山の幸や、春を告げる美味な魚が揃った海の幸など、この時期だけでしか味わうことができない魅力的な食材が勢揃いしています。

そんな、春の旬な食材を自分のお店のメニューで取り入れたいと思っても、仕入先業者の選定で悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

一口に春の食材といっても、地域ならではのこだわりの食材も多くあり、その上、様々な業者があることから、どこから仕入れるべきなのか迷ってしまうことでしょう。

旬の春キャベツを圧倒的な数の中からマッチング

春に旬を迎える野菜と言えば、玉ねぎやじゃがいも、アスパラガスなどがありますが、中でも春キャベツを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

春キャベツは冬のキャベツよりも葉の色が鮮やかで、水分が多くみずみずしいことから、サラダや千切りなどの生食に向いており、シャキシャキした食感があるのも春キャベツの醍醐味です。

また、ひとくちに春キャベツといっても、生産地によって収穫時期はさまざまです。

キャベツは特に鮮度が重要なことから、仕入れる際には、品質が良く、状態が良いものを扱う仕入先業者を見つける必要がありますが、ネットで業者を検索すると膨大な検索結果が表示されるので、ひとつずつ確認するのは、手間がかかってしまうことでしょう。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、「調達カタログ」に希望する食材を登録しておくと、その食材を持つ売り手企業をマッチングしてくれ、アプローチを受けることができます。

さらに、「商品カタログ」からは33万点もの売り手企業の商品を検索して探すことも可能です。

売り手企業の数は全国で1,600社、商品カタログ数は約330,000品にものぼり、圧倒的な数の中からぴったりのものを効率的に探し出すことができます。

ぴったりの商品を発見したらオンラインで商談を

春の旬な食材を探すには、コロナ禍前であれば現地に訪れて生産者の元へ直接出向いて、現地で見つけた業者と契約を結ぶことも可能でした。

現地に足を運ぶことが難しい現状の中で、仕入れ先を探すにはネット検索も便利ですが、信頼置ける取引先を見つけるのは大変です。
『BtoBプラットフォーム 商談』なら出店審査をパスした現地の小さな企業が数多く登録されており、マッチングした企業とオンラインで顔を見ながらゆっくりと「Web商談」を行うことが可能です。

また、売り手企業の商品が数多く登録されている「商品カタログ」では、売り手企業が他にどんな食材を持っているのかをチェックすることができ、これがきっかけとなり、新たなメニューのアイデアがひらめくかもしれません。

わざわざ現地に足を運ぶ必要もなく、資料を共有しながら商談ができるので自分の店に活かせそうな食材を掘り起こし、さらに貴重な食材を手に入れることができるかもしれません。

春の旬な食材のよりよい生産者を探すには

春の旬な食材といっても様々ありますが、質の良いものを提供する生産者を探すのは簡単ではありません。

例えば、春の海の幸としておなじみの真鯛は、3月から6月が旬と言われ、春先の真鯛は桜鯛と呼ばれており、縁起物としても有名なことから、記念日やイベントでは桜鯛を使ったメニューを提供すれば、お客さんにも喜ばれるかもしれません。

しかし、旬が命である海鮮類を仕入れるには、売り手企業から事前に発注をかけておいたりと準備が必要ですが、これから仕入れ先を探すとなると、時間もかかり、あっという間に旬の時期を過ぎてしまうこともあります。

『BtoBプラットフォーム 商談』なら「調達カタログ」に欲しい食材についての情報を入力すると、条件に合った食材を持つ企業がマッチングし、すぐに商談を行うことができ、効率よくスマートに仕入れることができます。

売り手企業の「Web展示会」で春の旬な食材を探す

春の旬な食材は、地域によって様々あり、中には一般的にはあまり知られていない隠れた旬な食材も多くあります。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、各都道府県の特集ページが展開されており、その地域自慢の食材を簡単に見つけだすことが可能となっています。

また、売り手企業による「Web展示会」を開催していることがあり、オンラインで担当者から詳しい話を聞きながら、商品についての説明を受けることが可能で、気に入ったらすぐに商談をすることもできます。

「Web展示会」では、1社のみが行っている規模が小さいものから、地域ごとに複数の業者が合同で開催するものなど様々なタイプがあり、新たな仕入れ業者を見つける絶好の機会でもあります。

『BtoBプラットフォーム 商談』なら、「Web展示会」で売り手企業と信頼関係を築きつつ、さらに自分のお店のメニューを、これまで以上にブラッシュアップすることができるようになります。

春の旬なご当地食材や限定品を扱う売り手企業を探す人にも

春の旬な食材には、そのご当地ならではのこだわりが詰まった食材や、限られた期間にしか食べることができない貴重な限定品も多くあります。

例えば、春の味覚を代表する食材の、筍(たけのこ)です。

食物繊維が豊富で腸にも優しく、他にも様々な栄養が含まれているたけのこを使った料理には、たけのことかつお節の旨味を堪能できる土佐煮や、わかめとたけのこを白だしで煮た若竹煮などがあり、さらにバターやにんにくで炒めた、たけのこ料理は、おつまみとしても高い人気があります。

たけのこは、福岡県や鹿児島県で多く収穫され、地域によって収穫される品種が異なるため、仕入れる際には自分のお店のメニューに合う品種かどうかもチェックしておく必要もあります。

また、たけのこの旬は3月から5月と期間が非常に短いことから、信頼の置ける売り手企業をすぐに見つける必要がありますが、たけのこの生産量は限られているため、ネット検索でして売り手企業のサイトを見つけても、問い合わせをしたら取り扱いが終了していることもあります。

『BtoBプラットフォーム 商談』なら、現在取り扱いがある商品を持つ売り手企業とマッチングしてくれるので、時間を無駄にしてしまう心配がなく、さらに「調達カタログ」の機能を使い、希望する商品の詳細を登録しておくことで、欲しい商品を持っている売り手企業を見つけ出し、アプローチをしてくれるので、すぐに問い合わせをすることができます。

ネット検索よりも圧倒的に効率よく商品を探すことが可能なので、商談が成立するときには、旬の時期が過ぎてしまっていたということはなく、今が食べ頃の食材をスマートに仕入れることが可能です。

春の旬な食材を探すには早めに準備を

食材にはどれも旬があり、旬な食材を取り入れたメニューを提供したいならば、旬の時期が到来する少し前から準備をしておく必要があります。

例えば、本来は3月から4月頃が旬と言われているいちごは、季節の限定スイーツとして人気があることから、数ある旬の果物の中でも特に人気が高く、質の高い旬のいちごを仕入れるには、ゆとりをもって準備を開始することが大切です。

いちごには様々な品種があることは有名ですが、いちごを取り入れたメニューを考えている場合、様々な品種の中からお店で出すメニューにあっていそうないちごを見つけるのは、思っているよりも簡単ではなく、
ネットで探すとなると、検索結果で表示された業者を上から順番に確認していくだけでも、時間がかかり大変です。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、季節ごとの旬な食材を商品カタログから簡単に検索することができ、33万品もの中から希望の品種を持っている売り手企業を見つけ出し、気になればすぐに商談することが可能です。

さらに「調達カタログ」から品種の登録もすることができるので、特定の品種を使ったメニューを提供したいという場合でも、ピンポイントで探し出すことができます。

また、品種や商品名を登録していない場合でも、調達カタログに欲しい食材を登録しておけば、収穫時期になり、取り扱いを開始したらすぐに売り手企業からアプローチを受けることが出来ます。

『BtoBプラットフォーム 商談』の多くの機能を使いこなせば、これまで以上によりよいメニューを作ることができるでしょう。

春の旬な食材を仕入れるなら、BtoBプラットフォーム 商談で

春と言う季節には山の幸から海の幸まで、魅力的で旬な食材が多く揃っています。

そして、日本には地域ごとにまだまだ知られていない絶品の旬の食材も沢山存在しています。

その時期に合った旬な食材をメニューに反映することで、顧客の満足度も高まり、新たな顧客の獲得にもつなげることができますが、料理に使う食材を個人で探すのは、膨大な時間もかかる上、品質や価格といった条件を満たした食材を探し当てるのはさらに大変です。

しかし、『BtoBプラットフォーム 商談』を上手に活用すれば、これまでにかかっていた手間を大幅に削減することが可能で、Web商談を通じて効率よく取引することが出来ます。

さらに、売り手企業1,600社、330,000商品の中から、選りすぐりの食材を簡単に見つけられるので、あまり知られていない珍しい食材を仕入れることもできるかもしれません。

今この時期でしか味わえない旬の一品を仕入れるなら、ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』をご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。