栄養満点で夏バテ知らず!夏の旬な食材を仕入れるには

栄養満点で夏バテ知らず!夏の旬な食材を仕入れるには

四季折々で様々な旬の食材があり、旬の食材を食べることでその季節を身で感じることができますが、春夏秋冬の中でも、季節感のある食材が特に充実しているのが夏です。

夏に旬を迎える食材は、火を通さずに生で食べられるものが多いのが特徴で、
さらに栄養価が高いものも多く、夏バテ対策にも嬉しい食材が充実しています。

夏野菜から果物、魚など幅広い食材があり、メインディッシュからデザートまで様々な料理に使うことができ、お店のメニューにも積極的に夏の旬な食材を取り入れることで、売上アップも期待出来ますが、問題となるのが仕入れ先選びです。

新しいメニューを思いついても、そのメニューに合った食材を探すとなると、膨大な数の業者から選定する必要があり、希望する条件に合った食材をひとつずつチェックしていくだけでも、かなりの手間を要してしまいます。

しかし、『BtoBプラットフォーム 商談』を活用することで、夏の旬な食材を効率よく仕入れることが可能です。

夏野菜の代表!トマトを圧倒的な数の中からマッチング

夏が旬の野菜には、きゅうりやとうもろこし、枝豆、なすなどがありますが、忘れてはいけない夏を代表する野菜と言えば「トマト」です。

生でもおいしく頂くことができるトマトは、国よっては果物と捉えられているように、フルーツのようなみずみずしさがあり、最近では糖度が高いフルーツトマトも人気があります。

トマトは、春の終わり頃から初夏にかけて最も糖度が上がり、味が濃くなっておいしくなると言われており、このようにトマトは鮮度が非常に重要なことから、トマトを使ったメニューを提供したいならば、シーズン前から準備をしておく必要があります。

しかし、一口にトマトと言っても様々な種類があることから、ネットで検索をしても膨大な数の業者が検索結果に表示される為、自分のお店のコンセプトに合ったトマトを見つけるのは簡単ではなく、難航してしまうことでしょう。

『BtoBプラットフォーム 商談』には、「調達カタログ」と言う希望する食材をマッチングしてくれる機能があります。

希望する食材を登録しておくと、その食材を持っている売り手企業をマッチングしてくれ、気になる食材を見つけたらすぐに問い合わせることが出来ます。

また、『BtoBプラットフォーム 商談』の商品カタログからは、1,600社の売り手企業、そして約330,000品にものぼる商品を検索して探すことも可能で、様々な機能を使えばスムーズに食材を仕入れることが可能です。

欲しい商品を発見したらオンラインで商談を

コロナ禍になる前は、こだわりが強い人は自分のお店のメニューに使う食材を探す為に現地に出向き、様々な産物を持ち帰ったり、業者と直接契約を結んでいたと言う方も多くいたのではないでしょうか。

しかし、気軽に現地に行けなくなってしまった今、インターネットを活用して、仕入れ先を探していると言う方も多いかもしれませんが、仕入れる食材を一品ずつ探すと言うのは、手間や時間もかかってしまい、良さそうな商品を見つけても、売り手企業と直接顔を合わせることなく契約をするのは、少し不安に思うかもしれません。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、「Web商談」と言う機能を使うことが可能で、売り手企業の顔を見ながらオンラインで商談を行うことができ、直接会うことができないものの、画面を見ながらリアルタイムで商談を行えるので安心して取引することが出来ます。

また、コロナ禍前は現地に足を運んで、その地域の小さな業者と契約を結ぶと言う楽しみもありました。

『BtoBプラットフォーム 商談』には、出店審査をパスした企業が登録されていますが、その中には、小さな企業も多く登録されており、その地域ならではの選りすぐりの食材を仕入れることも可能です。

夏が旬の魚アジの、よりよい生産者を探すには

夏の旬な食材と言えば、野菜や果物以外にも海の幸も忘れてはいけません。

夏の海の幸には、鰹(かつお)や鮎(あゆ)などがおなじみですが、さらに夏を代表する魚と言えばアジです。

この時期のアジは夏の気温の上昇と共に脂のノリが良くなり、旨味も増すことで格別な美味しさを味わうことができ、鮮度が良いアジを使った刺身やたたきなどの夏ならではの料理や、煮物や塩焼きと言った火を使う料理にも相性が良く、様々なメニューに取り入れられると言うメリットもあります。

アジの旬は6月から8月頃がピークとなっており、自分のお店のメニューにアジを取り入れたい場合は、旬の時期に合わせて仕入れられるように早くから準備を始めなければなりません。

その上、鮮度が命でもある魚を仕入れるには、できるだけ素早く取引を成立させる必要があります。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、「調達カタログ」から希望する食材についての仕入れの価格や商品の詳細についての情報を登録しておくことで、その条件と合った食材を持っている企業とマッチングしてくれ、売り手企業とすぐに商談を行うことが可能で、効率よく仕入れることが出来ます。

商談はオンラインで行うことが可能なので、足を運びにくい遠方の売り手企業ともすぐに取引をすることができ、旬を逃さずに鮮度の良い魚を自分のお店のメニューに安定して提供することが可能です。

売り手企業が開く「Web展示会」で夏の旬な食材を探す

夏が旬の食材の幅はとても広く、様々な食材を仕入れてメニューに取り入れることで、より季節を感じることが出来ます。

様々な食材を扱っている売り手企業からまとめて食材を仕入れるのも効率がいいですが、少し変わった食材を自分のお店のメニューに取り入れたい場合は、1つの売り手企業だけでカバーするのは難しくなり、別の売り手企業にもあたっていく必要があります。

そんな場合には、『BtoBプラットフォーム 商談』の各都道府県の食材を特集したコーナーから、目当ての食材を簡単に探すことが可能で、地域ごとのご当地食材もすぐに見つけることが出来ます。

さらに、売り手企業が「Web展示会」を開催することがあるので、展示会に参加すれば、担当者から商品についての詳しい話を聞くことができ、気になる商品を見つけたら、すぐにオンラインで商談をすることが可能です。

「Web展示会」は、1つの企業が独自に行う小さな規模のものだけでなく、地域ごとに複数の業者が集まり、合同で展示会を開催していることもあります。

様々な展示会を覗いてみることで、新たな仕入れ業者を見つけることができるかもしれません。

夏の旬なご当地食材や限定品を扱う売り手企業を探す人にも

夏の旬な食材は、一般的にメジャーなものばかりだけではなく、その地域のご当地食材や名物の特産品なども多くあり、中には、有名な食材でもあまり知られていない種類も多く存在しています。

例えば、夏の王様と言われ、高級フルーツとして定番のメロンです。

メロンと言えば、マスクメロンや夕張メロンと言った高級なブランドメロンが有名ですが、それ以外にも珍しい品種のメロンも沢山あり、品種によって味はもちろんのこと、見た目も大きく変わることから、仕入れる際には、自分のお店で出すメニューに合いそうな品種を持っている売り手企業を探すことから始める必要があります。

珍しい品種のメロンは生産量が限られていることから、取り扱いをしている企業を探すのは大変ですが、『BtoBプラットフォーム 商談』では、現在取り扱っている商品を持つ売り手企業をマッチングしてくれるので、問い合わせてみたら既に取り扱いが終わっていたと言うことはなく、欲しい商品をスムーズに見つけることが出来ます。

さらに、「調達カタログ」の機能を使って、希望する商品について詳細を登録しておけば、欲しい商品を持っている企業をすぐに見つけることができ、良さそうな商品を見つけたら問い合わせることが可能です。

普通にネットで検索するよりも欲しい商品を効率よく探すことが出来るので、今が旬の食材でもすぐに商談をして契約をすれば、すぐに仕入れることができ、最も旬な食材をお店のメニューに提供できるようになります。

夏の旬な食材を仕入れるなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

夏は、暑さによって食欲をなくしやすくなり、お店の集客も落ち込みやすくなりますが、スタミナ満点な夏の旬な食材を取り入れたメニューを多く提供すれば、売上アップを図ることも不可能ではありません。

さらに、メジャーな食材に加えてあまり知られていない旬な食材もあわせて取り入れることで、こだわりのあるメニューが完成し、顧客の満足度も高まるかもしれません。

旬の時期を逃さず、今が食べ頃の食材を自分のお店のメニューに提供したいならば、時間や手間をかけずに効率よく仕入れることも重要になってきますが、『BtoBプラットフォーム 商談』を活用することで、今までなら仕入れる際にかかっていた無駄な手間を大幅に削減することが可能です。

また、これまでなら商談の為にわざわざ現地の企業に直接出向いていた人も多くいたと思いますが、『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談を使えば、オンライン上で効率よく取引をすることができるので、現地に行く必要もなく、自分のお店で出すメニューに合った食材を簡単に見つることが可能です。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、売り手企業1,600社、330,000商品の中から欲しい食材をすぐに探せるので、自分のお店では食材にこだわったメニューを提供したいと言う方でも、満足できる食材を必ず見つけることができます。

夏の旬な食材を仕入れるなら、ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』をご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。