茨城県の食材を日本全国の飲食店に売り込むには

茨城県の食材を日本全国の飲食店に売り込むには

茨城県ではさまざまな食材が作られていますが、その品質は高く、東京から近いという地の利を活かし、鮮度の良い状態で届くことから、数多くの飲食店などで人気が高いことで知られています。
しかし、茨城県といっても、海から山までとても広く、地域ごとにいろいろな食材が作られていることから、まだまだ知られていない食材もある土地だといえます。
茨城県のまだ知られていない食材を新たに販売する場合、以前であれば展示会や催事などの機会にお披露目をし、詳細を説明しながら販売すれば、食材の細かな点も知ってもらうことが出来、新たな顧客を獲得することも難しくなかったかも知れません。
しかし、コロナ禍でそうした機会は自粛傾向にあり、そのようなかたちでの商品のアピールや、周辺地域の顧客と顔を合わせて商談を行うことが難しくなりました。
茨城県の質の良い食材を取り扱っていて、きれいなウェブサイトを作り、一般公開していたとしても、そこにアクセスをしてもらわなければ意味がありません。
そのためにはいろいろと手間やコストが掛かり、同じキーワードで検索サイトに表示される膨大な数の競合他社の商品と、どのように違い、どこが強みなのかをアピールするのに、どうするのがいいのか悩んでいるのではないかと思います。
そんなときに便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
登録すると、日本全国7,500社もの買い手企業が、新たな食材を求めて商品の情報を待っています。
上手に機能を使いこなせば、これまでよりもずっと効率の良い商談を行うことが可能になります。

目次

茨城県の食材・食品を必要とする、数多くの買い手企業とマッチング

茨城県の食材とひとくちにいっても、海から山までさまざまで、実に多様な食材が作られているといえます。
そして、それを取り扱う会社ごとに、それぞれのカラーがあります。
例えば、茨城県はメロンで有名ですが、アンデスメロンを主力商品としているとしても、生産地域の違いや、生果か冷凍かといった、状態の違いで得意分野が違ってきます。
茨城県産のアンデスメロンを買い手企業が探していたとしても、どのように使うかで仕入れたいメロンの状態は変わってきます。
例えば、個人の洋菓子店でフルーツタルトに飾るためのアンデスメロンを探している場合と、ファミリーレストランチェーンでアイスクリームに使用するアンデスメロンでは、前者は生果、後者はピューレ状に加工されているもののほうが使いやすいかも知れません。
このように、買い手企業が茨城県産のアンデスメロンを探していて、ウェブサイト経由で問い合わせてくれたとしても、自社の得意分野とは違う商品を求めているという、ミスマッチが生じる可能性があるのです。
こうしたことはよくあることだといえますが、『BtoBプラットフォーム 商談』ではこのようなミスマッチが起きない仕組みになっています。

商品カタログに商品を登録したら、マッチングした企業に営業をかけるだけ!

『BtoBプラットフォーム 商談』では、取り扱っている商品を「商品カタログ」に登録するだけで、買い手企業が欲しい商品を登録している「調達カタログ」と自動的にマッチングを行います。
マッチングした買い手企業は「見込企業」として自動的にリストに登録され、手元に残るようになっています。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、買い手企業の担当者と連絡先がわかるようになっているため、見込企業のリストに表示される担当者の連絡先にメールや電話をして、商品の情報を提供したり、営業を行えばいいだけになっています。
これまでしていたように、新たに営業をかける見込企業のリストを作る手間はなくなり、自動的に作られたリストの担当者に営業をするだけでいいのです。
商品をおいておくだけで待つだけの状態とは違い、いわゆる攻めの営業は、それぞれの企業のニーズの把握が難しく、手を出すのが難しいものです。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、商品カタログに取扱商品を登録するだけで、買い手企業のニーズの把握をする手助けとなり、効率よく営業を行うことが出来るようになります。
商品カタログはデータベースとして活用も可能で、こまめに更新することで売上拡大に繋がります。

Web商談を利用して顧客のニーズをしっかりと把握

コロナ禍以前は、展示会や催事に参加した際に、開催地周辺の顧客に足を運んでもらい、その場で顔を合わせて商談を行い、契約を取りまとめることが可能でした。
しかし、そのような機会が自粛傾向にある今、そのようなやり方での営業は難しくなりました。
特に、茨城県産の特産品を使用した加工食品や調味料などは、展示会や催事が減ってしまったことで、アピールの機会が減り、それが大きな痛手となっているかも知れません。
茨城県の食材を使った加工食品を販売していて、そのような機会が減り、全国に散らばる顧客のニーズの把握が難しくなったと感じている企業も多いのではないでしょうか。
これまでのように顔を合わせて話をするには、それぞれにコストをかけて訪問しなければならず、調整が大変など、頭の痛い問題を抱えているかも知れません。
そんな時に便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。

茨城県の食材を使ったドレッシングのレシピを、オンラインで相談

展示会や催事の期間中は、その地域の都市部に宿泊し、周辺の地域に営業をする良い機会だったといえますが、それが減少した昨今、顧客のニーズの把握が難しくなったと感じている人も多いのではないかと思います。
例えば茨城県産のねぎを使ったドレッシングを販売しているとして、これまでであれば、実際に顧客と顔を合わせて商品説明を行い、顧客の悩みを聞きつつ新たな商品の提案を行うことが出来ました。
しかし、そのようなかたちでの商談は減り、顧客のニーズの把握が難しくなったと感じているとしたら、『BtoBプラットフォーム 商談』の利用をおすすめします。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、簡単に見込企業に営業がかけられるようになるだけでなく、「Web商談」をオンラインで行うことが可能です。
茨城県産のねぎを使用したドレッシングのレシピを、資料を画面共有しながら調整する、といったことを、相手の顔を見ながら相談することが可能になります。

オンラインだからこそ、距離が近くなるような営業スタイルを実現

これまでは、遠方にある顧客のもとまで、電車を乗り継いで長時間かけて出向き、挨拶をし、商談を行うのが当然だったかも知れません。
商談を行うにも、何度も直接会って会議を重ね、細かい用事は電話やメールで対応するといった場合もあったかも知れません。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、どんなに遠くにある企業でも、オンラインでWeb商談が可能なので、近場にある企業よりもかえって頻繁にコミュニケーションを取ることが出来るようになります。
Web商談では、オンラインで動画や資料を共有しながら会議を行うことも可能で、実際に会って話をするのと変わりがない商談を行うことが出来ます。
オンラインでいつでも「会える」からこそ、商談の頻度を増やして、顧客との接点を補強して、距離感が近くなるような営業が可能になります。
Web商談をどんどん利用して、顧客との関係を強化していきましょう。

「Web展示会」で茨城県の食材の良さをアピールする

コロナ禍になる前は、展示会や催事に出展して、日本全国のさまざまな地域で、茨城県の食材の魅力や、企業のアピールを行っていた企業も多いのではないでしょうか。
しかし、そうした機会が自粛傾向にあり、商品や企業のアピールが難しくなったと感じている人もいるかも知れません。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、従来の展示会と同様に「Web展示会」をオンラインで行うことが可能になっています。
オンライン開催のため、開催地を気にせず参加することが可能で、取扱商品のテーマに合った展示会に出展し、自社のブースでは、動画やスライドを使用して商品の魅力を伝えることも可能です。
もちろん企業アピールにも利用できます。

茨城県産「常磐もの」の魅力をWeb展示会でアピールする

例えば、魚介類に関する展示会が開かれるとして、自社で扱っている常磐ものの魚介類を広めるべく、Web展示会に参加したとします。
Web展示会に参加することで、商品の認知度を高めることが可能になりますが、日本全国に散らばる7,500社の買い手企業の中で、常磐ものに興味を持ってくれる買い手企業の情報を簡単に収集することが出来、新たな顧客を掘り起こすことが可能になります。
これまでは地元のホテルや飲食店が顧客の中心だったとしても、その品質の高さに、ホテルチェーンからフェア用の魚介を求められるチャンスもあります。
また、常磐もののアピールをするだけでなく、企業アピールの場としても、これまでのような手間や人手をかけずに、コストを削減して効率の良いビジネスを展開することが出来ます。
さらに、Web展示会で興味を持ってくれた買い手企業と、その場でWeb商談を行うことが可能になっています。
積極的にWeb展示会を利用して、取扱商品の認知度を高めながら、実のある営業を行いましょう。

動画やスライドを使用して、茨城県産のれんこんの魅力をアピールする

Web展示会では、通常の展示会で利用するのと同じように、商品を紹介するために、動画やスライドを使用して、よりわかりやすく説明が出来るようになっています。
普段の展示会では、足早にブースを通り過ぎていた、忙しい買い手企業の担当者も、自分の都合のいい時にゆっくりと動画を見てくれる可能性が高く、オンラインの強みを生かしたアピールが可能になります。
例えば、茨城県で生産されているれんこんを取り扱っているとして、展示会の参加者に向けて、れんこんの栽培の様子や、出荷までの様子を動画で見てもらうことが可能になります。
動画に興味を持ってくれた、今まで縁のなかった業種の買い手企業とも、その場でWeb商談をしてニーズを把握し、商品を提案することが出来ます。
茨城県産のれんこんの販売先が、これまで地元の和食店や中国料理店が中心だったとしても、イタリア料理のグランメゾンから、カルパッチョの材料に使用したいと言われて、その場でWeb商談を行う、といった、スピード感のあるビジネスが可能になります。
展示会のブースに訪ねてくるのが、顔見知りばかりで新規開拓しにくいと感じている企業にこそ、『BtoBプラットフォーム 商談』は効果を発揮します。
どんどん活用して新たなビジネスを生み出していきましょう。

オンラインだからこそ、出会える顧客もさまざま

Web展示会に参加する買い手企業は、オンライン開催のため、日本全国さまざまなところからやってきます。
普段であれば、なかなか足を運ばないような遠方の顧客も、そこには含まれています。
本来ならその企業にこちらから出向くのが当たり前だったかもしれませんが、わざわざ電車を乗り継いで訪ねなくても、オンラインで営業できるので、日本全国のさまざまな地域にある顧客と商談をすることが出来ます。
また、顧客の幅もとても多様です。
食品メーカーやスーパーマーケットのような大きな顧客から、個人経営の小さなレストランや小売店まで、商品カタログに登録した商品とマッチングした企業であれば、どんな企業でもマッチングされます。
これまで縁のなかった新しい業種の買い手企業に商品を売り込むチャンスでもあり、そこには大きなチャンスが眠っている可能性もあります。
マッチングした見込企業にどんどん営業していきましょう。

常連客にもメルマガ配信で営業のチャンスを逃さない

これまでになんらかの契約をいただいた顧客には、新たな契約をもらえるように、こまめなアプローチを行うことが大切です。
何らかのアプローチを行うことで、先方に意識してもらうことが出来、こまめに悩み事を訊くようにすれば、潜在的なニーズを把握することが可能になります。
どんな話をするか迷ってしまう常連客には、メルマガを配信して、季節ごとの食材とそのレシピを提案してみるのはいかがでしょうか。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、メルマガの一斉配信機能がついています。
文章力に自信がなかったり、何を書けばいいのか思いつかなかったりしても、サンプルの文面や、作成のコツを伝授するので安心して取り組めます。
茨城県の季節の食材の情報をたっぷりと盛り込んだメルマガで、新たな契約につながる接点を補強していきましょう。

メルマガの開封率やクリック率から顧客のニーズを分析

メルマガは配信しただけで仕事が終わるわけではありません。
どれくらいの数の人がメルマガを実際に開封してくれたか、メルマガ内の商品リンクをどれくらいの数の人がクリックしたかという、「開封率」や「クリック率」を分析することが肝心です。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、買い手企業ごとに開封確認が出来るため、どの企業にどのようなアプローチを掛けるべきかの検討材料になります。
実際に会ったり、電話で声を聞くことが少なくても、こまめにこちらからアプローチを行うことが、隠れた接点を補強し、契約の糸口を作ることになります。
営業をかけるチャンスは至るところにあるので、チャンスを逃さないようにしましょう。

即決Martで訳あり商品やお試し商品を販売して、茨城県の食材をアピール

商品を日々取り扱っていると、通常販売している価格では販売するのが難しい商品が出ることもあります。
例えば、茨城県産のパプリカの、大きさが規格に満たないものや、表面に傷があるものは、売るのが難しいことがあります。
いわゆる訳あり食材や、新商品の認知度を高めるために、小口でお試し商品を販売したい場合などに便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』の「即決Mart」です。
即決Martは価格を表示して販売するタイプの業務用通販サイトで、商品を掲載すれば準備は完了。
あとは商品ページにアクセスがあるのを待つだけです。
新商品のお試し商品を、置いておくだけの「待ちの営業」を簡単に実現するツールでもあり、商品を掲載しておけば、簡単に見込企業の情報を手に入れることができます。
例えば、強い風雨で傷になってしまったパプリカなどの野菜や果物、賞味期限が近くて売りにくい加工食品など、即決Martに時々出すようにしておけば、フードロスの削減にも繋がり、企業アピールにもなります。

買い手企業の募集情報を閲覧して営業をするチャンスも

『BtoBプラットフォーム 商談』では、買い手企業が調達カタログに登録している、欲しい食材の情報を検索して、それをもとに営業をかけることも可能です。
買い手企業が求めている商品に関する見積書も、とても簡単に作成することが出来、提案までスピード感を持って行うことが出来ます。
商談までのやり取りの中で、最初の提案と違う契約の話が来るといった、思いがけない商談になることもあります。
例えば、茨城県産のちぢみこまつなを探している買い手企業に話を聞いたら、自社で取り扱いのあるミニオレンジ白菜の注文が入るというようなこともあり得るのです。
『BtoBプラットフォーム 商談』の機能を活用し、幅広い提案を行うことが出来るかどうかで、実際に実になる商談ができるかどうかが変わってきます。
さまざまな機能を使いこなしながら、どんどん潜在的なニーズを掘り起こしていきましょう。

Web受発注で受注ミスを防ぎ、ペーパーレスに

『BtoBプラットフォーム 商談』では、取引伝票もネットでのやり取りになるため、受発注伝票をいつどこでも確認することが出来ます。
そのため、受発注ミスが防げるだけでなく、オフィスのペーパーレス化にも役立ちます。
また、買い手企業にとっても、注文書や納品書をオンラインで発行するため、煩わしい事務作業が必要なくなります。
事務作業の無駄を省き、業務効率化を図ることが出来ます。

決済代行システムの利用で、新規取引先の売掛金回収も100%保証

例えば、茨城県産の常陸牛の、サーロインのブロックを探している個人のフランス料理店から、宴会用の大きな注文が初めて入ったとします。
商品カタログからマッチングし、Web商談を行い、新規で契約を結ぶ遠方の買い手企業という場合、売掛金が大きいと回収に不安が生じるのは誰しも同じことではないかと思います。
万一売掛金が回収できなかったらと考えると、初回は現金でと条件をつけたり、場合によっては二の足を踏むかもしれません。

支払いの不安を一掃することで、攻めのビジネスを

しかし『BtoBプラットフォーム 商談』は、独自の決済代行システムを導入しています。
新規の取引先企業でも、売掛金回収100%保証となっており、回収の不安を感じることなく、新規顧客との取引を可能にします。
決済代行手数料は3%のみで、与信審査の手間とコストを省いています。
支払いまでの日数も10日と、短いサイトになっています。
しかも、オンライン取引のため、請求書の起票が必要ありません。
新規の顧客には常陸牛のサーロインのブロックを提供することで満足の行くサービスを行うことが可能になり、売掛金回収の不安はゼロで、新たなビジネスを生み出すことが出来るのです。

売上ランキングを自在に検索して、競合他社を分析!

茨城県の加工食品で、似たような商品を販売している企業がひしめいているジャンルに、新たな商品を投入しようとしている場合、競合他社のことが気になるのはアタリマエのことではないかと思います。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、業種や地域、期間を絞り込んで、企業の売上ランキングを表示することが可能です。
例えば、茨城県産の食材を使ったレトルトカレーを冬だけに絞り込んで、自社も含めた売上ランキングを確認することで、自社の順位も含めた情報を収集することが出来ます。
もちろん、競合他社の順位だけでなく、使用している商品のキーワードや、商品の価格、商品の特徴などを自社商品と比較することで、自社商品の強みを確認できたり、どのようにアピールするのが良いのかを分析するのに役立てることも出来ます。

もちろん顧客のニーズ分析にも

『BtoBプラットフォーム 商談』の検索機能を活用することで、顧客のニーズを把握することももちろん可能です。
業種や地域、期間で絞り込んで、買い手企業が実際に発注した商品のランキングを表示すれば、どのような商品がいつ求められているのかが確認できます。
使い方を工夫すれば、流行の先取りも可能になります。
検索機能を使って、自社の販売戦略を練るのに役立てることも可能です。
さらに、買い手企業が欲しい商品を探すとき、実際に使用しているキーワードもランキングで確認ができるため、商品を販売する時に使用するキーワードの見直しや改善にも役立ちます。

茨城県の食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

茨城県の食材といっても、非常に幅が広くさまざまなものがあります。
自社で取り扱っている茨城県の食材をどのようにしたらアピールできるのかわからない、遠方企業の新規開拓はコストが掛かりすぎる、営業のノウハウ自体がないなど、営業に消極的な理由はさまざまだといえます。
そのような課題のある企業にこそ、『BtoBプラットフォーム 商談』は威力を発揮してくれます。
『BtoBプラットフォーム 商談』は、売り手企業のさまざまな課題をクリアにし、新たなビジネスを生み出すお手伝いを致します。
なんとなくウェブサイトを作ってそのままにしていたとしても、攻めのビジネスへのヒントが『BtoBプラットフォーム 商談』には詰まっています。
上手に使いこなせば、ガラリとビジネス環境が変わります。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』をご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。