自分が作ったこだわりの食材を販売するには?

自分が作ったこだわりの食材を販売するには?

こだわりの野菜などの食材を生産しているけど、広く販売するにはどうすればよいのでしょうか。
これからもっと販路を拡大したい、と思うことがありませんか?
仲介業者に卸すのも販売する一つの方法ですが、それだけではなかなか厳しいということもあるでしょう。
またもっと新たな方法で販売していきたいとも思うかもしれません。
最近は自ら販売先を開拓する人も多くいます。
ではどうやって新しい販売先を探しているのでしょうか。
その答えはインターネットにあります。
現在はインターネットを通じて、新しい販路を開拓することができるのです。
その中でも『BtoBプラットフォーム 商談』は多くの販売先と出会えるインターネットを通じた食材のマッチングサイトとしてとてもおすすめです。
実際に食材を買いたい人と商談をしたり、また『BtoBプラットフォーム 商談』のカタログに自分が作っている食材を載せたりとさまざまな販売方法があります。
ぜひ自分の生産している食材を『BtoBプラットフォーム 商談』を通じて販売してみませんか?

自分が作っている野菜を食材として販売したい

農家として野菜を作っているけど、なかなか販路を開拓できない、という悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。
卸業者を通じて販売するのも一つの方法かもしれませんが、もっといろいろな人に直接販売したいという希望を持っている人もいます。
飲食店で自分が作ったこだわりの野菜を使ってほしい、おいしさを知ってほしいと思ったこともあるでしょう。
そんな時どうやって自分で販路を開拓すればいいのでしょうか。

インターネットを使って販路を開拓

自分の作った食材を飲食店などに販売したい。
新しい販路を開拓したい。
などの希望を持った時に強い味方になるのがインターネットです。
インターネットは今では全国どこでも利用している人がいるため、販路の拡大もしやすく活用するのがおすすめです。
いろいろな活用の仕方がありますが、その中に食材のマッチングサイトがあります。
『BtoBプラットフォーム 商談』は自分が作っている食材を販売できるマッチングサイトです。
ぜひ活用してあなたの作った食材を販売してみてください。

地元の市場に出す

自分が作った野菜をどこかで使ってほしい、と考えたときに卸先の一つに地元の市場ということも考えられます。
地元の市場を利用すれば、地元の八百屋や飲食店の人の目に留まることも考えられます。
地元の食材にこだわっている人であれば、地元産の野菜ということで買ってくれることもあるでしょう。
ただ地元の市場ではどうしても大きな販路の開拓とはいかず、限定的な販売になるかもしれません。

インターネットで自分が作った食材を販売する

インターネットで自分が作った食材を販売すれば、一気に販路を拡大できる可能性があります。
インターネットを利用している人は非常に多く、飲食店を経営している人なども多くインターネットを利用しています。
昔のように農家の人が作った野菜は仲介業者などを通して市場に卸して、それを八百屋や飲食店の人が買う、という流れもあります。
しかし現在はインターネットを通じて、自分の飲食店で調理する野菜は直接自分で買うという人が本当に多くなっています。
ではどのようにして自分が作った食材をインターネットを通じて販売すればよいのでしょうか。

マッチングサイトを利用する

インターネット上には食材を作って販売したい人や会社と、食材を買って自分のお店や会社で使いたいという人が出会うことができるサイトがあります。
食材のマッチングサイトです。
その中でも『BtoBプラットフォーム 商談』は非常に多くのお客さんに出会えるマッチングサイトです。
自分の作った食材をカタログに掲載したり、直接商談ができるなど、さまざまな形で食材を販売することができます。
自分のこだわりなどもしっかり伝えることで、あなたが作った野菜を欲しいと言ってくれる人と出会えるでしょう。

自分でサイトを作る

自分が作った野菜をインターネットで販売したい、と思ったときに自分で販売用のサイトを作ろう、と思う人もいるかもしれません。
現在は自分でインターネット上に自分のサイトを作ることは比較的手軽にできるようになりました。
実際に自分で作ってみる人もいるでしょう。
ただそこから販路の拡大に繋がるかというとなかなか難しいものです。
食材を買いたいという人に作ったサイトを見つけてもらうことが重要ですが、それがとても大変です。
それを考えると自分でサイトを作るのは得策ではないでしょう。

大手ECサイトを利用する

自分のECショップを作って、大手ECサイトを通じて販売するというのも、一つの方法です。
そのためにはまず自分のECショップを作らなくてはいけません。
大手ECサイトならある程度のフォーマットを用意しているのでそれを使って作ります。
ただそうなると同じようなECショップがたくさんある状態になります。
そのたくさんのECショップの中から自分のショップを見つけてもらい、自分の作った食材を買ってもらうのは少しハードルが高くなるでしょう。

売り手と買い手のマッチングサイト『BtoBプラットフォーム 商談』

自分が一生懸命作った野菜をぜひ多くの飲食店で使って欲しいと思ったときにどうするか。
一番のおすすめはインターネットを使った食材のマッチングサイトを利用することです。
売り手と買い手のマッチングサイトに『BtoBプラットフォーム 商談』があります。
『BtoBプラットフォーム 商談』はどんなサイトでしょうか。
『BtoBプラットフォーム 商談』はプロが集う食のインターネット市場です。
Web上に大きな市場があるような感覚です。
『BtoBプラットフォーム 商談』に登録することで、自分が作った食材を販売することができます。
全国の多くのプロがあなたの作った野菜を見てくれます。
それによって販路が全国に広がります。
買い手企業には飲食店はもちろん、食材卸会社やスーパーなどの小売店、ホテルや旅館などさまざまな企業がいます。
『BtoBプラットフォーム 商談』を通じて買い手企業とマッチングすることであなたの作った食材の販路を大きく拡大することができます。
より多くの買い手とマッチングできるようなさまざまな機能があります。
カタログを利用したり、Web商談を利用することも可能です。
あなたがこだわって作った食材の良さをしっかりと伝えることで、買い手も欲しいと思って買ってくれるでしょう。
それによりあなたの作った食材をしっかりいかして使ってくれるはずです。

買い手と直接商談もできる

実際に『BtoBプラットフォーム 商談』を使って、自分が作った野菜を売ってみたい、と思っても、実際に相手のことがよくわからなくて心配、ということもあると思います。
インターネットのいいところは多くの人にアプローチできることですが、一方で相手のことがよくわからないという弱点もあります。
自分作った野菜を買ってくれる人はどんな人だろう、自分のこだわりをわかってくれるだろうか、という不安を感じるかもしれません。
そんな時におすすめなのが『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談機能です。
自分が作った食材に興味を持った人と実際に商談することができる機能がついています。
どうやってWebで商談?と思うかもしれませんが、実際に対面で行う商談のようにお互いの顔を見て商談できます。
お互いの顔をパソコンなどのカメラを通じて、まるで対面しながら商談するようにWebで商談します。
同じ画面に資料なども提示しながら、実際にオンラインで話しながら提案することで、あなたが作った野菜のこだわりをしっかり伝えることもできます。
Web上でやりとりすることで、新規営業のコストを大きく削減することができます。
また対面で商談することで受注の確立が大幅にアップするでしょう。
さらに自分が住んでいる地域だけでなく、Web上で商談できることで全国の買い手の人と商談することができるので、販路が大きく拡大するでしょう。
Web商談にはほかにもさまざまなメリットがあり、『BtoBプラットフォーム 商談』の中でもおすすめの機能です。

自分の野菜を食材として並べて販売できる

自分が作った野菜を『BtoBプラットフォーム 商談』の中でどういう風に販売するのだろう、という疑問もわくでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』には買い手に自分の商品を選んでもらうためのさまざまな機能があります。
その中の一つが業務用通販コーナーです。
業務用通販コーナーには3つのコーナーがありますが、その中でも自分が作った食材を販売するのにおすすめなのが「即決!Mart」と「地域特産品Mart」です。
自分が販売する食材を掲載することで多くの買い手の飲食店の人や会社があなたの商品を見てくれます。
多くの人の目に触れることであなたの販売する食材が売れる可能性が大きく広がります。
またこの業務用通販コーナーには売れる工夫がたくさん詰まっています。
「即決!Mart」では掲載されている商品が掲載されている価格を見て即決で購入できるため、買い手がとても購入しやすい仕組みになっています。
見積もりなども必要ないため、売り手も売りやすいでしょう。
また「地域特産品Mart」は多くの地域のこだわりの商品が並んでいます。
あなたがこだわって作った野菜もぜひこちらに並べましょう。
こだわりを持った食材を探している買い手がたくさんいます。
地域の食材にこだわりを持った買い手が興味を持ってくれる可能性が高くなります。
地域のこだわり食材というのは付加価値がある食材ですので、地元の飲食店などが地元食材を『BtoBプラットフォーム 商談』で探しているということもあります。
また遠くの地域の人が何かこだわりの食材はないか、と『BtoBプラットフォーム 商談』で探していることもあるでしょう。

売掛金などのやり取りが不安

新しい販路が開拓できて、自分の作った野菜に買い手がついた、となった時に不安になるのがどのように取引をするかということです。
特にお金のやり取りには不安を感じる人もいるでしょう。
売掛の手続きなど煩雑なのでは、と感じたり、個人でお金の管理もどうすればいいのかわからないと感じることがあります。
その時にも『BtoBプラットフォーム 商談』はとても便利に使うことができます。
『BtoBプラットフォーム 商談』を通して商品を購入した買い手に対しての売掛金を回収してくれるシステムがちゃんと備わっています。
『BtoBプラットフォーム 商談』では決済代行システムを使うことができます。
新しい企業やお店と取引をするにはいろいろ不安があります。
与信調査や売掛回収をどのようにすればいいのだろうか。
支払い方法をどうしてもらうかの商談や、請求書発行の手間などいろいろなネックもあります。
そこを一気に解決してくれるのが『BtoBプラットフォーム 商談』の決済代行システムです。
請求書発行から代金回収までを『BtoBプラットフォーム 商談』を運営しているインフォマートが代行。
あなたは食材を販売することだけに集中することができます。

自分の作った食材を販売してみよう

自分が作った野菜をぜひ全国に向けて販売したい、と改めて感じていただけたと思います。
『BtoBプラットフォーム 商談』を使えばそれが可能になります。
あなたはどのようにして作った野菜を売りたいですか?
気軽に買ってほしいなら『BtoBプラットフォーム 商談』の業務用通販コーナー「即決!Mart」で。
自分のこだわりをしっかり伝えて地域ならではの食材として使って欲しいなら『BtoBプラットフォーム 商談』の業務用通販コーナー「地域特産品Mart」で販売するのがいいでしょう。
せっかく自分が作った食材ですからぜひ必要としてくれる人に買ってもらいたいですよね。
『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談もぜひ活用してみてください。
あなたが自分の作った食材を販売するときに感じる不安や疑問を『BtoBプラットフォーム 商談』で解決しながらぜひ自分が作った食材を販売しましょう。

自分が作った食材の販売は『BtoBプラットフォーム 商談』で

自分が作っている野菜を多くの人に知ってほしい、でもどうやって販売していいかわからない、という人は多くいます。
どのように販売するのが一番いいのでしょうか。
地元の市場などに卸している人も多いでしょう。
でももっとたくさんの人に自分の作ったおいしい野菜を食べてほしい。
そう思ったときに強い味方になるのがインターネットです。
インターネットを使えば一気に販路が拡大します。
インターネットにもさまざまな販売方法がありますが、その中で一番のおすすめは『BtoBプラットフォーム 商談』。
食材の売り手と買い手を結ぶマッチングサイトです。
あなたが作っている食材をこの『BtoBプラットフォーム 商談』に登録することで全国の飲食店の人や食材の卸売り企業が見てくれます。
業務用通販コーナーを利用したり、Web商談をしたりとさまざまな方法で買い手にアプローチすることでぜひあなたのおいしい野菜を知ってもらってください。
そして面倒な手続きや売掛金の回収などは『BtoBプラットフォーム 商談』にまかせましょう。
そうすることで日本中の多くの人にあなたのこだわりの食材を販売することができます。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。