熊本県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

熊本県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

九州の中央部にあり、福岡をはじめとする4県に隣接し、有明海や不知火海、東シナ海に面した熊本県は、日本屈指のカルデラを持つ阿蘇山などの山々を擁する、豊かな自然に恵まれた県です。
リアス式海岸や宇土半島では豊かな海産物がとれ、農産物も九州で3位の産出額を誇り、阿蘇の周辺では畜産が盛んなことで知られています。
今や誰もが知るキャラクターとなったくまモンの描かれたラベルを貼った、熊本県のさまざまな食材は、くまモンのキャラクターとともに全国で知られるものも多く、その品質の高さも手伝って日本中で親しむ人が増えています。
しかし、まだまだ全国で知られていない食材はたくさんあり、どうやったらより多くの人にアピールでき、浸透させることが出来るのか悩んでいる企業の方もいるでしょう。
これまで福岡県や大分県など、近隣県の都市部では広く販売してきた熊本県産の食材を、どうすれば関西や関東、さらには今まで販売をあまりしてこなかった東海地方や東北地方といった地域で販売をしていくにはどうすればいいでしょうか。
ここでは、自社で取り扱っている熊本県産の食材を、これまで販売してこなかった地域で新規開拓するにはどうすればいいのかを探っていきます。

遠方での新規開拓に欠かせない、
インターネットでの広報

熊本県の食材を長年取り扱っていると、博多などの九州地方の都市部だけでなく、大阪や東京などの大都市での販売拡大のために食材を売り込むこともあったのではないかと思います。
遠隔地での営業というと、これまではどのようなターゲットに販売するかを決めた上で営業先候補を絞り込み、そのターゲットに向けて現地でイベントを開いたり、展示会や催事に出展したりと、何らかの形で食材を試してもらう機会を作ったのではないでしょうか。
商品を販売したい地域に出向いてイベントを行うため、ひとつの食材を販売するにもかなりのコストが掛かることもあり、常に同じ手法をとるのは難しく、そのため手近なところでの販売だけにとどまっている場合もあるのではないかと思います。
しかし、現在は現地で大きなイベントを行ったりしなくても、インターネットを使えば日本全国の多くの人に食材を知ってもらうことが出来ます。
インターネットでの広報にはいろいろな方法があり、広告や公式サイトを開設すること以外に、SNSの公式アカウントを運用したり、インフルエンサーを使ったマーケティングを行う方法など、自社に合った方法を選ぶことが出来ます。
例えば広告を出すことひとつとっても、新聞や雑誌に広告を出すのに比べると物によってはコストを小さく抑えることも出来、費用対効果が高いともいえるでしょう。
公式サイトやSNSの公式アカウントも、自社で内製・運用する分にはコストが低いことから、大企業だけでなく地方の小さな企業が運用して成功する例も多いといえます。
例えば熊本県産の塩トマトを取り扱っているとして、公式サイトを社内で作って運用することになったとしたら、どのような情報を掲載するのが良いでしょうか。
塩トマトといっても生果だけではなく、今はジュースやドライなどの加工品もあるため、自社で取り扱っている塩トマトがどのようなものであるかをきちんと記載しないと、検索サイトで塩トマトをキーワードにして見つけてくれたとしても、ミスマッチが起きる可能性があります。
塩トマトを探している買い手企業にとって、どんな状態のものかが記載されていることは非常に大切で、商品の特徴などの詳細が記載されていないと、買い手側が欲しいと考えている商品であるかどうかが確実でないことが原因で、問い合わせをせずに通り過ぎてしまうかもしれません。
取扱商品の特徴や最低発注数量、どんな加工がしてあるものかなどが記載してあることは重要で、それが記載してあることで検索した時に見つけやすくなり、問い合わせに繋がるのです。
公式サイトを作ったものの、そこから先をプロに頼むのはコストがかかるし、自分ではどうすればいいのか分からずに放置したりしていないでしょうか。
そんな企業にとって便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。

商品情報を登録するだけで、
買い手企業と自動マッチング

公式サイトをせっかく開くからには、取り扱っている商品の情報を見つけた買い手企業からインターネット経由で問い合わせをもらい、新たな発注に結びつけたいのは誰しも同じだと思います。しかし、実際のところはそんなに甘くなく、問い合わせをしてもらえるようになるにはさまざまな条件が整っていなければいけません。
『BtoBプラットフォーム 商談』を利用すれば、登録するべき商品の情報はフォーマットが決まっているので悩むことはありません。
フォーマットの項目に沿って。「商品カタログ」に取り扱っている塩トマトについて情報を登録すると、その商品を欲しいと思っている買い手企業と自動的にマッチングされます。
自社で扱っている塩トマトの詳細と、買い手企業が欲しい商品を登録している「調達カタログ」の情報をぶつけてマッチングするため、ミスマッチも起こしにくいのが特徴です。
さらに、マッチングした買い手企業は「見込企業」として自動的にリストが作られ、それが手元に残る仕組みになっています。
しかも、見込企業のリストにはその企業の担当者の名前や連絡先が記載されているので、それを見て営業をかけるだけでいいのです。
新規開拓を行うときはどんな企業もそうだと思いますが、営業先の候補をまず絞り込んでから担当者と連絡先を調べ、リストにしたものを用意するのにかなり手間がかかり、時間を取られたのではないかと思います。
『BtoBプラットフォーム 商談』を利用すると、同じようにインターネットを利用する時に取扱商品のどんな情報を掲載するか迷うことも必要なく、フォーマットに従って商品情報を登録するだけで、大変だった見込企業のリスト作成の手間も省けるのです。
商品カタログへの商品情報の登録は、これまで整理することのなかった取扱商品の情報をまとめるきっかけにもなり、登録し終えたものを印刷すれば簡単な商品カタログにもなるため、販売拡大の後押しにもなります。
『BtoBプラットフォーム 商談』には日本全国から約7,500社もの買い手企業が登録しており、その中から自動的にマッチングされるため、これまで縁のなかった地域での新規開拓の足がかりにすることができます。
取扱商品を全国で売り出すべくインターネットでの広報を考えているものの、どのようなものが自社に合っていて、どういう効果があるのか今ひとつピンとこない企業こそ、『BtoBプラットフォーム 商談』の利用が効果的だといえるでしょう。

オンラインツールを活用して遠方の新規顧客を獲得する

熊本県は九州の中央にあることもあり、他県に新たな販売先を求めて営業活動をするとなると、新幹線や飛行機を乗り継いで長時間かけて先方に出向く必要があり、実際に顔を合わせるまでが大変だったのではないかと思います。
しかしこの数年、リモートワークが推奨されるようになってからは、会社に出勤せずに自宅で仕事をする人が増え、会議や商談といった人と顔を合わせる仕事もビデオ通話アプリなどを利用して行うことが当たり前になりました。
逆に言えば東京や大阪などの大きな企業とも、出張をすることなく顔を見て話をできるようになったことから、出張旅費などのコストを削減できるようになり、地方の小さな企業にとっては恩恵も大きいのではないでしょうか。
ただ、ビデオ通話での会議や商談をセッティングするのにはいくつかのアプリを使って連携をとったりする必要があるため、慣れないと連絡が漏れたりしがちで苦手だという方もいるかも知れません。
そんな方にとっても『BtoBプラットフォーム 商談』がおすすめです。

ビデオ通話に必要なものがすべてひとつに

通常使うビデオ通話アプリと同様の「Web商談」という機能が『BtoBプラットフォーム 商談』にはあり、資料や動画を共有しながら相手の顔を見て話をすることができます。
相手の企業が『BtoBプラットフォーム 商談』に登録していれば、相手の担当者をクリックし、予定をセットするだけでWeb商談の準備は完了します。
相手を選んで予定をセットするという2つの作業だけで、相手にはリマインドのメールが送られ、自分のスケジュールには予定が登録されます。
一般的なビデオ通話アプリの場合、ミーティングのURLを取得してからメールソフトを開き、相手のメールアドレスにURLとスケジュールを記載したリマインドを送り、自分のスケジュールにもそれを登録する必要がありました。
しかし『BtoBプラットフォーム 商談』では必要な機能がすべてまとまっているので、手間が少なく業務を効率化出来ます。
これまでは会議に参加する人が多くなると、その手間が煩雑になってリマインドし忘れる相手が出てしまったり、自分のスケジュールに登録しそびれて予定を忘れてしまったりといったことがあったかもしれませんが、そうしたミスを防げます。
煩雑だった会議や商談の手配を効率化することで、うっかりミスが防げるだけでなく時間と心にゆとりが生まれ、その時間で新たな販促資料を作ることも出来ます。
時間を有効に使えるアプリを利用することもビジネスを成功に導く秘訣だといえます。

これまであまり縁がなかった地域で新規開拓をするには

東京や大阪といった大都市圏はもちろんのこと、遠く離れた北海道や東北地方、東海地方といった地域での販売拡大を行うために、これまでは催事や展示会の機会を有効利用していた企業が多いのではないかと思います。
特に大都市圏で行われる大型の食品展示会には、周辺の地域から多くの買い手企業が参加するため、興味を持ってくれた企業とその場で商談を行ったり、後日改めて営業に行ったりすることも多かったのではないでしょうか。
ただ、展示会にブースを構えるには高額の出展費用がかかることと、当日買い手企業をアテンドする担当社員を出張させたり、ブースに掲示するパネルやポスターを作成するのに費用がかかったりと、小さな企業が負担するには荷の重い費用がかかるため、出展を諦めてきた企業も少なくないと思います。
『BtoBプラットフォーム 商談』には、オンラインで展示会を行う「Web展示会」という機能が備わっています。
『BtoBプラットフォーム 商談』の中で開催する展示会で、取り扱っている商品とテーマが合っていれば出展することが出来、出展することで日本全国にある買い手企業に商品をアピールすることが出来ます。
この機能を活用することで、これまで地元でしか販売していなかった食材も、全国区での販売が出来る突破口となります。

日本全国各地の買い手企業が参加する
「Web展示会」に出展する

「Web展示会」は『BtoBプラットフォーム 商談』の仕組みを生かした機能で、サイトを開くと中にWeb展示会のコーナーがあり、テーマさえ合えばそこに自社のブースとしてページが持てる形になっています。
通常の展示会のような高額な出展費用はかからず、オンライン開催なので開催地や、出張費を気にせずに出展出来ます。
例えば、上天草で養殖している車海老を取り扱っているとして、魚介関連のウェブ展示会に出展をすることにしたとします。
まず出展の際に必要なのは、企業プロフィールの登録と、商品カタログの登録です。
通常『BtoBプラットフォーム 商談』を利用するのに必須となるこの2つの情報が登録できていれば、それで出展準備の第一段階は終了です。登録されている企業プロフィールと商品カタログを利用して、簡単なパンフレットが作れるのでそれを自社のページに置いておけば、興味を持った企業がダウンロードして内容を見てくれます。
ブースとなっているページには、動画や資料を置いておくことも出来るので、車海老が育つ上天草の海の環境や生育の様子を納めた動画や、成長過程や飼料についてまとめた資料を置いておけば、これも訪れた買い手企業の担当者が見てくれるでしょう。
さらに、小口のサンプルを販売することも可能で、ブースで買えるようにしておけばサンプルを購入して試してくれるかもしれません。
ちなみにこのサンプルは『BtoBプラットフォーム 商談』にある業務用通販サイトで販売することも出来るので、常に置いておくと「待ちの営業」が可能になります。
Web展示会に参加する買い手企業は売り手企業がそうであるように、日本全国各地からさまざまな業種の企業が参加するため、出展することが新たな地域や業種の企業にアプローチするチャンスとなります。また、参加する買い手企業は能動的で購買意欲が高いため、商談に結びつきやすいのも特徴です。
出展したブースの様子を見ている時に、ブースを訪問してきた買い手企業に声をかけてその場でWeb商談をすることも可能なので、大事なチャンスを逃すこともありません。
しかも興味を持ってブースを訪問してくれた買い手企業の情報を集めるのがとても簡単にできるため、後日改めて連絡をして営業することも可能なのです。
通常の展示会のようにコストをかけなくても、上天草の車海老の魅力を伝えることが出来るだけでなく、これまであまり縁のなかった地域や業種の買い手企業と商談をする機会を作ることが出来るので、『BtoBプラットフォーム 商談』を利用するのであれば、使わないと損をする機能の1つだといえるでしょう。

ライバルに差がつく市場調査を可能にするには

博多にある飲食店が比較的そうであるように、都市部の飲食店は地元以外の周辺地域から食材を取り寄せて使うことに抵抗のない店が多く、そうした食材が店のカラーを作っているケースは少なくないといえます。
季節や食材によっては取り寄せる地域などが決まっているケースも多く、毎年その食材が出るのを楽しみにしている顧客を抱えていることも珍しくありません。
東京や大阪となるとさらにその傾向は顕著で、食材の取り寄せを頻繁にしている飲食店は日本全国の珍しい食材や旬のものに対して常にアンテナを張っていて、チャンスがあれば試してみたいと思っていることが多いのです。
例えば南阿蘇村で育てられている阿蘇のあか牛を取り扱っているとして、地方の食材をメニューに取り入れたり、ブランド牛を何種類か取り揃えている東京の鉄板焼店に営業をかけようと考えているとします。
その鉄板焼店に阿蘇のあか牛を売り込むには、その店のニーズを把握することが重要ですが、それには店のコンセプトを深く理解することや、ターゲットとなる顧客層がどんなものを好むのかを探ることも必要です。
その店のニーズを把握するには東京の飲食店ではどんなものが流行っているのかといったトレンドの調査や、実際にどんな食材が求められているかといった市場調査が肝になります。
さらに、地方の食材を積極的に取り寄せている飲食店には、自分と同じように営業をしようと考える売り手企業も数多く存在するのは当たり前のことで、そうしたライバル企業の調査や分析も必要になります。
しかし、市場調査やトレンド調査、さらにはライバルの調査などをどこですればいいのかよくわからないという方もいるでしょう。
そんなときにも『BtoBプラットフォーム 商談』が便利です。

膨大な食材データを利用し、市場の状況を調査する

『BtoBプラットフォーム 商談』を利用する時に、自社の取扱商品を商品カタログに登録したのと同じように、利用している売り手企業が登録している商品の数は30万点にも登ります。
そのデータを活用し、業種や地域、期間といった項目で絞り込みをかけることで、東京の飲食店でどんな食材が求められているのか、また何が流行っているのかを調査することが出来、その調査結果を分析することが営業先の鉄板焼店のニーズを把握するのに繋がります。さらに、膨大な商品の情報を元にライバル企業のおおよその売上額を割り出すことに役立ったり、その企業にあって自社にないものや、自社の強みを理解するのにも利用することが出来ます。
自社の弱いところを補った、強みを生かした営業が可能になるため、膨大なデータが強い武器になります。

顧客のニーズの把握は営業をする上で不可欠

阿蘇のあか牛を売り込もうと思っている鉄板焼店が、どうしたら赤身が魅力の阿蘇のあか牛を取り扱ってくれるのか戦略を考えるには、やはり店のニーズを把握するのが一番だといえます。
もしもその鉄板焼店が、サシがたっぷり入った黒毛和種の牛肉のみをこれまで扱ってきたのだとしたら、営業戦略そのものを考え直さなければいけなくなることもあるかもしれません。
東京の飲食店ではどういう牛肉が好まれ、最近流行っているのはどういう肉なのか、またその店がどういう肉を多く仕入れているのかを調べると、そこにヒントがあるかもしれません。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、30万点にも及ぶ食材のデータを絞り込み検索することで、東京の鉄板焼店が実際に発注している食材をランキング形式で閲覧することが可能です。
その鉄板焼店がどんな食材に興味を持ち、実際に発注したのはどんなものなのか、その情報を噛み砕くことが、実際に営業する際にどのような方法をとるかを決めるのに役立ちます。

ビジネスに欠かせない機能が他にもいっぱい

熊本県の食材をこれまであまり販売してこなかった地域で新たに売り込み、新規顧客を獲得するにはどうすればいいかをここまで探ってきました。ここまで『BtoBプラットフォーム 商談』に備わっている機能をいくつかご紹介しましたが、それはほんの一部でしかなく、さらに数多くの機能がビジネスを成功に導くために搭載されています。
熊本県の食材は非常に幅が広く、その上品質が高いことは全国でも知られています。
すでに熊本ブランドで販売している食材以外も、全国展開していけば多くの人が支持してくれるであろうものが多いと言えるでしょう。
熊本県の食材を取り扱ってはいるけれど、コスト的になかなか遠方には営業をかけられない企業や、営業のノウハウをさらに深めていきたいと考える企業にとって、『BtoBプラットフォーム 商談』は大きな武器となってくれることでしょう。
全国での新規顧客の獲得だけでなく、業務を効率化して時間を有効に使えるようになる『BtoBプラットフォーム 商談』をぜひご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。