オンライン販売で自社の食品を卸売りしたい時には

オンライン販売で自社の食品を卸売りしたい時には

自社で取り扱っている食品の卸売先を新たに開拓したいなど、販路の拡大を考えたときはどのようにすればいいのでしょうか。
新しい卸売先との出会い方はさまざまです。
今までの営業先との繋がりから広がることもあれば、飛び込みで営業に行くこともあるかもしれません。
しかし今の時代において一番の販路拡大方法はインターネットを使うことです。
オンライン販売によって食品を卸すことが、これからのスタンダードになるでしょう。
どのように食品をオンラインで販売すればいいのでしょうか。
おすすめは食のマッチングサイトを利用することです。
特に食のプロが集うインターネット市場である『BtoBプラットフォーム 商談』は、オンラインで食品を販売するのに最適なサイトです。
さまざまな便利な機能を備えており、新しい自社の卸先を見つけるのに絶好のプラットフォームです。
ぜひ利用して新しい自社の食品の卸売先を見つけましょう。

自社の卸売先を拡大したい

自社で取り扱っている食品の卸売先を増やしたいという思いは、どこの会社でも同じではないでしょうか。
ではどのように卸売先を増やしていけばよいかと考えると悩む人も多いはずです。
自社の食品の販路を拡大する方法はさまざまです。
現在はどのように販路を開拓しているでしょうか?
近場のお店を回って販路を拡大している会社も多いようです。
ただそれだけではなかなか大きく卸売先を増やすことはできません。
実際に会社からもっと卸売先を増やすように、と指示が出たらどのように販路を開拓しますか?

自社食品の販路を拡大する方法

自社の食品の販路を拡大するためには実際に買い手に営業をすることになります。
自社が今まで回っていた地域でさらに営業をかけるのも一つの方法です。
また現在の営業先に紹介してもらうのもよいでしょう。
でもそれでは大きく販路を拡大するのは難しいと感じるに違いありません。
もっと広範囲に営業をかけたい。
そう思ったときに利用できるのがインターネットを使ったオンライン販売です。
インターネットが発達した現在は、オンライン上でさまざまなやり取りができるようになりました。
今は宅配網も発達しているので食品をオンラインで販売するのも十分可能です。
ぜひ自社の食品のオンライン販売に挑戦してみましょう。

自社の食品をオンライン販売するには

自社の食品をオンライン販売で卸売りしたいときにはどうやって販売すればいいのでしょうか。
オンラインでの販売にはさまざまな手法があります。
できれば効率よく、売り上げが上がることが望ましいでしょう。
自社のスタイルに合ったオンライン販売を選びましょう。

食のマッチングサイトを利用する

オンライン上には食品を売りたい人と買いたい人を結びつけることができるサイトがあります。
食のマッチングサイトです。
自社の売りたい食品を紹介することでその食品を買いたいお店と出会える可能性が広がります。
食のマッチングサイトの中でもおすすめなのが、『BtoBプラットフォーム 商談』です。
『BtoBプラットフォーム 商談』はプロが集う食のインターネット市場です。
食品をオンライン販売する上で便利な機能が揃っており、広く出会いの場となっています。
ぜひその機能を使いつくして、自社の販路を拡大しましょう。

自社のネットショップを開設するか?

食品をオンライン販売したいと考えたとき、自社のネットショップを開設してそこで販売しよう、と考える会社も多いようです。
自社のネットショップであれば、さまざまな管理が自分たちで管理できる、というのが利点のように感じます。
しかし実際に自社のネットショップを立ち上げるとなるとかなり大変です。
ネットショップを開設できる専門の業者に依頼し、いろいろな打ち合わせを繰り返し、自社のネットショップを作ります。
そこから受注の管理、売掛金をどのように管理していくか、などさまざまな課題が出てきます。
そこをクリアしていく必要があります。

大手ECサイトに出店する

大手のECサイト内に自社のショップを出店する、というのもよく考えられる方法です。
大手のECサイトの力を借りて、自社の食品を売っていく、ということになります。
ショップを運営するマニュアルなどもあるので、ある程度は助けられる部分もあるでしょう。
ただ多くのショップが軒を連ねる大手ECサイトでは自社のショップを見つけてもらうことが重要となります。
検索から自社のショップを選んでもらうとなると、どうしても価格競争になってきます。
また大手ECショップの同じデザインを使っている他社との差別化もなかなか難しく、大きく売り上げを伸ばすのは至難の業です。

オンラインのWeb展示会に出展してみる

自社の食品の販路を拡大していく上で、食のマッチングサイトは非常に有効です。
その中でも『BtoBプラットフォーム 商談』は多くの便利な機能を備えており、それを活用していくことで、大きく販路を拡大できる可能性があります。
『BtoBプラットフォーム 商談』の機能の中の一つにWeb展示会という機能があります。
まさしくオンライン上で展示会を開催するというものです。
オンラインで展示会ができるのか、という疑問もあるかもしれませんが、この機能をしっかりと活用すれば営業力強化につながります。

Web展示会に出展する

Web展示会に自社の食品を出展したいと考えた場合どうすればよいのでしょうか。
準備は企業情報の登録と商品カタログを用意するだけ。
簡単に出店することができます。
また高額の出展費用が必要になることもなく、気軽に出展することができます。
Web展示会に出展することで、たくさんの買い手と出会うチャンスが広がります。

買い手とつながりができる

Web展示会を見に来るお店は、ぜひ食品を仕入れたいと思っている購入意欲の高いお店ばかりです。
その中でしっかりアピールできると、仕入れたい人達の心を掴むことができるでしょう。
またWeb展示会で出会った自社の食品を仕入れしたい人達と、Web商談機能を使うことで、その場で商談をすることもできます。
さらにWeb展示会後に自社の食品を『BtoBプラットフォーム 商談』の業務用通販コーナーに掲載しておくことで、継続して自社の食品の買い手とつながることができます。

Web展示会でできること

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会でできることは他にもさまざまあります。
例えば自社や販売したい食品のPR動画を作成することができます。
それを見てもらうことでしっかりアピールできます。
また企業のプロフィールを掲載したり、自社の食品をカタログに掲載することができ、出会いの場が大きく広がります。
さらに普通に営業をかけているのでは出会うことができない、遠方の買い手と出会うことができます。
遠隔地の買い手とオンラインでつながることで、今まで以上に大きく販路を拡大できるでしょう。

自動マッチングで買い手と出会う

『BtoBプラットフォーム 商談』には自動マッチング機能もあります。
自動マッチング機能とは自社の取り扱っている食品を欲しいと思ってくれる買い手と出会うことができる機能です。
まず自社の企業プロフィールを登録します。
さらに販売したい食品の情報を商品カタログに掲載します。
一方、食品を仕入れてお店で使いたい、と考えている買い手の人達は自分が欲しい食品を募集情報として登録します。
この情報によって、その買い手がどんな企業と取引したくて、どんな食品が欲しいのかがわかります。
お互いの情報を基に『BtoBプラットフォーム 商談』が自動的にマッチングしてくれるのです。
これにより自社の食品を欲しい買い手と出会うことができます。
買い手のニーズにマッチしたところから出会えるため、そこからの話もスムーズに進めることができます。
この機能を使えば新しい取引先を見つけることが手間なくできます。
また買い手の欲しいものとマッチングしているので、効果的な提案や営業をすることができます。

Web商談で効果的な営業をする

自社の食品をいろいろなお店に買ってもらいたい、と思った時に、たくさん伝えたいことが出てくるのではないでしょうか。
そういうやり取りが効果的な営業になるはずです。
『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会や自動マッチング機能で出会った食品の買い手に、ぜひ自社の食品の良さを伝えたいと思ったら、ぜひWeb商談機能を使いましょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』ではインターネットを使ったWeb商談ができます。
Web商談とはどんなものか、という疑問もわいてくるかもしれません。
さまざまな便利な機能があるWeb商談システムは実際に会って商談することに負けないくらいの良い営業ができます。

Web商談の予約ができる

自社の食品に興味を持ってくれたお店があった時、ぜひこちらから連絡を取ってみましょう。
Web商談の機能を使えば、相手のお店にメールを送ることができます。
また企業情報を確認して、直接電話もかけることができます。
そこでぜひWeb商談を行いたい旨を伝えましょう。
お互いが話したいとなったら、Web商談の予約をしましょう。
これで営業の第1歩を踏み出せます。

お互いの顔を見て商談する

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談はお互いの顔を見ながら商談することができます。
Webカメラを使い、お互いの顔を見ながらまるで会って直接話しているような状態で商談できます。
お互いの顔を見ることで大きな安心感も得ることができます。
さらに画面を共有する機能があるので、さまざまな資料を示しながら自社の食品の良さをアピールできます。
ほぼ会っているのと同じような営業活動ができるのがこのWeb商談の良いところ。
でもインターネットを使っているので、会いに行くことができないような遠隔地の人とも商談できます。
これにより広範囲の人に効率的に営業ができます。

Web商談によりさまざまなコストカットができる

Web商談のメリットはさまざまです。
まず新たな取引先を一から探すのではなく、自動マッチングした買い手にすばやく営業をすることができることにより時間のコストをカットできます。
また遠隔地の新規取引先に赴かなくても営業ができることで、移動費用などお金の面でもコストカットできます。
インターネットを使ってWeb商談することで、時間もお金も大きくかけることなく、新しい取引先を得られることは大きなメリットです。

決済代行システムで安心も得る

『BtoBプラットフォーム 商談』のさらに良いところは決済代行システムを利用できることです。
『BtoBプラットフォーム 商談』を運営しているインフォマートが自社の取引先の売掛金を代わりに一括で支払ってくれます。
そのことにより売掛金の管理や新規口座開設などに煩わされることなく、自社の食品の販売に注力できます。
お金の管理は意外にストレスを伴います。
請求書発行や代金の回収などの手間はとても大きなものです。
その部分をインフォマートが代行してくれることは大きな利点です。

さまざまな手間を『BtoBプラットフォーム 商談』で一気に解決

自社の食品のオンライン販売をする時に発生するさまざまな手間は『BtoBプラットフォーム 商談』を使うことで、ほとんどのことが一気に解決できます。
特に自社から取引先を探しに行くことをしなくて済むWeb展示会の機能はとても便利です。
またその後の営業も直接行くことなくWeb商談できるのは大きなメリットです。
新しい食品の取引をする上で、商品を知ってもらい、そして直接提案するのはとても大事なこと。
そこを『BtoBプラットフォーム 商談』の機能を使うことで、しっかりフォローできるのは販路拡大においてとても助かる部分です。
その他の機能もしっかり使うことで、新しい卸売先ともきっと満足いく取引ができるでしょう。
ぜひ会社で『BtoBプラットフォーム 商談』の利用を検討してみてください。

自社食品のオンライン販売には『BtoBプラットフォーム 商談』

自社の取り扱っている食品のオンライン販売を考えたとき、どのような形で進めるかによって結果は大きく変わります。
食のプロが集うインターネット市場である『BtoBプラットフォーム 商談』を使うことで、食品のオンライン販売はとても効率よく行えるでしょう。
インターネットを使う食品の卸売りはこれから大きく伸びていきます。
その時に使いやすいプラットフォームがあれば、売り上げは大きく変わります。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を使って、自社の食品のオンライン販売を成功させてください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。