青森県の食材を日本全国の飲食店に売り込むには

青森県の食材を日本全国の飲食店に売り込むには

日本各地で生産される食材にはさまざまなものがありますが、青森県の食材には隠れた人気があり、全国各地で催事や展示会に参加すれば、新たな顧客を獲得するのも、決して難しいことではなかったのではないでしょうか。
しかし、このコロナ禍では、催事や展示会などが中止となることが多く、そのような場で新たな顧客と顔を合わせて商談を進めていくことが難しくなりました。
素晴らしい食材を取り扱っていて、おしゃれなウェブサイトを作成、公開していたとしても、そこにアクセスしてもらわなければ意味がありません。
そのためにはさまざまな対策を行ったり、こまめに更新をしたりしなければならないのはきっとご存知だと思います。
同じキーワードを検索してヒットする、数え切れないほどの競合他社と、自社の商品とどのような差があるのか、どこが他社のものより優れているのか、取り扱っている商品の詳細を、どこまでサイトに記載すればアピールできるのか、悩んだりしているのではないでしょうか。
そんなとき便利なのが、『BtoBプラットフォーム 商談』です。
登録することで、日本全国7,500社の買い手企業が、新しい食材を求めて商品の情報を待っています。
上手に機能を使えば、これまでとは違った、効率の良い商談を行うことが可能になります。

自社の取り扱う食材を必要とする買い手企業と簡単にマッチング

青森県の食材と言っても、海のものから山のものまで、さまざまな食材があり、それぞれの会社ごとに個性があります。
例えば、特産であるほたてを主力商品として取り扱っているとしても、ほたての種類や状態によって、会社ごとに得意分野が違う場合もあります。
青森県産のほたてを買い手企業が探しているとき、どのような料理に使うかで、仕入れたいほたての状態も変わってくるといえます。
例えば、居酒屋で出す刺身に使うものなら生で粒の大きいものが好まれますが、パスタに入れて提供するなら、小さなもので冷凍のほうが使い勝手が良いかもしれません。
そのため、青森県産のほたてを探している買い手企業が、ウェブサイト経由で問い合わせてくれたとしても、自分の会社があまり得意でないジャンルの商品を探している場合、ミスマッチが生じてしまうといったことは、よくあることだといえます。
しかし、『BtoBプラットフォーム 商談』では、そうしたミスマッチは起きない仕組みになっています。

商品カタログを登録したら、マッチングした企業に営業するだけ

『BtoBプラットフォーム 商談』では、「商品カタログ」を登録することで、買い手企業の登録している「調達カタログ」とマッチングします。
マッチングした買い手企業は、「見込企業」としてリスト登録されて手元に残ります。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、買い手企業の仕入れ担当者の連絡先がわかるようになっているため、見込企業としてリスト登録された会社の担当者に、食材の情報を提供したり、商品提案を手軽に行えるようになっています。
これまでのように、新規顧客のリストを作る手間はなくなり、見込企業に自発的に営業をかけていけばいいだけになるのです。
ただ待つだけではない、攻めの営業は、ニーズを把握するのが難しく、なかなか出来ないものです。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、商品カタログを登録することで、さまざまな企業のニーズを掴むことが出来、効率よく営業ができるようになります。
商品カタログはデータベースとしても活用でき、こまめに登録することで、売上拡大の大きなポイントにもつながるツールになります。

Web商談を利用して顧客のニーズをしっかりと把握

コロナ禍の前は、展示会や催事に参加したときに、開催地の周辺にある買い手企業に実際に足を運んでもらい、商品を手にとってもらって、商談を行うことが可能でした。
しかし、展示会などが自粛されることが多くなった昨今、そうした営業の仕方が難しくなったといえます。
ウェブサイトで商品を紹介しているだけでは巡り合うことの出来ないような、個人店の顧客もそうした中にはあるといえ、そのような顧客をどれだけ取りこぼさず、すくい上げることができるかが課題になっています。
特に、青森県ならではの調味料や、特産品を使用した加工品などは、展示会でのアピールの機会が減ったことが、大きな痛手となっているといえるでしょう。
例えば、青森県産のりんごを使ったジャムやピューレなどを取り扱っているとして、これまでであれば、実際に顔を合わせて商品の紹介を行い、顧客の悩みなども聞きながら、商品提案をすることが可能でした。
展示会の期間は大都市圏で営業をする良いチャンスだったといえますが、それができなくなった今、顧客のニーズを吸い上げるのが難しいと感じている人もいるのではないでしょうか。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、マッチングした買い手企業に営業をかけることができるだけでなく、オンラインで「Web商談」を行うことが出来ます。

オンラインだからこそ、距離感が近くなる営業を

これまでは遠方の顧客のもとへ、何時間もかけて出向き、挨拶をし、商談を行うのが当たり前だったかもしれません。
商談を行うにも、何度も顔を合わせて会議を行い、細かい用事ができたときは電話で対応、ということもあったのではないでしょうか。
青森県産のりんごのジャムやピューレなどを、新たな顧客になるかもしれない、製パン会社やスイーツ専門店に商品提案するにしても、果肉が大きいほうがいいか、甘さはどのくらいかといったニーズを掴むには、それぞれの顧客から実際に聞き取るのが早道だといえます。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、遠方の企業でもWeb商談が可能なため、近場にある顧客よりも、密なコミュニケーションを取ることもできるといえます。
オンラインで商品情報を画面共有しながら、会議を行うことも可能で、実際に会うのと遜色ない商談を可能にしています。
りんごのジャムやシロップ煮の、果肉がどのくらいの大きさでどういう形状か、といったことも、画面共有することで伝わりやすいといえます。
オンラインでできるからこそ、会議の頻度を増やして接点を補強し、顧客との距離が近くなる営業が可能になります。
どんどん活用して、顧客との時間をより良いものにしていきましょう。

「Web展示会」で取扱商品の良さを広く伝える

コロナ禍以前は、大都市圏の展示場で開かれる、大きな展示会へと出展して、商品の魅力や企業のアピールを行っていた企業も多いと思います。
しかし、実際にそうした食品の展示会は、自粛されることが多くなってしまいました。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、従来のそうした展示会のように、「Web展示会」をオンラインで開催することができるようになっています。
オンラインなので、開催場所を気にすることなく、自社の商品にあったテーマの展示会に参加することが可能で、自社のページでは、動画を使用して商品のアピールを行うことも出来ます。
例えば、水産物の展示会が行われることになったとして、自社で取り扱っている青森県産なまこの加工品を広めるべく、展示会に出展することにしたとします。
Web展示会に参加することで、商品の認知度をアップすることが可能になりますが、何よりも、日本全国7,500社の買い手企業の中でも、自社の商品に興味を持ってくれる企業の情報を集めることが可能になるので、これまでとは違った新たな顧客を掘り起こすことが出来ます。
これまでであれば、日本料理店や寿司店を中心に販売をしていたかもしれませんが、フランス料理やイタリア料理などのレストランが、青森県産なまこに注目してくれる可能性もあるのです。
また、取扱商品のアピールだけでなく、企業のアピールをする場としても、これまでよりも人手やコストをかけずに利用することが出来、効率の良いビジネスを展開することが可能になります。
さらに、Web展示会では、通常の展示会のときと同じように、興味を持った買い手企業とその場でWeb商談を行うことも可能で、営業のチャンスも逃しません。
積極的にWeb展示会を利用して、商品の認知度を高めながら営業活動を行っていきましょう。

オンラインだからできる、動画やスライドを使用した商品アピール

Web展示会では、実際の展示会で自社のブースを設置したときのように、商品紹介の動画を流して商品アピールを行ったり、商品の説明をまとめたスライドを使用して、商品の魅力を伝えたりすることが可能です。
普段ならばちらっと見るだけで、足早に通り過ぎていたかもしれない、忙しい買い手企業の担当者も、自分の都合のいい時間に、ゆっくりと腰を落ち着けて動画を見たり、商品の説明を読む可能性が高く、オンラインの強みを生かしたアピールしたりすることが可能になります。
例えば、青森県十三湖のしじみを取り扱っているとして、展示会参加者に向けて、しじみ漁の様子や選別の様子などを、動画を使って見てもらうことが可能になるのです。動画に興味を持って立ち寄ってくれた、今までに縁のない買い手企業とも、Web商談で話を聞いてニーズを把握することが可能になります。
展示会のブースに尋ねてくるのが顔見知りばかりで、新規顧客の開拓が難しいと感じていた企業にこそ、Web展示会を活用した商品と企業のアピールが有効です。どんどん活用して、新しいビジネスを開拓していきましょう。

オンラインだからこそ、広がる可能性

Web展示会に参加する買い手企業は、日本全国さまざまなところからやってきます。
もちろん、普段は行くことが出来ないような、遠方にある企業も含まれています。
本来なら先方に出向いて話を聞いてもらうのが筋ですが、遠くまで出向かなくてもオンラインで営業ができるので、日本全国にあるさまざまな地域の買い手企業と商談を行うことが出来るといえます。
また、顧客の幅も多様です。食品メーカーやスーパーマーケット、ホテルといった大きな顧客から、個人店のレストランのような小さな顧客まで、商品カタログに登録した商品に興味を持った企業であれば、どのようなジャンルでもマッチングされます。
これまでお付き合いすることのなかった、新しい業種の顧客に商品を売り込む、またとないチャンスが眠っているともいえます。マッチングした見込企業へのアプローチを進めていきましょう。

常連客にもメルマガ配信でチャンスを逃さない

すでに契約をしてもらっている顧客には、新たな注文をとってもらうために、こまめに扉を叩くことが必要だといえます。
何かしらのアプローチを常に行うことで、顧客に意識してもらうことが出来、こまめにお悩みなどを聞くことで、眠っている顧客のニーズを把握することが出来ます。
例えば、メルマガを配信して、季節ごとの食材と、その食材を使用したレシピの提案を行ってみるのはいかがでしょうか。
また『BtoBプラットフォーム 商談』には、メルマガの一斉配信機能がついています。
文章力に自信がない人も、サンプルの文面や作成のコツを伝授しますので、安心して利用することが出来ます。
季節の情報をたっぷりと盛り込んで、新たな注文を掘り起こすメルマガをどんどん配信しましょう。

メルマガの開封率やクリック率を手がかりにニーズを分析

しかし、メルマガはただ配信するだけで仕事が終わるわけではありません。
配信したメルマガを、どのくらいの数の人が実際に開封して読んでくれたのか、また、メルマガに記された商品詳細へのリンクを、実際にクリックしてくれた人数はどのくらいなのかといった、開封率やクリック率を見ることが重要になってきます。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、買い手企業ごとに開封・未開封が確認できるため、今後どの企業にどのようにアプローチしていけば良いのか、検討することが可能になります。
実際に顔を合わせたり、電話をしたりすることが少なくても、こまめにこちらからアプローチを行い、隠れた接点を持つことが、新規契約の糸口になることもあります。
実際に商品を売り込むチャンスは至るところにあるといえます。
営業のチャンスを逃さないようにしましょう。

即決Martで訳あり商品やお試し商品を販売

取扱商品の中には、いつもの上代で販売できないものが出ることも時にはあるのではないでしょうか。
例えば、賞味期限が迫ってきている加工品や、規格外の農産物などは、価格を下げて売るしか方法がありません。
青森県産のりんごでも、傷や色ムラがあったり、大きさが規格に満たないといったものは、売るのに難儀するものです。
そうした訳あり商品や、新しい商品の認知度を高めるためにお試し商品を販売したいといった場合に、便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』の「即決Mart」です。
価格を表示して販売する、業務用通販サイトで、商品を掲載するだけで準備が完了します。
あとはページにアクセスがくるのを待つだけです。
お試し商品をサイトに置いておくという「待ちの営業」を、簡単にすることができるので、商品に興味を持った見込企業を手軽に獲得することが出来ます。
さまざまな訳あり商品を時々販売するようにしていれば、企業アピールにも繋がります。
訳あり食材も無駄にすることがなくなり、一石二鳥だといえます。

買い手企業の募集情報を閲覧して営業をするチャンスも

『BtoBプラットフォーム 商談』では、もちろん買い手企業が「調達カタログ」に登録した、実際に欲しい食材を検索して、その情報をもとに営業を掛けることも可能です。
買い手企業が求めている商品についての見積書も、とても簡単に作成することができるため、提案までスピード感を持って行うことが可能です。
最初に提案したものとは違う商品の契約がとれるような、思いがけないことから商談に発展するようなこともあります。
例えば、青森県の良質なにんにくを探している買い手企業に話を聞いたら、取り扱いのある獄きみの注文が入る、といったこともあるといえるのです。
『BtoBプラットフォーム 商談』のさまざまな機能を上手に使った、幅広い提案を行うことができるかどうかで、実際に実になる商談をできるかどうかも変わってくるといえます。
さまざまな機能を使いながら、どんどん顧客の開拓をしていきましょう。

Web受発注で受注ミスを防ぎ、ペーパーレスに

また、『BtoBプラットフォーム 商談』では、取引伝票もネット上のやりとりになるため、受発注伝票をいつでもどこでも確認することが可能になります。
常に確認できるようになることで受注ミスを防げるだけでなく、ペーパーレス化に寄与することも出来ます。
買い手企業にとっても、注文書や納品書をオンラインで発行できることから、煩雑な事務作業から開放されるといえます。
事務作業等の無駄をなくすことから、業務の効率化につながります。

決済代行システムの利用で、新規取引先の売掛金回収も100%保証

例えば、シャモロックを探している個人経営の小さな焼鳥店から、宴会用の大きな注文が新規で入ったとします。
商品カタログからマッチングし、Web商談を利用して商談を行い、契約することになった遠方の新規顧客、といった場合、取引に不安が生じるのは当然のことだと思います。
万が一売掛金の回収ができなかったらと思うと、初回は現金で、といった条件をつけてしまいがちです。
状況によっては二の足を踏んでしまうこともあるでしょう。

支払いの不安を一掃することで、攻めのビジネスを

しかし、『BtoBプラットフォーム 商談』には、独自の決済代行システムがあります。
新規取引先でも売掛金回収100%保証となっており、不安を感じることなく新規の顧客開拓を積極的に行うことが出来ます。
決済代行の手数料は3%のみで、与信審査の手間とコストを省略。
支払いまでの日数も最短で10日間と、短いサイトになっています。
オンライン取引のため、請求書を作成する手間も必要ありません。
新たな顧客には満足の行くサービスが可能になり、売掛金の回収に関する不安もなく、新たなビジネスを生み出すことが出来ます。

売上ランキングを自在に検索して、競合他社を分析!

似たような商品を販売している企業がいくつもある、青森県の食品業界で、新たな商品を販売しようとしている場合、否が応でも競合他社の売上が気になるのではないでしょうか。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、業種や地域、期間を絞り込んで、企業の売上金額ランキングを閲覧することが可能です。
例えば、青森県の長芋を11月だけに絞り込んで、自社も含めた売上ランキングを閲覧することで、自社の順位の確認や、情報収集に活用することができます。
もちろん、競合他社の順位だけでなく、使用している商品キーワードや価格、商品の特徴などを自社と比較することで、自社の強みを確認することができ、どのようにアピールすれば、顧客の心がつかめるのか、分析するのに活用できます。

もちろん顧客のニーズ分析にも

『BtoBプラットフォーム 商談』の検索機能を上手に使うことで、顧客のニーズ分析をすることも出来ます。
業種や地域、期間といった条件で絞り込み、買い手企業が発注した商品を、ランキングで表示すれば、どのような商品が求められているのかがわかります。
また、上手に使えば、流行を先取りすることも可能になります。
検索機能を使って、自社の販売戦略を練るのにも活用が可能です。
さらに、買い手企業が実際に商品を検索する際に使用するキーワードも、ランキング形式で閲覧できるため、自社の商品を販売する際に使うキーワードの改善をするのにも役立ちます。

青森県の食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

ひとくちに青森県の食材と言ってもさまざまで、メジャーなものから幻と言われているものまで非常に多様です。
自社の取り扱う商品を、どのようにしたら上手くアピールできるのかわからない、都市圏での新規開拓営業は遠くて経費がかかりすぎる、営業のノウハウ自体がないなど、営業に消極的になっている理由はさまざまだといえます。
そうした課題のある企業にこそ、『BtoBプラットフォーム 商談』は威力を発揮するといえます。
『BtoBプラットフォーム 商談』は、売り手企業のさまざまな課題をクリアにし、新規開拓のお手伝いをいたします。
これまでの、ただなんとなく待っているだけの状態から、攻めのビジネスを展開するためのノウハウが『BtoBプラットフォーム 商談』には詰まっています。
上手に活用すれば、ビジネス環境がガラリと変わります。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』をご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。