Web商談を活用して卸売先を見つけるには

Web商談を活用して卸売先を見つけるには

自分の会社が取り扱っている食材を卸す先を新たに開拓したいと考えたとき、どのように開拓していくのがよいでしょうか。
自分の会社がある地域のお店に営業をすることで新規卸売先を開拓することもできますが、もっと広い範囲で卸売先を見つける方法があります。
それはインターネットを使うことです。
インターネットであれば、商圏が一気に拡大します。
日本全国のお店に卸売りをすることが可能になります。
インターネットを活用することで、営業にかかる移動時間減りや費用安く上がるなどの業務効率もあがり利益率も改善していきます
インターネット上にはさまざまな便利な機能を備えたサイトがあります。
そのひとつが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
『BtoBプラットフォーム 商談』は食のプロが集う食のインターネット市場です。
その『BtoBプラットフォーム 商談』にWeb商談ができる機能があります。
このWeb商談機能を使って、遠くのお店の人とも顔を見ながら商談ができます。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談機能を使って、新しい卸売先を見つけましょう。

自社の食材の販路を拡大したい

自社で取り扱っている食材を売るお店を探していきたいと考えている人は多いでしょう。
会社の営業担当であれば、常に新しい卸売先を開拓していきたいと思います。
できればきちんと話をして、自分の会社が販売している食材を知ってもらいたい。
こだわりの点や食材をおすすめするにも、できればきちんと顔を見て話したいと考えることもあるでしょう。
そうなると実際に会って話せる人は限られています。
ではどうやって新しい卸売先を見つければよいのでしょうか。
営業に回ることができる近場のお店を回ってみるのも一つの方法です。
あるいは現在の取引先に紹介してもらうこともできます。
しかしそれでは出会えるお店が非常に限られてしまいます。
もっと広範囲の、できれば遠方のお店にも販路を拡大したい、と考えることもあるでしょう。
そんな時におすすめなのがインターネットを使って卸売先のお店を探すことです。

インターネットを使って販路を拡大する

自社の食材をもっと多くのお店に取り扱ってもらいたいと考えたときに、一番おすすめなのがインターネットを使って販路を拡大することです。
現在、インターネットを使っているお店はとても多くあります。
いろいろな使い方をしていますが、食材の仕入れにインターネットを利用しているお店も多いでしょう。
そういうお店にぜひインターネットを使って、自社の食材を営業してみましょう。
でもどうやって営業をかければいいのかわからない、と思う人も多いと思います。
実際にはどうやって食材をインターネットで売ればよいのでしょうか。

食のマッチングサイトを利用する

インターネットで食材を販売する方法として一番のおすすめは食のマッチングサイトを利用することです。
食材を売りたい人と買いたい人が出会える場所が食のマッチングサイトです。
その中でも『BtoBプラットフォーム 商談』はさまざまな機能が充実しています。
たとえば自社の売りたい食材をサイトに登録することで、買い手とマッチングすることができます。
また自社の食材のよいところをアピールすることも可能です。
さまざまな機能を用意してくれているので、自分は食材を売ることに専念できます。
自社の営業だけでは出会えなかった食材の買い手とも出会えることもあるでしょう。
買い手も自分が買いたい食材を探していて、うまくマッチングできれば購買意欲も高いので、卸売りの契約もまとまりやすいはずです。

自社でサイトを作る

自社で売りたい食材を自社で売る、という方法もあります。
自社で販売サイトを作るのです。
実際には業者に依頼して、自社のホームページを作ってもらい、そこで食材を販売していきます。
ただホームページの管理や更新作業が発生します。
そこを誰が担当するのか、というのも悩みになってくるでしょう。
食材を営業したいと思っても、実際にはホームページの管理に手を取られてしまう、ということもあります。
またホームページを一から作ってもらうとなると、費用も時間も多くかかります。
ホームページを作成してくれる業者とのやり取りや、どんなホームページにするか、なども考える必要が出てきます。
またせっかく作った自社のホームページを卸売先のお店に見つけてもらうのもなかなか難しいことです。

ECサイトに出店する

大手のECサイトに自社のECショップを出店するのも方法の一つです。
あらかじめECショップの登録などをすれば出店できます。
さらにフォーマットもある程度決まっているので、ECショップを作る手間は比較的かかりません。
ただ大手のECサイトに出店するには高額な手数料が発生します。
また見た目の同じようなECショップが並ぶため、差別化するのが難しいこともデメリットになります。
多くのショップの中から自社のショップの食材を見つけ、選んでもらうにはどうしても価格を下げるなどの手段をとる必要が出てきます。
そう考えると利益なども得るのが難しくなってきます。

Web商談を活用する

インターネットを使って自社の食材を販売していくにあたって、できればしっかり自社の食材をアピールしたいと思いませんか?
インターネット上で食材を販売するときにはどうしても写真と文字だけで、食材をアピールすることになります。
魅力的な写真と文章でも食材をしっかり売り込めることもあるでしょう。
でもできれば自社の食材は自分の言葉でしっかりアピールし、相手のお店に実際に営業したいと思いませんか?
その希望を叶えるシステムがWeb商談です。
『BtoBプラットフォーム 商談』にはWeb商談機能があります。
Web商談とはどんな機能だろう、と思う人も多いかもしれません。
インターネットを使って、買い手の人と実際に商談できる機能が『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談です。
インターネットを使って実際にWeb商談をすることで買い手と直接話すことができます。
それによりさまざまなことが可能になります。
また相手のニーズをつかむこともできるかもしれません。

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談機能は営業に最適

『BtoBプラットフォーム 商談』はプロが集うインターネット上の食の市場です。
そこでぜひ自社の食材を販売してみましょう。
例えば『BtoBプラットフォーム 商談』には自動マッチング機能があります。
自社の食材をカタログに登録し、自社の情報も登録します。
そうすると食材を買いたいと思っているお店とマッチングすることができるのです。
またプロモーション機能もついています。
自社のメルマガを一括配信することで、その効果を測定することができます。
さらに見込み客を見つけることができ、再アプローチをすることも可能です。
そういう機能を使って見つけた買い手と交渉する場がWeb商談です。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談機能を使って見込み客と取引をできるまでに営業しましょう。

Web商談のさまざまな機能を活用する

『BtoBプラットフォーム 商談』の機能をしっかり使い、自社の食材に興味を持ってもらいます。
そうすればその先のWeb商談でもしっかりと話ができるでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談にはさまざまな機能があります。
Web商談の良いところをしっかりいかして商談することで、新しい取引が始められるはずです。
ではWeb商談にはどのような機能があるのでしょうか。

商談を予約できる

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談は商談を予約する機能があります。
自社の食材を買ってくれそうな見込み客がいれば、ぜひアプローチしてみましょう。
商談メニューからメールを送ることができます。
また企業情報の問い合わせ先から直接電話することもできます。
そこでぜひWeb商談の話を進めてみましょう。
また逆に買い手側からアプローチを受けることもあるかもしれません。
その場合もぜひWeb商談を予約し、実際に話をしてみましょう。

相手の顔を見ながら商談できる

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談は相手の顔を実際に見ながら話を進めることができます。
もちろん自分の顔も相手に見てもらいながら話ができます。
お互いの顔を合わせて商談をすることで、話しやすくまた信頼感を得ることもできます。
相手の顔を見ることで心理的ハードルも大きく下がるでしょう。
また同じ画面で資料も見てもらうことができます。
画面共有しながら食材の紹介をすることで、より興味を持ってもらえるはずです。
ぜひお互いの顔を見ながら、資料を共有しつつ商談を進めてください。

遠隔地の人とも商談できる

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談はインターネットを介しているため、どんな遠隔地の人とでも商談をすることができます。
これはたいへん大きなメリットです。
自分で営業に行くには限界がある地域の人とも顔を見て話すことで、信頼関係も生まれます。
また食材についての理解も深まるでしょう。
遠隔地だからこそ手に入らない、と思われるような食材を提案できれば卸売りの契約に繋がることもあるでしょう。

『BtoBプラットフォーム 商談』で気軽に取引する

『BtoBプラットフォーム 商談』でWeb商談を行い、自社の食材を売り込むことに成功したらいよいよ取引開始です。
でも実際に卸売りの取引にはさまざまな煩雑な手続きがあります。
それを一つずつやり取りしながら、決めていくのはとても大変です。
だからこそ使って欲しい機能が『BtoBプラットフォーム 商談』にはあります。
Web受注と決済代行システムです。
この便利な機能を使うことで『BtoBプラットフォーム 商談』で気軽に取引ができます。
これにより取引のハードルが大きく下がるでしょう。

Web受注で業務を効率化

今まで食材の受注はどのように受けていましたか?
電話やFAXということも多かったのではないでしょうか。
また最近ではメールで、ということもあるでしょう。
でもいろいろな方法で受注するとそれだけ手間が増えます。
その手間を軽減するのが『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb受注機能です。
Web受注に一本化することで受注作業が大幅に効率化できます。
例えば電話やFAXでの受注であれば、その注文書を保管するのも場所を取ります。
また書き間違いや聞き間違いが発生する可能性もあります。
Web受注によりこれらのロスをなくすことができます。
また受注履歴を確認することでさらなる間違いも防ぐことができます。
過去の取引もさかのぼって確認することができるのも便利です。
このようにWeb受注にはさまざまなメリットがあります。

決済代行システムで安心

『BtoBプラットフォーム 商談』には決済代行システムがあります。
これは取引をする上でとても安心です。
『BtoBプラットフォーム 商談』を運営するインフォマートが買い手企業からの代金の回収を代行してくれます。
その後、最短10日で売掛金を一括入金します。
Web商談後、自社の食材を買ってくれるとなれば、通常であればさまざまな手続きをしなければなりません。
売掛のためには与信審査も必要です。
『BtoBプラットフォーム 商談』を使えば、そのような手間やコストも省くことができます。
請求書の発行から代金の回収までを一手に引き受けてくれるのは、『BtoBプラットフォーム 商談』を使った取引において大きなメリットです。
そのため気軽に取引をすることができるでしょう。

『BtoBプラットフォーム 商談』の機能をしっかり使う

食のマッチングサイトである『BtoBプラットフォーム 商談』の機能は多岐に渡ります。
先に述べたWeb商談機能やWeb受注機能、代金回収代行だけではありません。
さまざまな機能が備わっています。
Web展示会機能もあり、自社の食材を多くのお店にアピールする場があります。
そこで新たな出会いがあれば、自社の食材の販路をさらに拡大することができます。
また業務用通販コーナーも充実しています。
業務用通販コーナーの「即決!Mart」は買い手が欲しい食材をすぐに買うことができるため、自社の食材を試してもらうには絶好の場です。
また「全国特産品Mart」では自社の食材のこだわりをしっかり伝えることで、新たな買い手が増えるかもしれません。
自社の食材を『BtoBプラットフォーム 商談』の商材カタログに掲載することで、買い手と自動マッチングすることも可能です。
それらの機能をしっかり活用することで見込み客と出会いましょう。
そしてWeb商談を行うことで、新しい販路の拡大ができるはずです。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を自社の食材を販売する場として使ってみてください。

卸売先とWeb商談するなら『BtoBプラットフォーム 商談』で

自社の食材の新しい卸売先を見つけたい、と思ったときは、インターネットを利用すれば販路が全国に広がります。
そして食のマッチングサイト『BtoBプラットフォーム 商談』を使うことで、より多くの卸売先と出会えるでしょう。
さまざまな機能を使い、見込み客が増えれば商談をしてみましょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談機能は、お互いの顔を見ながら商談できたり、資料をしっかり見てもらうことができるなど、さまざまなメリットがあります。
Web商談であれば、遠隔地の買い手との商談も可能です。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談機能を使って、多くの卸売先を見つけましょう。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。