海苔の生産日本一!こだわりの特産物が目白押しの佐賀県

海苔の生産日本一!こだわりの特産物が目白押しの佐賀県

九州地方の北部に位置し、九州地方の中では最も人口の少ない県である佐賀県は、有田焼や伊万里焼といった磁器の生産で知られる県で、玄界灘と有明海に面しています。

田園風景が広がり、豊かな自然に囲まれた佐賀では農業や水産業が盛んに行われており、玄界灘ではイカやクエがとれる一方で、有明海は国内最大の養殖海苔の産地として広く知られています。

さらに野菜や果物ではアスパラガスやいちごなど全国展開されているものも多く、畜産物も佐賀牛を始め豚肉や鶏肉といったものが多数出荷されており、全国的によく知られる食材が多い県でもあります。

そんな佐賀県には有名な食材だけでなく、ローカルな食材も数多く存在し、そのような食材を全国に売り込んでいきたいと考えているものの、どのように販売すればいいか悩んでいる企業もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、佐賀県の食材を日本全国の飲食店へ売り込んでいくためのポイントをご紹介します。

梨、みかん、もち米などの佐賀県の農産物を売り込んでいくには?

梨、みかん、もち米などの佐賀県の農産物を売り込んでいくには?

佐賀県は日本有数の梨の産地でもあり、中でも有名なのが伊万里市で栽培されている「伊万里梨」です。

伊万里市では時期によって様々な品種の梨を栽培しており、そのほとんどは7月から10月にかけて出荷されています。

代表的な品種である「幸水」は、果汁が多く爽やかな甘味が特徴の梨で、そのまま食べる以外にもアイスに添えたりコンポートにしたりと、様々な用途で使うことができます。

さらに佐賀県が誇る果物と言えばハウスみかんです。

室温調整されたハウスの中で徹底された管理によって栽培されているハウスみかんは、毎年春から秋にかけて収穫されています。

露地栽培のみかんは冬の時期に出荷されますが、ハウスみかんは露地栽培のみかんが出回らない時期にみかんを出荷できるというメリットがあり、缶詰や冷凍みかんに頼らず生のみかんを使いたいという飲食店のニーズに応えることができます。

また佐賀県は全国有数のもち米主産地としても有名で、佐賀県で作られているもち米は「佐賀よかもち」と呼ばれています。

「佐賀よかもち」はヒヨクモチという品種で、粘り、伸びがよくお餅やお菓子など様々な形で利用されているだけでなく、もち米の風味が豊かで食味がよいため、赤飯やおこわがとても美味しくできることから、和菓子店や和食店にターゲットを絞って売り込んでいくことで販路拡大の可能性があります。

動画を作成して佐賀の農産物を効率的に売り込む!

これまでに縁がなかった地方や、営業が手薄になっていた地域で新たに佐賀県の食材を販売するにはどのようなことが必要になるでしょうか。

地元である佐賀県内や福岡県、アクセスの良い中国地方などではこれまで積極的に販売をしてきたかもしれませんが、遠く離れた東日本では、まずその食材が佐賀県で生産されていることを知らない人のほうが多いといえるので、最初にしなければいけないのは、佐賀県産の食材だということのアピールでしょう。

全国の買い手に佐賀県産の食材をアピールしていく方法としてコスト面でも比較的行いやすいのがインターネットを使ったマーケティングです。

インターネットを活用したマーケティングには、SNSの公式アカウントを運用したり、
ネット広告を打つなど様々な販促方法がありますが、全国の方々に広く知ってもらいやすいPR方法としておすすめなのが商品紹介動画の投稿です。

動画は静止画よりも見た人に強い印象を与えることができると言われており、食材の魅力や様々なポイントを端的に伝えることができます。

ハウスみかんのブランドの中には果皮が緑色で中身の果実だけが熟している「グリーンハウスみかん」と呼ばれる珍しい品種のみかんがありますが、例えばグリーンハウスみかんを全国の飲食店に売り込みたい場合、写真だけではおいしさが伝わりにくいため、遠方の買い手の心を動かして取引成立までにこぎつくのは至難の業と言えるでしょう。

しかし、動画なら果汁のフレッシュ感や鮮やかな色の果皮までも鮮明に映し出すことができ、さらにグリーンハウスみかんを使ったデザートも一緒に紹介することで、買い手は導入する際の参考にすることができます。

しかし、動画を一度も作ったことがない場合、買い手の購買意欲を高めるような動画を自分で作れるか不安に感じるかもしれません。

そんな方におすすめなのが『BtoBプラットフォーム 商談』の動画作成サービスです。

『BtoBプラットフォーム 商談』では会員限定で特別価格にて動画の作成サービスを行っており、予算に合わせて様々なプランから選ぶことができます。

作成した動画はSNSへ自由に投稿することができ、さらにピックアップ動画として『BtoBプラットフォーム 商談』の買い手企業のトップページや動画一覧ページに掲載されるので、多くの買い手に貴社の商品を知ってもらう機会を増やすことができます。

海苔、タイなどの佐賀県の水産物を売り込んでいくには?

海苔、タイなどの佐賀県の水産物を売り込んでいくには?

佐賀県を代表する水産物と言えば、国内最大の生産量を誇る有明海産の「佐賀海苔」です。

有明海は日本一の干満差があり、ミネラル豊富な栄養塩が多くの河川から流れ込んでいるなど海苔の養殖を行う上で好条件に恵まれており、それにより歯切れが良く、旨みが凝縮された高品質な海苔を作り出すことができます。

佐賀海苔の中には特別な格付け検査に合格した海苔のみが認定されるブランド海苔も展開されています。

ブランド佐賀海苔は多くの高級料亭や高級寿司店が愛用していますが、価格の安さを売りにしている寿司店では高級海苔を使用すると利益を出しにくくなるため、ブランド海苔を売り込んで行きたい場合は、海苔の等級によって売り込む飲食店のターゲットを変えていくのがおすすめです。

さらに佐賀県のブランド水産物として全国的に知られているのが「呼子のイカ」です。

半透明に透き通り、上品な甘みとプリプリとした食感が絶品の呼子のイカは「日本一のイカ」と称されており、呼子のイカの活造りを堪能できる地元の飲食店は観光客から地元人まで高い人気があります。

佐賀県北部にある玄界灘は、日本有数の「ケンサキイカ」の好漁場として町おこしにも成功しています。
今後、呼子のイカに続く新たな佐賀県のブランド水産物の登場に期待が寄せられます。

佐賀県には他にも有名な水産物が数多くあり、その中でも特に注目したいのが有明海で養殖された「竹崎カキ」です。

ボリュームがあり、甘みと旨みをじっくりと堪能できる竹崎カキは、太良町の冬の味覚として親しまれており、とれたてのカキを食べられる「カキ小屋」は太良町が発祥地でもあります。

このように佐賀県には独自の水産物が充実しており、魅力をアピールしていくことで新たな地域での新規開拓を促進できることでしょう。

佐賀県の水産物を効率的に売り込むにはメルマガ配信機能が便利!

東日本を中心とした、佐賀県からアクセスしにくい地域で新規開拓をするには、これまでは飛行機や電車をいくつも乗り継いで先方に出向き、商談をするのが当たり前となっていましたが、今ではインターネットを活用することで遠方の買い手に向けて商品のPRから商談までをすべてネット上で手軽に行えるようになりました。

佐賀県の水産物を遠く離れた地域に売り込んでいきたい場合、希少性をアピールしたり、品質管理や生産管理を徹底していることを伝えていくのが効果的ですが、このような詳細な情報を全国の買い手に向けて手軽に配信できるのが『BtoBプラットフォーム 商談』の「メルマガ配信機能」です。

この機能では『BtoBプラットフォーム 商談』の会員である約9,150社の買い手企業へ、独自のメルマガを作成して一括配信することができます。

メルマガは業種や地域を絞って送信することも可能で、例えば「竹崎カキ」を関東の飲食店に売り込みたい場合、「関東」「飲食業」などと条件を絞ることで、ピンポイントにアプローチすることが可能です。

メルマガ配信後は、開封状況をチェックすることも可能で、開封した買い手は見込企業として継続的にメルマガを配信していくことで新規開拓を狙うことができます。

肥前さくらポーク、骨太有明鶏などの佐賀県の畜産物を売り込んでいくには?

広大な自然に恵まれた佐賀県には各地に畜産農場が点在しており、黒毛和種の佐賀牛を始め、こだわりある様々な畜産物を全国に出荷しています。

その中でも佐賀県自慢のブランド豚肉として人気を誇っているのが「肥前さくらポーク」です。

肥前さくらポークは成長に合わせた専用飼料を給餌するなど徹底した飼育管理のもとで飼育されており、きめ細かく柔らかな食感と、じっくり育てたことによる綺麗なさくら色の肉が特徴で、地元からも大きな支持を得ています。

さらに次世代の佐賀県産のブランド畜産物として注目されているのが、「骨太有明鶏」という銘柄鶏です。

骨太有明鶏は、抗生物質を含まないオリジナル飼料や有明海産ものを中心としたカキ殻を給餌して飼育しており、飼育から販売までを一貫した管理体制で行っていることから安全性が高く、九州のみならず、中京や関東にも出荷されています。

このように佐賀県には安心・安全にこだわって育てられている高品質な畜産物が豊富に存在し、全国的にはまだ知名度が低い畜産物もありますが、その魅力を発信していくことでゆくゆくは日本全国に新規顧客を獲得していくことでしょう。

販売市場分析機能で佐賀の畜産物の売り込み方を分析!

佐賀県の畜産物を遠く離れた東京やその周辺の地域、他の地方都市などに売り込んでいくにはどうすればいいのでしょうか。

東京や大阪に限らず、地方の県庁所在地などの都市部にある飲食店では、質の高い食材を地方から取り寄せて使うことに対して抵抗がないことが多いため、そうした飲食店は顧客が喜ぶ質の高い食材に対する感度が高く、常にアンテナを張って情報を集めています。

佐賀県が誇る上質な畜産物をこのような飲食店に売り込んでいくには、まず売り込んでいきたい地域の市場動向やトレンドを調査し、それを元に分析を行い、ニーズがあるか調査していく必要があります。

しかし、特定の業態の市場動向を調べるのはインターネットを活用しても十分に情報が集まらないことが多く、調査中に挫折してしまうこともあるかもしれません。

そこで活用したいのが『BtoBプラットフォーム 商談』の「販売市場分析機能」です。

この機能では、『BtoBプラットフォーム 商談』が保有する膨大なデータから、競合の動きや市場動向を把握することができ、買い手がどんな商品を仕入れているのかチェックすることができます。

業種や地域を絞って買い手が購入した商品を調べることもできるので、例えば肥前さくらポークを取り扱っているとして、地方の食材を積極的に取り入れている名古屋のしゃぶしゃぶ店に営業をかけたいと思っている場合、「愛知県」「飲食業」などと指定して検索することで簡単に調査することができ、販売戦略に役立てることができます。

また、買い手の情報から飲食店のコンセプトを把握して、自社が売り込みたいターゲットと一致しているか判断することも可能です。

「販売市場分析機能」を活用して買い手のニーズを把握し、新規開拓につなげていきましょう。

まとめ

今回は、佐賀県の食材を日本全国の飲食店へ売り込んでいくためのポイントをご紹介いたしました。

佐賀県の食材は質が高く、そして非常に幅が広いことでも知られ、多くの生産者が丹精を込めて育てた農作物や畜産物、豊穣な海の恵みがもたらす海産物など、ブランド展開を行っていないものもポテンシャルが高いと言えるでしょう。

これまで佐賀県産の食材を取り扱ってきたけれど、遠方で新規開拓をするにはコストがかかりすぎると考えていた企業や、営業のノウハウをもっと高めたいと考えている企業は、『BtoBプラットフォーム 商談』を活用して新規顧客を開拓、そして業務効率化を図り、売上アップを目指していきましょう。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。

 
BtoB eSmart

foods業界BtoBサイトシェアNo.1の
実績を持つインフォマートが運営しています。

掲載商品数
10万点以上

ECサイト

(WEB・アプリ)

\今なら/
新規会員登録で

1000 P
プレゼント

+SNSフォローで
お得情報をゲット!

「業務用食材」「備品・資材」
簡単購入・まとめ払い!!

業務用通販サイトBtoB eSmart
無料会員登録

詳細はこちら