佐賀県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

佐賀県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

九州地方の北部に位置し、九州地方の中では最も人口の少ない県である佐賀県は、有田焼や伊万里焼といった陶磁器の生産で知られる県で、玄界灘と有明海に面しています。
玄界灘ではイカやクエがとれる一方で、有明海ではムツゴロウやワラスボといった干潟でとれる独特の魚介がとれることでも知られ、さらに野菜や果物ではアスパラガスやいちごなど、全国展開するものも多く、畜産物も佐賀牛をはじめ、全国でよく知られる食材が多い県でもあります。
しかし、品質が高いのにまだ知られていない食材も多くあり、どのように販売すればいいか悩んでいる企業の方もいるのではないでしょうか。
取り扱っている佐賀県産の質の高い食材を、これまで販売してきた福岡など、アクセスのしやすい地域だけでなく、東海地方や東北地方などの遠方で商品を展開していくにはどうすればいいでしょうか。
遠方での新規開拓について考えていきましょう。

新規開拓には欠かせない、インターネットでの広報施策

これまでに縁がなかった地方や、営業が手薄になっていた地域で新たに佐賀県の食材を販売するにはどのようなことが必要になるでしょうか。
地元である佐賀県内や福岡県、アクセスの良い中国地方などではこれまで積極的に販売をしてきたかもしれませんが、遠く離れた東日本では、まずその食材が佐賀県で生産されていることを知らない人のほうが多いといえるので、最初にしなければいけないのは、佐賀県産の食材だということのアピールでしょう。
これまでさまざまなブランドを生んできた佐賀県では、食材を全国展開させる際にテレビや雑誌、新聞といった既存の大きなメディアでの広報を行ってきたものが多く、商品の認知のためにそうした手段を思い出す人も多いかもしれません。
しかし、マスメディアを利用した広報は費用が大きく、一企業が行うには荷が重いというのが正直なところではないかと思います。
コスト面でも比較的利用しやすいのはインターネット広告などだといえますが、インターネットでの広報施策は広告だけでなく、公式サイトを開設したり、SNSの公式アカウントを運用したり、その延長でインフルエンサーを使ったマーケティングを行ったりと、さまざまなものが挙げられます。
多様な分自社にあった形のものを選ぶことが出来、使い方次第で高い効果を出すことも可能なので、導入している企業がとても多い手法です。
また公式サイトを開設するのも、内製すればコストはそれほどかからないため、企業アピールも兼ねて公式サイトを作成する企業も少なくありません。
しかし、公式サイトを開設しても、自社のことを知らない不特定多数の人が検索する時に使うキーワードだけで自社のサイトを探し当てることはとても難しいのです。
たくさんの人に公式サイトを見てもらうためには、取り扱っている商品名などをキーワードにして検索した時に上位に表示されている必要がありますが、常に上位に表示されるにはそれなりの手間とコストがかかり、プロの手を借りるとなれば相応の費用がかかります。
例えば、伊万里産の梨を取り扱っているとして、それを公式サイトに掲載して広く知ってもらい、発注につなげたいと考えた場合、どんな情報を掲載すればいいでしょうか。
取り扱っている食材をとりあえず並べて載せておけば、見る人が見れば分かるだろうと相手に委ねてしまうのは親切とはいえず、やはりもう少し詳細な情報があったほうが、食材を探している買い手企業にやさしいサイトが出来上がります。
例えば伊万里産の梨といっても品種や大きさもさまざまで、さらに加工品も扱っていればその種類を記載したほうが情報にたどり着きやすいでしょう。
ただ、取り扱っている品目が多い場合は、商品の詳細をすべての品目に対して記載してしまうことが、かえって検索の邪魔になってしまう可能性もあります。
公式サイトを開設したのはいいけれど、何を掲載すべきか判断がつかず、情報を更新しないままになってはいないでしょうか。
そんな企業が重宝するのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。

自動マッチングシステムでミスマッチ知らずの新規開拓

伊万里梨を取り扱っている企業はたくさんありますが、多くの企業の中から自社のサイトを探し当て、問い合わせをくれたのであれば、ミスマッチを起こさずに発注に結びつけたいというのは誰もが考えることでしょう。
そのためにはまず、取り扱っている伊万里梨が生果であれば品種や規格を掲載したり、加工品であればフリーズドライやフルーツソース、ジャムなどの状態を少なくとも記載しておく必要があります。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、取り扱っている商品の情報を「商品カタログ」に登録して利用を開始します。
商品の情報を登録する際に必要な項目は、すでにフォーマットが用意されているため、自分で考える必要はありません。
フォーマットどおりに情報を登録すると、登録された内容に沿って、その商品が欲しいと思っている買い手企業と自動的にマッチングされます。
買い手企業側は「調達カタログ」に欲しいと思っている商品を登録しており、その情報と商品カタログの情報をぶつけるため、ミスマッチが起きにくくなっています。
マッチングした買い手企業の情報は「見込企業」としてリストになったものが残る仕組みで、リストにはその企業の担当者名や連絡先も記載されています。
つまり、この見込企業リストを元に営業を行えばいいだけの状態が出来上がるのです。
これまで新規開拓をするときは、営業先候補をまず絞り込んでリスト化し連絡先を探す、といった作業があり、これに手間取っていた方も多いのではないかと思います。
『BtoBプラットフォーム 商談』ではこの作業が自動化されているので、業務そのものを減らすことが出来ます。
商品カタログへの情報登録は、これまで整理してこなかった商品情報を整理することにもつながり、登録した商品データは印刷すれば簡単な販促資料にもなります。
『BtoBプラットフォーム 商談』を利用している買い手企業は日本全国さまざまなところにあり、業種も多様です。
そのためこれまであまり営業をしてこなかった遠方の地域に手を伸ばすことにもなり、新たな地域での新規開拓を進めていくのに便利です。
インターネットを利用した広報施策をするにも、何から始めるべきか迷っている企業におすすめの方法です。

遠方での新規開拓になくてはならないオンラインツール

東日本を中心とした、佐賀県からアクセスしにくい地域で新規開拓をするには、これまでは飛行機や電車をいくつも乗り継いで先方に出向き、商談をするのが当たり前だったのではないでしょうか。
この数年の状況からリモートワークが推奨され、会社に行かずに仕事をする人が増えてからは、ビデオ通話アプリなどを使用して打ち合わせや商談を行うことも増えたと思います。
オンラインツールを使うことで遠く離れた客先までの出張費は削減され、小さな企業にとって良いことも多いといえますが、取引先企業によって使っているアプリが違ったり、商談の手配やリマインドなど、煩雑な業務が増えた人も多いかもしれません。
出来れば細かな業務は効率化したいと思っている方にも『BtoBプラットフォーム 商談』がおすすめです。

オンラインツールをひとつにまとめて業務効率化

『BtoBプラットフォーム 商談』には、オンラインで商談を行うことの出来る「Web商談」という機能がついています。
これは他のビデオ通話アプリと同様の機能で、相手の顔を見ながら資料や動画を共有して話をすることが出来るものです。
それだけであれば他のアプリと変わりがありませんが、大きく違うのはビデオ通話に関連した機能がすべて『BtoBプラットフォーム 商談』にまとまっている点です。
取引先の買い手企業が『BtoBプラットフォーム 商談』の会員であれば、その企業の担当者を選び、商談の予定日時を設定するだけで準備が完了します。
Web商談の予定を入れることで買い手企業の担当者にはリマインドが送られ、自分のスケジュールも登録されます。
これまでビデオ通話アプリを使って商談をする場合は、スケジュールが決まったらミーティング用のURLを取得し、それを商談の相手にメールで予定とともに送り、自分の予定表に書き込む必要がありました。
そのため、相手にリマインドのメールを送り忘れたり、自分の予定を書き込み忘れて予定をすっぽかしてしまう、といったミスを防ぐことが出来ます。
業務そのものもスリムになり、仕事にゆとりが生まれ、その時間で新しい営業用資料を作ることも出来ます。

遠く離れた地域で新規顧客を獲得するために

これまで遠く離れた東京やその周辺の地域、他の地方都市などで新規顧客を獲得するときには、展示会や催事といった機会を利用していた企業も多いのではないでしょうか。
大阪や東京などの大都市で開催される展示会や催事には、その周辺にあるさまざまな企業が訪れるため、出展すれば商品に興味を持った買い手企業と新たに出会える機会になり、そこから取引が始まることも多いといえます。
ただ、展示会や催事は出展料が意外と高額で、出展の要請があっても費用の面で折り合わずに辞退した企業も中にはあるのではないでしょうか。
小さい企業にとっては数日間の展示会にそこまで費用がかけられないことも多く、ハードルが高いと考えている企業も少なくないでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』はインターネットを使って買い手企業と新たに出会うことが出来ますが、自動マッチング以外にも特徴的な機能があります。
それは「Web展示会」という機能で、オンラインで開催する展示会に出展できる、というものです。
オンライン開催の展示会といわれてもピンとこない方もいるかも知れませんが、『BtoBプラットフォーム 商談』のサイトの中に展示会のコーナーがあり、そこに自社のページを持つことが出来るというとイメージがしやすいでしょうか。
自社の取扱商品に合うテーマの展示会に出展することが可能で、高い出展料は必要なく、オンライン開催のため開催地を気にする必要もありません。
この機能を活用することでこれまでよりも遠方の新規開拓がしやすくなります。

日本全国で新規顧客を獲得することができる「Web展示会」とは

Web展示会は『BtoBプラットフォーム 商談』のサイト内で開催される展示会ですが、自社のブースとなるページでは、企業のアピールや商品の宣伝を行うことが出来ます。
例えば、最近佐賀県で売り出し始めた中晩柑「にじゅうまる」を取り扱っているとして、青果関連のWeb展示会に出展することに決めたとします。
最低限しなければいけない準備は2つだけ。
企業プロフィールの登録と商品カタログの登録です。
ブースを訪れた買い手企業の担当者が見られるように、企業プロフィールの情報と商品カタログの情報を組み合わせた、簡単な商品カタログのファイルを作ってブースに置いておけば、興味を持った企業の担当者がダウンロードして見てくれるかもしれません。
ブースでは動画や資料を使って商品アピールをすることも可能なので、「にじゅうまる」がどのような環境で育っているのかを納めた動画や、土壌分析をした結果を資料として置いておけば、興味を持った買い手企業の担当者が見てくれるでしょう。
さらに、ブースでは小口の商品サンプルの販売が可能なので、それも置いておけば実際に試したい買い手企業が買ってくれます。
ちなみに小口商品サンプルは『BtoBプラットフォーム 商談』の業務用通販サイトに置くことも出来るので、季節になったら置くようにしておけば「待ちの営業」も簡単に可能になります。
出展する側が開催地を気にせずに出展できるのと同じように、買い手企業も日本全国さまざまなところから、多様な業種の企業の担当者がやってきます。
そのため、これまで縁のなかった地域の企業の担当者とも話をすることが可能で、販路を広げるのに役立ちます。
自分がブースを見ている時に買い手企業の担当者が訪問しているのに気づいたら、声をかけてその場でWeb商談をすることも出来るので、商機を逃しません。
しかも自分がブースを見ていない時に訪れた買い手企業の情報を集めるのも簡単で、それを元に営業をかけることも出来ます。
Web展示会に参加する企業は自分から食材を探しているため購買意欲が高く、商談に結びつきやすいのもうれしいポイントです。
高い出展料や出張コストを大幅にかけることなく、取り扱っている「にじゅうまる」のアピールを可能にし、日本全国にあるさまざまな企業と商談するチャンスになるWeb展示会は、『BtoBプラットフォーム 商談』を利用するのならぜひ利用して欲しい機能です。

蓄積されたデータから、市場調査と分析をスムーズに

博多などの都市部の飲食店を見ると分かるかもしれませんが、東京や大阪に限らず、地方の県庁所在地などの都市部にある飲食店では、質の高い食材を地方から取り寄せて使うことに対して抵抗がないことが多く、さまざまな地域から食材を取り寄せている場合も珍しいことではありません。
その店によっては、季節や食材ごとに取り寄せ先が決まっていて、その食材を楽しみにしている常連客がいる場合もあり、地方から取り寄せる食材が店の個性を作っているといっても過言ではありません。
そうした飲食店は顧客が喜ぶ質の高い食材に対する感度が高く、常にアンテナを張って情報を集めています。
そのため佐賀県の食材も提案次第で取り扱ってくれる可能性が高く、新たな営業先の候補として考える売り手企業も多いと言えるでしょう。
例えば、肥前さくらポークを取り扱っているとして、地方の食材を積極的に取り入れている名古屋のしゃぶしゃぶ店に営業をかけたいと思っている場合、重要になるのはその飲食店のコンセプトや顧客ターゲットの深い理解と、ニーズの把握になります。
ニーズを把握するためには、名古屋の飲食店の市場動向やトレンドを調査したり、それを元に分析を行うことが必要です。
しかもその店には、他の地域からも銘柄豚を取り扱う同業他社がアプローチをしているとなれば、ライバル企業となる同業他社の調査と分析も必要になります。
しかし、どこで市場動向やトレンド、さらにはライバル企業の調査が出来るのかわからない方もいるのではないでしょうか。
そんなときこそ『BtoBプラットフォーム 商談』を活用することが成功への鍵となります。

膨大な数の食材データを利用し、市場の「いま」を調査する

『BtoBプラットフォーム 商談』には膨大な数の食材データが登録されており、その数は約30万点にも上ります。
そのデータを利用して、例えば名古屋の市場動向や今流行している食材や料理がどんなものかといったトレンドの調査を行い、分析したものを営業戦略の策定に役立てることが出来ます。
食材の情報を地域や期間などで絞り込んで検索をすると、名古屋の飲食店がどんな食材を探しているのかランキング形式で閲覧できるだけでなく、ライバル企業のおおよその売上をランキング形式で確認することも可能です。
検索結果からニーズやトレンドを分析し、自社に足りない弱い点を補うには何が必要かを考えた上で戦略を練ることが出来るため、自社の強みを生かした営業を可能にするのです。
狙っている飲食店の状況を把握し、ライバル企業を分析することがビジネスの成功を導き出します。

ニーズの把握は営業をする上で必要不可欠

営業先のしゃぶしゃぶ店が、どうしたら自社の扱っている肥前さくらポークを取り扱ってくれるか考えるためには、その店のニーズを把握するのが必要不可欠です。
もしもそのしゃぶしゃぶ店が、豚肉はこれまで黒豚しか扱ったことがなく、次に扱うならイベリコ豚を検討していたとするなら、提案方法を考え直さなければいけない可能性があります。
どうしたら肥前さくらポークを注文してもらえるか悩んでいるのであれば、まず名古屋の飲食店ではどういうものがブームで、そのしゃぶしゃぶ店がどんな食材を探しているかを調べると、違う切り口が見つかるかもしれません。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、約30万点の食材データを元に条件を絞り込み、名古屋のしゃぶしゃぶ店が実際に発注している商品をランキング形式で確認することが出来ます。
買い手企業がどんな食材を検索し、何を実際に発注したかを理解することが、営業方針を決める上でも大きく役立つといえます。

ビジネスを成功に導く機能を多数搭載

佐賀県の食材を、これまであまり縁のなかった遠方の地域で新たな顧客に販売するには何が必要かをこれまで探って来ました。
『BtoBプラットフォーム 商談』にはこれまで紹介した以外にも数多くの機能が備わっており、それはどれもビジネスを大きく飛躍させる上で活用できるものばかりです。
佐賀県の食材は質が高く、そして非常に幅が広いことでも知られ、多くの生産者が丹精を込めて育てた農作物や畜産物、豊穣な海の恵みがもたらす海産物など、ブランド展開を行っていないものもポテンシャルが高いと言えるでしょう。
これまで佐賀県産の食材を取り扱ってきたけれど、遠方で新規開拓をするにはコストがかかりすぎると考えていた企業や、営業のノウハウをもっと高めたいと考えている企業にとって『BtoBプラットフォーム 商談』はビジネスを成長させるための鍵となります。
新規顧客の開拓だけでなく、業務効率化にも役立つ『BtoBプラットフォーム 商談』をぜひご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。