ブランド水産物や、こだわり畜産物の多い大分県

ブランド水産物や、こだわり畜産物の多い大分県

九州地方の東部に位置する大分県は、由布院や別府、日田といった有名な温泉地があることでも知られており、さらに自然や絶景スポットも充実していることから、国内外から多くの観光客が訪れています。

豊かな海や山に囲まれた大分県には、ここにしかない魅力的なご当地食材があり、平野部ではさまざまな農産物が育まれ、瀬戸内海や豊後水道に面した海では関あじや関さばといったブランド魚を筆頭に豊かな海産物にも恵まれています。

しかし、大分県の食材は質が高いことで知られているものの、全国的に知られていないものもあり、販売を拡大していく余地があります。

東京や大阪などの大都市圏はもちろんのこと、東北地方や東海地方といったこれまであまりアプローチしてこなかった地域で、新たに取り扱っている食材を売り込むにはどうすればいいか、悩みを抱えている企業の方もいるでしょう。

そこで今回は、大分県の食材を日本全国の飲食店へ売り込んでいくためのポイントをご紹介します。

白ネギ、トマト、いちごなどの大分県の農産物を売り込んでいくには?

大分県にはそれぞれの地域の特性を活かして栽培された魅力的な農産物が数多くありますが、その中でも日本有数の生産量を誇るのが「白ネギ」です。

ミネラルが豊富に含まれており、シャキシャキとした歯ごたえが特徴で病みつきになる白ネギは、鍋料理や炒め料理、煮込み料理と幅広く使えることから、飲食店においても需要が高く、PRさえしっかり行えばすぐに新規の取引先を見つけられることでしょう。

さらに大分県はトマトの生産地としても有名で、竹田市荻町では高標高地という土地を活かして品質の高いトマトを栽培しており、真っ赤に熟したみずみずしいトマトは県外からも高い評価を得ています。

また、地域ごとに特色ある気候を持つ大分県では、果物の栽培もさかんに行われており、その中でも生産量が多いことで知られるのが「いちご」です。

大分県のいちごは酸味が控えめで糖度が高いものが多く、いちご本来の甘さを感じられることで幅広い世代に人気があり、近年では大分県が8年かけて開発した新品種のいちご「ベリーツ」も注目を集めています。

記事投稿機能で大分の農産物を効率的に売り込む!

大分県の食材を取り扱う中で、地元の温泉地や観光地、近隣県の都市部などでの販売以外に、東京や大阪などの大都市でのPR活動をしたことのある方もいるのではないかと思います。

例えば白ネギを全国の飲食店に売り込むには、他の地域の白ネギよりも優れている点をアピールして買い手の購買意欲を高めていかなければなりませんが、飲食店に向けて効率的に自社製品をアピールする方法としておすすめなのが『BtoBプラットフォーム 商談』の記事投稿機能です。

この機能では『BtoBプラットフォーム 商談』に登録している約7,700社以上の企業に向けてPR記事を自由に投稿することができます。

投稿した記事は、買い手企業のメニュー画面にリアルタイムで一括表示され、記事を投稿するほど認知してもらうチャンスを増やせます。

また、記事には本文だけでなく画像や動画も添付することができます。インパクトのある画像や動画のデータを用意して、訴求効果をさらに向上させましょう。

かぼすブリ、関さば、関あじ、城下かれいなどの大分県の水産物を売り込んでいくには?

瀬戸内海に面している大分県では、多くの魚が水揚げされる日本有数の漁業生産県として知られています。

また、大分県では水産養殖も盛んに行われており、特に有名な養殖魚が「かぼすブリ」です。

「かぼすブリ」とは大分県特産であるカボスを餌に添加して育てられた養殖ブリのことで、大分県のブランド魚として全国に出荷されています。

「かぼすブリ」は、”味よし・香りよし・見た目よし”の3拍子が揃っており、臭みが少なく、脂もしつこくないことから様々な料理に取り入れることができます。

さらにかぼすブリと並んで、ブランド魚として有名なのが「関さば」と「関あじ」です。

「関さば」と「関あじ」は、大分市佐賀関の佐賀関半島と愛媛県佐田岬の間にある海域の豊後水道で獲れるマアジ、マサバを指しますが、「関さば」と「関あじ」の名を冠するには「一本釣りで獲ったもの」や「一本釣りの際に指定されたエサを与える」等のいくつかの厳しい条件を満たしたものだけが関さば・関あじの称号を与えられます。

「関さば」と「関あじ」は、潮流の速い豊後水道で育つため身が引き締まり、一般的なアジやサバよりもぷりっとした食感と深い味わいを楽しむことができ、海鮮料理を提供する飲食店から高い支持を得ています。

さらに知る人ぞ知る大分県の海の幸が日出町で採れる「城下かれい」です。

日出城跡下の清水が湧き出る海底に生息している城下かれいは、臭みが無く、身のしまった上品な味わいを堪能できることで人気があり、さらに江戸時代には将軍にも献上されていたという歴史を持ち、古くから高級魚として親しまれています。

見込企業の自動登録機能で大分の水産物を効率的に売り込む!

大分県には水揚げした海産物から養殖魚まで様々な海の幸がありますが、大分県の水産物はブランド化されているものが沢山あり、品質が高い物が多いことから自分の店で使いたいと考えている飲食店も多くいることでしょう。

そのような飲食店に向けてアピールをしていくためには、インターネットを活用してどんな環境でどうやって育てられているのかを収めた動画を作成したり、味や食感、肉質などの特徴をまとめたページを自社のサイトで公開したりすることで買い手企業の担当者が興味を持って見てくれる可能性が上がります。

さらに効果的な方法として活用したいのが『BtoBプラットフォーム 商談』の「見込企業の自動登録機能」です。

この機能は買い手企業がパンフレットをダウンロードしたりお気に入り商品に登録したりするなどといったアクションを起こすと、「見込企業」として登録されるので、自動的に見込企業のリストを作成することができます。

こうして効率よく作成された見込企業のリストに記載された買い手に向けて積極的に営業していくことで、新規開拓へつなげることができます。

米の恵み、おおいた和牛、おおいた冠地どりなどの大分県の畜産物を売り込んでいくには?

九州地方は畜産地帯として有名で各地で畜産業が盛んに行われていますが、大分県にもこだわりの畜産物が数多くあります。

大分県では雄大な自然を活かしてストレスを感じずにのびのびと育てられている家畜が多く、そのような環境で健やかに育った牛や豚の肉は上品で美味しい味わいを堪能できることで高い人気を誇っています。

大分県の畜産物でも特に有名なのがブランド豚「米の恵み」です。

「米の恵み」は米を配合した飼料を肥育後期に給餌し、豚枝肉のオレイン酸などの簡易測定を行った豚肉のことを指します。

柔らかく、もちもちとした食感とほどよい甘味が特徴で、とんかつからしゃぶしゃぶ、ハンバーグまで様々な肉料理に合うことから全国各地の飲食店で取り入れられています。

さらに大分県ではいろいろなブランド牛も展開されていますが、中でも大分県の新ブランド牛として今高い注目を集めているのが「おおいた和牛」です。

「おおいた和牛」とは、数多くの受賞実績を持つ黒毛和種「豊後牛」の最高級ブランドで、厳しい認定基準をクリアしたものだけが「おおいた和牛」として認定されています。

「おおいた和牛」はきめ細かな美しい霜降りが特徴でとろけるような脂の口どけを味わうことができ、これを取り扱う飲食店は、地元大分や九州地区を中心に数多くあり、市場規模は年々拡大し続けています。

また、大分県が誇るブランド地鶏として特産品やギフトとして高い人気を集めているのが「おおいた冠地どり」です。

国内初の烏骨鶏を掛け合わせた地鶏として大分県畜産試験場が4年の歳月をかけて誕生させ、クセのない柔らかくジューシーな肉質とコクのある旨みが特徴となっており、つくねや油淋鶏、鶏鍋など幅広い料理に使うことができます。

大分の畜産物を効率的に売り込むには企業検索機能が便利!

紹介してきたように、大分県にはこだわりの畜産物が数多くありますが、このようなブランドのお肉を飲食店に売り込んでいくには、鶏肉ならからあげ専門店、豚肉ならとんかつ専門店というように、専門店に絞ってピンポイントで売り込んでいくことで成約率をアップすることもでき、専門店だからこその大口契約を期待したいところです。

全国の飲食店に自社の畜産物を売り込んでいきたいと考えている売り手企業におすすめなのが、「BtoBプラットフォーム 商談」の「企業検索機能」です。

この機能では「BtoBプラットフォーム 商談」に登録している買い手企業を地域や提案希望条件、分類、業種などの希望する条件で検索することができます。

例えば名古屋のとんかつ店に営業したいと考えている場合、「名古屋、飲食業、とんかつ店」などの条件で検索することで簡単に情報を探すことができ、検索結果から買い手に対してすぐに見積提案を行うことも可能です。

「企業検索機能」を手がかりに、全国の飲食店に積極的に営業をして新規開拓を狙っていきましょう。

まとめ

今回は、大分県の食材を日本全国の飲食店へ売り込んでいくためのポイントをご紹介いたしました。

大分県の食材は質の高いものが多いので、有名なブランドとなっている食材以外のものであっても、全国に向けて発信していけば多くの人から支持を集める可能性が高いと言えるでしょう。

大分県の優れた食材を全国の飲食店に売り込んでいきたいと考えている売り手の方は、この機会に『BtoBプラットフォーム 商談』導入を検討してみてはいかがでしょうか?

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。

 
BtoB eSmart

foods業界BtoBサイトシェアNo.1の
実績を持つインフォマートが運営しています。

掲載商品数
10万点以上

ECサイト

(WEB・アプリ)

\今なら/
新規会員登録で

1000 P
プレゼント

+SNSフォローで
お得情報をゲット!

「業務用食材」「備品・資材」
簡単購入・まとめ払い!!

業務用通販サイトBtoB eSmart
無料会員登録

詳細はこちら