絶品の味覚が勢揃い!秋の旬な食材を仕入れるには

絶品の味覚が勢揃い!秋の旬な食材を仕入れるには

暑かった夏が過ぎ去ると共に訪れる秋は、気温も下がって過ごしやすくなることから、春に次ぐ行楽シーズンでもあります。

そして、秋には、芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋など、様々な秋を楽しむことができますが、中でも忘れてはならないのが食欲の秋です。

秋には、食欲を増進させてくれる絶品の味覚が充実しており、さらに、収穫の秋とも言われるように、様々な食材の収穫シーズンでもあることから、新鮮で尚且つ栄養価の高い食材が勢揃いで、海の幸から山の幸まで食材を通して様々な秋を感じることができます。

そんな秋の旬な食材をお店のメニューに取り入れることで、季節感を演出することができ、顧客の満足度のアップも期待できますが、そこで問題となるのが仕入れ先選びです。

秋と言う季節は長いようで短い為、メニューにその時期の旬な食材を取り入れたい場合、スムーズに取引を行い、効率よく食材を仕入れなければなりませんが、膨大な数の仕入れ業者から目当ての食材を探すのは、時間や手間がかかってしまい、もたもたしていると旬の時期を過ぎてしまいます。

しかし、『BtoBプラットフォーム 商談』の様々な機能を活用すれば、秋の旬な食材をこれまで以上に効率よく仕入れられるようになります。

秋の味覚の王様!松茸を圧倒的な数の中からマッチング

秋の味覚と聞いて、まず思い浮かべるのは松茸と言う人も多いのではないでしょうか?

ご存知、秋の味覚の王様として君臨している松茸は、高級食材としても人気が高く、松茸を使った料理はどれもワンランク上の格別な美味しさで、松茸の香りを嗅ぐだけでも一気に秋を感じさせてくれます。

松茸は飲食店で実施される秋の味覚フェアでもメインの食材に選ばれることが多く、定番の松茸ご飯を始め、松茸の吸い物、さらに松茸の網焼きなど、どの料理もシンプルながらも松茸の素材がしっかりと活かされており、普段は中々食べる機会が少ないからこそ、贅沢な気分に浸ることもできます。

しかし、一口に松茸と言っても様々なランクがあり、こだわりの松茸メニューを提供したいならば、できるだけ品質の優れた松茸を仕入れたいのではないでしょうか。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、「調達カタログ」と言う機能を利用可能で、欲しい食材や、希望の仕入れ価格を入力して登録すると、自動的にその条件とぴったり合った食材を持つ企業とマッチングしてくれ、すぐにその売り手企業と商談をすることが出来ます。

さらに『BtoBプラットフォーム 商談』の商品カタログでは、1,600社の売り手企業、そして約330,000品にものぼる商品から欲しい食材を検索して簡単に探すことができ、松茸を始めとする秋の旬な食材もスムーズに仕入れることが可能です。

欲しい商品を発見したらオンラインで商談を

コロナ禍前は、自分のお店で出すメニューに使う食材を探す為に、遠路はるばる足を運んで現地に出向き、気に入った食材を買って持ち帰ったり、その地域の業者と直接契約を結ぶと言うことも気軽に行うことができました。

ですが、このような情勢になり、ふらっと現地に行くことが難しくなった昨今では、仕入れは主にインターネットで行うようになったと言う方が多いのではないでしょうか。

インターネットでの仕入れは、自宅にいながら仕入れの契約が行えると言うメリットもありますが、便利な反面、検索をすると膨大な量の売り手企業が検索結果に表示されてしまい、1つの食材を仕入れようとしても、商談、契約もリモートで行う必要がある為、現地に出向くよりも時間が大幅にかかってしまうこともあります。

しかし『BtoBプラットフォーム 商談』の「Web商談」を使えば、オンライン商談を行うことが可能です。

売り手企業の顔を見ながらリアルタイムで商談ができるので、やりとりしながらその食材に合ったメニューを教えてくれたり、おすすめの食材を紹介してもらえることもあるかもしれません。

秋が旬の魚さんまの、よりよい生産者を探すには

秋の海の幸と言ったら、やはり秋刀魚(さんま)を思い浮かべる方が多いかもしれません。

さんまは、9月から10月にかけてが最も旬の時期だとされており、秋のさんまは他の時期に比べ脂が多くのっており、格別な美味しさになっています。

さんまを使った料理には、定番の塩焼き、かば焼き、梅煮など様々なバリエーションがあり、秋の和料理には欠かすことができません。

他の魚と同様にさんまは鮮度が命ですが、最も旬な時期に仕入れるには、まず信頼の置ける仕入れ業者を見つける必要があります。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、「商品カタログ」を活用すれば、売り手企業が登録した33万点もの商品の中から、ピンポイントでお目当ての食材を探し出すことが出来ます。

また、仕入れの希望価格がある程度決まっていると言う場合は「調達カタログ」にその価格を登録しておけば、その価格の商品を持つ売り手企業をマッチングしてくれるので、圧倒的な商品数の中から条件に合った商品をすぐに見つけられます。

売り手企業が開く「Web展示会」で秋の旬な食材を探す

秋の旬な食材を効率よく仕入れていくには、なるべく時間や手間をかけないように心がけ、良さそうな食材を見つけたら、すぐにその食材を持つ企業と商談を行うようにすることが大切です。

ですが、素材にこだわったメニューを提供したいと考えている方なら、適当に食材を選びたくないと言う思いもあるのではないでしょうか?

コロナ禍以前なら、展示会に足を運び、直接商品を見ながら仕入れの契約を行うことが当たり前でもありました、

このご時世では、以前のように展示会に出向くのは難しくなりましたが、そんな展示会も今ではインターネット上でも開催されており、『BtoBプラットフォーム 商談』では、売り手企業が「Web展示会」を定期的に開催することがあります。

「Web展示会」では本物の展示会のように担当者から商品についての説明を聞くことができ、気に入った商品を見つけたら、すぐに商談や契約を行うことも可能です。

『BtoBプラットフォーム 商談』の「Web展示会」では、地域ごとに複数の業者が集まって展示会を行うこともあるので、こだわりの食材を見つけるにはまたとないチャンスです。

秋の旬なご当地食材や限定品を扱う売り手企業を探す人にも

収穫の秋と言われるように、秋には様々なものが収穫されますが、その中でも秋を代表する食材の1つがさつまいもです。

秋の恵みによって収穫されたさつまいもは、9月から11月が旬となっておりますが、さつまいもは収穫直後よりも収穫してから2~3ヵ月経った頃が最も甘さがあり、美味しくなると言われており、その為、9月に収穫した場合は、11月頃が特に食べ頃となっています。

さつまいもをお店のメニューに取り入れる場合は、パイやプリン、タルトと言ったスイーツに使うのがおすすめで、洋食店や和食店など関係無く、様々な飲食店で取り入れられると言う利点もあります。

今でこそ、さつまいもは1年中市場に出回るようになっていますが、甘さがある旬のさつまいもを仕入れるには、余裕を持って早い時期から売り手企業との商談をスタートして信頼関係を築き、準備をしておくことがおすすめですが、さつまいもと言っても様々な品種があるので、メニューに合う品種かどうかを見極めることも重要になってきます。

『BtoBプラットフォーム 商談』なら、希望する商品を持つ売り手企業と「Web商談」を通じて、顔を見ながらゆっくりと商談を行えるので、食材の味や食感についても売り手企業に直接尋ねることができ、オンライン上でありながらも、その食材についての特徴を知ることができるので、安心して仕入れることが可能です。

秋の旬な食材を探すには早めに準備を

秋の定番の味覚である栗は、スイーツにも料理にも取り入れることができる、汎用性に富んだ食材です。

栗を使うだけで一気に秋らしい彩りになり、華やかなでおしゃれな雰囲気を醸し出してくれます。

そんな栗は、毎年9月頃が最も市場に出回り、その後10月頃までが旬と言われています。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、季節の旬な食材を商品カタログからすぐに検索して探すことが可能で、気になった食材を見つけたらすぐにオンラインで商談を行うことができます。

また、希望の品種をどうしても自分のお店のメニューに使いたいと言う場合は、「調達カタログ」から希望の品種を登録すれば、その品種を持つ売り手企業をマッチングしてくれ、すぐに取引を行うことが可能です。

秋の旬な食材を仕入れるなら、BtoBプラットフォーム 商談で

1年でも最も食欲が増してくる秋は、お店の売り上げを伸ばすには絶好の大チャンスでもあります。

その為には、秋の旬な食材を安定して仕入れられるように、あらかじめ発注を入れたり、信頼の置ける売り手企業を見つけなければなりません。

『BtoBプラットフォーム 商談』を活用することで、メニューに取り入れたい食材を持つ売り手企業を素早く探し出し、気に入った商品を見つけたらWeb商談を通じてすぐに取引が行えるので、これまでに費やしていた無駄な時間を削減することができ、定番の食材から少し珍しい食材まであらゆる食材を効率よく仕入れることが可能です。

商品カタログに登録されている売り手企業1,600社、330,000商品の中には、選りすぐりの食材が目白押しで、良い食材を仕入れることでメニューの質が向上し、顧客の満足度もこれまで以上に上がることでしょう。

絶品の秋の味覚を仕入れるなら、ぜひBtoBプラットフォーム 商談をご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。