ホテルで使う食材を効率よく仕入れるには

ホテルで使う食材を効率よく仕入れるには

ホテルで提供するメニューは幅広く、多くの食材を使います。

さまざまな食材を幅広く仕入れたいと考えた場合、どこから仕入れるのが一番効率のいい仕入れでしょうか。

食材の仕入先の選択肢はいくつかありますが、その中にぜひインターネットでの仕入れを加えてみてください。

インターネットを使った食材の仕入れは、仕入れ先が全国に広がり、さらに取り扱い食材の幅も広く効率よく仕入れをすることができます。

ホテルで使う食材を仕入れる

ホテルでは毎日さまざまなメニューが提供されます。

宴会で多くの料理を提供することもあるでしょう。

またレストランやカフェ、朝食のビュッフェなど多種多様な食材を使って料理を提供しています。

例えば肉料理や魚料理などではどこかの地域の特産品であれば、メニューの目玉にもなります。

ホテルの朝食がビュッフェであれば、パンやフルーツ、スイーツまで必要になります。

それらの食材を1か所から仕入れができればとても便利です。

食材の仕入れはどこから?

ホテルで使う多種多様な食材を仕入れるのはどこが一番適しているのでしょうか?

いつも出入りしている食材の卸売業者に注文することもできます。

また新たに業者を紹介してもらうこともできるでしょう。

ただそれぞれの業者によって取り扱っている食材に違いがあり、いろいろな業者にそれぞれ食材を頼んでいると手間もかかり、食材の発注状況などもわかりにくくなります。

発注が重なってしまったり、逆に発注もれなども出てくるでしょう。

そこでおすすめなのがインターネットを使った仕入れです。

インターネットを使えば、仕入れ先の選択肢が一気に日本全国に広がります。

珍しい特産品を仕入れることもできます。

季節ごとに地域の特産品は変わってくるので、それに合わせて全国からの仕入れが可能になります。

日本全国の水産物や畜産物などをぜひインターネットを使って仕入れてみましょう。

食材の仕入れにマッチングサイトが最適

インターネットを使って仕入れを、と考えて検索してみるとたくさんの卸売業者が出てきます。

そこでまたどの業者にするか迷うでしょう。

実はインターネット上には卸売業者だけではなく、食材のマッチングサイトもあります。

食材の売り手と買い手が出会える場所が食材のマッチングサイトです。

その中でもプロが集う食のインターネット市場である『BtoBプラットフォーム 商談』はおすすめです。

日本全国の9000社以上の企業が登録しており、多くの食材の取扱いがあります。

ホテルで使える食材も多く扱っています。

欲しい食材と出会うための機能が揃っており、その機能を活用することで効率的な仕入れを行えます。

優れた検索機能で仕入力を強化する

『BtoBプラットフォーム 商談』の中には新しい食材や取引先を探すための検索機能があります。

いくつかの情報を登録することで検索することができ、新しい食材や取引先と出会うことができます。

希望に合う食材があればぜひ仕入れに動いてみましょう。

また気になる企業があれば連絡を取り、取引に繋げてみるといいかもしれません。

食材の情報を検索する

『BtoBプラットフォーム 商談』に登録されている食材は約30万品。

これだけの業務用食材から「自分が欲しい食材を検索」で探すことができます。

例えば生産地から食材を探せば、それがメニューの売りにしやすくなるでしょう。

また価格帯から検索すれば、こちらの予算に合った食材を探すことができます。

さらに食材の強みや分類から探せば、こちらの希望に近い食材を見つけやすくなります。

ぜひ希望の食材を探すために『BtoBプラットフォーム 商談』の検索機能を使ってみましょう。

仕入れができる企業を検索する

『BtoBプラットフォーム 商談』にはたくさんの情報があります。

その情報をもとに検索ができるので希望のものを探すことができます。

売り手として登録されている企業は約1,700社。

これだけたくさんの企業の中から、取引したい企業を探すことができると取引の幅も広がります。

地域から選んでもいいし、取扱食材から取引する企業を選ぶこともできます。

検索機能をしっかり使って最適な取引先企業と出会いましょう。

検索結果から取引に進める

食材や企業を検索することで新しく取引したい企業が見つかれば、ぜひ取引に進めていきましょう。

『BtoBプラットフォーム 商談』には取引を進めていくのにも最適な機能が揃っています。

取引したい企業にはぜひ連絡をしてみましょう。

そこからWeb商談機能を使って実際に商談をすることもできます。

こちらの希望を伝えて、より良い食材を仕入れることができれば、こちらのホテルにとっても相手の企業にとっても良い取引になります。

自動マッチング機能を使って取引先と出会う

食材のマッチングサイトである『BtoBプラットフォーム 商談』には自動マッチング機能があります。

自動マッチングは食材の売り手と買い手が出会える機能です。

希望の情報を登録することで、最適な食材や企業が自動でマッチングされます。

ぜひこの出会いを活用して、いい取引を始めましょう。

まずは募集情報を登録

自動マッチング機能を使うためには、まず自分のホテルで使いたい食材や予算に見合った価格帯を登録します。

欲しい食材の条件を登録すればそれがマッチングに反映されます。

気軽に登録できるので、しっかり希望条件を登録しておきましょう。

それによって自動マッチングできるものも大きく変わってきます。

さまざまな食材と出会える

さまざまな募集情報を登録すると、即座に自動でマッチングされます。

自分が思い描いていたような食材もあれば、意外な食材もあるでしょう。

自動マッチング機能を使えば、幅広い食材と出会えるチャンスも広がります。

また自動マッチング機能で出会った企業から、さらに新しい食材を提案されることもあります。

そうすると自分では考えてもいなかった取引が始まるかもしれません。

意外な出会いから新しいメニューが生まれれば、それはホテルにとっても大きなメリットとなります。

自動マッチングから取引を

自動マッチングされた食材を取り扱っている企業にはぜひ連絡してみましょう。

あるいは相手企業から連絡が来ることもあります。

そこから取引に繋げていきましょう。

マッチングした食材について、相手企業に気になることを質問してみましょう。

その食材ならではのこだわりの点や、おすすめのポイントがあるはずです。

メールなどのやり取りもいいですが、『BtoBプラットフォーム 商談』にはWeb商談の機能があります。

Web商談は実際に相手の顔を見ながら商談ができます。

また画面を共有することで食材の資料なども見せてもらうことができるので、しっかり相手のアピールポイントを聞いていい食材を仕入れていきましょう。

仕入コストダウン機能で仕入れの見直しもできる

新しい食材を新しい取引先から仕入れることができれば、ホテルで提供するメニューの幅も広がります。

でもそれと同時に今まで使っていた食材についてもより良い仕入れができれば、それはさらにホテルにとってもメリットとなります。

その一つがコストカットです。

食材の相場価格を知ることができるほか、実際にその商品の相見積もりを取ることもできます。

それにより仕入価格も見直すことができればより良い仕入れとなるでしょう。

見直したい食材を登録

現在仕入れをしているさまざまな食材が、相場価格で仕入れができているかをぜひ調べてみましょう。

まずは見直したい食材を登録します。

登録するのは商品名と仕入価格です。

これを登録するだけなのでとても簡単です。

また複数の食材について知りたいのであれば、アップロードにより一括登録も可能なので、ぜひいろいろと見てみましょう。

今までなんとなく継続して仕入れていた商品も気軽に見直すことができます。

最安値を知って仕入れの見直しをする

『BtoBプラットフォーム 商談』の仕入コストダウン機能のメリットはたくさんあります。

まず自分でするのは商品名と仕入価格を登録するだけです。

見直したい食材を登録したら、『BtoBプラットフォーム 商談』に登録されている約30万品の中から自動で食材がマッチングされます。

マッチングした食材は一覧で表示されるので、それを順番に見ていくのがよいでしょう。

一覧の中の最安値に注目することで、仕入れの際の最安値を知ることができます。

現在の仕入れ価格と比較してみましょう。

自動マッチングされた食材も合わせて、比較検討することで仕入れの見直しができます。

より良い食材が見つかり、仕入値も見直すことができれば、仕入れのコストカットも可能になります。

決済代行システムで支払いを一本化

『BtoBプラットフォーム 商談』で行う仕入れには支払いに関わる煩雑さが軽減されます。

『BtoBプラットフォーム 商談』を運営しているインフォマートが決済を代行してくれるからです。

仕入れをする取引先が複数あっても、支払いはインフォマートに対して1度支払うだけでおしまいなので、支払い手数料が1回分ですむのもとてもうれしいこと。

さまざまなメリットがある決済代行システムをぜひ活用しましょう。

支払いに関わる手間を削減

食材の取引を始めるときにまず大事なのが、取引口座を開設することです。

この取引口座の開設は意外に手間がかかります。

もちろん取引先にも大きな手間となっています。

『BtoBプラットフォーム 商談』を利用すれば、取引先との口座開設は不要です。

また取引先が複数になってくるにつれて、振込の手間も大きくなります。

支払日などがまちまちなことも多く、支払日を気にして振り込むのもたいへんです。

でも『BtoBプラットフォーム 商談』であれば、支払いのための振り込みはインフォマートへの1回のみ。

あとはインフォマートがそれぞれの取引先に支払ってくれます。

支払いに対する多くの手間を削減できるのはとてもうれしいことです。

支払い業務のコストを削減

取引先に代金を振り込むときには振込手数料がかかります。

取引先が増えて、振込先が増えていくとそれだけ振込手数料がかさみます。

でも『BtoBプラットフォーム 商談』であれば、インフォマートへの一度の振り込みで済むので、振込手数料がかさむ心配もなくなります。

振込手数料というコストが削減できるのは大きなメリットです。

インフォマートポイントも貯まる

インフォマートの決済代行システムを使うと、インフォマートポイントが貯まっていきます。

利用すればするほど、インフォマートポイントがたくさん貯まります。

このインフォマートポイントは1,000ポイント=1,000円分として使うことができます。

貯まったポイントはぜひ決済代行システムの支払い時に使用しましょう。

たとえば業務用通販コーナーの備品資材市場で消耗品などを購入するのに使えばポイントを有効に使うことができます。

ぜひ決済代行システムを利用してインフォマートポイントを貯めましょう。

ホテルで使う食材の仕入れは『BtoBプラットフォーム 商談』で

ホテルで使う食材を効率的に仕入れるのに便利なのが食材のマッチングサイトです。

数多くの食材を取り扱っているのでバリエーション豊富な仕入れができます。

特に『BtoBプラットフォーム 商談』は多くの便利な機能があり、効率的に仕入れをすることができます。

便利な検索機能や自動マッチング機能を使って、新しい食材と出会うことも可能です。

また支払いは代金決済代行システムを利用することができるので、手間なく多くの企業との取引もできます。

ぜひホテルで使う食材の仕入れは『BtoBプラットフォーム 商談』で効率よく行いましょう。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。