通信販売を使って食材の仕入れをするには

通信販売を使って食材の仕入れをするには

自分のお店で使う食材を仕入れるときにどこから仕入れるかは悩む人も多いのではないでしょうか。いつも仕入れをしている食材の卸売会社もあれば、近くの業務用スーパーなどでまとめ買いすることもあるでしょうし、また、近所の青果店や精肉店などから仕入れることもあるでしょう。最近ではインターネットを使った通信販売で食材を仕入れる人も増えてきました。
インターネットを使った通信販売での仕入れはどのような利点があるのでしょうか。
さまざまなタイプの通信販売があるので、ぜひ自分のお店に合ったところから仕入れをしていきましょう。

通信販売を使った食材の仕入れは?

インターネットを使った通信販売で食材を仕入れるにはさまざまなパターンがあります。
検索サイトで調べてみるといろいろなサイトが出てくるでしょう。
食材の卸売会社が運営しているサイトが多く出てきたり、業務用スーパーが通信販売を行っていたりということもあります。
自分のお店がどういう仕入れをしていきたいかで、選ぶサイトが違ってくると思いますが、選択肢はさまざまです。
また食材のマッチングサイトもあります。
卸売業者が運営しているサイトとは違い、食材を作っている生産者もいたり、さまざまな食材を取り扱っている企業がいたり、とバリエーション豊かな売り手がいます。
自分が買いたい食材や商品を扱っている売り手と出会うことができるのがマッチングサイトのメリットです。

食材のマッチングサイトとは

食材を通信販売で仕入れるときの選択肢の一つが食材のマッチングサイトです。
食材のマッチングサイトは買い手と売り手が出会える場。
買い手は自分の買いたい食材を探すことができるし、売り手は自分が生産した食材や卸売りしている食材を販売することができます。
卸売業者の運営しているサイトなどから購入するより商品のバリエーションも多く、いろいろな想いがこもっている食材もあり、買い手にとっても自分のお店に料理して出すときのイメージがわきやすいかもしれません。
食材のマッチングサイトにもいろいろとありますが、その中でも特におすすめなのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
多くの機能を備えているうえに買い手にも売り手にも優しい仕組みなど使いやすい仕様になっています。
『BtoBプラットフォーム 商談』では日本全国の約9000社の企業が登録しており、多くの人に利用されているので出会える食材の種類も豊富です。

業務用通販コーナーを利用する

『BtoBプラットフォーム 商談』には業務用通販コーナーがあり、初めて使うハードルをぐっと下げてくれる使いやすさがあります。
またいくつかの商品を比較するにも見やすく、自分が欲しい食材を検討するには便利に使うことができます。
業務用通販コーナーには「即決!Mart」と「全国特産品Mart」があり、それぞれの特色によって使い分けるのが良いでしょう。

試してみたいときは「即決!Mart」

初めて使う食材をできれば試しに少量だけ使ってみたいという時には「即決!Mart」がおすすめです。
「即決!Mart」の特徴は自分が欲しいと思う食材を即決で購入できるところ。
多くの食材が取り扱われているので仕入れたい食品を見つけやすく、また検索機能もあるので簡単に必要な食材を探すことができるでしょう。
気になった食材をすぐに購入することができるので、新しいメニューを考えるのに使いたい、新しい食品を試してみたいといった希望を叶えることができます。
「即決!Mart」は商談や見積もりが不要で、即決で購入できるのも良いところです。

こだわり食材を使いたい時は「全国特産品Mart」

できればこだわりの食材やめずらしい食材を使って、お店の目玉メニューを作ってみたいと考える人もいるでしょう。
また地場食材や地場の特産品に魅力を感じることもあります。
そのような食材のこだわりがあるものを購入できるのが「全国特産品Mart」です。
目利きのできる職人が選ぶ食材やなかなか流通していないめずらしい食材などよりすぐりの食材が揃っているのが「全国特産品Mart」の特徴です。
取り扱っている食材は幅広く、自分が欲しかった食材はもちろん今まで知らなかった食材に出会えることもあります。
またこだわりの点がしっかりと紹介されているので、安心して購入できるでしょう。産地から食材を探すことができたり、自分の希望の食材を検索できたりと便利な機能もあります。
偶然見つけた希少な食材から新しいメニューが生まれるかもしれません。
ぜひ「全国特産品Mart」で魅力的な食材を仕入れて、お店の可能性を広げていきましょう。

さまざまな食材に出会える自動マッチング機能

お店で使う食材を仕入れたいと思ってもどのように探せばいいかわからない場合、『BtoBプラットフォーム 商談』の自動マッチング機能を利用しましょう。
自分がどのような食材を欲しいか登録するだけで、その食材を扱っている企業と自動でマッチングできます。
そこから取引に繋がることもありますので、ぜひ自分がどんな食材を欲しいか考えて登録してみましょう。

簡単な登録で募集をかけられる

『BtoBプラットフォーム 商談』の自動マッチング機能は情報を簡単に登録するだけ利用することができます。
例えば自分が仕入れたい食材の価格帯や食材に対する希望条件も登録するといいでしょう。
また取引したい企業についての情報を登録します。
ここで登録した情報がマッチングに反映されるので、希望はしっかり登録しておきましょう。
さらに自社の情報を登録することで、募集情報が完成します。

欲しい食材に自動でマッチング

募集情報を登録すればそれをもとに欲しい食材を取り扱う企業とマッチングできます。
マッチングした情報は一覧で表示されるので、そのマッチング情報をもとに仕入れの交渉を始めましょう。
マッチングされた企業に自分からアプローチをかけてもいいですし、逆にマッチングした先の企業から営業アプローチがあるかもしれません。
そこから仕入れに向けて交渉を進めていきます。

予想外の出会いがあるかも

自動マッチングの利点は自分が登録した募集情報から思わぬ縁が生まれることです。
希望通りの商品がマッチングされるだけではなく、意外な商品とつながることもあります。
またマッチングした企業から、予想外の商品の提案があるかもしれません。
それによって新しい食材と出会い、そこからお店に今までなかったような食材を使うことができることもあるでしょう。
それが自動マッチングのいいところでもあります。

Web商談で取引を始める

『BtoBプラットフォーム 商談』の機能をしっかり使い、ぜひ使ってみたい食材を見つけてみましょう。
そこで気になった食材を扱っている企業とはWeb商談をすることができます。
『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談にはさまざまな機能があります。
Web商談の良いところをしっかり生かして商談することで、自分が欲しい食材を扱っている会社と新しい取引が始められるはずです。
ではWeb商談にはどのような機能があるのでしょうか。

商談を予約できる

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談は商談を予約する機能があります。
欲しい食材を取り扱っている企業とマッチングしたら、ぜひアプローチしてみましょう。
商談メニューからメールを送ることができたり、企業情報の問い合わせ先から直接電話することもできます。
もしかしたら相手企業の方から連絡が来るかもしれません。
そこでぜひWeb商談の話を進めてみましょう。
Web商談から話が広がっていくこともあります。

相手の顔を見ながら商談できる

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談は相手の顔を実際に見ながら話を進めることができます。
もちろん自分の顔も相手に見てもらいながら話ができます。
お互いの顔を合わせて商談をすることで、話しやすくまた信頼感を得ることもできます。
相手の顔を見ることで心理的ハードルも大きく下がるでしょう。
また同じ画面で資料を見て話すこともできます。
さらに、画面共有しながら食材の紹介をしてもらうことで、食材の良さや使い方を詳しく知ることができるでしょう。
ぜひお互いの顔を見ながら、資料を共有しつつ商談を進めてください。

遠隔地の人とも商談できる

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談はインターネットを介しているため、どんな遠隔地の人とでも商談をすることができます。
これはたいへん大きなメリットです。
今まではなかなか出会うことがなかったような食材を取り扱っている地域の人とも顔を見て話すことで、信頼関係も生まれます。
また食材についての理解も深まるでしょう。
遠隔地だからこそ手に入らなかったと思うような食材と出会えれば購入の契約に進めていくことができるかもしれません。

Web発注で発注作業を簡略化

『BtoBプラットフォーム 商談』ではWeb発注を行うことができます。
今まで電話やFaxで発注していたことを考えると、発注作業が大きく簡略化できるでしょう。
書き間違いなどによる発注ミスを防ぐことができ、発注書など紙の管理もなくなることにより手間も減るといった利点があります。
また発注にはスマホやタブレットも対応しているので、すき間時間など手軽に発注できるのも助かります。
発注後は発注履歴や取引履歴などがすべて確認できるので、過去の発注なども振り返りやすく、気軽に確認できるので便利に使うことができるでしょう。
Web発注は使えば使うほど良いところもたくさんあるのでしっかり活用していくことで、効率よく作業を進めていくことができます。

決済代行システムを利用して支払いは一括で

『BtoBプラットフォーム 商談』には支払いを一括で済ませられるシステムがあります。
それは『BtoBプラットフォーム 商談』を運営しているインフォマートが支払いを代行してくれるという「決済代行システム」です。
いろいろな取引先と出会い、取引先企業が増えていっても、支払いはインフォマートに一本化できるのが大きなメリット。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』では決済代行システムを利用して、手間やコストを削減していきましょう。

決済代行システムで手間を省く

『BtoBプラットフォーム 商談』の決済代行システムは自分のお店が仕入れた食材の売掛金をインフォマートが代行で支払ってくれるというものです。
お店での仕入れは取り扱う食材ごとに取引先企業が変わるなど、複数の企業との取引をすることが多いもの。
通常であれば食材ごとの取引先に、それぞれ売掛金を支払っているでしょう。
支払いの処理や支払いをする手間は、取引先が増えれば増えるほど膨大になっていきます。
それが『BtoBプラットフォーム 商談』であれば、インフォマートに一度支払うだけで終わりです。それぞれの企業へはインフォマートが支払いをしてくれるので、こちらはインフォマートへの一度の支払いの手間だけで済むことから、手間が大きく省けます。

決済代行システムでコストを削減

複数の取引先から仕入れをするようになると、それぞれの取引先に売掛金を支払うための口座を開設します。
そして売掛金の支払いもそれぞれの取引先ごとに必要となってきます。
そこで増えてくるのが振込手数料です。
振込1件ごとに振込手数料を支払っていると、取引先が増えれば増えるほど振込手数料が増えていきます。
そのコストを削減できるのが『BtoBプラットフォーム 商談』の決済代行システムです。
複数の取引先の売掛金も振り込むのはインフォマートの1件だけですみます。
あとはインフォマートがそれぞれ支払いしてくれるので、振込手数料が複数かかるという心配がなくなるでしょう。

決済代行システムでインフォマートポイントが貯まる

『BtoBプラットフォーム 商談』の決済代行システムを利用すればインフォマートポイントが貯まっていきます。
決済代行システムを使えば使うほど貯まっていくので、とてもポイントが貯めやすいのがメリットです。
このインフォマートポイントは1000ポイントを1000円として取引の支払い時に利用できるので、無駄にすることなく使うことができます。
業務用通販コーナーの「備品資材市場」でお店の備品をインフォマートポイントで購入すれば、お得に備品を揃えられるのでぜひ使ってみてください。

通信販売を使った食材の仕入れは
『BtoBプラットフォーム 商談』で

通信販売を使って食材を仕入れる時にはぜひ使いやすいサイトを使い、効率よく仕入れを行いましょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』であれば、業務用通販コーナーを使った仕入れや自動マッチング機能で出会った食材の仕入れなど、選択肢も豊富で良い仕入れができるでしょう。
さらにWeb商談ができるので、こちらの希望を伝えたり、売り手のこだわりや食材の良さを教えてもらえたりできるので、納得の上で取引ができます。
Web発注や決済代行システムなど、取引の上で便利な機能が揃っているのも『BtoBプラットフォーム 商談』の良いところです。
ぜひさまざまな機能をフル活用して『BtoBプラットフォーム 商談』を使って良い仕入れをしていきましょう。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。