鍋にぴったりの野菜から高級海産物まで!冬の旬な食材を仕入れるには

鍋にぴったりの野菜から高級海産物まで!冬の旬な食材を仕入れるには

気温がグンと下がり、寒さが厳しくなって来る冬は、クリスマスや忘年会、お正月など1年の中でも様々なイベントがある季節でもありますが、グルメな方にとっては、冬ならではの料理も毎年楽しみにしていると言う方も多いのではないでしょうか?

寒い時期だからこそ食べたくなる身体を温めてくれる料理や、この時期の旬な食材を集めた季節感溢れる料理など、冬の時期にしか味わうことができない格別な味覚が沢山あり、このような冬ならではのメニューをお店で提供することで売り上げアップも見込めますが、冬の旬な食材を効率よく仕入れるには、まず信頼の置ける売り手企業の選定をする必要があります。

冬に旬を迎える食材を仕入れるなら、インターネットを使って仕入れ業者を探すと言う手段もあるものの、自分のメニューのコンセプトに合いそうな食材を、膨大な検索結果の中から探すのは、決して簡単ではなく、希望する条件とぴったりと一致する食材を探すとなると、かなりの時間を要してしまうことになります。

そんなときには『BtoBプラットフォーム 商談』を活用すれば、今までにかかっていた手間や時間が大幅に削減し、冬の旬な食材を簡単に仕入れることが可能です。

冬の味覚の王様!カニを圧倒的な数の中からマッチング

日本が誇る冬の味覚と言えば、そう「カニ」です。

定番のカニ鍋から蟹寿司、かに玉と言ったカニ料理から、カニ尽くしの贅沢な会席料理まで、冬の味覚の王様であるカニは、あらゆるメニューの主役として活用でき、和・洋・中、様々な料理に取り入れることが可能なので、飲食店のジャンルに囚われず、カニは冬に仕入れておきたい食材の上位にランクインしていることでしょう。

カニの中でも、高級蟹として有名なのが「タラバガニ」と「ズワイガニ」です。

どちらも秋の終わり頃から旬を迎え、3月頃までが身入りが良く、美味しく食べることができます。

カニは水揚げされた地域によって名称が異なり、中には一般にはほとんど流通しない幻のカニも存在します。

そのような希少性のあるカニを仕入れたい場合、まずはそのカニを扱う売り手企業を探すことから始める必要がありますが、希望する品種のカニをインターネットで検索しているつもりでも、他の品種のカニが検索結果に表示されてしまい、見つけること自体が難しいこともあります。

そこで『BtoBプラットフォーム 商談』の「調達カタログ」と言う機能を使い、希望の食材や予算を入力して登録すると、条件に合った売り手企業をマッチングしてくれるので、手間をかけて探す必要が省け、欲しい食材を確実に見つけることができます。

さらに「商品カタログ」と言う機能もあり、全国で1,600社、商品カタログ数は約330,000品の中から、欲しい食材を簡単に探すと言うことも可能です。

ぴったりの商品を発見したらオンラインで商談を

他の飲食店ではあまり見かけないような、こだわりの食材を仕入れたいと言う方は、これまでなら現地に直接出向き、そこで出会った業者と契約をすると言うのが基本だったかもしれません。

しかし、コロナ禍によって現地に足を運ぶことが困難になった今では、インターネットが頼れる存在となりましたが、欲しい食材を検索しても、検索結果に表示された業者を1件ずつ確認していくのは時間が膨大にかかる為、お店で出したいメニューのコンセプトにぴったりとハマった食材を見つけるのは至難の業とも言えるでしょう。

そこで活用したいのが、『BtoBプラットフォーム 商談』の「Web商談」です。

「Web商談」では、売り手企業と顔を見ながらオンラインで商談を行うことが可能で、気になる食材の情報について詳しく聞くことができ、さらにその企業と信頼関係を築くことで、自分のお店のメニューに活かせそうな食材を紹介してくれることもあるかもしれません。

鍋の具に欠かせない白菜の、よりよい生産者を探すには

身体の芯まで温めてくれる鍋料理は、冬の風物詩とも言えるほど幅広い世代から高い人気があります。

鍋料理のバリエーションは定番物から変わり種まで様々な種類があり、新感覚の鍋も続々と登場していますが、鍋料理の具材には、ネギや豆腐、豚肉などの人気が高く、中でも鍋料理に欠かせない具材なのが「白菜」です。

白菜は年間を通して食べることができるものの、11月~2月の時期に出回る白菜は、霜が降りて甘味が増しており、1年の中でも特に美味しく食べることができます。

白菜は野菜の中でも比較的日持ちが良い方なので、まとめて仕入れることでコストを抑えることもできますが、一口に白菜と言っても煮物に向いている物から、はたまた漬け物に向いている物など、いくつかの種類があることから、仕入れをする際には、メニューに合う品種かどうかチェックしておくことが大切です。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、希望する品種を「調達カタログ」に登録すると、その品種を持つ売り手企業をマッチングしてくれるので、インターネットの検索でひとつひとつ探していくと言う手間を削減することができ、調達カタログを賢く活用することで新鮮な白菜を安定して仕入れることが可能です。

売り手企業が開く「Web展示会」で冬の旬な食材を探す

冬に旬を迎える食材を自分のお店のメニューに提供したいと考えている場合は、メジャーな食材だけでなく、少し珍しい食材も取り入れることで話題作りにもなり、売り上げの増加も期待できることでしょう。

しかし、そのような珍しい食材は、どのようにして探せばいいのか分からず、困っている方も多いかもしれません。

そんな悩みを解決してくれるのが『BtoBプラットフォーム 商談』の「Web展示会」です。

「Web展示会」とは、オンライン上で開催している展示会のことで、様々な売り手企業が商品をアピールする為に定期的に開催しています。

気になる商品を見つけたら、担当者から商品についての説明を聞くことができ、取引したいと思ったらすぐに商談をすることも可能となっています。

冬の旬なご当地食材や限定品を扱う売り手企業を探す人にも

冬を代表する果物の1つである「りんご」は、特に女性を中心に支持を得ており、パイやタルトと言ったりんごを取り入れたメニューは、数あるスイーツメニューの中でも圧倒的な人気を誇っています。

そんなりんごの旬の時期は、品種によって異なり、有名な紅玉やシナノゴールドの旬は10月~12月、そして、ふじや王林は11月~1月頃となっています。

りんごは、スイーツに使うだけでなく、すりおろしてお肉に漬け込むとお肉を柔らかくすることができたり、サラダの具材に取り入れられたりと、様々な料理に使うことができますが、そこで重要となってくるのが品種の選び方です。

品種によって味が大きく異なる為、少量だけを仕入れたい場合でも、インターネットで画像だけを見て仕入れるのは少し不安に思ってしまうかもしれません。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、気になる商品を見つけたらすぐに、その商品を持つ売り手企業と「Web商談」を通じて商談を行うことができ、企業から直接、食材についての説明を受けながら、取引を行うことが可能です。

りんごを使ったメニューを考えている場合、企業が相談に乗ってくれることもあるので、思い切って相談をしてみれば、メニューにぴったりの品種を紹介してくれるかもしれません。

冬の旬な食材を探すには早めに準備を

大人の冬の味覚である「(牡蠣)カキ」は、生で食べるのはもちろん、鍋や揚げ物、パスタなど、様々なメニューに取り入れることができる万能食材の1つで、近年では生牡蠣専門店のオイスターバーも人気となっています。

牡蠣は品種によって旬が異なり、冬に旬を迎える真牡蠣は、10月から4月頃までが旬だと言われ、この時期の牡蠣は一際クリーミーでマイルドな味わいとなっています。

牡蠣は人気食材でもあることから、できるだけ早くから仕入れの準備を始めるのがおすすめですが、鮮度にこだわったメニューを出したいと考えている場合は、やはり冷凍では無く、水揚げされたばかりの牡蠣を仕入れたいと言う思いが強いのではないでしょうか。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、「商品カタログ」から季節の旬な食材をすぐに探すことが可能となっており、商品カタログでは、鮮度の良い海産物も多く取り扱っていることから、水揚げされたばかりの新鮮な海産物を仕入れることも可能です。

鮮度が良い海産物は仕入れ価格が高いイメージがありますが、中にはお値打ち価格で海産物を取り扱う売り手企業も存在しています。

「調達カタログ」の機能を使うことで、条件に合った商品を持つ売り手企業をマッチングしてくれるので、運が良ければ予算以内で新鮮な海産物を仕入れることができるかもしれません。

冬の旬な食材を仕入れるなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

お客さんに冬を感じてもらえるような、とっておきのメニューを自分のお店で提供するには、旬な食材をベストタイミングで仕入れ、その食材の美味しさを最大限に活かした料理を作ることが何よりも重要です。

その為には、膨大な数の商品からお店で出すメニューに合いそうなものを厳選して選び、仕入れなければなりません。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、売り手企業1,600社、330,000商品の中から選りすぐりの商品をスムーズに探すことが可能です。

他の業務用仕入れ販売サイトでは見かけないような貴重な食材も仕入れることができ、お店のメニューをより魅力的にブラッシュアップさせることができます。

絶品の味覚が目白押しの冬の旬な食材を仕入れるなら、ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』をご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。