国産の鶏肉を手軽に仕入れるには

国産の鶏肉を手軽に仕入れるには

お店で鶏肉を使ったメニューを新しく考えた場合、どこから鶏肉を仕入れるか悩んでいませんか?
国産の鶏肉を仕入れたいとなると、国産の鶏肉を取り扱っている仕入れ先を探ささなくてはなりません。
仕入先もいろいろありますが、自分の希望がかなえられる仕入先であれば継続的にも取引していけます。
ぜひいろいろな仕入れ先から希望が叶う仕入れ先を探していきましょう。

どこから国産の鶏肉を仕入れるか

鶏肉を仕入れようと考えたらまずどのような鶏肉が欲しいかを考えます。
鶏肉にもいろいろな種類や部位がありますが、こだわりがあればぜひそのこだわりに合う鶏肉を仕入れましょう。
国産の鶏肉を使いたいし、必要な部位も限られるとなれば、その希望に合う鶏肉を仕入れられるところを探さなくてはいけません。
初めて鶏肉を仕入れるのであれば、どこから仕入れればいいのでしょうか。
鶏肉の仕入先の選択肢はいくつかあります。

鶏肉の仕入先の選択肢は?

現在、鶏肉の仕入先は幅広く、自分の希望によって選ぶことが可能です。
お店で買ったり、いつもの食材卸売業者にお願いしたりすることもできます。
また新しい卸売業者を探すのも一つの方法です。
さまざまな選択肢の中から自分のお店に合う仕入れ先を見つけましょう。

地元の精肉店から仕入れる

地元に卸売りもしてくれる精肉店はありませんか?
意外に商店街の中に精肉店があることも多く、また少し探せば地元にも精肉店がある所が多いでしょう。
そのような精肉店に自分が欲しい鶏肉の種類や欲しい部位を伝えて仕入れるのも一つの方法です。
ただ大きなお店でなければ、どうしても取り扱っている鶏の種類も限られるし、欲しい部位が全部購入できるかはわかりません。
希望のすべてを叶えるのはなかなか難しいかもしれません。

いつもの食材卸売業者から仕入れる

お店で使っている食材をいつも仕入れるために地元の食材の卸売業者と取引していることもあるでしょう。
その業者から鶏肉を仕入れることができるかもしれません。
いつもの配達のついでに持ってきてもらえればとても助かります。
鶏肉を注文する際も他の食材と一緒にすればいいので便利です。
ただ取り扱っている種類には限りがありますし、希望の鶏肉が手に入るかはわかりません。
国産の鶏肉の種類は多く、地鶏や銘柄鶏として有名で人気のある鶏肉もあります。
できれば多くの種類を試してみたいとなれば、一つの業者だけでは数多くの種類を試しに仕入れるのは難しいでしょう。

インターネットを利用して仕入れる

国産の鶏肉はたくさんの種類があり、せっかくなら地鶏や銘柄鶏も使ってみたいと考えるなら、仕入れはインターネットを使ってみるのがいいでしょう。
インターネットであれば日本全国から仕入れができます。
また現地まで行く必要もなく情報を得ることができたり、どんな種類があるかを見たりすることも可能です。
今まで知らなかった鶏肉を知れば、仕入れの選択肢は大きく広がります。
ぜひインターネットを使って仕入れを検討してみましょう。

インターネットの仕入れもさまざま

いざインターネットで仕入れをと考え、いろいろと調べてみるとさまざまなサイトが出てきます。
鶏肉専門業者もいれば、地元の精肉業者や大手通販サイトも出てくるでしょう。
他にも食材のマッチングサイトもあり、多種多様な仕入れ先がありそうです。
その中でどのサイトを選べばよいのでしょうか。

鶏肉専門業者から仕入れる

インターネット上には鶏肉専門の卸売業者のサイトがあります。
また地域限定の地鶏や銘柄鶏を取り扱っているサイトもあり、どこにするか迷うでしょう。
自分のお店で取り扱いたい鶏肉によって仕入れ先を選ばなくてはいけません。
地鶏や銘柄鶏を取り扱うにしてもどこかの地域限定にするのか、あるいはいろいろな場所の地鶏を使いたいのか。
またどれくらいの量の鶏肉を仕入れたいのかによっても変わってきますが、鶏肉の卸売専門業者で少量からお試しで仕入れるというのは難しいかもしれません。

大手通販サイトを利用する

大手通販サイトにも数多くの鶏肉を扱うショップが掲載されており、さまざまな地域のショップがあります。
目玉として地鶏や銘柄鶏を取り扱っているお店もあり、ぱっと見ると魅力的にも思えるでしょう。
また商品数も多く、いろいろと選べるように思えますが、どちらかというと個人向けの商品が多いようです。
個人向けの商品では価格的にお店で使う鶏肉の仕入れには向かないかもしれません。

食のマッチングサイトを活用する

インターネットを利用した仕入れの中には食のマッチングサイトを利用する方法もあります。
食のマッチングサイトは売り手と買い手が出会うことができる食のサイトで、その中でも特に『BtoBプラットフォーム 商談』はおすすめのマッチングサイトです。
プロが集う食のインターネット市場で、9000社以上の企業が登録しており、業務用食材も約41万点が登録されています。
さまざまな地域の食材が登録され、食材の種類も多種多様なのが特徴です。
お店で欲しい国産の鶏肉もきっと見つかるはず。
ぜひ仕入れには食のマッチングサイト『BtoBプラットフォーム 商談』を使ってみてください。

まずは業務用通販コーナーで食材を試してみる

『BtoBプラットフォーム 商談』では取引の形もさまざまですが、気軽に利用できる機能の一つに業務用通販コーナーがあります。
業務用通販コーナーにはいくつかの種類があり、それぞれの特徴を生かした取引ができるので気軽に利用できるでしょう。
気軽に仕入れができるのは表示された価格でそのまま購入できたり、カートに入れるだけで即購入できるなど、環境が揃っているからです。
ぜひまずは業務用通販コーナーで欲しい鶏肉を探してみましょう。

「即決!Mart」で気軽に鶏肉を仕入れる

「即決!Mart」は『BtoBプラットフォーム 商談』の中でも人気コーナーの一つ。
自分が欲しい業務用食材や業務用食品を即決で購入できるのが特徴です。
表示されている価格で即購入できるので、見積もりも不要なことからスピーディーな取引ができます。
試しに使ってみたい食材を購入するのに向いているのは、多くの食材が少ない単位で販売されているからです。
もちろん国産鶏肉も取り扱っており、さまざまな部位も販売しているので、ぜひ試してみたい鶏肉があれば利用してみてください。

「全国特産品Mart」でこだわりの鶏肉を仕入れる

「全国特産品Mart」は全国のこだわりの食材を取り扱っている業務用通販コーナーです。
こだわりを持って作られた多くの食材をしっかりと紹介してくれるので、自分が欲しい食材がどのようなこだわりがあるのかを知ることができます。
このサイトは食材の分類だけでなく、生産地域でも分類されているので、自分が欲しい地域の鶏肉を探すことも可能です。
国産の鶏肉は数多くあり、地鶏や銘柄鶏として有名な鶏肉もあります。
例えばお店の目玉として地鶏をメニューに取り入れたいと思ったときに、どのような思いでその鶏肉が生産されていることがわかれば、お客様にすすめるアピールポイントになるでしょう。
また全国の特産品を取り扱っているので、一か所だけでなくさまざまな地域の鶏肉を探せます。
地域ごとに鶏肉の特徴はそれぞれ違うので、少しずつ購入して試してみることもぜひやってみてください。
おいしい鶏肉を見つけることができて、素晴らしい鶏肉料理をお客様に提供できれば、鶏肉を使ったメニューがお店の特色となるかもしれません。

「備品資材市場」で備品も合わせて購入

『BtoBプラットフォーム 商談』の業務用通販コーナーにはお店の備品や資材を購入できる「備品資材市場」もあります。
お店で使えるさまざまな備品や資材がスピーディーかつ手軽に買えるので重宝するはずです。
食材を買う時についでに備品なども気軽に買えれば、他のお店などで探す手間も省けるので、お店の経営に時間をしっかり使うことができます。
ぜひ便利に「備品資材市場」を使ってみましょう。

自動マッチングで継続的な取引を

お店で使いたい国産の鶏肉がどのようなものかがおおよそ決まってきたら、ぜひ定期的に仕入れをしてみませんか。
『BtoBプラットフォーム 商談』であれば、希望の鶏肉の条件を登録すれば、自動マッチングのシステムが使えます。
そこで出会った企業とぜひ継続的に取引をして、お店好みの鶏肉を仕入れていきましょう。

募集情報の登録をするだけ

継続的な取引先を探すために、自動マッチング機能をぜひ使ってみましょう。
自動マッチング機能を使うために行うのは、お店で使いたい鶏肉に関する募集情報を登録するだけと簡単に利用できます。
募集情報の内容はどんな鶏肉が欲しいかなどの条件や希望の価格、見積もりや購入に繋がる情報です。
それらを調達カタログに登録していくことで、希望条件にあった食材とすぐにマッチングすることができます。

企業や食材との新しい出会い

マッチングした食材は一覧になって表示されるので、ぜひそれらの食材を見て検討してみましょう。
自分が想像していたものだけでなく、意外な食材と出会うことがあるかもしれません。
自動マッチングした食材を取り扱っている企業からの売り込みもあるでしょう。
新しい企業との出会いは取引の可能性を広げます。
もちろん自分から連絡してみることも可能です。
ぜひ新しい食材や新しい企業と出会って、どんどん取引の話をしてみましょう。
自分のお店に合う食材を仕入れることで、お店にとっても大きな利益に繋がるはずです。

実際に商談をしていく

『BtoBプラットフォーム 商談』の自動マッチング機能で新しい食材と出会ったら、ぜひその食材を取り扱っている企業と話をしてみましょう。
食材を取り扱っている企業から売り込みが来ることも多いはずです。
そうやって出会った新しい食材や企業の話はいろいろと聞いてみたいですよね。
『BtoBプラットフォーム 商談』にはWeb商談機能があります。
もちろんメールなどのやり取りでも食材の情報を得ることはできますが、Web商談機能を利用すれば実際に相手企業の担当者と直接、商談ができます。
Web商談機能には相手の顔を見て話したり、資料を画面共有しながら商談できる機能が備わっているので、まるで実際に会って商談しているかのように話ができるでしょう。
そこから食材のこだわりを教えてもらうこともできるでしょうし、企業の雰囲気なども知ることができるので取引に繋がりやすいはずです。
ぜひ新しく出会った企業とはWeb商談をしてみましょう。

支払いは決済代行システムを利用する

『BtoBプラットフォーム 商談』には支払いを一本化できるシステムがあります。
それは『BtoBプラットフォーム 商談』を運営しているインフォマートが支払いを代行してくれるという「決済代行システム」です。
いろいろな取引先と出会い、取引先企業が増えていっても、支払いはインフォマートに一本化できるのが大きなメリット。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』で決済代行システムを利用して、手間やコストを削減していきましょう。

決済代行システムで手間を省く

『BtoBプラットフォーム 商談』の決済代行システムは自分のお店が仕入れた食材の売掛金をインフォマートが代行で支払ってくれるというものです。
お店での仕入れは取り扱う食材ごとに取引先企業が変わるなど、複数の企業との取引をすることが多いもの。
通常であれば食材ごとの取引先に、それぞれ売掛金を支払っているはずです。
支払いの処理や支払いをする手間は、取引先が増えれば増えるほど大変になっていきます。
それが『BtoBプラットフォーム 商談』であれば、インフォマートに一度支払うだけで終わりです。
それぞれの企業へはインフォマートが支払いをしてくれるので、こちらはインフォマートへの一度の支払いの手間だけで済むことから、手間が大きく省けます。

決済代行システムでコストを削減する

複数の取引先から仕入れをするようになると、それぞれの取引先の口座を開設します。
そして売掛金の支払いもそれぞれの取引先ごとにしなくてはなりません。
そうするとかさんでくるのが振込手数料です。
振込1件ごとに振込手数料を支払っていると、取引先が増えれば増えるほどコストが増えていきます。
そのコストを削減できるのが『BtoBプラットフォーム 商談』の決済代行システムです。
複数の取引先の売掛金も振り込むのはインフォマートの1件だけ。
あとはインフォマートがそれぞれ支払いしてくれるので、振込手数料が複数かかるという心配がなくなります。

決済代行システムでインフォマートポイントを貯める

『BtoBプラットフォーム 商談』の決済代行システムを利用すれば貯まるのがインフォマートポイント。
決済代行システムを使えば使うほど貯まっていくので、とてもポイントを貯めやすいのがメリットです。
このインフォマートポイントは1000ポイントを1000円として取引の支払い時に利用できるので、
業務用通販コーナーの「備品資材市場」でお店の備品をインフォマートポイントで購入すれば、お得に備品を揃えられるのでぜひ使ってみてください。

国産鶏肉の仕入れは『BtoBプラットフォーム 商談』で

お店の新しいメニューで使う国産の鶏肉を仕入れたい時はぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を使ってみましょう。
業務用通販コーナーや自動マッチング機能など、仕入れたい鶏肉を見つけられる機能がたくさん備わっています。
自分のお店のメニューに合う鶏肉を見つけることができたら、ぜひ定期的に仕入れをしていきましょう。
その際の商談はWeb商談機能を使うことで、しっかりと話をすることができ、取引もスムーズに行えます。
支払いはインフォマートの決済代行システムを利用することで、手間なくコストを削減。
さまざまなメリットがある『BtoBプラットフォーム 商談』をぜひ利用して、鶏肉の仕入れを行ってみてください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。