新潟県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

新潟県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

新潟県は日本海に面し、さまざまな海の幸がとれるだけでなく、越後山脈の山々が育む山の幸や、越後平野で生まれる米を始めとする農畜産物は人気が高く、展示会や催事に出店すれば、新たな顧客を獲得することも難しくなかったでしょう。
展示会や催事に出店するには、人手とコストがかかるため、そうそう頻繁に参加するわけにもいかず、遠方での顧客の獲得が難しいケースもあるかも知れません。
ネットで顧客を獲得しようと考え、立派なウェブサイトを作成して公開したとしても、それだけで集客が図れるわけではなく、さまざまな対策をこまめにしていかないと、考えている顧客に見てもらうことが難しいといえます。
同じキーワードでヒットする、数え切れないほどの競合他社の商品とどのように違うのか、強みはどこにあるのかを、どのようにしたら伝わるのか、悩んでいたりするかも知れません。
しかし、その段階で思考が止まってしまうと、なかなか思ったような販売戦略を実行できないといえます。
そんなときに便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
登録することで日本全国7,500社の商品の情報を待っている買い手企業に出会えます。
登録して上手に使えば、効率よく営業をすることができます。

新潟県の鮭をさまざまな買い手企業に提案する

新潟県の食材を扱っているといってもさまざまな食材があり、広い新潟県のさまざまな地域ごとに特色のある食材があり、さらに、それらを扱う会社ごとにカラーがあるといえます。
例えば、新潟県の特産品でもある鮭を取り扱っている場合、どのように提案するのが良いでしょうか。
まず、どこで捕れた物か、どのような状態で買い手企業に届くかを説明する必要があります。
村上市の定置網で捕れた鮭で、期間限定で生のものが提供できるのであれば、それをはっきりと伝える必要があります。
また、生鮭でも、1本丸のまま届けられるのか、切り身になるのかといったことも重要です。
加工品であれば、どのような加工をしている商品なのかをはっきりと明記しましょう。
加工品といっても単純に冷凍したものや、塩引き鮭や鮭とば、西京漬けのように漬けたもの、中骨を水煮にしたものやフレークなど、非常に幅が広く、それをはっきりと明記しないと、せっかくウェブサイトを作って待っていても、ミスマッチが起きてしまう可能性があるからです。
買い手企業が欲しいと思っている商品に確実にリーチするには、取り扱っている商品をはっきりとさせ、商品をキーワード検索した時に上位に表示されることです。
それにはSEO対策などをする必要がありますが、手間とコストが掛かるといえます。
そのような手間がかかる時、費用対効果の面で何がいちばんフィットするのかを考える必要があります。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、商品カタログに取扱商品を登録するだけで、その商品を欲しいと思っている買い手企業を自動的にマッチングする機能があり、ミスマッチが起きにくいのが特徴として挙げられます。
いかに手間やコストを掛けずに、ネットを通した形で販売拡大が出来るか考えた時に、どのようなサービスを利用するかを決定することも大切なことです。
『BtoBプラットフォーム 商談』は、導入時のコストや月間システム使用料も低く抑えられ、営業にまつわるさまざまな機能が数多く利用できます。
導入例などもサイトで読むことが出来るので、目を通すといいかも知れません。

マッチングした企業とオンラインで商談が可能

ネットに自社の取扱商品を掲載したサイトを公開し、それを探し当てた買い手企業が問い合わせフォームから連絡をくれたとして、その後の商談はどのように行うのがいいでしょうか。
これまでであれば、どんなに遠方の買い手企業が連絡してきたとしても、実際に顔を合わせて挨拶をし、商品の提案を行うのが常だったのではないでしょうか。
しかし、今はオンラインで話をするためのツールはさまざまなものがあり、そうしたものを使って顔を合わせ、商品の提案を行うことも可能になっています。
ただ、商談となるとセキュリティ上の問題が気になったり、企業によって導入しているサービスが違うことが問題になったりと、いろいろなハードルがあります。
ちなみに『BtoBプラットフォーム 商談』でもオンラインでWeb商談が可能になっています。
Web商談用に新たなアプリケーションを導入したりする必要はなく、『BtoBプラットフォーム 商談』の中で、商談相手やスケジュールを決めてスケジュール管理が出来ます。
さらに、オンラインで「Web展示会」を開いたり、自社の商品のテーマに合った展示会に出展したりすることも出来るのがメリットだといえます。

Web展示会で自社の商品の魅力や企業の概要をアピールする

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会は、これまで首都圏などの大都市圏で行われていた展示会と同じように、オンラインで展示会を行うシステムです。
オンラインで開催するため、開催地を気にすることなく参加することが可能で、買い手企業も全国各地から集まってきます。
オンラインならではの利点を生かして、新規開拓をしていくことが可能になるだけでなく、人手やコストの面でも優れたツールになっています。
例えば、新潟県産のさまざまな茄子を取り扱っているとして、野菜の魅力を伝えるWeb展示会に参加するとします。
自社のブースでは動画やスライドを使って、茄子の品種の違いを説明したり、栽培状況を伝えることが可能になっています。
もちろん、企業アピールの場として利用することも可能で、企業概要やイメージビデオを動画で流したりすることもできます。
取り扱っている茄子に興味を持ってくれた買い手企業とは、その場でWeb商談をすることが可能で、実際に顔を見て話をすることで商機を逃しません。
買い手企業の発注担当者にとっては、自分の都合のいい時間にブースを訪れて動画やスライドを見ることが出来るので、オンラインの強みを生かした方法で新規開拓をすることが可能になります。
自社が取り扱っている新潟県産のさまざまな茄子に興味を持ってくれた企業の情報を収集することも簡単に出来るので、新規開拓のきっかけとして活用することが出来ます。
『BtoBプラットフォーム 商談』の最大の特色とも言える機能でもあるWeb展示会を、登録してうまく活用すれば、日本全国に顧客を持つことが可能になります。

よりよい生産者の商品を買い手企業は探している

買い手企業は、新潟県産の農産物を手に入れたい時に自分の望む条件をクリアしたものを購入したいと思っています。
例えば、黒埼茶豆を探していても、買い手企業によってどこに重点を置いているかが違います。
どんなに高くてもおいしいものを購入したいと思っている買い手企業もいれば、価格の安いものなら訳アリ品でも構わないという買い手企業もいるといえます。
そのため、黒埼茶豆を探している場合でも、しっかりと買い手企業のニーズを把握して、それに沿った提案が出来ることが肝要になります。
予算に応じ、その中でベストの生産者の黒埼茶豆を提案できるかどうかは、買い手企業にとってとても重要なことです。

潜在的なニーズを把握するためにも、オンラインの商談は必須

ニーズを把握するには、商談を重ねる中で、きちんと先方の要望を汲むことが肝心になりますが、遠方にある買い手企業には、オンラインで商談を行う回数を増やしたりすることで、距離感が近くなるといえます。
オンラインの強みを活かし、こまめに先方の要望や悩みを聞くようにすることで、見えてくる潜在的なニーズもあるといえるので、距離を感じさせない商談のペースを掴むことも大切です。
遠方にある買い手企業と商談を行う場合は、これからはオンラインでの商談が必須だといえます。
近場も遠方も変わりない頻度で話を聞くことが可能になるといえるので、営業担当者は楽ではないかも知れません。
しかし、どの地域にある買い手企業でも、商品を求められさえすれば、新規顧客として契約ができるので、どんどん活用して新規開拓をしていきましょう。

限定食材や希少食材を探す買い手企業も多い

買い手企業の中には南魚沼で収穫される減農薬コシヒカリを購入したいという和食店や、鮮度の良い南蛮海老を探している居酒屋、佐渡産のビオレ・ソリエスが欲しい洋菓子店など、限定食材や希少食材を探している企業も多いといえます。
これまでは、遠方にあって、どのように育てられているか見ることが難しかったといえますが、動画や画像などを共有することでイメージを掴むことも可能です。
こうした希少な食材は、買い手企業で接客をする際に、客への説明に食材の持つストーリーを伝える必要があるため、商品がどのように育てているかといった情報が非常に重要なことになります。
オンラインでこまめに商談を行い、こうした情報をシェアすることで信頼関係が作ることができます。

希少で高価な食材を初めて発注をする買い手企業に不安なく販売するには

希少な食材は価格が高くなりがちですが、こうした食材をまとめて発注する買い手企業もときには現れます。
希少なマンゴーとして知られる魚沼の妖精のなかでも、極上品とされる「精華」を、タルトに使用するために大量に欲しいという洋菓子店が現れたとします。
これまで取り扱ってきた中では、こんなにたくさん頼まれたことがなかった場合、嬉しい一方で不安になるのは、売掛金の回収ではないでしょうか。
遠方にある初めての企業からの注文の場合、初回だけは現金でと条件をつけたりすることで売掛金を作らないのが、一番のやり方だったのではないかと思います。
しかし、量の多い発注の場合、買い手企業にとっては、購入が現金だと負担が大きいために、契約が実現しない場合もあります。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、独自の決済システムを導入しており、新規の顧客でも売掛金回収100%保証なので、安心して取引が出来ます。
決済代行手数料は3%のみで、与信審査の手間とコストを省いています。
支払いのサイトも最短で10日と、短くなっているのが大きな特徴です。
しかも、オンラインでの取引のため、請求書を作る必要がないのも嬉しいポイントです。
希少な食材を取り扱う場合は、こうしたシステムが利用できるといいのではないでしょうか。

移り変わる季節の食材をいち早く買い手企業に届けるために

新潟県の食材を求める買い手企業の多くが求めているのが、季節の情報ではないかと思います。
世の中にある飲食店の多くが、季節ごとにメニューを変えることからも、一般消費者が季節ごとに出てくる旬の食材を求めていることが分かるといえます。
季節ごとのニーズを把握するのには、前年の状況を見ることや、今年のトレンドを読むことが大切になってきます。
流行している料理や食材、前年も売れた旬の食材など、さまざまな情報を分析し、買い手企業の悩みに答えながら、今年の提案を行うのが良いといえますが、そうした情報をどこで得ればいいのかわからないといった企業も多いでしょう。

検索機能を活用してトレンドを読み、契約を勝ち取る

『BtoBプラットフォーム 商談』では、検索機能を活用すると前年の消費傾向がわかったり、トレンドを読むことが可能になります。
さまざまな条件で絞り込むと、買い手企業がどの時季にどのような商品を発注しているのか、確認することが可能で、これを元に分析を行えば、買い手企業のニーズを把握することに繋がり、自社の販売戦略に活かすことが出来ます。
買い手企業が実際に欲しい商品を検索する時に使うキーワードも、ランキング形式で閲覧できるため、実際に商品を販売する際に使うキーワードの見直しにも使用することが出来ます。
新潟県の食材をトレンドに取り入れることは可能か、確認したりすることにも利用できます。
新たな契約を勝ち取るために、トレンドを読んだ上での販売戦略をしっかりと練っていきましょう。

新潟県産食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

新潟県産の食材といっても、地域ごとに非常に多様な食材が作られており、有名なものから希少なものまでさまざまです。
取り扱っている新潟県産の食材をどうしたら買い手企業が求めてくれるのかがわからない、遠方企業の新規開拓をするにはコストが掛かりすぎるといった悩みを抱えている企業も多いのではないかと思います。
『BtoBプラットフォーム 商談』には、ここまででご紹介した以外にも、さまざまな機能があり、それを活用すれば、これまでよりもぐっと効率の良い営業が出来ます。
営業のノウハウそのものがなく、新規開拓に消極的になっている企業でも、活用できるビジネスのためのヒントが、『BtoBプラットフォーム 商談』にはたくさん詰まっています。
ぜひその機能について、詳しく知って自社のビジネスに活かしてください。
今までとは違う新たなビジネスが展開できること間違いなしです。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。