自然豊かなうまし県、茨城県の食材を新たに仕入れるには

東京から近くにありながら、太平洋と霞が関の豊かな水産物に恵まれ、また、農業県としても知られている茨城県。
野菜に果物、水産物に畜産物と、おいしいものを挙げればきりがありません。
自分のお店に茨城県の食材を取り入れようと考えたとき、大変なのは仕入先業者の選定ではないでしょうか。
茨城県は主要な街以外の小さな町ごとにその地域ならではの食材があり、そうしたものに強い小さな会社があったりするので、どこから仕入れるのがいいのか迷ってしまいがちです。

ネット検索で見つかる業者がぴったりとは限らない

仕入先業者を個人でネット検索することも可能ですが、検索して表示されるすべての業者を、表示される上位から順番にチェックして、お店のメニューやコンセプトに合っている食材を扱っているかどうか確認するだけで、大変な手間になってしまいます。
ここの業者なら大丈夫というところが見つかったとしても、その業者が自分の店にぴったりの食材を常に提供してくれるかは、ちょっとやりとりしただけではわからない場合もあります。
そうしたお悩みにお応えするのがBtoBプラットフォーム 商談です。さまざまな機能を上手に使って、自分のお店に合った食材を、効率よく仕入れましょう。

茨城県のメロンを、圧倒的な数の中からマッチング

茨城県の食材といって、何を思い浮かべるでしょうか。納豆や干し芋と並んで知られているのはメロンではないでしょうか。
茨城県は22年もの間、メロンの生産量日本一を誇る県でもあります。
アンデスメロンやアールスメロンといった、さまざまな品種のメロンを栽培していますが、品種ごとに旬の時期も変わります。

欲しいと思う品種や、加工の状態などをピンポイントで探せる

ひとくちにメロンといっても、時期によって出回っているものも変わります。
また、どのような料理に使いたいのかで、生や冷凍、ピューレなど、状態も違います。
パフェに使うメロンを探していたとしても、どの品種のどのような状態のものを探しているかで、相談に応じてくれる業者は変わります。
具体的な商品のイメージがあるとして、ネット検索で業者を探すには、検索結果のリストを上から順にあたっていくことになり、大変な手間がかかることになります。
BtoBプラットフォーム 商談では、自分のお店で使いたいと思っているメロンの品種や状態、希望の仕入れ価格を「調達カタログ」に登録すれば、その条件にぴったりと合う商品を持つ売り手企業とマッチングが出来、そうした企業からアプローチを受けることが出来ます。
また、食材を持つ売り手企業が登録している「商品カタログ」の中から、商品を検索して売り手企業を探すことが出来ます。
売り手企業の数は全国で1,600社、商品カタログ数は約330,000品にものぼり、圧倒的な数の中からぴったりの商品を見つけることが出来ます。

ぴったりの売り手企業を見つけたら、オンラインで商談も可能

コロナ禍の以前であれば、使いたいと思っている食材の産地へ直接出向き、訪れた地域のさまざまな産物を持ち帰って吟味したり、現地で知ることの出来た業者にアプローチすることも可能でした。
県をまたいだ移動が自粛される昨今、そうした仕入れの仕方は難しくなりました。
ネットを検索するだけでは見つからない、現地の小さな売り手企業も中には存在し、そうした企業のものを求めていると、ネットで検索して出てきた企業とやりとりしてもピンとこないという方も多いのではないかと思います。
そんなときに便利なのがBtoBプラットフォーム 商談です。

Web商談を使って顔を見ながらオンラインで商談を

BtoBプラットフォーム 商談では、出店審査を通過した売り手企業が数多く登録しています。
そうした企業とマッチング後は、「Web商談」機能を使用してオンラインで商談を行うことが出来ます。
売り手企業から商品についての資料を共有してもらいながら、顔を見て商談を行えるので、信頼関係が築きやすいといえます。
Web商談を上手に使いながら、マッチングした売り手企業の取り扱っている、茨城県の食材に関する情報を引き出し、自分の店の料理に活かせるような食材を、さらに掘り起こすことも可能です。
茨城県の僻地にあるような小さな企業と商談を行うこともあるかも知れません。
そうした企業から、その地域に根ざした珍しい食材を仕入れることになる、なんていうこともあるでしょう。
Web商談を利用すれば、未知の食材に出会いながら、お店のメニューのブラッシュアップをしていくことが可能になるのです。

茨城県のれんこんの、より良い生産者を探すには

茨城県の食材の中で、野菜や果物などのより良い生産者のものを仕入れるには、どうしたらいいでしょうか。
茨城県でとれる野菜にはさまざまなものがあり、季節ごとにいろいろな野菜が揃います。
その中で、茨城県が生産量日本一のれんこんを探しているとします。
れんこんとひとくちにいっても、生産者が変わるだけで味わいが違ったりします。
良い生産者のれんこんを取り扱っているかどうかは、実際にサンプルを取り寄せてみないとわからないといったこともままあることだといえます。

どんな売り手企業にも得手不得手がある

れんこんひとつとっても、売り手企業には得手不得手があるといえます。
具体的にどのようなものが欲しいのか、あらかじめはっきりさせておくことが、効率の良い仕入れの近道になります。
売り手企業によっては、価格や生産者の違うれんこんを、何種類か提案してくれることもあるでしょう。
そうした中からより良い生産者のれんこんを選べたら、仕入れる側はベターだといえます。

マッチング機能を上手に使って、無駄のない商談を

自分のお店のメニューを作る上で、使い勝手の良い売り手企業を、BtoBプラットフォーム 商談のマッチング機能を使って探してみましょう。
あらかじめ調達カタログに、希望の価格と商品の情報を登録しておけば、マッチングした企業の商品情報を精査するだけで、無駄のない商談を可能にすることができます。

売り手企業の主催する「Web展示会」で茨城県の食材を探す

茨城県の食材はとても幅が広いため、ひとつの会社ですべての食材をカバーするのは難しいといえます。
BtoBプラットフォーム 商談では、各都道府県のコーナーが組まれていたりして、目当ての食材が探しやすくなっていたり、売り手企業が「Web展示会」を開催していたりします。
Web展示会は、よく卸売業者などが開催する商品の展示会を、オンラインで行うものです。

商品のありとあらゆる情報を、手にとるように閲覧可能

例えば、焼鳥に使う奥久慈しゃもを探していて、奥久慈しゃもを取り扱っている売り手企業のWeb展示会に参加したとします。
奥久慈しゃもといっても、生産者によって微妙な違いがあり、自分の店に合ったものを探すのには、短い時間しかない場合は特に、専門の業者が説明をしてくれないと、仕入れに結びつきにくいかも知れません。
BtoBプラットフォーム 商談のWeb展示会では、奥久慈しゃもについてのさまざまなことを、まるで実際に展示会に参加したかのように、担当者から細かい説明を受けることが可能です。
Web展示会では出展者が用意したさまざまな商品の情報を見ることが出来ます。
商品カタログに掲載されていることはもちろん、PR動画やレシピに関する情報など、お店で実際に使うときに役立つ情報を見ることが出来ます。

幻の食材・霞ヶ浦の天然うなぎを探すお店の方にも

茨城県の食材の中には、豊洲などの市場でもなかなか手に入れることのできない食材もあります。
例えば、霞ヶ浦で、昔ながらの漁法でとれる天然うなぎなども、そんな食材のひとつだといえるでしょう。
例えば、懇意にしている顧客の方から「記念日に霞ヶ浦の天然うなぎを使った料理で両親をもてなしたい」という依頼が入ったとします。
その日にいい状態の食材を仕入れるには、売り手企業にあらかじめ発注しておくなど、準備が必要になりますが、新たに仕入先を見つけないと難しい場合は、信頼の置ける売り手企業を探すことがから始めなければなりません。

「以前は扱っていたんですが」の空振りなしで確実な仕入れを

ネットを検索して表示される売り手企業のサイトに、取り扱いしていると書いてあるのに、問い合わせてみたら「以前は扱っていたんですが」といわれることは、よくあることです。
こうした空振りも、続いてしまうと骨が折れます。
BtoBプラットフォーム 商談なら、取り扱いを行っている売り手企業を確実にマッチングしてくれるので、こうした無駄足を踏むことはありません。
新たな取引先と契約するときは、取引先口座を作る必要が出たりと、時間がかかるものです。
実際の時間的なリミットも含め、売り手企業と相談しながら契約を進めることもできるでしょう。
業務をすすめる上でも効率よく、顧客にはスマートなサービスを提供することが出来ます。
茨城県の食材といっても、得意分野が違えば、これまで契約していた売り手企業ではカバー出来ないこともあります。
目的別に仕入先を探すときも、BtoBプラットフォーム 商談なら探しやすく、無駄がないのが特徴だといえます。

旬の茨城県の食材を探すなら、早めの準備が吉

食材はどんなものでも旬があり、そのため、季節ごとに提供するメニューが変わるのは、どのような業態でも同じことでしょう。
茨城県の食材は一年を通してさまざまなものがあり、季節ごとにおいしいものも移り変わります。
例えば魚なら、冬はあんこう、春はひらめ、夏はかれい、秋はさんま、といった具合に、さまざまなものが出回ります。
旬のより良い食材を手に入れるには、早めの準備が良いといえるでしょう。
地の魚を調べてみれば、さらに魅力的なものも見つかるといえ、その中からメニューに合ったものを精査するのには、いくつかの売り手企業の商品を比較検討する必要が出ることもあります。

その数約33万点。圧倒的な数の商品カタログから食材探し

BtoBプラットフォーム 商談では、季節ごとの商品を探す際に、調達カタログの更新をこまめにすれば、その都度マッチングすることが可能で、また、33万点もの商品カタログの中から、商品を検索することも出来ます。
気になる食材を持つ売り手企業が、他にどんな食材を持っているかを確認することももちろん可能です。
そんなふうにたまたま見つけた食材が、新たなメニューの主役になることもありえます。
また、現在契約をしている売り手企業に、取り扱いがあるか確認をすることも可能です。
仕入れ担当者がさまざまな機能を使いこなすことで、業務を効率化でき、より良い仕入れが行えるようになっています。

茨城県の食材を仕入れるなら、BtoBプラットフォーム 商談で

さまざまな農産物や水産物に畜産物が揃う茨城県。
東京から近いこともあり、新鮮な食材が手に入る地域でもあります。
その中から自分のお店に合ったものを個人で探すのは、膨大な時間と手間がかかるといえます。
目当てのものを探し当てるのはさらに大変です。
自分のお店の料理に使う食材は、品質はもちろんのこと、価格も大切な要素になります。
それらを踏まえてネットで探すのは、やはり検索上位からローラー作戦であたるより他ないといえます。

パソコンを開けば、仕入れに必要な情報がすべて手に入る!

しかし、BtoBプラットフォーム 商談であれば、仕入れたい食材を調達カタログに登録するだけで、その食材を取り扱っている売り手企業とマッチング。
売り手企業からアプローチを受けることが出来ます。
パソコンを開けば、茨城県の食材を取り扱う売り手企業がWeb展示会を開催していたり、特集が組まれていて、そこに参加すれば、まだ知らない地域の売り手企業とWeb商談をして、新たな食材の紹介を受けることも可能です。
自分のお店で使うのに適した食材を扱う売り手企業とWeb商談を通じて相談をすることもできます。
BtoBプラットフォーム 商談を上手に活用することで、効率の良い仕入れを行うことが可能になり、仕入れにかかっていた手間や時間を削減することが出来ます。
これまで狭い範囲で行っていた仕入れを、売り手企業1,600社、330,000商品の中から選りすぐった、より良いものに変更することで、顧客の満足度も上がること間違いなしです。

茨城県の食材を仕入れるなら、ぜひBtoBプラットフォーム 商談をご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。