愛知県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

愛知県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

日本のほぼ中央にある愛知県は、太平洋と三河湾、伊勢湾に面した沿岸地域では豊富な水産物がとれ、三河高原では山の幸に恵まれる、食の豊かな地域です。
農業県としても知られ、平野部ではさまざまな野菜が作られています。
また、独特の食文化があることでも知られており、名古屋めしと呼ばれるB級グルメや、三河特産の赤味噌を使った料理が数多くあり、地元の人のみならず、全国から訪れる人に親しまれています。
ここでは、愛知県の食材を取り扱っているものの、どのように売り込んだらいいのかわからないという場合、どうすればいいのかを考えていきます。

ネットでの集客は新規開拓に欠かせない

取り扱いのある愛知県の食材を、新たな顧客にむけてアピールしたい時、どういう手段を使うのがいいでしょうか。
展示会や催事といった場所以外で、新規顧客を獲得するのであれば、飲食店の人が読んでいるであろう専門誌や新聞に商品の広告を出したりする方法がありますが、規模が大きくなればなるほどコストがかかります。
なるべく大きなコストをかけずに、新たな層へアピールするには、やはりインターネットやSNSを使ったものが効果的だといえるでしょう。
公式サイトを作ることにしたとしても、サーバーを借りたり、ドメインを取得したりといった初期費用はそれほど大きくなく、誰もがアクセスできることを考えると、効率もよさそうなことから、取り入れている企業は多いといえます。
しかし、公式サイトを作っても、買い手である企業の担当者が、情報を検索して探し当ててくれないことには意味がありません。
そのためには、掲載する情報を適切に絞り込んだり、さまざまな対策をしなければなりません。
例えば、愛知県産のあさりを取り扱っているとして、掲載する情報はどのようなものが挙げられるでしょうか。
あさりを取り扱っていることのみを記載するだけでは、実際に取り扱っている商品の特徴は伝わらないといえます。
実際にとれる地域や、殻付きか、むき身か、冷凍されているものか、レトルトのものかなど、商品の状態がわからないと、問い合わせることも出来ません。
それがわからないと、愛知県産のあさりが欲しいとせっかく問い合わせてもらっても、ミスマッチを起こす可能性があります。
そのため、ある程度の線で商品の状態を記載する必要がありますが、あまり細かい情報をたくさんのせても、今度は必要な情報にたどり着くことが出来なくなってしまいます。
サイトに記載している情報を、検索して確実にたどり着くためには、対策が必要になりますが、これには手間とコストがかかります。
ネットでの集客は、今は新規開拓に欠かせないことだと分かっていながら、なかなか突っ込んだ形で手を付けられずにいる企業の方もいるでしょう。
そんな企業におすすめなのが、『BtoBプラットフォーム 商談』です。

ミスマッチを起こさないようにするには

欲しい商品の情報を検索して、自社のサイトに辿り着き、それらしい情報が出ているので問い合わせをしてくれたとしても、実際にその商品を取り扱っていないのでは意味がありません。
商品の状態の違いなどで起こるミスマッチは、もったいないことだといえ、なるべくなら避けて通りたいのが実情でしょう。
しかし、愛知県産のあさりのページがあったとしても、買い手企業に必要な情報が記載されていなければ、問い合わせをしてもらうことすらままなりません。
どこでどのように育ったあさりか、大きさはどのくらいか、またその商品の状態はどうなっているのか、最小発注ロットはどのくらいかといった基本的な情報はわかりやすく見やすい状態になっているのが良いでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、取り扱っている商品の情報を「商品カタログ」に登録すると、その商品を欲しいと思っている買い手企業と、自動的にマッチングされるようになっています。
マッチングされる企業は、大きな企業から個人経営の飲食店までさまざまですが、欲しいと思っていることは同じなので、ミスマッチが起きにくいといえます。
マッチングされた企業は、「見込企業」としてリストが自動的に生成され、担当者の連絡先も含んだリストが手元に残ります。
これまでであれば、新規開拓をするときは、見込企業のリストを作成するところから始めなければいけませんでしたが、その手間が必要なくなります。
自動的に作られたリストを元に、見込企業の担当者に営業をかけるだけでいいのです。
新規開拓を効率よく行うことが出来るので、営業マンにとってとても助かるツールになるといえます。

遠くの顧客との商談にはオンラインツールが必須

ここ数年の状況で、リモートワークが推進されたことから、最近はビデオ通話アプリなどのオンラインツールを使ったビジネスが盛んになっています。
これまでは、長い時間をかけて電車や飛行機を乗り継いで出張し、顧客のもとに行って商談を行っていたかもしれませんが、それはあっという間に昔の話になりました。
Wi-Fiとウェブカメラのついたパソコンやタブレットがあれば、どこにいてもミーティングを行うことが出来、相手の顔を見て感触を確かめながら商談を行うことも可能です。
しかし、セキュリティ上の問題が気になったり、導入しているアプリが企業ごとに違っていたりして、自社で何を導入するか、またどう使い分けるかといった問題も起きています。
『BtoBプラットフォーム 商談』にも「Web商談」という機能が備わっており、オンラインで動画やスライドを共有しながら商談を行えるようになっています。
他のアプリと比較すると、会員同士であれば、担当者の名前を選んで商談のスケジュールを設定するだけでいいので、アプリをいろいろ開いていくつも設定をしたり、メールでリマインドしないといけないということがありません。
スケジュール管理がしやすいので、うっかり商談の日時を忘れてしまうということも防げます。
さらに、『BtoBプラットフォーム 商談』には、「Web展示会」という機能があり、この機能が新規開拓をするのにとても使いやすいことが挙げられます。

Web展示会で自社の商品の魅力や企業の概要をアピールする

Web展示会は、その名前の通り、今まで大都市圏で行われていた展示会を、オンラインで開催するという機能です。
『BtoBプラットフォーム 商談』が持つさまざまな機能の中でも、とりわけ特徴的な機能でもあり、これを活用しないのはもったいないといえます。
取り扱っている商品のテーマに合った展示会に出展することが可能で、出展すると、自社のブースで動画やスライドを使った商品アピールや企業アピールが出来ます。
オンライン開催ということもあり、買い手企業も日本全国さまざまなところから、参加者が集まってきます。
例えば、愛知県産のうなぎを広めるべく、水産関連の展示会に出展することにしたとします。
Web展示会のブースでは、これまで実際の展示会で行っていたのと同じように、動画でうなぎが育つ環境について説明をしたり、スライドで養殖の方法について解説をしたりすることができます。
買い手企業の担当者も、これまでは会場に着くと、時間配分を考えながら回る先を決めていることが多かったのが、オンラインで時間がゆっくりある時に見られるので、これまではきちんと見たことのなかった出展者のブースを見る可能性が高いのです。
オンラインの強みを活かし、これまでよりも多くの買い手企業との情報交換が可能になり、時間が許せばその企業とその場でWeb商談を行うことも出来ます。
愛知県産のうなぎに興味を持ってくれた買い手企業の情報を集めるのも簡単で、その企業に新たに営業をすることも出来るようになります。
これは活用しないのはもったいないといえます。

予算の範囲内で買える、より良いものを買い手企業は求めている

欲しいと思っている食材の情報を、ネットなどで検索して探している買い手企業が、実際に注文をしようと考えるのがどんなときなのか、気になる人も多いのではないかと思います。
例えば、同じように名古屋コーチンを探している買い手企業がいるとしても、どんなものが必要なのかは、企業によって違っているのが実情です。
少しくらい値段が張っても、良い生産者のものがともかく欲しいという高級焼鳥店もいれば、名古屋コーチンというブランドが名乗れるものなら、値段は安いものが欲しい、というチェーンの居酒屋もあるということです。
商談を進める中で、それぞれに話を聞いていくと、どこにウェイトを置いているのかは、当然違っていることのほうが多いのです。
大切なのは、限られた予算の中でなるべく納め、その中でより良いものを提案することだといえます。

Web商談を活用して潜在的なニーズを把握する

注文をしてくれそうな買い手企業と商談を進める中で、その企業の潜在的なニーズを掘り起こすには、こまめに連絡を取り、先方の悩みを聞くことも大切になってきます。
その企業が遠方にあったとしても、ビデオ通話アプリやWeb商談の機能を使えば、コミュニケーションを密に取ることが出来るため、オンラインツールの活用は必須と言えます。
相手の顔を見て感触を確かめながら、どういう食材に興味を持つのか、どういうことに悩んでいるのか、きめ細かいフォローをしていくことで、潜在的なニーズがわかります。
『BtoBプラットフォーム 商談』にはメールマガジンの一斉配信機能もあるので、それを活用するのもいい方法だといえるでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』のメールマガジンは、買い手企業の担当者が開封したかどうかが確認できるので、どういう食材に興味を持っているかを探ることが出来ます。
メルマガといっても何を書いたらいいのかわからない、という人でも、サンプルの文例や書き方を指南してくれるので、安心して作成することが出来ます。
さまざまな形で買い手企業との接点を補強し、ニーズを把握することが、効果的な提案につながっていきます。

限定食材や希少食材を探す買い手企業も多い

買い手企業によっては、希少な限定食材を取り扱っていないか、問い合わせてくる企業も少なくないといえます。
例えば、栽培が難しいことで知られているいちじく、ビオレソリエスを探している洋菓子店が問い合わせをしてきたとします。
今までであれば、畑の状況を見てもらうために来てもらい、どんな環境でどんな人が育てているのか、実際に案内をすることもあったかもしれません。
しかし今は、動画を撮影したりして、それを共有することも可能なので、さまざまな方法でイメージを掴んでもらうことが出来ます。
発注を実際にしてもらうまで、現場の生の声を届けたり、栽培の状況を伝えたりすることは、信頼関係を作るのにも利用できるといえます。

希少で高価な食材を初めて発注をする買い手企業に不安なく販売するには

このように、入手するのが難しいような食材を、少しだけではなくたくさん欲しい、というような企業もいないとは限りません。
愛知県でもごく限られた生産者が少量しか作っていないビオレソリエスを、次のシーズンにできるだけ大量に欲しい、という新規顧客が現れたら、どうすればいいでしょうか。
生産者も限られているので、次のシーズンに向けて育ててもらえるようにお願いしなければならないかもしれません。
しかも新規顧客でこれまで取引がなく、請求額も大きくなってしまうことになったとき、やはり不安なのは、売掛金の回収ではないかと思います。
初回は現金で支払いをお願いしたり、場合によってはお断りしなければならないかもしれません。
そんな時に便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
独自の決済代行システムを導入しており、初めての取引をする相手でも、売掛金回収100%保証で、決済手数料も3%しかかかりません。
しかも支払いも早く、最短で10日と、サイトが短いのも助かります。
オンライン取引になるため、請求書の発行をしなくていいのも魅力のひとつでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』を利用すれば、初めての相手でも安心して取引をすることができます。
高額な商品を扱っている場合は、『BtoBプラットフォーム 商談』を導入していると、攻めの営業をすることが出来ます。

季節の食材をいち早く買い手企業に届けるために

愛知県の食材以外にも、いろいろな地域の食材を取り寄せたりしている飲食店にとって、地域の特色がある旬の食材は、お店に来るお客さんを喜ばせるための大切なツールでもあります。
外食チェーンの居酒屋やレストランでも、グランドメニューを季節ごとに見直している企業は多く、一般消費者が旬の食材を意識して、実際に注文をしていることがそこには現れているといえます。
例えば、知多半島の魚介類をおまかせで送っているお店があったとして、一年を通してとれるキスやマダコなどと合わせ、旬の地魚を入れると喜んでもらえます。
季節が来ると注文の量が増える、真鯛やコチといった、いわば定番の魚は欠かすことの出来ない商品だといえますが、それ以外の魚種も、前年の実績を分析することで、どんなものを今年は入れるか考えて提案することが出来ます。
以前は取り扱っていなかった商品や、流行しそうな商品を定番と合わせて提案し、さらに顧客の希望するものを一緒に入れるのがベストだといえるでしょう。
しかし、企業によっては前年の実績をどこで見るべきかがわからない場合もあるかもしれません。
そんな時に便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。

検索機能を活用して、新たな契約を獲得する

『BtoBプラットフォーム 商談』では、検索機能を活用することで、去年はどんな物が売れていたのか、そして、今年はどんな商品が売れそうかを分析するのに利用できます。
地域や期間、業種などで絞り込んで、情報を検索すると、ランキング形式で去年の情報を閲覧することが出来、絞り込み方を変えれば、今年のトレンドの予測も可能なのです。
例えば、愛知県ではさまざまな品種のトマトが栽培されていますが、そのお店にとって、今おすすめしている新品種が向いているかといったことや、これまで出したことのなさそうなレシピとともにいつもと違う品種を勧めてみるなど、お店に新たな提案をすることも出来ます。
買い手企業がどの時季にどういう食材を注文していて、注文する商品を探すのにどんなキーワードを使っているのかという情報まで、ランキング形式で確認できるため、実際に取り扱っている商品に使うキーワードを見直すのにも利用でき、さまざまなかたちで活用することが出来ます。

愛知県産食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

愛知県は海や山のさまざまな食材に恵まれ、非常に多様な食材が揃うことでも知られています。
自社で取り扱う愛知県の食材を、どうすれば買い手企業が探し出して注文してくれるかよくわからない、新規開拓をしたいけれど遠方の顧客はコストがかかりすぎる、そもそも、営業のノウハウそのものがない、といった企業にこそ、『BtoBプラットフォーム 商談』を活用した営業をおすすめします。
ご紹介した以外にもたくさんの機能があり、効率の良いビジネスを展開していく上で欠かせないものばかり備わっているといえます。
新規開拓を目指すなら、使わないでいるのはもったいない機能ばかりです。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を活用して、自社を成長させていきましょう。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。