静岡県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

静岡県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

北側は南アルプスに面し、南側は相模湾と遠州灘に面する静岡県は、豊富な魚介類や農産物に加え、広い土地から生まれる畜産物など、非常に多様な食材が生まれる土地として知られています。
名産品として知られている静岡茶や、みかんやいちごなどの果物も盛んに育てられており、その質の高さからとても人気が高いことでも有名です。
静岡県の食材を取り扱っていて、どのようにすれば新規顧客が獲得できるのか悩んでいる場合、どうやって売り込むのがいいのか考えてみましょう。

インターネットでの集客は今どきの必須条件

自社で取り扱っている静岡県の食材を、新たな層に向けてPRしたい場合、どういった手段に訴えるのがいいでしょうか。
新聞や雑誌に広告を出したり、ダイレクトメールを送るといった方法もありますが、規模が大きくなると必然的にコストがかかります。
効率を考えた場合、なるべくコストをかけずに、取り扱っている商品を周知したいところです。
そんなとき、インターネットを使った方法であれば、そこまで費用がかからないような気がするかも知れません。
実際にサーバーを借りてドメインを取得し、公式サイトを作ったり、SNSを利用したりして商品のPRを行っている企業はとても多いといえます。
公式サイトを作るとして、どのような内容にすればいいかといえば、まず会社概要などの必要事項と、取り扱っている商品についての情報が挙げられます。
例えば、静岡県産の柑橘類を取り扱っているとして、掲載する情報にはどのようなものがあるでしょうか。
取り扱っている品種が多いからと、品種名を箇条書きにして記載するだけになってしまいがちですが、静岡県の柑橘類を探している買い手企業には、それだけでは情報が足りないことのほうが圧倒的に多いといえます。
確かに品種ごとに味も違うので、それだけあれば十分な気もしてしまいますが、同じ三ケ日みかんでも青島温州の小粒のものを探している場合もあれば、糖度はこれ以上、と数値を示してくる場合もあります。
そのため、ある程度詳細なスペックを記載するのが親切だとはいえますが、あまり情報が多くても、肝心な目当ての品種を探し出せない可能性もあります。
また、せっかく問い合わせてもらっても、その商品は取り扱っていないといったミスマッチが起きることもあります。
掲載した情報をインターネットで確実に探し当ててもらうには、さまざまな対策を講じる必要があり、これには手間とコストが掛かります。
新規開拓をするためには、ネットでの集客は必須だともいえますが、どういうページにすればいいのかわからなかったり、あまりコストは掛けられないと考えている場合、おすすめなのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。

ミスマッチが起きないようにするには何が必要か

問い合わせフォームやメールを使って、買い手企業が商品について問い合わせをしてくれたとしても、実際には商品を取り扱っておらず、ミスマッチを起こすというのはよくあることかも知れません。
しかし、せっかく問い合わせてもらうのであれば、なるべく避けたいもったいない事態であるともいえます。
静岡県産の柑橘類のページがあったとしても、先方にとって必要な情報が記載されていないと、問い合わせをしてもらえません。
どこでどんなふうに栽培したみかんか、サイズはどれくらいで、最小ロットはどれくらいになるのか、といった基本的なことは、わかりやすく見られるようになっていたほうが親切です。
『BtoBプラットフォーム 商談』の場合、取り扱っている商品を「商品カタログ」に登録すると、その商品が欲しいと考えている買い手企業と自動的にマッチングされる仕組みになっています。
マッチングされる企業は、大きなチェーン店から、小さな個人経営のお店まで非常にさまざまですが、商品が欲しいと思っていることを「調達カタログ」に登録しているためにマッチングされるので、ミスマッチが起きにくいと言えます。
自動的にマッチングすると、その企業は「見込企業」として自動的にリスト化され、担当者の連絡先も含めて一覧が手元に残る仕組みになっています。
これまでであれば、企業のリストを作ることから始めなければいけなかった新規開拓が、自動的に作られたリストを元に営業をすればいいだけになるのです。
効率の良い営業を行えることを考えると、忙しい営業マンには欠かせないツールともいえます。

オンラインツールを味方につけて商談を進めよう

ここ数年のリモートワーク推進の動きから、最近はオンラインツールを使ってのビジネスが盛んになっています。
これまでは、新幹線や特急、遠くなると飛行機に乗って出張をして、取引先の担当者と実際に会って話をしないといけなかったかも知れません。
しかし、ビデオ通話アプリがインストールされたパソコンとWi-Fiさえあれば、今はどんなに遠方の取引先とも会議や商談が行えるといえます。
ただ、セキュリティの問題や、企業ごとに導入しているアプリの違いなどから、オンラインツールをいろいろと使い分けるのが面倒だったりといったことはあるかも知れません。
『BtoBプラットフォーム 商談』にも、オンラインで商談を行うための「Web商談」の機能があります。
他のビデオ通話アプリと違う点は、スケジュール管理のしやすさが挙げられるといえます。
取引先が『BtoBプラットフォーム 商談』の同じ会員同士であれば、担当者名を選んでWeb商談のスケジュールを設定するだけで、先方にもリマインドされるため、ミーティングのURLを共有するメールを改めて送ったり、予定表に商談の日程を書き込んだりする必要もなく、うっかり忘れてしまうといったミスが防げます。
また、『BtoBプラットフォーム 商談』には、「Web展示会」という機能があり、これを活用すると新規開拓がとてもしやすくなります。

Web展示会で自社の商品の魅力や企業の概要をアピールする

Web展示会は、『BtoBプラットフォーム 商談』の中でも最も特徴的な機能で、文字通り、これまで首都圏や大阪などの会議場で行われていた展示会を、オンラインで開催するものです。
取扱商品のテーマに合った展示会に参加することが可能で、出展すると、自社のブースでは、動画やスライドを使って商品をPRすることが出来ます。
オンライン開催なので、開催地を気にすることなく出展が可能で、参加する買い手企業も日本全国さまざまな地域から集まってきます。
例えば、三方原馬鈴薯を取り扱っているとして、青果関連のWeb展示会に参加することにしたとします。
Web展示会では、通常の会場に行って行う展示会と同様に、三方原の土の様子や畑の様子を動画で見てもらったり、他のじゃがいもとどう違うのかをスライドを使って説明したりすることが出来ます。
ブースを見に来る買い手企業も、これまで実際に会場に行くと、限られた時間をどう配分するか考えながら回っていたのが、ゆっくり時間がとれる時に、興味のあるブースを選んで動画などを見ることが出来るため、これまでよりも詳細を見てくれる可能性が高いといえます。
オンライン開催という強みを活かして、これまでよりも多くの企業と挨拶を出来、時間が許せばその場でWeb商談を行うことも出来るようになっています。
三方原馬鈴薯に興味を持ってくれた企業の情報も、簡単に収集することが出来、それを元に新規開拓をするのもらくらくです。
活用しないともったいない機能のひとつだといえます。

予算が許す範囲内のより良いものを買い手企業は求めている

使ってみたいと思っている食材について、さまざまな情報を集めている買い手企業が、実際に発注をするのは、どういう時なのかが知りたいと思っている企業の担当者もいるのではないでしょうか。
例えば、同じように浜名湖のうなぎを求めている買い手企業がいたとしても、どのような商品が欲しいのかは、企業によって当然ですが異なります。
多少高くても肉厚で大きいものを探しているうなぎ店もいれば、浜名湖うなぎとして流通していれば、多少小さくても構わない、という外食チェーンもいるのが実情です。
それぞれに細かく話を聞いていくと、各々どこにウェイトを置くかは違っていることのほうが多いのです。
大切なのは、予算をできるだけ守って、その範囲で最高のものを提案できるかどうかだといえます。

潜在的なニーズを把握するには、Web商談の活用を

実際に発注に至りそうな買い手企業と話をしながら、その企業の潜在的なニーズを掘り起こすためには、なるべくこまめに連絡を取って、悩みを聞くことも大切です。
遠くにある企業が相手だったとしても、ビデオ通話アプリなどを使用することで、密なコミュニケーションをとることは可能なので、それを活用していくのは必須だといえます。
顔を見て話をする中で、どういう話題に興味を持つのか、また、どういうことに悩んでいるのかを、きめ細やかにフォローしていく必要があります。
時にはメルマガを発行して、様子を見たりすることも必要になるといえます。
『BtoBプラットフォーム 商談』にはメルマガ一斉配信の機能がついているので、それを活用してもいいでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』のメルマガ機能は、担当者が配信したメールを開封したかどうかが分かるようになっているため、どのようなことに興味を惹かれるのかが確認できます。

限定食材や希少食材を探す買い手企業も多い

問い合わせをしてくる買い手企業の中には、希少な食材を探している企業も少なくありません。
例えば、さまざまな牛肉を提供しているステーキハウスが、伊豆牛のステーキ用の肉を探していたとします。
今までなら、実際に牧場まで来てもらい、どんな環境で肉牛が育っているのか、どのような飼料をあげているのかなどを見てもらっていたかも知れません。
しかし、今は動画を撮影して共有したり、写真を送ったりすることでイメージを掴んでもらうことも可能です。
実際に注文をしてもらうまで、細やかに現場の生の情報を共有し、信頼関係を築いていくことも大切です。

希少で高価な食材を初めて発注をする買い手企業に不安なく販売するには

入手の難しい希少食材を、たくさん用意して欲しいという買い手企業も中にはいるでしょう。
まだ大量に作っているところの少ない茶の実油を、季節のサラダのドレッシングをはじめとしたオードブルなどの料理に使いたいので大量に欲しい、という個人のイタリア料理店が連絡をしてきたとします。
しかも初めての注文で、遠方にあることが分かったとしたら、やはり真っ先に売掛金の回収を不安に思うのではないでしょうか。
そうなると、初回の取引は現金でとお願いしたり、条件をつけて取引をするのは割とよくある話だといえます。
しかし、額が大きくなると先方にとっても大きな負担となるため、どうするのが一番いいのか悩むこともあるかも知れません。
そんな時に便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』の「独自の決済代行システム」です。初めての注文であっても、売掛金回収100%保証で、決済手数料も3%と、低く押さえられています。
また、支払いサイトも短く、最短で10日間となっています。
しかもオンライン取引になるため、請求書を作る手間もいりません。
『BtoBプラットフォーム 商談』を利用すれば、お互いに安心して初めての取引を行うことが出来ます。
高額な食材を取り扱っている場合、こうしたシステムが導入されていると新規開拓でも攻めの姿勢を崩さずに営業ができます。

季節の食材をいち早く買い手企業に届けるために

静岡県の食材だけでなく、さまざまな地域から食材を取り寄せたりしているお店にとって、旬の食材はその顧客を喜ばせるための大切なツールでもあります。
その日のおすすめとは別に、定番のメニューを季節ごとに行っている店も多く、それはひとえに、一般消費者が季節ごとに現れる食材に対して敏感であることがその要因となっています。
例えば、静岡の魚介をおまかせで送っているお店が取引先にいるとして、通年入れることの出来る御前崎生かつおなどと合わせて、季節ごとに出回る地魚を少し入れるととても喜ばれたりします。
季節になると必ず売れる、アジやサバといった定番の魚は、必ず入れるようにしなければいけないといえますが、それ以外の商品も、前年の実績を見ることで今年の予測を立てることも出来、効果的な提案をすることが出来ます。
新たに取り扱いを始めた養殖の魚や、流行しそうな魚種を、定番と合わせて入れるものを考え、そこに取引先の希望するものをさらに入れ込むのがベストと言えます。
しかし、企業によっては前年実績をどこで見ればいいのかわからない場合もあるでしょう。
そんな場合にも、『BtoBプラットフォーム 商談』が便利です。

契約につなげるためには、検索機能の活用が必須

『BtoBプラットフォーム 商談』では、検索機能を活用すると前年にどんな商品が売れていたのか、今年はどんな商品が売れるのかを分析するのに役立てることが出来ます。
期間や地域などで情報を絞り込み、ランキング形式で前年のトレンドを閲覧できるため、条件を変えて情報を検索すれば、分析に必要な情報をいろいろ探すことが出来ます。
例えば、静岡県ではさまざまな葉物野菜が採れますが、そのお店におすすめの新品種が向いていそうかといったことや、新たなレシピとともにその品種を提案するなど、お店のトレンドを作ることも可能です。
どの時季にどのような食材を使っていて、どういう検索キーワードで食材を探している買い手企業が多いかといった情報も、ランキング形式で閲覧できるので、自社の取扱商品をサイトに掲載する際の、キーワードの見直しに使用することも出来ます。
さまざまな条件で情報を絞り込み、契約につなげていきましょう。

静岡県産食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

静岡県は、野菜や果物だけでなく、水産物や畜産物も非常に多様なものが揃うことで知られている県でもあります。
取り扱っている静岡県産の食材を、どうしたら買い手企業が探し出して発注してくれるかがわからない、遠方にある企業の新規開拓はコストが掛かりすぎて難しい、そもそも営業のノウハウ自体がなくて困っている、といった企業にこそ、『BtoBプラットフォーム 商談』は真価を発揮します。
これまでご紹介した以外にもさまざまな機能があり、どれもすべて、効率の良いビジネスを展開する上で役に立つものばかりです。
新規開拓をしていく上で、新たなビジネスを生み出すきっかけをくれる機能も多く、使わない手はありません。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を活用して、企業の成長に役立ててください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。