岐阜県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

岐阜県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

北アルプスや中央アルプスの山々の懐に抱かれ、木曽三川の清流に恵まれた岐阜県は、内陸県でありながら、その豊かな自然がもたらす農水産物や畜産物が豊富に揃うことで知られています。
さまざまな伝統野菜や鮎を始めとした川魚など、山村の暮らしに根ざした食材や郷土料理が数多くあり、つづまやかでありながら豊かな食文化があることでも有名です。
岐阜県の食材を取り扱っているけれど、どのようにすれば新たな顧客に売り込めるのかわからないといった悩みがある場合、どうするのが良いか考えてみましょう。

ネットでの集客は新規開拓には必須

自社で取り扱っている商品を不特定多数の新規顧客にアピールしたい場合、どのような方法をとれば効果的に商品を広めることが出来るでしょうか。
広告を出すなどの方法もありますが、小さなものを出すにしても、コストが高いことが挙げられます。
費用対効果の面でいかに効率よく商品を周知するかはとても重要なことです。
今はインターネットがあり、公式サイトを作ったり、SNSを利用して商品を広める方法は、マーケティングの手法としても一般的なものになっています。
では、公式サイトを新たにオープンすることにしたとして、どのようなページを作ればいいか考えてみましょう。
まず、会社概要などの必要な情報を掲載し、取り扱っている商品についてのページを作成するとします。
岐阜県で作られている乳製品を取り扱っているとして、どのような事柄をページに掲載すればいいでしょうか。
よく、取扱商品を箇条書きにして記載しただけのサイトに行き着くことがありますが、その情報だけでは、買い手企業が必要としている情報には圧倒的に足りないといえます。
例えば、同じ牛乳を探している場合でも、高温殺菌の成分無調整で乳脂肪分の低いものを探している企業もいれば、低温殺菌のノンホモのものを探している企業もいるので、そうした細かなスペックを記載したほうが親切だといえます。
しかし、どこまで細かく情報を記載すればいいのか判断がつかず、詳細な情報を記載しすぎても、今度は必要な情報を探すのが大変になってしまう可能性があります。
ある程度のスペックを押さえないと、せっかく買い手企業が自社のサイトを見つけて問い合わせてくれたとしても、必要な商品を取り扱っておらず、ミスマッチを起こしてしまうこともあります。
ミスマッチを起こさないようにするには、買い手企業が商品を探して、必要なキーワードを入れて検索をかけた時に、上位に表示される必要がありますが、それにはさまざまな対策が必要になり、手間やコストがかかります。
インターネットでの集客は、新規開拓をする上で今は必須とはいえ、なかなかうまく行かずにいる企業も多いのではないでしょうか。
そうしたときにおすすめなのが、『BtoBプラットフォーム 商談』です。

ミスマッチが起きないようにするには何が必要か

せっかく初めての問い合わせを買い手企業からもらえたとしても、先方の欲しい商品がないというミスマッチは、なぜ起きるのでしょうか。
問い合わせてもらっても商品がなくてミスマッチを起こすのは、非常にもったいないことでもあるので、なるべく避けたいところです。
岐阜県産の牛乳のページがあったとしても、買い手企業にとって必要な情報が掲載されていなかったら、問い合わせには至らないことが多いといえます。
どこでどんな牛から搾った生乳が使われているか、どのように殺菌されているか、乳脂肪分や固形分はどのくらいかといった基本的なことは、せめて押さえておきたいところです。
『BtoBプラットフォーム 商談』の場合、売り手企業が「商品カタログ」に商品の情報を登録すると、その商品が欲しいと考えている買い手企業と自動的にマッチングされます。
マッチングされる企業は、大きな会社から小さな飲食店まで非常に多様で、欲しいと思っている商品を「調達カタログ」に登録しており、その情報とマッチングされるため、ミスマッチが起きにくくなっています。
マッチングされた買い手企業は「見込企業」として自動的にリストが生成され、担当者の連絡先まで記されたリストが手元に残るようになっています。
新規開拓をするときは見込み顧客のリストを作成する必要がありますが、そのような手間もいらず、リストにある連絡先に営業をかければいいだけになっています。

ビデオ通話などのオンラインツールはビジネスに欠かせない味方

最近はリモートワークの影響から、ビジネスのオンライン化が進み、さまざまなツールで溢れているといえます。
オンラインで会議や商談を行うためのビデオ通話アプリは、ビジネスを円滑に進めていく上で必須のものとなっています。
これまでは遠方に所在地を置いている企業と商談を行う場合、何時間も時間をかけて電車を乗り継いだり、車で移動したりしなければなりませんでしたが、わざわざ移動しなくても、ビデオ通話を使えばすぐに話ができるようになりました。
ただ、セキュリティの問題や、取引先によってビデオ通話のアプリが違ったりといったことも起き、どのようなアプリを導入するべきか悩むこともあるのではないでしょうか。
『BtoBプラットフォーム 商談』にも、オンラインで商談を行うことが出来る「Web商談」の機能がついています。
他のアプリと違い、『BtoBプラットフォーム 商談』を使っている企業同士であれば、商談相手を選んでスケジュールを設定するだけで相手にリマインドを送れるようになっているので、メールやチャットなど、別のアプリを使用して連絡をする手間がありません。
スケジュールも管理しやすくなっているので、うっかり忘れてしまうことも防げます。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、他にも「Web展示会」という機能があり、これを活用することで新規開拓がしやすくなります。
最大の特色とも言える機能を使わないのはもったいないかも知れません。

Web展示会で自社の商品の魅力や企業の概要をアピールする

Web展示会は文字通り、これまで大都市圏の会議場などを会場として行われていた展示会を、ウェブ上で行うことが出来る機能です。
取り扱っている商品のテーマに合った展示会に出展することが可能で、自社のブースでは、通常の展示会と同様に、商品の情報を動画やスライドを使用して説明することが出来ます。
オンラインなので開催地に関係なく出展出来るだけでなく、買い手企業も全国各地から集まってきます。
例えば、岐阜県産のジャンボ生しいたけを取り扱っているとして、青果関連の展示会に出展したとします。
通常の展示会と同じように、自社のブースでは、しいたけが大きく育つ様子を動画で見てもらったり、原木栽培のしいたけと菌床栽培のしいたけではどのように違うのかを、スライドを使って解説することも出来ます。
参加する買い手企業も、これまでは限りある時間の中でどこを回るか考えながら展示会を回っていたのが、ゆっくりと時間がとれる時に興味のあるブースをいくつも回ることが可能で、これまで気になりながらも詳細を見られなかったブースを訪れる可能性が高いのです。
オンラインの強みを最大限に活かし、これまでよりも多くの企業と情報交換をしたり、時間が許せばその場で商談を行うことも可能です。
取り扱っているジャンボしいたけに興味を持ってくれた企業の情報も簡単に収集でき、それをきっかけに新規開拓をすることが出来ます。
活用しないのはもったいない、最大の特色とも言える機能です。

限られた予算の中でより良いものを買い手企業は求めている

欲しいと思っている食材の情報を、さまざまなところから集めて精査している買い手企業が、実際に商品を発注する時、どのようなことに惹かれるのでしょうか。
例えば、同じように加子母のミネラルトマトを探しているとしても、どのような商品が欲しいかは企業によってまちまちだといえます。
少しくらい高くても、いい生産者の良いミネラルトマトが欲しい企業がいたり、予算に収まる範囲であれば、ミネラルトマトとつくなら安いほうがいい、という企業もいます。
同じ商品が欲しいと言っていても、細かく話を聞いていくと、それぞれに重きをおいているところが違うことが分かります。
大切なのは、買い手企業の予算を出来る限り守って、その範囲で一番いいものを提案できるかどうかだといえます。

潜在的なニーズを把握するには、Web商談の活用を

発注に繋がりそうな買い手企業と話をする中で、その潜在的なニーズを把握するのには、商談も含め、こまめに連絡をとって話を訊くことが大切です。
今はビデオ通話アプリなどの便利なオンラインツールがたくさんあり、近場にある企業よりもかえって密にコミュニケーションがとれるため、それを活用しない手はありません。
話をする中で、どんなことに相手が興味を持つのか、また、どういうことに悩んでいるのかを見逃さないようにすることが重要です。
オンラインツールで顔を合わせて話すだけでなく、時にはメルマガの発行などで様子を見ることも合わせながら、相手のニーズを汲むことが必要になります。
『BtoBプラットフォーム 商談』には、メルマガの一斉配信機能もあり、担当者ごとに開封したかどうかが確認できるため、どのようなことに興味を持っているかを探ることが出来ます。
便利なツールを使いこんで、上手に買い手企業との接点を作り、発注につなげていきましょう。

限定食材や希少食材を探す買い手企業も多い

買い手企業の中には、岐阜県でしかとれない希少な食材を探している企業ももちろんいます。
例えば、お店で使う一味唐辛子に、あじめコショウを使いたいという焼鳥チェーンが現れたとします。
これまでであれば実際に現地まで来てもらい、育てている様子や選別の様子などの工程を見てもらうこともあったかも知れません。
今は動画を撮影し、共有することでイメージを掴んでもらうことも可能なので、その点では現場のことが伝えやすくなっていると言えるでしょう。
実際に発注をしてもらうまで、こまめに現場の生の情報を共有し、信頼関係を築いた上で商談を行うのも大切なことです。

希少で高価な食材を初めて発注をする買い手企業に不安なく販売するには

出荷するまでに手間ひまのかかる希少食材を、たくさん用意して欲しいと問い合わせてくる買い手企業も時にはいます。
ようやく安定した生産ができるようになったばかりの、人工栽培のアミガサタケを、シーズンメニューに取り入れたいという規模が大きめのフランス料理店が現れたとします。
しかも初めて取引をすることになる買い手企業で、遠方にある企業からの注文だったとします。
そんな時に不安になるのは、やはり売掛金回収の問題ではないかと思います。
初めての注文が高額になってしまう商品で、しかも量も必要、それを売掛金でとなると、初回だけは現金でお願いしますと条件をつけて取引をスタートさせる場合も多いでしょう。
しかし、まとまった量になると金額もかさむことから、先方にとっても負担が大きくなってしまうケースもあります。
そんな時に便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
独自の決済代行システムを導入しているため、初回でも売掛金回収100%保証で、決済代行手数料も3%と、与信審査の手間やコストを省いています。
支払いのサイトも短く、最短で10日となっています。
しかも、オンライン取引になるので、請求書を起こす必要もありません。
他では手に入らない岐阜県産のアミガサタケを、これでお互いに安心して取引することが出来ます。
高額になりがちな希少食材を取り扱っている企業は、『BtoBプラットフォーム 商談』を導入することで、攻めの営業がしやすくなるといえます。

季節の伝統野菜をいち早く買い手企業に届けるために

岐阜県だけでなく、さまざまな地域の食材を取り入れている飲食店にとって、旬の食材はお店の個性を作るために大切なものだといえます。
その季節ごとのおすすめメニューだけでなく、定番のメニューの見直しを季節ごとに行う外食チェーンなども多く、いかに一般消費者が季節の食材に対して敏感かが分かります。
例えば、岐阜県でとれる野菜のおまかせボックスを送っているお店があるとして、通年とれるほうれん草のような野菜と合わせ、季節ごとに出回る伝統野菜を少し入れるととても喜ばれます。
季節が来ると毎年必ず売れる、茄子やトマトのような定番は、見落とすことの出来ない存在として大切ですが、それ以外の商品も、前年実績を分析することで、今年の予測を立てることが出来ます。
新しく取り扱い始めた野菜や、流行の兆しの見られる品種を、定番のものと合わせて内容を考え、そこに買い手企業のニーズに沿ったものを入れていくのがベストでしょう。
しかし、企業によっては、前年の実績はどこを見て分析すればいいのかわからないというところもあるかも知れません。
そういった企業こそ、『BtoBプラットフォーム 商談』の検索機能の活用をおすすめします。

検索機能を活用してトレンドを読み、契約を勝ち取る

『BtoBプラットフォーム 商談』では、検索機能を使ってさまざまな条件で情報を絞り込むことで、前年にどのような商品が売れていて、今年はどんなものが売れそうかを分析するのに活用できます。
例えば、岐阜県ではネギもさまざまな種類が育てられていますが、料理によってどのような品種が向いているかを提案したり、ときには新たなレシピの提案も合わせて行ったりすることで、お店のトレンドを作ることも出来ます。
買い手企業がどの時季にどのような商品を求め、どのような検索キーワードを使って情報を絞り込んでいるのかということも、ランキング形式で閲覧することが出来るので、そのキーワードを自社で取り扱っている商品のキーワードとして活用することも可能です。
いろいろと条件を考えて検索し、情報を引き出し、契約を勝ち取っていきましょう。

岐阜県産食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

岐阜県の食材は野菜ひとつとってもさまざまなものがあり、地域ごとに多様な食材が根付いています。
自社で取り扱っている岐阜県産の食材を、どうすれば買い手企業が見つけ出して購入してくれるのかがわからない、遠方にある企業の新規開拓はコストが掛かりすぎてちょっとと思っていたり、そもそも営業のノウハウ自体が会社にない、といった企業こそ、『BtoBプラットフォーム 商談』は真価を発揮します。
ご紹介した他にも便利な機能がたくさんあり、新規開拓はもちろん、新たなビジネスを生み出すきっかけを作ってくれます。
これまでより効率の良いビジネスを展開するのに必要な、さまざまなヒントが詰まっています。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を活用して、企業の成長に役立ててください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。