京都府の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

京都府の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

本州の中央に位置し、日本を代表する古都として知られる京都府は、山がちな地形でありながら日本海にも面し、あまり目立ちませんがさまざまな食材が作られています。
食通が通う数多くの料亭や、料理旅館が軒を並べることもあり、近郊の他の地域から極上の食材が集まることでも知られ、国内のみならず、海外の観光客などにも独自の食文化が親しまれています。
伝統野菜や日本海の海の幸など、京都でとれる食材の多くは、地産地消される傾向にありますが、その品質の高さから他の地域での引き合いも多いといえます。
人気の高い京都府の食材ですが、これまで販売したことのない地域に向けてアピールするには、どうすればいいのか考えていきましょう。

新規開拓に欠かせないインターネットでの集客

自社で取り扱っている京都府の食材を、新たな層に向けてアピールするには、どのような手法をとるのがよいでしょうか。
これまで縁のなかった、遠くの地域にある飲食店であったり、取引をしたことがなかった業種の企業に向けてアピールするのであれば、ターゲットとなる企業が読んでいそうな本や新聞に広告を出すのもひとつのやりかたです。
しかし、アクセスしやすい方法を選ぶとなると、やはりインターネットに公式サイトを開いたり、SNSを利用してPRを行うのが手っ取り早いともいえます。
インターネットやSNSを利用している企業は非常に多く、工夫をすると効果が出やすい手法でもあることから、検討している企業も多いのではないでしょうか。
初期費用もそれほど高くなく、効率よく広報が行えるイメージもあるかもしれません。
ただし、手軽だからと公式サイトを作成したものの、アピールしたいターゲットに情報が届かないのでは意味がありません。
確実に情報が狙った層に届くようにするには、さまざまな対策が必要になるといえ、どんな情報を掲載するのかも含め、熟考することが重要です。
例えば、丹波栗を扱っているとして、サイトにはどんな情報を記載するべきでしょうか。
よく、自社で取り扱っている商品を箇条書きにして記載しているだけの企業のサイトを見かけますが、その情報だけでは、商品の特徴は伝わりません。
取り扱っているのがどんな商品なのか、具体的に伝わらないと、買う側は問い合わせをするのも考えてしまいます。
せっかく問い合わせをくれたとしても、買い手企業が欲しいと思っていた商品は、自社で取り扱っているものと加工の状態が違うものだったりする、ミスマッチを起こす可能性もあります。
丹波栗といっても、旬の時期に出回る生のものだけではなく、シロップ煮やペーストなど、さまざまな加工品があり、企業によって欲しい状態のものが違ってくるからです。
そのため、特徴が分かる程度に商品の情報を記載するのが親切だといえますが、あまり細かくスペックを記載しすぎても、今度はどうにかサイトに辿り着いても、欲しい情報を見つけ出すのが難しくなってしまう可能性もあります。
最低限必要な情報を記載し、その少ないキーワードを検索して確実にたどり着いてもらうためには対策が必要で、それ相応のコストと手間がかかります。
初期費用が安いからと公式サイトを作っても、さまざまな理由から更新をせずにそのままになっている企業も少なくないかもしれません。
そんな企業に試してほしいのが、『BtoBプラットフォーム 商談』です。

せっかくの問い合わせを無駄にしないためには

インターネットを検索して自社のサイトに辿り着き、欲しい商品を取り扱っているかもと、問い合わせをしてくれた新規の企業がいたとします。
先方が欲しいと思っている商品について、細かく質問をしていくと、自分の会社では取り扱っていないタイプの商品だった、というミスマッチはなぜ起きてしまうのでしょうか。
丹波栗のページがあったとしても、買い手企業が探している商品の特徴が記載されていなければ、ミスマッチが起きるのは必然だといえます。
生の栗であれば、どのくらいの大きさのものか、品種はどれか、最低販売ロットはどのくらいか、といった基本的な情報は、押さえておかなければいけないものだといえるでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、「商品カタログ」に取り扱っている商品の必要な情報を登録することで、その商品が欲しい買い手企業が自動的にマッチングされるようになっています。
マッチングした買い手企業は「見込企業」として自動的にリスト化され、それが手元に残るようになっています。
見込企業の担当者や連絡先も一覧になっているため、あとはこのリストに従って営業をかければいいだけになっています。
これまで、新規開拓をするとなったら、見込み顧客のリストを作成することから始めなければいけなかったはずが、その手間もいらないため、営業までがとてもスピーディーです。
しかも自社の商品を欲しいと思っている企業がマッチングされているので、ミスマッチを起こす可能性も低いのがポイントです。
商品カタログ自体も、自社の商品を販売していく上で重要なアーカイブとして利用でき、効率よく営業に必要なツールを得ることができるということになります。
買い手企業が問い合わせをしてくれた、その労力を無駄にすることなく、営業をすることが可能になるので、どういうツールを使うべきか悩んでいる企業におすすめです。

オンラインツールを使うことが強固な関係を作る

テレワークやリモートワークが推奨されたことが契機となり、ビデオ通話などのオンラインツールは、あっという間にビジネスツールとして定着し、利用されるようになりました。
ビデオ通話アプリを使えば、日本全国どんなに遠くにある企業とも、顔を見ながら会議や商談ができるようになり、先方にわざわざ足を運ばなくても、信頼関係を作っていくのに役立てることが出来ます。
ただ、その性質上セキュリティが気になったり、取引先によって導入しているアプリが違っていたりすることで、自社でもどのアプリを導入するか悩んだり、いくつもアプリを使わなければならなくなったりと、それなりに問題がつきまといます。
『BtoBプラットフォーム 商談』にもオンラインで商談ができる「Web商談」という機能があります。
他のビデオ通話アプリと同じように、手元にある資料や動画を共有しながら、相手の顔を見て話ができるようになっています。
他のアプリと比べると、会員同士の商談ならば、買い手企業の担当者を選び、予定を入れるだけの簡単操作で商談の設定が可能で、相手へのリマインドも送られるため、メールをしたり、スケジュールを他のアプリに登録する手間も必要ありません。
他のビデオ通話アプリを利用したときのように、メールでURLをシェアしたのにスケジュールをうっかり忘れてしまうといったミスを防ぐのにも役立ちます。
さらに『BtoBプラットフォーム 商談』には、オンラインの強みを生かした「Web展示会」という機能があり、これを利用すると新規開拓がしやすいといえます。

オンラインの強みを生かしたWeb展示会で新規顧客を獲得

Web展示会は、オンラインで開催する展示会で、『BtoBプラットフォーム 商談』の最大の特色ともいえる機能のひとつです。
これまで展示会というと、大阪や東京などの都市部で開催され、近郊の企業が集まるというイメージかも知れませんが、オンラインで開催されるので、開催地にとらわれることなく、日本全国各地から出展者だけでなく参加者も集まってきます。
売り手企業は、取り扱っている商品に合ったテーマの展示会に出展することが可能で、展示会のブースでは、これまでと同じように、動画やスライドを使って商品の魅力や企業のアピールをすることが出来ます。
これまでの展示会では、出張した社員を何人か配置し、ブースでの対応に当たらせたりしていたかと思いますが、オンラインのため出張の必要がなく、対応する社員も最低限で済むなど、コストの面でも効率化が図れます。
買い手企業の担当者も、これまでであれば時間の制約がある中で、前もって調べておいた興味のある企業のブースを、時間を配分しながら回っていたのが、オンラインであればゆっくりと時間がとれる時にブースを訪問できるため、これまで訪問するチャンスのなかった企業のブースを見る可能性が高いといえます。
例えば、丹後とり貝を取り扱っていたとして、魚介類のWeb展示会に出展することにしたとします。
ブースでは、丹後とり貝がどのような環境で育つのか、動画で紹介したり、他の地域のとり貝とどのように違うのかを、スライドを使用して説明することが出来ます。
オンライン上に自分がいる時に、買い手企業の訪問があったとして、その企業の担当者が声をかけてくれたり、こちらから声をかければ、その場でWeb商談を行うことも可能です。
また、丹後とり貝に興味を持ち、ブースに立ち寄ってくれた企業の情報を集めるのも簡単で、その情報を元にして営業をすることも出来ます。
新規開拓の突破口として、使わないのはもったいない機能だといえます。

商品を選ぶ時、企業によってどこに重きを置くかは違う

全国各地の食材の情報を求めてインターネットを検索し、気になる食材を見つけては取り扱っている買い手企業にとって、発注に至るポイントはどこにあるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。
例えば、丹波黒枝豆を取り扱っているとして、それを店で使いたいと問い合わせてくれた企業が2社あったとします。
それが同じように居酒屋だったとしても、コンセプトはそれぞれ違い、欲しいと考えている商品もそれに従って変わってきます。
少々値段が高くても、良い生産者のとびきりのものが欲しいと1社はいい、もう1社は丹波黒枝豆であれば、値段が安いほうがいいと考えていたりすることもあります。
ともに商談を進めていく中で、それぞれの担当者に話を訊くと、どこに重きをおいて商品を選んでいるのかが見えてきます。
その上でニーズに沿ったものを提案するのが売り手としては大切になります。

潜在的なニーズの把握には、Web商談やメルマガを活用して

取引先の担当者と話をする中で、潜在的なニーズを探るには、悩みを聞くことや、興味があるのはどんな商品かを、細やかに見ていくことが重要になります。
ビデオ通話アプリやWeb商談といった機能を活用して、顔を見ながら話をすると、その表情からどんなものに興味を持っているのかを探りやすく、オンラインツールを使った商談は欠かせないものといえます。
しかし、相手によってはこれ以上商談の頻度が高められなかったり、メールやビデオ通話に対するスタンスも担当者によって違うため、加減が必要になります。
そんなときにはメールマガジンの発行をするのも、ひとつの手段だといえます。
『BtoBプラットフォーム 商談』には、メールマガジンの一斉配信機能があるので、これを使わない手はありません。
メールマガジンで季節の食材とレシピの提案などをすることが、新たな発注に繋がることもあり、発注がなくても興味があるかどうかを探ることは出来ます。
『BtoBプラットフォーム 商談』のメールマガジン機能は、買い手企業の担当者がメールを開封したかどうかが確認できるようになっています。
どんなテーマのものだと開封してもらえるのか、何通か配信すると分析が可能になります。
文章を書くのが苦手だったり、何を書いたらいいのかわからない人でも、サンプルの文例や書き方指南があるので安心して取り組むことが出来ます。
買い手企業のニーズを把握するには、さまざまな方法がありますが、そのための機能が数多く『BtoBプラットフォーム 商談』には揃っています。

希少食材を探している買い手企業は意外と多い

なかには、希少で手に入りにくい食材を求める買い手企業もいて、取り扱いはないかと問い合わせてくるケースもあります。
例えば、すももの一種である紅りょうぜんの、糖度の高いものを探しているという洋菓子店から問い合わせがあったとします。
これまでであれば、旬が短いことを伝えるために、どういうところでいつ収穫されるのかといったことを含め、どんなところで栽培されているのか実際に見てもらう機会もあったかもしれません。
今はビデオ通話アプリなどのオンラインツールもあり、動画や写真などでイメージを掴んでもらうことも可能で、わざわざ出向いてもらわなくても商談をつめていけるといえます。
現地の生産者の声を届けたりといった、生の情報をやりとりすることが、信頼関係を作ることにも繋がります。
オンラインツールはこんなときにも欠かせないものとなってきています。

希少食材を初めて大量に発注をする企業に、不安なく商品を販売するには

京都府でとれる希少な食材にはさまざまなものがありますが、紅りょうぜん以外にも、希少で高価な食材を大量に欲しいという買い手企業もときには現れるといえます。
例えば日本海に面した伊根町でとれる岩牡蠣、夏珠を、旬の時期に大量に欲しいという個人のオイスターバーが問い合わせてきた場合、どうすればいいでしょうか。
初めての取引先で、遠方にあることがわかっているとなると、さらに悩みは深くなります。
真っ先に思い浮かぶのは売掛金の回収についての不安ではないでしょうか。
大抵の場合、初回の取引のみ現金でお願いするなど、条件をつけるのが一般的だといえますが、まとまった金額になる場合、先方にとって負担になることも考えられることから、それも考えてしまうこともあるのではないかと思います。
こんなときにも『BtoBプラットフォーム 商談』が便利です。
『BtoBプラットフォーム 商談』では決済代行システムに独自のものを導入しているため、初回の発注であっても、売掛金回収100%保証となっています。
決済手数料も3%と低く、支払いのサイトは最短10日と短いのもポイントです。
しかもオンライン取引なので、請求書の発行も不要です。
高額で希少な食材を取り扱っている企業は、『BtoBプラットフォーム 商談』を利用すると、いざという時に安心だといえるでしょう。

どの地域よりも早く、京都の旬の食材を届けるためには

大阪や東京などの都市部の飲食店では、京都の食材に限らず、さまざまな地域の食材を取り寄せて使っているお店もあり、地域の特色ある食材をひとつのツールとして、お客さんに喜んでもらっている、という会社も珍しくありません。
大手外食チェーンなどをはじめとする、多店舗展開をしている企業でも、季節ごとのメニューの見直しは、お客さんを飽きさせないためにも必須の作業だといえ、これはひとえに一般消費者が季節の食材に対して敏感だということも挙げられるでしょう。
例えば、京野菜をお任せのボックスで納入している居酒屋があったとして、通年取り扱っている京水菜や九条ネギといった野菜を入れることも大切ですが、季節になると現れる伝統野菜や、新しい品種の野菜を入れると喜んでもらえます。
季節になると注文の量が増える甘長唐辛子や賀茂なすといった、季節の定番も外すことは出来ません。
昨年どんなものを納品していたのかや、どんなものが売れていたのかを分析することは、今年の予測をする上でもとても大切です。
しかし、企業によってはどこで前年実績を見たり、分析に必要な情報を探せるのかわからない場合もあるでしょう。
そんなときにも『BtoBプラットフォーム 商談』がとても便利です。

検索機能を活用して、新たな契約を獲得する

『BtoBプラットフォーム 商談』では、検索機能を活用すると、前年の実績を確認できたり、今年の流行を予測することが可能になります。
地域や業種、期間などで検索条件を絞り込み、表示されるランキング形式の情報を、確認して分析するのは、買い手企業の状況を知る上でとても大切です。
例えば、京都府ではさまざまな茄子が栽培されていますが、お店の料理に使うのに、どんな茄子がいいか考えたり、時にはレシピとともに、これまで注文されたことのなかった茄子を提案したりするのも、前年の実績を分析することで可能になるといえます。
季節ごとにどんな野菜を注文しているのか、また、その野菜を探すのにどんなキーワードを使ったのかも確認できるので、それを元に自社の取扱商品に使うキーワードを見直すことも出来ます。
検索機能を活用することが、新たな注文をしてもらうことに繋がります。

京都府産食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

いにしえの都のイメージが強い京都府ですが、地域の特色が色濃い野菜が数多く作られているだけでなく、日本海でとれる豊かな魚介類や、質の良い畜産物で知られている地域でもあります。
取り扱いのある京都府の食材を、どのようにすれば新規顧客に売れるのかがわからない、新規開拓をするのにもあまり遠くだとコストが掛かりすぎてしまう、そもそも営業のノウハウなんて会社に存在しない、といった企業にこそ、『BtoBプラットフォーム 商談』をおすすめします。
日本全国に新規顧客を持つきっかけを作り、効率の良いビジネスを生むための、数多くの機能が備わっています。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を活用して、企業を発展させていきましょう。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。