新しい業務用の日本酒を仕入れるには

新しい業務用の日本酒を仕入れるには

少しずつお客様がお店に戻ってきて、活気づいてきたお店も多いのではないでしょうか。
こんな時こそお客様に喜んでもらいたいと思うこともあるでしょう。
そこでぜひ新しい日本酒を仕入れてみましょう。
業務用の日本酒を仕入れることで、お店の新しい目玉のお酒になるかもしれません。
せっかくなら今まで仕入れたことのないお酒を仕入れてみたい、と思うならインターネットの活用がお勧めです。
インターネットなら全国のさまざまな日本酒を選ぶことができます。
でもどの日本酒にしていいのかわからない・・・。
業務用に仕入れるためにはどうすればいいのか、と悩んだときにおすすめなのが食のマッチングサイトです。
特に『BtoBプラットフォーム 商談』は全国のさまざまな業務用の日本酒を仕入れることができます。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を使って、おいしい日本酒を仕入れてお店を盛り上げましょう。

おいしい業務用の日本酒を仕入れたい

自粛ムードが少しずつ落ち着いてきて、街ににぎやかさが戻ってきました。
飲食店にもお客様が増えてきたのではないでしょうか。
せっかくだから来店してくれたお客様には、ぜひおいしい日本酒を飲んでもらいたい、と思うお店も多いはずです。
このにぎやかさが戻ってきた機会に、ぜひ新しいおいしい日本酒を仕入れてみましょう。
きっとお客様も喜んでくれるでしょう。
ぜひちょっとこだわりのある良い日本酒を探してみましょう。
業務用でもさまざまな日本酒があります。
日本全国のおいしい業務用の日本酒を探してお店の目玉にするのもいいかもしれません。

インターネットで業務用の日本酒を仕入れる

賑わいが戻ってきたお店の目玉としておいしい日本酒を仕入れるなら、ぜひ選択肢が多いインターネットを利用するのがおすすめです。
ただインターネットで仕入れるとなると、どうやって仕入れるのが一番いいのでしょうか。
インターネットで業務用の日本酒を仕入れる方法を検索するとたくさんのネットショップが出てきて、よくわからないと思う人も多いかもしれません。
では一体どうやってインターネットで仕入れ先を選べばよいのでしょうか。

食のマッチングサイトから仕入れる

業務用の日本酒の仕入先としてインターネットで検索すると、食のマッチングサイトが出てきます。
さまざまな食材の売り手と買い手を結ぶサイトです。
いろいろな食材が取り扱われていて、その中にはもちろん日本酒もあります。
食のマッチングサイトの中では、特に『BtoBプラットフォーム 商談』がおすすめです。
さまざまなこだわりの日本酒が取り扱われています。
また取引のスムーズさも魅力の一つです。

大手ECサイトから仕入れるとすると

インターネットで検索すると必ず出てくるのが大手通販サイトです。
検索画面の上の部分はほとんど大手通販サイトかもしれません。
ただそこからどのように商品を選ぶのかがよくわからないこともあるでしょう。
すべて同じようなページに飛ぶようになっているため、そこから結局また商品を探す、という手間も発生します。
さらに普通のネットショッピングと変わらないため、仕入れるという感覚では購入しづらいかもしれません。

酒造メーカーのサイトから仕入れるとすると

業務用の日本酒をインターネットで探していると、酒造メーカーのサイトが出てくることもあるでしょう。
その酒造メーカーの日本酒がお店のお客様に飲んでもらいたい、と強く思える商品なら購入も検討するといいかもしれません。
ただ一つの酒造メーカーでは取り扱っている日本酒は限られます。
その中で選ぶと、どうしても選択肢が少なくなってしまいます。
どうしてもその酒造メーカーのお酒がいい、というわけではないのであれば、一つの酒造メーカーにこだわらなくてもよいかもしれません。

プロが集う『BtoBプラットフォーム 商談』

業務用の日本酒をインターネットで仕入れるのであれば、ぜひ食のマッチングサイトを利用してみましょう。
その中でも食のプロが集うインターネット市場の『BtoBプラットフォーム 商談』は多くの食材を取り扱っています。
利用している企業は9000社以上にもなります。
取り扱っている食材も幅広く、もちろん業務用の日本酒も取り扱っています。
また業務用の日本酒だけでなく、ノンアルコール飲料も取り扱っているので、お店でのお客様の要望に応えられるお酒などの飲料が取り揃えられます。
さらに取り扱っている日本酒の種類も多岐に渡り、全国から希望にそった日本酒を探すことができます。

希望の業務用日本酒と自動でマッチング

お店に仕入れたい日本酒のイメージが決まっているなら、ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』の自動マッチング機能を使ってみましょう。
自分が希望する日本酒のイメージを登録しておくだけで、自動的におすすめの日本酒がマッチングされます。
それによって希望に合う日本酒を提案してもらうこともできます。
そこから新しい日本酒の仕入れに繋がっていくでしょう。

欲しい日本酒の情報を登録する

自分のお店で出す日本酒はどのようなものがよいでしょうか。
自分の中にイメージがあるなら、ぜひそれを募集情報に登録しましょう。
日本酒にもさまざまな種類があります。
大吟醸酒や純米酒、本醸造酒から合成清酒など数多くの種類の日本酒が取引されています。
取引されている日本酒商品分類は幅広いため、ぜひその中の希望の日本酒商品分類を登録しましょう。
そして日本酒を作っている地域などさまざまなニーズを調達カタログに登録していきます。
そうすることで自分の希望の日本酒が買い手企業に伝わります。

ニーズに合った情報が届く

『BtoBプラットフォーム 商談』の自動マッチング機能は、自分のお店で取り扱いたい日本酒の募集情報にもとづいて素早く情報が集まります。
自分で一から情報を集めようと思うと膨大な時間と手間がかかります。
さらに希望にそった情報となると、集めた情報からさらに精査する必要があります。
自分だけで必要な情報を集めるのはなかなか難しいものです。
しかし『BtoBプラットフォーム 商談』の自動マッチング機能を使えば、自分が使いたい日本酒に合った情報だけが集まるので、仕入れに関することだけを考えればすみます。
手間も時間も省くことができ、効率の良い仕入れをすることができます。

集まった情報をもとに仕入れの交渉をする

『BtoBプラットフォーム 商談』の自動マッチング機能を使うことで、自分が使いたい日本酒やその日本酒を取り扱っている企業と出会うことができます。
自動マッチング機能でマッチングされた企業からの売り込みもあるでしょう。
もし条件が合い、自分のお店で使いたい日本酒の取り扱いがあるなら、ぜひ仕入れの交渉をしてみましょう。
さまざまな交渉をすることで自分が希望する仕入れが可能になるでしょう。

Web商談で仕入れの相談をする

『BtoBプラットフォーム 商談』の自動マッチング機能を使って、自分が仕入れてみたい日本酒を見つけたらぜひ仕入れに向けて動いてみましょう。
あるいは自動マッチングした日本酒を取り扱っている企業から売り込みがあるかもしれません。
その時にはぜひ商談を行いましょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』にはWeb商談ができる機能が備わっています。
Web商談はインターネットを介して、商談ができるシステムです。
インターネットで仕入れをするとなると、今まではメールでのやり取りが中心というイメージがあったと思いますが『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談機能をぜひ活用してみてください。

Web商談を予約する

自分のお店で使いたい日本酒とうまくマッチングできたら、ぜひ取り扱い企業にコンタクトを取ってみましょう。
Web商談のメニュー画面からメールを送ることができます。
また日本酒の取り扱い企業の情報から電話で連絡することもできます。
そこから売り手企業とWeb商談の日程の調整を行い、Web商談の登録を行えば予約完了です。
また自動マッチングした日本酒の取り扱い企業から売り込みがあることもあるでしょう。
そんな時もぜひWeb商談を行いましょう。
仕入れへつなげることができます。

顔を見ながら商談する

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談の良いところはお互いの顔を見ながら商談できることです。
それぞれのパソコンのカメラを使うことでWeb商談の画面にお互いの顔が映し出されます。
それによってまるで対面して商談をしているかのように、相手の表情も見ながら商談ができます。
それによって話しやすく商談もしやすいでしょう。
また資料を画面共有で提示してもらうこともできるので、商品に関するさまざまな情報を知ることができます。
その情報もぜひ仕入れをするかどうかの判断に使いましょう。

Web商談の利点を活用する

せっかくなら顔を見ながら話ができるWeb商談の利点を活用しましょう。
仕入れをしたい日本酒に対するあなたの希望やこだわりをぜひ売り手企業に伝えましょう。
きっと売り手企業からも日本酒への想いやこだわりを聞くことができるかもしれません。
日本酒の作り手のこだわりもあるに違いありません。
また味の特徴などは言葉を尽くして説明してくれるでしょう。
それもWeb商談をしているからこそ聞くことができる情報です。
その情報に納得した上で、取引を進めていきましょう。
また業務用の日本酒なので、ロットの相談や価格面での交渉もできます。
お互いの希望をすり合わせることでよりスムーズな取引につながるはずです。

業務用通販コーナーでこだわりの日本酒と出会う

『BtoBプラットフォーム 商談』には自動マッチングやWeb商談など、たくさんの便利な機能があります。
それに加えておすすめなのが業務用通販コーナーです。
業務用通販コーナーには「全国特産品Mart」、「即決!Mart」、「備品資材市場」などのコーナーがあります。
その中でも日本酒の仕入れにむいているのは「全国特産品Mart」です。

全国の特産品を仕入れることができる

「全国特産品Mart」には日本全国の商品が数多く出品されています。
もちろん業務用の日本酒もあります。
日本全国にはさまざまな日本酒を作っているたくさんの地域があります。
たとえば秋田県の日本酒が欲しい、新潟県の日本酒も気になる、など地域を限定して探すことも可能です。
地域別で検索できるので、自分の希望があればその地域のものを探すことが可能です。
ぜひ探してみてください。

こだわりの食材に出会える

トップページにはこだわりを持って食材を作っている企業が取り上げられています。
その食材へのこだわりを知ることでより魅力ある仕入れができるでしょう。
こだわりの食材の種類も豊富です。
それぞれの食材のこだわりのポイントを知り、自分のお店に合うかどうかも考えることができます。
自分のお店に置きたい日本酒がこだわりのあるものであれば、それをアピールすることでお客様にもそのこだわりが伝わるでしょう。

気軽に購入しやすい

業務用通販コーナーで販売している食材は、価格が明示してありその価格で購入できます。
まるでネットショッピングをするように、欲しい商品をカートに入れて購入できるので、気軽に購入することができます。
たくさん購入する前にまずは自分のお店に合うかどうか試してみたい、というときにも利用しやすいでしょう。
検索やカテゴリーわけもわかりやすく、自分が欲しい食材や、どの地域のものを買いたいかですぐに商品を見つけることができます。

業務用の日本酒を仕入れるために、ぜひ多くの優れた機能を備えた『BtoBプラットフォーム 商談』を使ってみてはいかがでしょうか。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。