飲食店で使う野菜を効率よく仕入れるには

飲食店で使う野菜を効率よく仕入れるには

自分の経営する飲食店で野菜を使ったメニューを考えたい、と思ったときに、どのようにすれば野菜を効率よく仕入れることができるでしょうか。
ある程度、こういう野菜を使いたい、というイメージもあるでしょう。
またよくある野菜ではなく、ちょっと変わった野菜も取り入れたいという思いもあるかもしれません。
そんな時にどのように野菜を探せば、うまく仕入れることができるかを考えることはとても重要です。
効率よく野菜を仕入れたい、と考えるならぜひインターネットを使いましょう。
インターネットを使えば、全国のさまざまなところから野菜を仕入れることができます。
ただどのようにインターネットサービスを使って仕入れをするかもとても重要です。
そこでおすすめなのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
『BtoBプラットフォーム 商談』は食のマッチングサイトで、多くの食材を取り扱っています。
自分が使ってみたい野菜を探すことも、実際に仕入れをすることにも効率よく使えます。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を使ってみましょう。

自分のお店で使う野菜を仕入れたい

自分のお店で使う野菜を仕入れる際、どのように仕入れをしていますか?
市場などで簡単に仕入れることもあるかもしれませんが、できれば使う野菜の種類を増やしたい、と思うこともあるでしょう。
またちょっと変わった野菜を使ってみたい、と考えることもあります。
手近な所で仕入れをするのもいいけど、もっと野菜の選択肢を増やして、いろいろなものを使ってみたいと考えたときはどうすればよいでしょうか。
仕入れる野菜の種類を増やすことを考えたり、今まで使ったことのない野菜を仕入れるとしても、やはり仕入れは効率よくしたいと思うものです。
どこかで新しい野菜や珍しい野菜を仕入れてみたいけど、うまく出会える場はないでしょうか。
そんな時こそぜひインターネットを使った仕入れを試してみてください。
きっと今までにない仕入れができるはずです。

インターネットを使って野菜を仕入れる

近場では多くの種類の野菜を仕入れるのは難しい。
また普段使わないような野菜を仕入れたい、と考えるならぜひインターネットを活用した仕入れがおすすめです。
インターネットを使えば仕入れの選択肢が大きく広がります。
さらに新しい野菜との出会いも増えます。
使ったことがない野菜、見たことのない野菜なども選ぶことができるようになるでしょう。
ではどうやってインターネットで野菜を仕入れるのでしょうか。

食のマッチングサイトを使う

インターネットで仕入れをする時に便利なのが、食のマッチングサイトです。
食材の買い手と売り手を結ぶマッチングサイトはさまざまな出会いの場を提供してくれます。
その中でも特におすすめなのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
『BtoBプラットフォーム 商談』はプロが集う食のインターネット市場です。
利用企業数は約9000社と多くの企業が利用しています。
売り手の企業もとても多いので、取り扱い品目も多いのが特徴です。
たくさん出品されている野菜の中には、きっと使ってみたいと思える野菜もあるでしょう。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を使って、自分のお店で使ってみたい野菜を探してみてください。

大手ECサイトで探す

インターネット上には大手ECサイトに出店している企業や農家の方も多くいます。
そこでさまざまな検索をかけて、自分が使ってみたい野菜を探すこともできます。
ただある程度、何の野菜を使うか決めてから検索をかける必要があります。
思わぬ出会いがあるというよりは、あらかじめ買う野菜を決めておいて、それをどのショップで買うかを決める、という形になることが多いでしょう。
なかなか新しい野菜との出会いは得にくいかもしれません。

企業や農家の運営サイトから購入する

インターネット上では実際に野菜を作っている農家の人や、野菜を卸売りしている企業が自社サイトを運営していることもあります。
そのサイトを通じて、自分が欲しい野菜を仕入れることも可能です。
ただ直接運営しているサイトを検索から見つけることは非常に難しい場合が多いでしょう。
また検索にヒットしたサイトが必ずしも自分が買いたい野菜を扱っているとは限りません。
自分が考えもしない新しい野菜に出会いたいと思うのは、なかなか叶えることができないかもしれません。

食のマッチングサイト『BtoBプラットフォーム 商談』とは

自分のお店で使う野菜を仕入れる手段としてインターネットを使ってみましょう。
インターネットで野菜を仕入れるのに使いやすいのが食のマッチングサイトです。
あらゆる食材とマッチングできる『BtoBプラットフォーム 商談』にはさまざまな機能があります。
仕入れたい商品を募集情報として登録すると、欲しい食材を取り扱っている企業と自動でマッチングしてくれます。
そこから取引に繋げていくことができます。
マッチングは予想外の食材を選んでくれることもあり、新しい食材との出会いがあるかもしれません。
また業務用通販コーナーもあります。
そこで自分が使ってみたい野菜をいろいろ探すのも一つの方法です。
業務用通販コーナーには試しに買うにはちょうどよい「即決!Mart」と「全国特産品Mart」があります。
表示価格で購入できることでわずらわしさがなく、カートに追加して気軽に購入できるので、ネットショッピングのように素早く食材を購入できます。
こだわりの食材の紹介などもあり、使ってみたい野菜が見つかるかもしれません。

欲しい野菜とマッチングするには

『BtoBプラットフォーム 商談』には欲しい食材を登録できる「調達カタログ」という機能があります。
自分が欲しい野菜の状態や、種類、価格帯を登録します。
すると野菜を扱っているさまざまな売り手企業とマッチングすることができます。
マッチングした売り手企業からのアプローチによって、新しい野菜を仕入れることができるようになるでしょう。
このマッチング機能が自分から取引先を探さないといけない、というわずらわしさから解放してくれます。
『BtoBプラットフォーム 商談』の売り手企業の数は約1600社もあります。
また取り扱い食材の数は約330,000品にも上ります。
この圧倒的な数の食材があれば、きっとあなたのお店で使いたいという野菜とも出会えるでしょう。
新しい食材をたくさん検索して探すなどの手間も省けるため、さまざまな食材を検討することができます。

Web商談をして野菜のことを知る

『BtoBプラットフォーム 商談』に自分が欲しい野菜の募集情報を登録するとその募集情報に合った野菜が自動でマッチングされます。
このマッチングされた野菜やそれを取り扱っている企業と出会えることは仕入れをする手間を大きく省いてくれます。
売り手企業からのアプローチもあるでしょう。
そこでぜひその売り手企業と話してみましょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』にはWeb商談機能というものがあります。
売り手企業の人と実際に顔を見ながら話ができる機能です。
今のコロナ禍では実際に営業に来てもらうのも難しく、また遠方の企業であればなおさら会って話を聞くことはなかなかできません。
そこをしっかり補ってくれるのがWeb商談機能です。

気軽に売り手企業にアプローチできる

自動でマッチングされた企業からアプローチがあることはもちろんですが、こちらからもマッチングされた企業に連絡をしてみましょう。
Web商談をしてみたい旨をメールや電話で連絡することで、Web商談の予約ができます。
あらかじめ聞きたいことやメニューの参考になりそうなことを考えておくとよりスムーズに話ができます。
こちらから連絡することで、よりスムーズに効率的な仕入れに繋がるでしょう。

相手の顔を見て商談ができる

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談機能はそれぞれの顔を見ながら商談ができるようになっています。
顔を見ながらオンラインで話すことにより、まるで直接会って商談しているような満足感を得られるはずです。
実際に仕入れたい野菜のこだわりやおすすめの使い方などをぜひ聞いてみましょう。
売り手企業の視点からのその野菜の特徴などを教えてもらえるはずです。
また資料を共有しながら話を聞くことができるので、よりわかりやすい商談ができます。

直接商談することで効率よく仕入れできる

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談機能の良いところはネット通販と比べてオンラインでしっかり話ができるところです。
取引の上で気になることもしっかり話し合うことができます。
どのように仕入れをするか、仕入れ価格はどうなるか、など直接聞きたいことはたくさんあるはずです。
さまざまな疑問点が顔を見ながらしっかり話すことで解決できます。
その場で疑問点を解消できることで効率よく仕入れを進められるでしょう。

決済代行システムで支払いのわずらわしさから解放される

『BtoBプラットフォーム 商談』のとても便利な機能の一つに決済代行システムがあります。
新しく売り手企業と取引を始めるうえで気になるのが支払いのことです。
支払いの手続きなどは煩雑な部分が多く、また支払いの手間も毎月発生します。
取引する企業が増えれば増えるほど、支払いの手間も増えます。
そこをカバーしてくれるのが『BtoBプラットフォーム 商談』の決済代行システムです。

複数企業への支払いを一本化

新しい食材を仕入れるとなると取引する企業も増えてきます。
1社であればそこまで手間がかからない支払いの手間も、取引企業が複数になると倍増します。
『BtoBプラットフォーム 商談』の決済代行システムは複数企業への支払いを一本化できます。
自分のお店からの支払いは『BtoBプラットフォーム 商談』を運営するインフォマートへ行います。
さらにインフォマートがそれぞれの企業への支払いをしてくれるので、こちらは一度の支払いで済むのが決済代行システムのいいところです。

決済代行システムでコストを削減

複数の企業への支払いをするとなると、まずそれぞれに振込手数料が発生します。
各企業へそれぞれ振り込むとなるとは意外に手数料の金額は大きくなります。
また新しく取引を始めるときには口座開設の手間もあります。
そのような時間やお金のコストを削減してくれるのが決済代行システムです。
少しのことでも積み重なると大きなコストとなります。
それが軽減できるのは大きな魅力です。

インフォマートポイントが貯まる

『BtoBプラットフォーム 商談』の決済代行システムは利用するとインフォマートポイントが貯まります。
決済代行システムを使えば使うほどポイントが貯まるのはうれしいところ。
このインフォマートポイントは業務用通販コーナーで使うことができます。
欲しい食材や備品を買うことなど、便利に使えるのでこのポイントをぜひ有効に使いましょう。

新しい野菜との出会いで効率的な仕入れをする

自分のお店で新しい野菜を仕入れるために食のマッチングサイト『BtoBプラットフォーム 商談』を利用してみましょう。
新しい魅力的な野菜ときっと出会えるはずです。
そして新しく出会った野菜を使って、ぜひ魅力的なメニューをお客様に提供してみてください。
そうすることできっとあなたのお店もお客様からの人気を得ることができるでしょう。
お店と食材との出会いはとても重要です。
ただ食材を探すために時間を取られるのは残念なこと。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を使って効率の良い仕入れをしてください。
そしてお店のメニュー開発などお客様に喜んでいただけることのために時間を使いましょう。
きっとその時間はあなたのお店の人気アップにつながるはずです。

効率的な野菜の仕入れは『BtoBプラットフォーム 商談』で

新しい野菜のメニューを考えたいなど、新しい食材との出会いを求めるときに利用するとよいのがインターネットです。
さまざまな形でインターネットでの仕入れができますが、効率よく仕入れをするためには機能がしっかり揃ったサイトを使うことが大切です。
それが食のプロが集うインターネット市場である『BtoBプラットフォーム 商談』です。
自分が使いたい野菜を登録すれば、自動でマッチングする機能があります。
そこで出会った売り手の企業とインターネットを使ったWeb商談をすることもできます。
顔を見ながら商談することで新しいメニューのヒントを得ることができるかもしれません。
また少しだけ試したい食材を買いたいときは業務用通販コーナーも利用するとよいでしょう。
支払いなどの心配もインフォマートが決済代行システムを通じて一括で支払いの管理をしてくれます。
便利な機能がたくさん揃っている『BtoBプラットフォーム 商談』を使って、ぜひ効率の良く野菜の仕入れをして、お店の経営に集中しましょう。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。