富山県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

富山県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

日本海に面し、豊富な海の幸に恵まれることで知られる富山県は、立山連峰の自然が育む山の幸、その清らかな水で育つ野菜や米など、非常に豊かな食の宝庫だといえます。
富山県の食材は、その品質の高さから人気が高く、展示会や催事でも高い人気を誇ります。
富山県の食材を取り扱っていて、遠方にある企業の新規開拓を行うには、展示会や催事を除いた場合、どうしたら良いでしょうか。

ネットで新規顧客を取り込むには

例えばインターネットを利用して、新規顧客を取り込むにはどうするのが良いかといえば、やはり公式サイトを公開することが最初の一歩ではないでしょうか。
会社概要や沿革といった情報を載せることも大切ですが、重要なのは取り扱っている商品をどのように掲載するかです。
富山県産のブリを扱っているとして、そのブリの話を掲載する場合、買い手側はどのような情報を求めて、ネットを検索しているか考えなくてはなりません。
買い手側が求めているのは、ブリが水揚げされた場所やどのように締めているか、どのように加工された状態なのか、どのくらいの量から売ってもらえるのか、といった細やかな情報を探していたりします。
単純に取扱商品のページにブリが記載されている状態では、自社で扱っているブリと、買い手が探しているブリの状態にミスマッチが起きる可能性があります。
ミスマッチを起こさずに、買い手の企業が自社の取扱商品を探し当ててくれるようにするためには、キーワード検索をした時に上位に表示されるのがベストですが、そのためにはSEO対策などの手間とコストが掛かります。
公式サイトを公開したのはいいけれど、そこでどのように商品や自社のアピールをすればいいのかわからず、そのまま放置気味になっていたりしないでしょうか。
そんな企業に便利なのが、『BtoBプラットフォーム 商談』です。

ミスマッチを起こす材料を排除するには

ネットの問い合わせなどで、買い手企業が望んでいるものを取り扱っていない、といったような、ミスマッチはなぜ起きるのでしょうか。
例えばブリを掲載しているページに、取り扱っているブリのことを記載していたとしても、買い手企業が欲しいと思っている「どんな状態のブリがあり、どれくらいの量から買えるのか」といった情報が記されていないと、「良さそうな商品だからとりあえず問い合わせてみよう」とはならないケースが多いといえます。
かといって、どこまで詳細に書くべきなのか判断がつかずに、そこで対策が止まってしまったりする場合もあります。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、こうしたミスマッチは起きないように仕組みが整っています。
売り手企業が、取り扱っている商品を「商品カタログ」に登録するだけで、その商品が欲しいと思っている買い手企業と自動的にマッチングします。
マッチングした買い手企業は「見込企業」として自動的にリスト化され、情報が手元に残ります。
ネットに作った公式サイトでは、ミスマッチを起こしたり、来るべき買い手企業が来られない状態を作っていたかもしれませんが、『BtoBプラットフォーム 商談』ではそのようなことはありません。
マッチングした見込企業のリストには、担当者の連絡先も記載されているので、新規開拓用の見込企業リストを作る手間もいらず、リストの連絡先に連絡をして商品を売り込めばいいだけなのです。
『BtoBプラットフォーム 商談』の機能を上手に活用して、どんどん新規開拓をしていきましょう。

遠方の企業とオンラインでWeb商談をする

例えばネットから問い合わせの来た遠方の企業と、メールでやり取りを重ねるうち、商談をしましょうということになったら、どのように商談を行うでしょうか。
コロナ禍を経たこともあり、それまでは遠方にある企業のもとに長時間かけて訪ねていくのが常だったのが、オンラインで商談を行うケースも増えているかも知れません。
今はビデオ通話もさまざまなものがあり、ウェブカメラのついているパソコンさえあれば、どんなに遠くの人ともオンラインで話ができるようになりました。
ただ、仕事の話をするとなると、セキュリティの問題が気になったり、会社によって利用しているアプリが違ったりと、何を導入するべきか迷ってしまったりします。
『BtoBプラットフォーム 商談』でも、オンラインで商談を行うことの出来る「Web商談」が機能としてついています。
Web商談では資料や動画を共有しながら相手の顔を見て話が出来るだけでなく、スケジュールの管理も一括してアプリの中で行えるのが便利なところです。
商談相手や予定を決めてスケジュールを組み、Web商談の予約をすれば、あとは予定の日にリマインドが来るので安心です。
さらに、『BtoBプラットフォーム 商談』では、「Web展示会」を開催することが出来るのが最大の特徴といえます。

Web展示会で自社の商品の魅力や企業の概要をアピールする

『BtoBプラットフォーム 商談』では、これまで大都市圏で開催されていた展示会と同じように、オンラインで展示会を開いたり、出展・参加することが出来たりするようになっています。
オンラインで開催するため、開催地を気にする必要がないので、出展者も参加者も日本全国さまざまなところからやってきます。
出展する売り手企業は、自社の商品やテーマに合った展示会に出展出来るようになっています。
例えば氷見うどんを取り扱っているとして、製麺関連の展示会に出展することにしたとします。
自社のブースでは、通常の展示会と同じように、動画やスライドを使って商品の製造工程を説明したり、企業のアピールを行ったりすることが出来ます。
参加者の買い手企業は、オンラインでいつでもブースを見ることが出来るため、これまでは気になってもブースを通り過ぎていた担当者も、都合の良い時間にゆっくりと見ることが出来ます。
そのため、これまでよりもさまざまな企業に見てもらえる可能性が高くなるので、新規開拓がしやすくなるのです。
取り扱っている氷見うどんに、興味を持ってくれた企業の情報を集めることも簡単にできるようになっているため、それを新規開拓のきっかけとして利用することも出来ます。
Web展示会は『BtoBプラットフォーム 商談』の最大の特色ともいえるので、これを使わない手はありません。

買い手企業が探しているのは同じ商品でもどんなものか

富山県の食材を探している買い手企業が、実際に注文する商品を選ぶ時、どんなところに惹かれて注文をするのか、気になる売り手企業の方も多いでしょう。
例えば、同じ寒締めこまつなを探しているとしても、どこに重点を置いているかは、買い手企業によって違うといえます。
多少高くてもより良い生産者のものが欲しい、という企業や、ブランド名がついているもので、出来るだけ値段が安いほうがいい、という企業もあるということです。
そのため、同じ寒締めこまつなを探している企業にも、しっかりと話を聞いて相手のニーズを把握し、そのニーズを満たすものを提案することが重要になります。
特に重要なのは、買い手企業が考えている予算に収まる範囲で、より良い商品が提案できるかどうかだと言えるでしょう。

潜在的なニーズを把握するためにも、オンラインの商談は必須

買い手企業のニーズを把握するには、こまめに連絡を取って悩みを聞いたり、要望を聞いたりすることが重要です。
今は遠方の企業でも、オンラインで商談が出来るので、実際に足を運ぶよりも密にコミュニケーションがとれる状況でもあり、ニーズも把握しやすくなっているかも知れません。
潜在的なニーズを把握するには、相手の企業とやりとりをする中で、相手がどういうことに興味を持ったかなど、細かなことを見逃さないようにする必要があります。
そのためには、メルマガを発行してみたりすることや、オンラインでの商談は必須だといえるでしょう。
こまめに連絡をとって商談を行うことが肝になると言えるので、営業担当者は楽ではないかも知れませんが、チャンスはさまざまなところに転がっているといえるので、見逃さないように気をつけながら新規開拓をしていきましょう。

限定食材や希少食材を探す買い手企業も多い

もちろん、買い手企業の中には、地域の限定食材や希少食材を探している企業もいます。
例えば、富山県産の小粒いちじくをタルトに使いたくて探している遠方の洋菓子店がいるとして、これまでであれば現地まで来て、どんな畑でとれるのかを見てもらったりすることもあったかも知れません。
今は動画やスライドなどでその様子を写して、それをオンラインで共有することも可能なので、それでイメージを掴んでもらうことができます。
こまめにWeb商談を行い、生の情報を伝えていくことが、信頼関係を作ることにも繋がっていきます。

希少で高価な食材を初めて発注をする買い手企業に不安なく販売するには

希少な食材はどうしても値段が張りがちですが、そういう食材をまとめて売って欲しいという買い手企業も時にはいます。
天然物のサクラマスの刺身を宴会で出したいと言っている日本料理店がいるとして、その日本料理店が遠方にある初めての取引先だったとします。
そういった場合に、まっさきに心配するのが売掛金の回収についてではないでしょうか。
遠方にあり、初めての注文が高額の希少食材では不安なので、初回は現金で取引をと考えるのが一般的だといえます。
しかし、宴会用で量も多いことから、現金での取引となると、買い手企業側にとって負担が大きく、どうしても出したいはずのものを諦めなければならない可能性もあります。
そんなとき、『BtoBプラットフォーム 商談』を使っていれば、独自の決済システムを導入しているので、不安を感じることなく取引をすることが出来ます。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、初めての注文でも売掛金回収100%保証で、決済代行手数料も3%のみとなっています。
支払いのサイトも最短10日と短いのでさらに安心して取引が可能になります。
しかもオンライン取引のため、請求書を起こす必要もありません。
高額で希少な食材を取り扱っている場合は、『BtoBプラットフォーム 商談』を導入することで、安心して攻めの営業を行うことが出来ます。

移り変わる季節の食材をいち早く買い手企業に届けるために

富山県の食材を求めている買い手企業の多くが求めているのが、季節ごとに出てくる旬の食材の情報ではないでしょうか。
どんな飲食店も季節ごとにメニューを入れ替えることを考えると、一般消費者が季節の食材を求めていることが分かります。
例えば、富山湾の魚を1年通しておまかせで送ることになった場合、やはり旬の魚を入れたほうが喜ばれます。
季節ごとのニーズを把握するには、前年の状況を分析し、今年の状況を予測することが重要になります。
流行している料理や話題になっている食材、何年も定番として売れている旬の食材など、いろいろな情報を分析して、今の悩みを買い手企業から聞き取り、提案をするのが良いといえます。
しかし、なかには前年の実績や今年の状況予測といった情報を、どこで仕入れたらいいのかわからずにいる企業もあるかもしれません。
そんな企業には、『BtoBプラットフォーム 商談』の、検索機能を活用することがおすすめです。

検索機能を活用してトレンドを読み、契約を勝ち取る

『BtoBプラットフォーム 商談』では、検索機能を活用することで、前年はどういう商品が売れていたのかを確認できたり、流行を先取りすることが可能です。
富山湾の魚といっても、約500種あるといわれているので、まだ知られていない魚ももちろんたくさんあります。
前年の傾向を分析し、今年流行しそうな魚種を考え、提案することで、トレンドを作っていくことも可能だといえます。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、さまざまな条件で情報を絞り込むと、買い手企業がどの時期になるとどういう注文を入れているのか、閲覧をすることができ、これを元に分析すると、買い手企業のニーズの把握に繋がります。
あとはどのような商品を提案するか考えたり、販売戦略を練ったりするだけです。
買い手企業が、欲しいと思っている商品を検索する時に使うキーワードも、ランキング方式で閲覧することが出来るため、実際に商品を販売する時に使用するキーワードの見直しをすることも可能です。
新たな注文をもらうためには、流行の先を読み、ニーズを把握して販売戦略を練ることが重要です。
検索機能を活用して、どんどん情報を得ていきましょう。

富山県産食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

富山県の食材といっても非常に幅が広く、地域ごとにさまざまな食材があるので、まだまだ知られていない食材も多いといえます。
自社で取り扱っている富山県産の食材を、どうしたら買い手企業に注文してもらえるのかわからない、遠方にある企業に営業するのはコストが掛かりすぎる、そもそも営業に関するノウハウがないといった企業にこそ、『BtoBプラットフォーム 商談』は真価を発揮します。
ご紹介した以外にもさまざまな機能があり、活用することで新規開拓が可能になるだけでなく、業務効率化が図れたり、ペーパーレス化に寄与したりとメリットがたくさんあります。
これまでとは違うビジネスを展開するための、ビジネスのヒントが『BtoBプラットフォーム 商談』にはぎっしりと詰まっています。
ぜひ詳しくその機能を知って、自社のビジネスの成長に役立ててください。
今までより効率の良いビジネスを展開できること間違いなしです。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。