石川県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

石川県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

小京都として知られる観光都市・金沢や、朝市で知られる輪島などの観光地のある石川県は、日本海に突き出たような地形から、豊富な魚介類がとれることや、加賀野菜などの独特な食材が作られ、そこからさらにさまざまな食が生まれていることで知られています。
石川県の食材は人気が高く、展示会や催事に出展すれば、そこで新たな顧客を獲得するのも難しくなかったといえます。
しかし、展示会や催事は出展するのに大きなコストがかかるため、頻繁に出展するわけにもいかないことから、遠方での新規開拓は難しいと感じている方も多いかも知れません。
それではと、ネットで新規開拓をしようと、おしゃれなウェブサイトを作成して、公開していたとしても、そこにアクセスをしてもらわなければ意味がありません。
そのためにはさまざまな対策が必要になり、それにも人手やコストが必要なので、そこでまた悩んでしまい、サイトの管理をするだけで手一杯になってしまいがちです。
理想としている販売戦略をどんなに持っていたとしても、対策をするだけで終わってしまっていたら意味がありません。
そんな時に便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
登録するだけで日本全国約7,500社の買い手企業が、質の高い食材の情報を待っています。
上手に活用することで、新規開拓はもちろん、効率の良いビジネスを展開することが出来ます。

石川県の加能ガニをさまざまな買い手企業に提案する

日本海に突き出した能登半島に位置している石川県は、魚介類ひとつとっても非常にさまざまなものがとれる地域で、その数は全国トップクラスの数だといわれています。
例えば、石川県産の加能ガニを取り扱っているとして、どのように買い手企業にアピールするのが良いでしょうか。
まず、石川県のどのあたりで水揚げされたものなのか、大きさ、状態はどのようなものか、どのように買い手企業に届くのかなどを説明する必要があります。
例えば、輪島港で水揚げされた1キロのオスに天然塩を使用してボイル後に急速冷凍、といったように、どういう状態で届くのか判断しやすいように情報を伝える必要があります。
加工品であれば、どのような加工をしているのかはっきりと明記する必要があり、その情報がきちんと記されているかどうかで、内容を確認するかどうかが決まります。
加工品といってもその幅は広く、単純にほぐしたものを缶詰やパックにしたものから、カニ味噌やカニしんじょなどさまざまなものがあります。
そのため、詳細をきちんと記載しないと、せっかくウェブサイトを持っていたとしても、興味を持って問い合わせをしてくれた企業とのミスマッチを起こしてしまう可能性があるのです。
ミスマッチを起こさずに、買い手企業が自社の取り扱っている商品を確実に探し当てるには、どのような商品を取り扱っているのか詳細に記載し、商品をキーワード検索した時に上位に表示される必要があります。
それにはSEO対策などの手間とコストが掛かり、費用対効果の面でどのようなものを取り入れるのが良いか決める必要があります。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、商品カタログに取扱商品を登録するだけで、その商品が欲しいと思っている買い手企業と自動的にマッチングする機能があるため、ミスマッチを起こすことなく新規開拓がしやすくなっています。
手間とコストをいかにかけずに、販路拡大を図ることが可能かを考えながら、導入するサービスを選ぶのはとても大切なことです。
『BtoBプラットフォーム 商談』は、導入する際のコストや、ランニングコストを抑えることが出来、新規開拓に必要なさまざまな機能を利用することが出来ます。
導入事例もサイトで読むことが出来るので、参考にすれば安心して導入出来るのではないでしょうか。

マッチングした企業とオンラインで商談が可能

ウェブサイトに取り扱っている商品を掲載し、ネット検索でその商品を見つけた買い手企業が、お問合せフォームを使用して連絡をくれたとします。
その後の商談はどのように行うのがいいでしょうか。
以前はどんなに遠方にある企業でも、先方の企業があるところまで出かけていって、実際に顔を合わせて挨拶をし、商談を行うことが当たり前だったかも知れません。
しかし、今はオンラインミーティングを可能にするツールがたくさんあり、それらを使用して顔を合わせ、話をすることが可能になりました。
ただ、セキュリティ上の問題が気になったり、企業によってどのツールを使っているかが違うため、どれを使ってミーティングを行うかなど、ハードルもいろいろあるといえます。
『BtoBプラットフォーム 商談』にも、オンライン商談の機能があり、Web商談が出来るようになっていますが、『BtoBプラットフォーム 商談』を導入済みであれば、その他のアプリケーションは必要なく、『BtoBプラットフォーム 商談』の中で商談相手や予定を決めて、スケジュールを管理することが可能です。
さらに、「Web展示会」をオンラインで開催することが可能で、自社の商品のテーマに合った展示会に出展することで、自社の商品をアピールしたり、企業アピールをする場としても利用することが可能です。

Web展示会で自社の商品の魅力や企業の概要をアピールする

『BtoBプラットフォーム 商談』で利用できるWeb展示会は、これまで大都市圏の会議場などで行われていた展示会と同様のものを、オンラインで行うことが出来るものです。
オンライン開催なので、開催地を気にすることなく、日本全国どこからでも参加することが可能で、買い手企業もさまざまなところから集まってきます。
オンライン開催の利点を活かし、遠方の新規開拓をすることが可能になり、出展する際にかかる人手やコストの面でも優れたパフォーマンスを誇ります。
例えば、石川県のルビーロマンを取り扱っているとして、果物関連のWeb展示会に出展することになったとします。
展示会の自社のブースでは、動画やスライドを使用してルビーロマンの栽培方法やその他のぶどうとの差を解説することが可能です。
もちろん、企業アピールに利用することも可能で、企業概要や沿革を紹介する、イメージビデオを流すことが出来ます。
取り扱っているルビーロマンに興味を持ってくれた買い手企業とは、その場でWeb商談をすることが可能で、ビジネスチャンスを逃しません。
買い手企業の担当者にとっても、自分が時間のある時に、興味のある企業のブースを回り、動画やスライドを見ることが可能なので、オンラインの強みを生かした形での新規開拓を可能にします。
自社の取り扱うルビーロマンに興味を持った企業の情報を収集することも簡単に出来、新規開拓のきっかけにもなります。
『BtoBプラットフォーム 商談』の最大の特色とも言えるWeb展示会を活用することで、日本全国に顧客を持つことが可能になるといえます。

買い手企業が探しているのはより良い生産者の商品

買い手企業は、石川県の食材を手に入れたいと思った時に、自分の考えている条件をクリアするものを手に入れたいと思っています。
例えば、加賀れんこんを探していたとしても、買い手企業によってどこに重点を置いているかは変わってきます。
価格は高くてもいいから、とびきりおいしいものが手に入れたいという企業もあれば、ブランド名がついているものなら、訳あり商品でも構わない、といった企業もいます。
そのため、加賀れんこんを探していることが分かっている企業にも、きちんと話を聞いてニーズを把握し、それに沿った提案をすることが肝心になってきます。
予算に応じて取引先を照らし合わせ、その中でベストの加賀れんこんを提案できるかどうか、といったことが、買い手企業にとっては重要になってくるのです。

潜在的なニーズを把握するためにも、オンラインの商談は必須

買い手企業のニーズを把握するには、商談を重ねる中で、しっかりと話を聞いて先方の要望を汲むことが必要です。
こうしたことを遠方の企業に行うのに、これまでは実際に足を運んでいたこともあり、難しそうに感じて避けていた人も多いかも知れません。
オンラインで商談を行うようになってからは、遠方も近場も関係なく、すぐに商談を行うことが出来るようになったため、かえって遠方のほうが距離感が近くなった、という人もいるかも知れません。
これからの商談には、オンラインの商談は必須になるといえ、その分商談の数も増える可能性が高いことから、担当者は大変かもしれません。
しかし、どんなに遠方の顧客でも頻繁に商談が行えるので、商品を求められさえすれば、日本全国に顧客が生まれる可能性があります。
どんどんWeb商談を活用して新規開拓をしていきましょう。

限定食材や希少食材を探す買い手企業も多い

買い手企業の中には、金沢港で水揚げされるガスエビが欲しいという天ぷら店や、のとてまりを購入したいという日本料理店、押水産のビオレソリエスを探している洋菓子店など、限定食材や希少食材を求めている買い手企業も多いといえます。
これまで遠方にあることから、どのように育ってとれるのかを見ることが難しかった買い手企業も、オンラインで動画や画像を共有して説明できることで、イメージを把握しやすくなっています。
こまめにオンラインで商談を行い、生の情報を共有することが信頼関係を作ることに繋がるといえます。

希少で高価な食材を初めて発注をする買い手企業に不安なく販売するには

希少な食材は高価になりがちですが、そうした食材をまとめて売って欲しいと考えている企業も、ときには現れたりします。
高級食材として知られている能登牛の中でも、さらに質の良い能登牛プレミアムのシャトーブリアンを宴会に使うため大量に初めて注文してきた、オーベルジュがあるとします。
これまで取り扱ってきて、滅多に入らなかったこのような注文が入るのは嬉しいことですが、初めての注文ということで、売掛金の回収が出来るか不安に思うこともあるでしょう。
初めての注文、しかも遠方の企業からということで、初回は現金でと注文をつけたりすることで、売掛金を作らないことが一番いいのですが、顧客にとっても現金払いは負担になるため、どうするのがいいのか悩むこともあるかもしれません。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、独自の決済代行システムを導入することで、そうした不安を取り除き、新規開拓が出来るようになっています。
新規顧客でも、売掛金回収100%保証なので、売掛金の回収に関してストレスに感じることなく取引をすることが出来ます。
決済代行手数料も3%と、与信審査の手間とコストを省いています。
支払いのサイトも最短10日間と短いサイトで不安がありません。
さらに、オンライン取引のため、請求書発行の手間もなくなります。
希少で高額な食材を取り扱っている場合は、こうしたシステムを導入することで、今までよりも安心して取引をすることが可能になり、新たなビジネスのチャンスを逃すことなく契約に結びつけることが出来ます。

移り変わる季節の食材をいち早く買い手企業に届けるために

石川県の食材を欲しいと思っている顧客の多くが求めているのが、季節の食材の情報ではないでしょうか。
大都市圏の飲食店は、季節ごとにメニューを入れ替えることが当たり前になっており、一般消費者が季節の感じられる食材を求めていることが分かります。
季節ごとのニーズを把握するには、前年の販売状況を確認したり、今年のトレンドについて分析することが大切です。
流行している料理や食材、前年に売れていた旬の食材について、さまざまな情報を分析し、買い手企業から悩みを聞いて提案を行うと良いといえますが、前年の情報などをどこで手に入れたら良いのかわからない、といった悩みを抱えている企業の方もいるかも知れません。

検索機能を活用してトレンドを読み、契約を勝ち取る

『BtoBプラットフォーム 商談』では、検索機能をうまく使うことで、前年の消費傾向が確認できたり、トレンドを読むことが可能になります。
さまざまな条件でデータを絞り込むと、買い手企業がどのような食材をいつ求めているのか、閲覧することが可能で、これを元に分析を行えば、買い手企業のニーズを把握できます。
ニーズを把握したら、自社の商品をどのように売るべきか、販売戦略を練ることに利用することが出来ます。
買い手企業が実際に欲しい商品を検索する時に使用する検索キーワードも、ランキング形式で閲覧することが出来、実際に商品を販売する時に使うキーワードの見直しにも利用することが出来ます。
新たな契約を勝ち取るには、トレンドを読み、ニーズを把握した上での販売戦略の決定が重要になります。

石川県産食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

石川県産の食材といっても、地域ごとにさまざまなものがあり、有名なものから希少なものまで、実にいろいろだといえます。
自社で取り扱っている石川県の食材を、どうしたら買い手企業が求めてくれるのかわからない、遠方にある企業の新規開拓はコストが掛かりすぎて気が進まない、そもそも営業に関するノウハウがない、といった、営業に関する悩みを抱えている企業も多いでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』には、こうした悩みを解消し、新規開拓を可能にするビジネスのヒントがたくさん詰まっています。
ご紹介した以外にも多くの機能があり、それを活用することで、積極的に新規開拓が出来るようになり、業務効率化が図れます。
ぜひその機能を詳しく知って、自社の成長に役立ててください。
今までより効率の良いビジネスを展開することが可能になりますよ。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。