栃木県の食材を日本全国の飲食店に売り込むには

栃木県の食材を日本全国の飲食店に売り込むには

栃木県ではさまざまな食材が作られていることが知られていますが、その品質の高さと東京近県という地の利の良さで、鮮度がいい状態で届くことから、多くの飲食店でメニューに取り入れられています。
しかし、栃木県といっても、地域によってさまざまなものが作られているため、まだ一般に知られていない食材も数多く存在するといえます。
栃木県のまだ知られていない食材を新たに販売するとき、以前であれば展示会や催事などの場で、食材について説明をしながら販売をすれば、食材を知ってもらうことも出来、新たな顧客を獲得することも難しくなかったかも知れません。
しかし、コロナ禍で展示会や催事が自粛され、そうした場で商品のアピールを行い、顔を合わせて商品を販売することが難しくなりました。
栃木県の質の高い食材を取り扱い、おしゃれなウェブサイトを公式として作り、公開していたとしても、そこにアクセスをしてもらわなければ意味がありません。
それにはいろいろと手間とコストがかかり、同じキーワードで検索サイトに引っかかる、星の数ほどある競合他社の商品と、どのように違っていて強みがあるのかをアピールする方法について、悩んでいるのではないかと思います。
そんなときに便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
登録することで、日本全国7,500社の買い手企業が、質の高い食材を求めて、商品の情報を待っています。
上手に機能を使いこなせば、これまでよりもぐっと効率の良い商談を行うことが可能になります。

目次

栃木県の食材・食品を必要とする、数多くの買い手企業とマッチング

栃木県の食材とひとくちにいっても、内陸で場所によって気候風土もさまざまなため、山や川の、実にいろいろな食材があるといえます。
そして、それを取り扱う会社ごとに、それぞれカラーがあるといえます。
例えば、栃木県のいちごとして有名な、とちおとめを主力商品として販売しているとしても、生産地域の違いや、生か冷凍かといった状態の違いで得意分野が違ってきます。
栃木県産のとちおとめを買い手企業が探しているとしても、どのように使うかで仕入れたいとちおとめの状態は変わってきます。
例えば、個人のケーキ店でショートケーキに飾るためのとちおとめを探している場合と、洋菓子チェーンでいちごのババロアに使うためのとちおとめを探している場合とでは、前者は生でサイズの揃っているもの、後者はピューレ状に加工されている冷凍のもののほうが使い勝手がいいかも知れません。
このように、買い手企業が栃木県産のとちおとめを探していて、ウェブサイト経由で問い合わせをくれたとしても、自社の得意分野と違ってしまう、ミスマッチが起きる可能性があるのです。
こうしたことはよくあることだといえますが、『BtoBプラットフォーム 商談』では、そうしたミスマッチが起きない仕組みになっています。

商品カタログに登録したら、マッチングした企業に営業をかけるだけ!

『BtoBプラットフォーム 商談』では、「商品カタログ」を登録するだけで、買い手企業が欲しい商品を登録している「調達カタログ」に自動的にマッチングを行います。
マッチングした買い手企業は「見込企業」となり、自動的にリスト化され、手元に残る仕組みになっています。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、買い手企業の担当者と連絡先がわかるようになっているので、見込企業のリストにある担当者の連絡先にメールや電話をして、商品の情報を提供したり、アプローチを行えばいいだけになっています。
これまでのように、新規の見込み顧客のリストを作成する手間はなくなり、ただ手元にあるリストにある見込企業の担当者に営業するだけでいいのです。
ただ連絡を待つだけではない、いわゆる攻めの営業は、それぞれの企業のニーズの把握が難しく、なかなか手が出しにくいものです。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、商品カタログに商品を登録するだけで、買い手企業のニーズを把握する手助けとなり、効率よく営業を行うことが出来るようになります。
商品カタログは、データベースとしても活用が可能で、こまめに更新をすることで、売上拡大のツールにもなります。

Web商談を利用して顧客のニーズをしっかりと把握

コロナ禍の以前は、展示会や催事に参加した際に、開催地周辺の買い手企業に足を運んでもらい、その場で顔を合わせて話をし、商談を行うことが可能でした。
しかし、そうした機会が減少傾向にあることで、そうしたやり方での営業が難しくなりました。
特に、栃木県ならではの特産品を使用した調味料や加工食品などは、展示会や催事がなくなってしまったことで、アピールの機会が減り、それが大きな痛手となっているかも知れません。
栃木県の特産品を使用した食品を販売していて、催事が減ってしまったことから、全国の顧客のニーズが把握しづらくなったという悩みを抱えている企業も多いかも知れません。
これまでのように顔を合わせて話をするには、それぞれにコストをかけて出向かなければならず、調整が大変など、頭の痛い問題を抱えているかも知れません。
そんな時に便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。

栃木県の食材を使った焼肉のタレのレシピを、オンラインで相談

展示会や催事の機会は、その地域の都市部に滞在し、周辺の地域に営業する良い機会だったといえますが、それが難しくなった昨今、顧客のニーズを把握するのが難しいと感じている人も多いのではないかと思います。
例えば栃木県産の唐辛子を使用した焼肉のタレを販売しているとして、これまでであれば、実際に訪問して顔を合わせ、商品の紹介を行い、顧客の悩みを訊きつつ商品提案を行うことが可能でした。
しかし、そのようなかたちでの商談自体が減り、顧客のニーズの把握が難しくなっているとしたら、『BtoBプラットフォーム 商談』の利用をおすすめします。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、マッチングした見込企業に営業がかんたんに出来るようになるだけでなく、オンラインで「Web商談」を行うことが可能です。
栃木県産の唐辛子を使用した焼肉のタレのレシピの詳細を、資料を画面で共有しながら、相手の顔を見て相談するのも可能です。

オンラインだからこそ、距離が近くなるような営業スタイルを実現

これまでは遠方の顧客の元へ、電車をいくつも乗り継いで何時間もかけて出向き、挨拶をし、商談を行うのが当然のことだったかも知れません。
商談を行うにも、何度も顔を合わせて会議を行い、細かい用事に関しては電話やメールで対応する、という場合もあったかもしれません。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、どんなに遠方の企業でも、Web商談が可能なため、近場にある企業よりも、かえって密にコミュニケーションを取ることが可能になります。
Web商談では、オンラインで資料や動画を共有しながら会議を行うことも可能で、実際に会って話をするのと遜色のない商談を行うことが出来ます。
オンラインでいつでも「会える」からこそ、商談の頻度を多くして、顧客との接点を補強し、距離感が近くなるような営業を可能にします。
Web商談をどんどん活用して、顧客との時間を濃いものにしていきましょう。

「Web展示会」で栃木県の食材の良さをアピールする

コロナ禍以前は、日本全国さまざまな地域で行われる展示会や催事に出店して、栃木県の食材の魅力や、企業のアピールを行っていた会社も多いのではないでしょうか。
しかし、そうした機会は減少傾向にあり、商品や企業のアピールが難しくなってしまいました。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、従来行われていた展示会のように、「Web展示会」をオンラインで行うことが出来るようになっています。
オンライン開催のため、開催地を気にすることなく参加することが可能で、自社の取扱商品に合ったテーマの展示会に出店し、自社のブースでは動画やスライドを使用した商品や企業のアピールが可能になっています。

栃木県産ブランド和牛の魅力をWeb展示会でアピールする

例えば、精肉の展示会が開かれるとして、自社で取り扱っている大田原牛を広めるべく、Web展示会に出展することにしたとします。
Web展示会に参加することで、商品の認知度を高めることが可能になりますが、日本全国7,500社の買い手企業の中で、大田原牛に興味を持ってくれる企業の情報を収集することが出来るので、新たな顧客を掘り起こすことが可能になります。
これまでは地元のレストランや精肉店が中心の販路となっていた場合でも、外食チェーンからハンバーグ用の材料を求められる可能性があります。
また、大田原牛のアピールをするだけでなく、企業アピールの場としても、これまでより人手やコストをかけずに利用することが出来、効率の良いビジネスを展開することが可能になります。
さらに、Web展示会では、興味を持ってくれた企業の担当者と、その場でWeb商談を行うことも可能です。
積極的にWeb展示会を利用して、取扱商品の認知度を高めながら営業活動を行いましょう。

動画やスライドを使用して、栃木県産の川魚の魅力をアピールする

Web展示会では、通常の展示会で可能なのと同じように、自社の商品を紹介するために動画を流したり、スライドを使って商品の説明が出来るようになっています。
普段の展示会では足早に通り過ぎてしまっていた、忙しい買い手企業の担当者も、時間に余裕がある時にゆっくりと動画を見たり、商品説明を見たりする可能性が高く、オンラインの強みを生かしたアピールが可能になります。
例えば、栃木県で養殖されている鮎を取り扱っているとして、展示会の参加者に向けて、鮎の養殖の様子や加工の様子など、動画を使用して見てもらうことが可能になります。
動画に興味を持ってくれた、今まで縁のなかった業種の買い手企業とも、その場でWeb商談を行って話を聞き、ニーズを把握することが出来ます。
栃木県の養殖鮎を販売する先が、これまで地元の和食店や居酒屋、小売店が中心だった企業が、インド料理店からビリヤニの材料に使いたいと言われてその場でWeb商談を行う、といった、スピード感を持った営業が可能になります。
展示会のブースに訪ねてくるのが顔見知りばかりで、新規開拓が難しいと感じている企業にこそ、Web展示会を利用したアピールが効果を発揮します。
どんどん活用して新たなビジネスを展開していきましょう。

オンラインだからこそ、出会える顧客もさまざま

Web展示会に参加する買い手企業は、オンライン開催のため、日本全国さまざまなところからやってきます。
普段であれば、なかなか足を運ぶのが難しいような、遠方にある企業ももちろん含まれています。
本来なら先方に出向く必要があるかもしれませんが、わざわざ遠くまで出向かなくても、オンラインで営業ができるので、日本全国さまざまな地域の買い手企業と商談をすることが出来ます。
また、顧客の幅も多様です。
食品メーカーやスーパーマーケットといった大きな顧客から、個人経営のレストランや小売店などの小さな顧客まで、商品カタログに登録している商品に興味を持った企業であれば、どんな企業でもマッチングされます。
これまで縁のなかった新しい業種の顧客に商品を売り込むチャンスでもあり、そこにはまたとないチャンスが眠っている可能性もあります。
マッチングした見込企業にどんどん営業をかけていきましょう。

常連客にもメルマガ配信で営業のチャンスを逃さない

これまでになんらかの契約がある顧客には、新しい契約をもらえるように、こまめにアプローチをすることが大切になります。
何かしらのアクションを起こすことで、先方に意識してもらうことが出来、こまめに悩み事を訊けば、潜在的なニーズの把握にも繋がります。
どんな話をするか迷ってしまう常連客には、メルマガを配信して、季節ごとの食材とそのレシピを提案してみてはいかがでしょうか。
『BtoBプラットフォーム 商談』には、メルマガの一斉配信機能がついています。
文章力に自信がなかったり、何を書くべきか思いつかなくても、サンプルの文面や作成のコツを伝授するので心配ありません。
季節の情報や有用な情報をたっぷりと盛り込んだメルマガで、新たな契約に結びつく接点を補強していきましょう。

メルマガの開封率やクリック率から顧客のニーズを分析

メルマガは、配信したら仕事が終わるわけではありません。
どれだけの人がメルマガを実際に開封してくれたか、商品のリンクをどれくらいの人がクリックしてくれたかといった、開封率やクリック率を分析することが肝心になります。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、買い手企業ごとに開封・未開封の確認ができるため、どの企業にどのようなアプローチをすればいいかを検討する材料になります。
実際に会って話をしたり、電話で声を聞くことが少なくても、こまめにこちらからアプローチを行うことで、隠れた接点を持つことが、新規契約の糸口になることもあります。
営業をかけるチャンスは至るところにあるので、逃さずに営業を行っていきましょう。

即決Martで訳あり商品やお試し商品を販売して、栃木県の食材をアピール

商品をいろいろと取り扱っていると、普段販売している価格では販売するのが難しいものが出ることがあります。
栃木県産の質の良い梨も、大きさが規格に満たなかったり、表面のスレなどの傷があるものは、売るのが難しい場合があります。
そうした訳あり食材や、新商品の認知度を高めるためにお試し商品を販売したい場合などに便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』の「即決Mart」です。
価格を表示して販売するタイプの業務用通販サイトで、商品を掲載すれば準備は完了です。
あとはページにアクセスがあるのを待つだけになります。
新商品のお試し商品を置いておくだけの「待ちの営業」を簡単に実現するツールになるといえ、商品を掲載しておけば、簡単に見込企業の情報を得ることが出来ます。
例えば、台風の時に傷になってしまった梨などの果樹や、賞味期限が近くて売りにくい加工食品も、即決Martに時々出すようにしておけば、企業のアピールにも繋がります。
最近取り沙汰されるようになったフードロスの観点からも、食材を無駄にすることなく済むので一石二鳥です。

買い手企業の募集情報を閲覧して営業をするチャンスも

『BtoBプラットフォーム 商談』では、買い手企業が「調達カタログ」に登録している、欲しい食材の情報をキーワード検索で探して、それをもとに営業をかけることももちろん可能です。
買い手企業が求めている、商品についての見積書の作成も、非常に簡単なことから、提案までスピード感を持って行うことができます。
商談を行う中で、最初の提案と違う契約の話が来るといった、思いがけない商談になることもあります。
例えば、栃木県産のトマトを探している買い手企業に話を聞いたら、自社で取り扱いのある原木しいたけの注文が入るというようなこともあり得るのです。
『BtoBプラットフォーム 商談』の機能を活用し、幅広い提案を行うことが出来るかどうかで、実際に実になる商談ができるかどうかが変わります。
さまざまな機能を使いこなしながら、どんどん潜在的なニーズを掘り起こしていきましょう。

Web受発注で受注ミスを防ぎ、ペーパーレスに

『BtoBプラットフォーム 商談』では、取引伝票もネットでのやり取りになるため、受発注伝票をいつでもどこでも確認することが出来ます。
そのため、常に確認可能なので、受発注ミスを防げるだけでなく、オフィスのペーパーレス化にも役立つといえます。
買い手企業にとっても、納品書や注文書をオンラインで発行するため、煩わしい事務作業の無駄を省略することができます。
事務作業の無駄をなくし、業務効率化が図れます。

決済代行システムの利用で、新規取引先の売掛金回収も100%保証

例えば、栃木県産のおやま和牛のシャトーブリアンを探している個人のフランス料理店から、宴会用の大きな注文が初めて入ったとします。
商品カタログからマッチングし、Web商談を行い、新規で契約を結ぶ遠方にある企業という場合、売掛金が大きいと不安が生じるのは誰しも同じことではないかと思います。
万が一売掛金が回収できなかったらと思うと、初回は現金でという条件をつけたり、取引そのものに二の足を踏むこともあるかも知れません。

支払いの不安を一掃することで、攻めのビジネスを

しかし、『BtoBプラットフォーム 商談』は、独自の決済代行システムを導入しています。
新規の取引先企業でも売掛金保証100%保証となっており、回収の不安を感じることなく新規顧客の開拓を行うことが出来ます。
決済代行手数料は3%のみで、与信審査の手間とコストを省きました。
支払いまでの日数も10日と、短いサイトになっています。
しかもオンライン取引のため、請求書を起こす必要もありません。
新たな顧客にはおやま和牛のシャトーブリアンを提供することで満足の行くサービスを行うことが可能になり、売掛金の回収に関する不安はゼロで、新たなビジネスを生み出すことが可能なのです。

売上ランキングを自在に検索して、競合他社を分析!

栃木県の加工食品で、似たような商品を販売している企業がひしめき合っているジャンルに、新たな商品を投下しようとしている場合、否が応でも競合他社のことが気になるのではないでしょうか。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、業種や地域、期間を絞り込んで、企業の売上ランキングを表示することが出来ます。
例えば、栃木県産の餃子を夏だけに絞り込んで、自社も含めた売上ランキングを閲覧することで、自社の順位の確認や、情報収集に活用することも出来ます。
もちろん、餃子を作っている競合他社の順位だけでなく、使用している商品キーワードや、価格、商品の特徴などを自社と比較することで、自社の強みを確認することが出来たり、どんなアピールをすれば顧客の心がつかめるか分析するのに役立ちます。

もちろん顧客のニーズ分析にも

『BtoBプラットフォーム 商談』の検索機能を上手に活用することで、顧客のニーズを掴むことも可能になります。
業種や地域、期間といった条件で絞り込み、買い手企業が発注した商品をランキング形式で表示すれば、どのような商品がいつ求められているのかが確認できます。
また、使い方を変えれば、流行の先取りも可能になります。
検索機能を使って、自社の販売戦略を練るのに役立てることも出来ます。
さらに、買い手企業が実際に商品を探す時に、使用しているキーワードもランキング形式で閲覧できるため、自社の取扱商品を販売する際に、使用するキーワードの見直しや改善にも役立ちます。

栃木県の食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

栃木県の食材といってもさまざまで、有名なものからマイナーなものまでいろいろあります。
自社で取り扱っている栃木県の食品をどのようにしたらアピールできるのかわからない、遠方での新規開拓は経費がかかりすぎて難しい、営業のノウハウ自体がないなど、営業に消極的になっている理由は、企業によってそれぞれ違うといえます。
そうした課題のある企業にこそ、『BtoBプラットフォーム 商談』は威力を発揮してくれます。
『BtoBプラットフォーム 商談』は、売り手企業のさまざまな問題をクリアにし、新たなビジネスを生み出すお手伝いを致します。
これまでただなんとなく、ウェブサイトを作って待つだけになっていたとしても、攻めのビジネスへのヒントが『BtoBプラットフォーム 商談』には詰まっています。
上手に活用することで、ビジネス環境がガラリと変わります。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』をご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。