山口県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

山口県

本州の最西端に位置する山口県は、県の魚にも指定されているふぐの取扱量が日本一多いことでよく知られていますが、県の三方を海に囲まれているため、ふぐ以外の魚介類もさまざまなものが水揚げされ、養殖も盛んに行われています。
また、農業や畜産も盛んで、四季折々の野菜や果物、和牛や地鶏などが特産品として育てられています。

大消費地としては福岡県がすぐ近くということもあり、九州地方や中国地方での販売が多い山口県の食材ですが、東京や大阪などではまだまだ認知度が低いといえ、これまであまり縁がなかった関西以北の地域で新規開拓をすれば、新たな顧客を獲得することができる可能性が高いといえます。
取り扱っている山口県の食材を売り込むにはどうすればいいか、今まで取引のなかった遠隔地での新規開拓について探っていきましょう。

インターネットの利用が

遠方での新規開拓には必須

まず、山口県の食材を中国地方や九州地方以外で販売するには、どんなことから着手すればいいでしょうか。
地元や福岡といった比較的近距離の地域での販売は、生鮮食品であれば食材の鮮度を保ったまま消費されるという利点がありますが、関西や関東以北で販売することができれば、顧客の幅が広がるだけでなく食材のイメージを高めることにも繋がります。
しかし、認知度の低い状態からのスタートでもあるため、まずは山口県産の食材を知ってもらうことからアプローチが始まります。
遠方にある飲食店などの買い手企業が山口県の食材を知るには、遠く離れている分インターネットを利用した広報が効果的だといえます。

さまざまなインターネット広告を利用して、商品が多くの人の目に触れるようにするだけでなく、公式サイトの開設やSNSの公式アカウントを運用した広報は必須のものといえるでしょう。
取り扱っている商品の特徴を知ってもらうのと同時に、企業のコンセプトやポリシーを発信することで、興味と共感を持ってもらうことも大切です。
公式サイトを開設するのであれば、会社概要や企業ポリシーはもちろん、どのような商品を取り扱っているのかを記載する必要があります。

食品を取り扱っている企業の公式サイトで、定形の会社概要や企業ポリシーが記載されている以外は、商品名が並んでいるだけで取扱商品の詳細がわからないものがよく見受けられます。
もしも買い手企業がインターネットの検索サイトを使用して食材を探していたとして、取り扱いのありそうな企業の公式サイトにアクセスしても、商品名が記載されているだけでは問い合わせには至りません。

例えばケンサキイカを取り扱っているとして、それを品名だけ公式サイトに記載するだけでは、問い合わせをしてもらうことは出来ないでしょう。
なぜなら、取り扱っているケンサキイカがどんな状態のものなのか、どのくらいの量から販売しているのかといった情報がないと、買い手側が欲しいものかどうかが分からないからです。
買い手企業の担当者も、出来れば空振りせずに目当てのものにたどり着きたいと考えるのは当然のことで、もしも問い合わせてもらったとしても相手の欲しい商品を取り扱っていなければミスマッチを起こしてしまいます。

確実に取扱商品に買い手企業がたどり着けるようにと、詳細な情報を記載するようにすると、検索結果に引っかかりやすくはなるかもしれませんが、今度は公式サイトの中で商品が探し出せなくなる可能性もあります。
ミスマッチを起こさず、確実に自社の取扱商品にたどり着いてもらうにはどうすればいいのかが分からず、せっかく開設した公式サイトをそのままにしてしまってはいないでしょうか。
そんな企業の方におすすめなのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。

ミスマッチを起こさず新規顧客を獲得できる

自動マッチングシステム

自社の公式サイトに記載している情報が不足していると、買い手企業から問い合わせがもらえなかったり、問い合わせをもらってもミスマッチを起こしてしまうことはここまでで述べた通りですが、『BtoBプラットフォーム 商談』を利用すると、その問題はすぐに解決されます。
取り扱っているケンサキイカを、欲しいと思っている買い手企業に見つけてもらうには、どんな状態のものをどれくらいの量から販売しているか、どういった加工がしてあるかなどの情報が必要になります。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、「商品カタログ」に取扱商品を登録し、利用するようになっています。
必要な項目を埋めていくだけで登録できるようになっているので、難しくはありません。
商品の情報を登録すると、その情報と買い手企業が欲しい商品を登録している「調達カタログ」のデータが自動的にマッチングされます。
そして、自動的にマッチングされた、自社の取扱商品を欲しいと思っている買い手企業を、「見込企業」としてリスト化したものが手元に残る仕組みになっています。
自分で登録した情報と、買い手企業が登録した欲しい商品の内容を照らし合わせるため、ミスマッチが起きにくいのが特徴です。

しかも、見込企業のリストには担当者と連絡先も記載されているので、そのリストを見ながら営業をかけるだけでいいのです。
今まで新規開拓をするときには、営業先の候補をリストアップする作業をまずしなければいけなかったのが、その手間がないため、業務を効率化することができます。
さらに、商品カタログに登録した情報はデータベースとしても活用することができるため、販売促進のためのツールとして利用することも可能です。
自社で取り扱っているケンサキイカの情報を登録するだけで、新規顧客が獲得できるだけでなく、業務効率化や商品のデータベース化などのメリットがとても多く、新規開拓のための頼もしい味方として役立てることが出来ます。
インターネットに絡んだ施策に迷っている企業にこそ、取り入れて欲しいツールです。

遠方の新規開拓は

オンラインツールの活用が肝

昨今の社会状況からリモートワークやテレワークを取り入れる企業が増え、現在ではそうしたワークスタイルはごく当たり前のものとなりました。
自社に出社するときだけでなく、取引先との会議や商談もビデオ通話アプリなどを使用して行うことが増え、オンラインツールを利用してのコミュニケーションは相手との距離を感じさせなくなっています。

これまでであればさまざまな交通機関を乗り継ぎ、泊りがけで出向いていた遠方の顧客とのコミュニケーションも、出張にまつわる大きなコストをかけることなく行うことが出来、その分距離が縮んだ企業も多いのではないでしょうか。
しかしながら取引先企業によって利用するオンラインツールも違い、連絡やスケジュール登録も煩雑なことから、オンラインツールを使用した商談が苦手だという方もいるでしょう。
そんな方にも『BtoBプラットフォーム 商談』は利用しやすく、業務を効率化してくれる強い味方となります。

ビデオ通話やスケジューラーリマインダーをひとつに集約

『BtoBプラットフォーム 商談』には「Web商談」というビデオ通話機能が備わっています。
パソコンについたカメラ機能を利用し、相手の顔を見ながら動画や資料を共有しつつ商談を行うことが出来ます。
取引先が『BtoBプラットフォーム 商談』の会員であれば、先方の担当者を選んでスケジュールを決めるだけで、商談の予約は完了します。

このとき、スケジューラーには予定が登録され、相手にリマインドの連絡も送信されるため、予定を忘れてしまったり、相手に知らせることを忘れてしまったりというミスを防ぐことが出来ます。
これまで他のビデオ通話アプリを利用するときは、メールソフトを立ち上げてビデオ通話アプリのミーティングURLを貼り付け、リマインドのメールを相手に送り、自分のスケジュール管理ソフトに予定を記入する、といったふうに、いくつものアプリを使用する必要がありました。
しかし、『BtoBプラットフォーム 商談』を利用すれば、それがすべてひとつに集約できるため、いくつものアプリに予定を登録したり、連絡のためにメールを書かなくてもいいのです。
オンラインツールを一本化することができると、業務が効率化されてシンプルになります。
無駄の削ぎ落とされた状態を作って、その分多くの時間を取引先との商談にあてることができるのです。

これまで顧客のいなかった地域で

新規顧客を獲得するには

関東以北などの遠方で顧客を新たに獲得する機会というと、催事や展示会を利用する企業が多かったのではないかと思います。
東京や大阪などの大都市で開催される食にまつわる展示会では、出展することで日本全国のさまざまな地域の買い手企業の担当者と会うことができ、そこから新たな契約に繋がったこともあるのではないでしょうか。

しかし展示会の出展には、出展料以外にもさまざまなコストがかかり、小さい企業にとってはハードルの高い営業手段だといえるかもしれません。
『BtoBプラットフォーム 商談』を利用すると「Web展示会」という機能があり、オンラインでの展示会に参加することが可能になります。
大きな特色のひとつといえるこの機能は、日本全国での新規開拓を可能にする強力な機能だといえます。

日本全国の買い手企業に

Web展示会を利用してアピールする

オンラインでの展示会といっても、今ひとつピンとこない方も多いかもしれません。
Web展示会は、これまで東京や大阪などで行われてきた展示会を、『BtoBプラットフォーム 商談』の中で行う機能で、取り扱っている商品のテーマと合うものに出展することが出来ます。
出展すると通常の展示会のようにブースを持つことが出来、そこでは動画や資料を使って商品を説明したり、企業アピールを行うことが出来るようになっています。
展示会の前に準備するのは、商品カタログの登録と企業プロフィールの登録だけなので、通常の展示会のように、ブースを担当する数人の社員を出張させたりする人手やコストが必要ありません。
例えば、長州黒かしわを取り扱っているとして、養鶏関連の展示会に出展することにしたとします。

企業プロフィールと商品カタログを登録すれば、ブースで配布するパンフレットが出来ているのと同じことになります。
長州黒かしわの生育環境を紹介する動画や、その血統や特徴についてまとめたスライドを用意したり、企業アピールのための動画を用意しておけば、訪問してくれた買い手企業がそれを見て、商品に興味を持ってくれるかもしれません。
自分がブースを見ている時に買い手企業が訪れたら、声をかけてその場でWeb商談を行うことも出来、チャンスを逃さずに営業できます。

興味を持ってブースを訪れてくれた企業の情報を収集するのも簡単にできるようになっており、展示会が終わってからゆっくり新規開拓をすることも可能です。
また、Web展示会で長州黒かしわの小口サンプルを販売することもでき、その商品をその後も継続して業務用通販サイトに置いておくこともできるため、簡単に「待ちの営業」が実現します。
そしてなんといっても、通常の展示会と違って開催地が関係ないため、出展側がそうであるように、買い手企業も日本全国さまざまな地域から集まってきます。
しかも、能動的に参加する企業ばかりなので購買意欲が高く、契約に結びつきやすいのが大きなメリットです。

大きなコストをかけずに幅広いさまざまな買い手企業に商品をアピールでき、これまで縁のなかった遠方の地域での新規顧客を獲得するのに適しています。
積極的にWeb展示会に出展して取扱商品の魅力を伝え、新規顧客を獲得していきましょう。

こまめな市場調査と市場分析は

ニーズ把握の最大の武器

福岡の飲食店がそうであるように、東京や大阪などの大都市圏の飲食店はさまざまな地域の食材を取り寄せて使うことが多く、地域性や個性の感じられる食材は、店の個性を形作る上で欠かせないものとなっています。
食材ごとであったり季節ごとであったりと、それぞれ違いはありますが、おなじみの取り寄せ先が決まっている飲食店も多く、毎年同じところから同じ食材を取り寄せている場合もあるでしょう。
そのような飲食店では常に新たな食材を探しているケースが多く、山口県の個性的な食材を提案すれば、新たに取引してもらえる可能性も高いといえます。

山口県の中でも萩市の魚介類を取り扱っているとして、地方の食材を積極的に取り寄せる東京の飲食店に営業するのであれば、まず先方のニーズを把握することが重要になります。
そのためにはその店のターゲットとなる顧客層の理解や、店のコンセプトを深く理解することが必要です。
それらを理解した上で、市場の動向や東京のトレンドを調査・分析し、提案する商品を決めるのが大切になります。

他の地域の海産物を売っている企業に負けないためには、同業他社の情報を調査し、今後の動向を分析した上で、萩市ならではの海産物を提案しなければなりません。
しかし、同業他社の情報をどこで手に入れればいいのか、また東京のトレンドはどこで調査できるのかという疑問や悩みを抱えている方もいるでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』はそんなときにも力になってくれます。

リアルタイムな市場調査を可能にする

豊富な食材データ

『BtoBプラットフォーム 商談』には、約30万点にも及ぶ食材のデータが登録されており、それを元にした市場調査を行うことが可能です。
例えば、萩市の魚介類を取り扱う中で、東京のフランス料理店にヒメジが売り込めないかと考えているとします。
そのフランス料理店には同じ日本海側の別の地域でとれる魚介類をすすめる同業他社がいて、どうしたら自社でヒメジを発注してもらえるかを考えるには、同業他社の調査と分析が必要になります。

『BtoBプラットフォーム 商談』では、ライバル企業のおおよその売上高を売上ランキングで知ることが出来ます。
自社の売上順位や売上高の差もわかるようになっています。
同じ業種の売上ランキングを確認することで、ライバル企業は取り扱っていて自社にはないものがどんなものなのかを分析することができます。
同じ日本海の魚を取り扱う同業他社が、自社では取り扱ったことのない養殖魚を扱うことで売上を伸ばしている、といったことを知ることで、自社の弱点を補った上で営業をすることができるのです。

集積した食材の情報を活用し

買い手企業のニーズを把握

ヒメジを売り込んだ買い手企業が、どうしたら実際に発注をしてくれるのかを知るには、やはりニーズの把握が重要です。
例えば、東京のフランス料理店で流行しているのが白身魚ではなく、背の青い魚だったとしたら、そのときは別の対策を練る必要があります。
今東京のフランス料理店ではどのような食材が流行っていて、どうしたらヒメジが売り込めるかと考えているのであれば、買い手企業がどのような商品を発注しているのかを調査するのが早道です。

『BtoBプラットフォーム 商談』を使って、買い手企業の発注金額が多いものをランキング形式で確認すれば、ある程度の傾向がわかります。
売れている魚介類の傾向を営業先のフランス料理店に落とし込んだとき、どんな商品が必要とされるか、予測をすることが可能になります。
また、実際に買い手企業が発注する商品を探す時に使用したキーワードも、ランキング形式で確認することが出来るので、取扱商品に使うキーワードを見直すことも出来ます。
買い手企業の情報を多面的に見て、切り口もさまざまなものを考えて売り込んでいきましょう。

数多くの機能を活用して

ビジネスチャンスを創出する

ここまで『BtoBプラットフォーム 商談』のさまざまな機能を取り上げましたが、これまで述べたものはごく一部の機能でしかありません。
山口県産の質の高い取扱商品を日本全国で幅広く販売していくときに、あったらいいなと思う機能が『BtoBプラットフォーム 商談』には数多く備わっています。

山口県産の食材は海産物だけでなく、岩国れんこんや美東ごぼうなどの農産物が豊かで、鹿野ハイポー豚や長州黒かしわなどの畜産も行われています。
高品質な山口県産の食材を取り扱っていながらも、東京を始めとした遠方への営業はコストがかかることから、積極的にこれまで行ってこなかった企業にこそ、『BtoBプラットフォーム 商談』の利用をおすすめします。

導入することで遠方での営業がしやすくなり、業務が効率化されるだけでなく、山口県産食材の魅力をアピールすることにも繋がります。
数多くの機能を活用することが新規開拓に寄与するだけでなく、新たなビジネスを展開するきっかけにもなる『BtoBプラットフォーム 商談』をぜひご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。