北海道の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

北海道の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

さまざまな食材がある中で、北海道の食材は人気が高く、全国各地で展示会や催事に参加すれば、その地で新たな顧客を獲得することは、決して難しいことではなかったのではないかと思います。
しかしコロナ禍になり、展示会や催事といった、新規の顧客候補と直接コンタクトをとって、商談を進めていくことが難しくなりました。
どんなに良い食材を取り扱っていて、立派なウェブサイトを公開していたとしても、そこにアクセスしてもらえなければ意味がなく、そのためにはさまざまな対策を講じないといけなくなっています。
同じキーワード検索でヒットする、数え切れないほどのライバル他社とどのような差があって、どこが他より優れた食材なのかをアピールするのも、取扱商品の詳細をどこまでサイトに表示しなければいけないのか悩んだりしているのではないでしょうか。

そんなときに便利なのが、『BtoBプラットフォーム 商談』です。
登録することで、日本全国で7,500もの買い手企業が食材の情報を待っています。登録して上手に機能を使えば、効率の良い営業をすることが可能になります。

自社の食材を必要とする買い手企業と簡単にマッチング

北海道の食材を取り扱っているといっても、さまざまな食材があり、それぞれの会社ごとに個性があります。
例えば特産であるカニを主力商品として取り扱っているとしても、カニの種類や状態によって、会社によって得意分野が違う場合もあります。
北海道産のカニを求める買い手企業が、ウェブサイト経由で問い合わせてくれたとしても、あまり得意でないジャンルの商品を求めていて、ミスマッチが生じてしまう、といったことはよくあることです。
しかし、『BtoBプラットフォーム 商談』であれば、そういったミスマッチが起きないようになっています。

商品を登録したら、マッチングした企業に営業するだけ

『BtoBプラットフォーム 商談』では、商品カタログを登録することで、買い手企業が登録した調達カタログとマッチングし、マッチングした買い手企業は、見込企業として自動的にリスト登録されます。
商品カタログは、データベースとしても活用できるため、売上拡大の大きなポイントにもなります。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、買い手企業の担当者の連絡先がわかるようになっているので、見込企業の担当者に食材の情報提供や商品提案を手軽に行えるようになっています。

これまでのように、新規顧客リストを作る手間はなくなり、見込企業の中から自発的に営業をかければいいだけになるのです。
ただ待つだけではない攻めの営業は、ニーズを掴むのが難しくてなかなか出来ないものですが、『BtoBプラットフォーム 商談』を使えば、商品カタログを登録することで、さまざまなニーズのある企業を把握することが出来、効率よく営業ができるようになります。

Web商談を利用して顧客のニーズをしっかりと把握

コロナ禍以前であれば、展示会や催事に参加した際に、その地域の買い手企業と実際に会って商品を見てもらい、商談を行うことが可能でした。
しかし、展示会などが自粛されるようになった昨今、そうした営業の仕方は難しくなりました。
ウェブサイトで商品を紹介しているだけでは見つけることの出来ないような、個人店の顧客もそうした中にはあり、そういった顧客をどうすればすくい上げられるかが課題になっているといえます。
特に、北海道の隠れた調味料や、特産品を使った加工品などは、展示会でのアピールの機会が減ることは大きな痛手になっているといえるでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、マッチングした買い手企業に営業をかけられるだけでなく、オンラインで「Web商談」を行うことが出来ます。

オンラインだからこそ、距離が近くなる営業を

これまでは、遠方の顧客のもとへ何時間もかけて出向き、挨拶や商談を行うのが当たり前だったかもしれません。商談を進めていくにも、実際に顔を合わせて会議を行い、細かい用事は電話で、というスタイルを取っていたかもしれません。『BtoBプラットフォーム 商談』では、遠方の企業ともWeb商談ができるため、オンラインで商品情報の資料を画面共有しながら会議を行うことが可能です。オンラインでできるからこそ、会議の頻度を増やして接点を補強し、互いの距離が近くなる営業が可能になります。どんどん活用して顧客との時間をより良いものにしていきましょう。

「Web展示会」で取扱商品の良さを広く伝える

コロナ禍の前までは、大都市圏の会議場で開かれる、大きな展示会に出展して、商品の魅力や企業のアピールを行っていた企業も多いと思います。
しかし、実際にそうした食品の展示会が開かれることは減ってしまいました。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、従来の展示会のように「Web展示会」をオンラインで行うことが出来るようになっています。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、開催場所を気にすることなく、自社の商品に合ったテーマの展示会に参加することが可能で、自社のページでは動画などでも商品をアピールすることが出来ます。
Web展示会に参加することで、商品の認知度をアップすることも出来ますが、何より、全国7,500社の買い手企業の中でも、自社の商品に興味を持つ企業の情報を集めることができるので、これまでとまた違った、新たな顧客層を掘り起こすことも可能になるといえます。
自社で取り扱う商品のアピールだけでなく、企業のアピールをする場としても、これまでよりコストや人手をかけずに利用することが出来、効率の良いビジネスを展開することが出来ます。
Web展示会では、通常の展示会と同じように、興味を持った買い手企業とその場で「Web商談」を行うことも可能で、営業するためのチャンスを逃しません。
積極的にWeb展示会に参加して、商品の認知度を高めながら営業を行っていきましょう。

Webだからできる、動画やスライドを使用した商品アピール

Web展示会では、実際の展示会で自社のブースを設置するときのように、商品紹介の動画を流して商品をアピールしたり、商品の説明をまとめたスライドを使用して商品の魅力を伝えたりすることが可能です。
普段ならちらっと見るだけで、急ぎ足で通り過ぎていたかもしれない、忙しい買い手企業の担当者も、自分の都合のいい時間に、ゆっくりと足を止めて動画を見たり、商品の説明を読む可能性が高く、オンラインの強みを生かした商品アピールしたりすることが可能になります。
ブースに尋ねてくるのが顔見知りばかりで、新規顧客の開拓が難しいと感じていた企業にこそ、Web展示会を活用したアピールが有効です。どんどん活用して、新しいビジネスを開拓していきましょう。

オンラインだからこそ、広がる可能性

Web展示会に参加する買い手企業は、日本全国さまざまなところからやってきます。
もちろん、普段は行くことのできないような、遠方の企業も含まれています。
本来なら実際に出向いて話を聞いてもらわなければならないところですが、その地域に直接出向かなくても営業ができるので、日本全国のさまざまな地域の買い手企業と商談を行うことが出来るといえます。
また、顧客の幅も多様です。食品メーカーやスーパー、ホテルなどの大きな顧客から、個人店のレストランといった小さな顧客まで、商品カタログに登録した取扱商品に、興味を持つ買い手企業が、さまざまなジャンルからマッチングされます。
これまでチャンスのなかった業種に商品を売り込む、またとないチャンスも眠っているといえます。マッチングした企業へのアプローチを進めていきましょう。

いつもの顧客にも、メルマガの配信でチャンスを逃さない

すでに契約をしてもらっている顧客には、常に扉をたたき続けることが必要です。
何かしらのアプローチを常に行うことで、顧客に意識をしてもらうことが出来、こまめにお悩みごとなどを聞くことで、顧客のニーズがつかむことができめます。例えばメルマガを配信して、季節ごとの食材と、その食材を使ったレシピの提案を行ってみるのはいかがでしょうか。
また『BtoBプラットフォーム 商談』でには、メルマガの一斉送信機能がついています。
文章力に自信のない方でも、サンプルの文面や、作成のコツを伝授しますのでご安心ください。
季節の情報たっぷりのメルマガを送信しましょう。

メルマガの開封率やクリック率を手がかりにニーズを分析

しかし、メルマガはただ送信するだけではいけません。
送信したメルマガを、どれくらいの数の人が実際に読んでくれたのか、また、メルマガに記された、商品情報のリンクをクリックしてくれた人はどれくらいいるのかといった、開封率やクリック率が重要になってきます。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、買い手企業ごとに開封・未開封も確認できるので、今後どの企業にどのようにアプローチしていけば良いのかを検討することが可能になります。
実際に会ったり、電話したりすることが少なかったとしても、こまめに接点を持つことが、新規契約のきっかけになることはよくあることだといえます。
実際に商品を売り込むチャンスは至るところにあります。営業のチャンスを逃さないようにしましょう。

即決Martで訳あり商品やお試し商品を販売

取り扱っている商品の中には、いつもの上代では取り扱うことが出来ないものが出ることもときにはあります。
例えば、脚が1本足りないカニや、賞味期限の迫っている加工品は、値段を下げて売るより方法がありません。
そうした訳あり商品や、新しく入荷した商品の認知度を高めるために、お試し価格での提供を行いたいといった場合に、便利なのが「即決Mart」です。
価格を表示して販売する業務用の通販サイトで、商品を掲載するだけで準備は完了。
あとはページへのアクセスを待つだけです。
お試し商品を置いておくという「待ちの営業」をすることが可能になることで、商品に興味を持った見込顧客を獲得することが出来ます。
さまざまな訳あり商品を時々出すようにしておけば、企業名のアピールにも繋がります。
ちょっとした訳ありの食材も無駄にならず、一石二鳥です。

買い手企業の募集情報を見て営業をするチャンスも

もちろん、買い手企業が「調達カタログ」に登録している、実際に欲しい食材などを検索して、その情報をもとに営業を掛けることも出来ます。
買い手企業の求める商品についての見積書も、とても簡単に作成することができるため、提案もしやすくなっています。
思いがけないことから商談に発展することもあります。
例えば、北海道の良質なじゃがいもを探している買い手企業に話を聞いたら、自社が取り扱っていたホワイトアスパラガスの注文が入るなど、最初の想定とは違う食材での契約に至ることもあるでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』の機能を上手に使った、幅広い提案ができるかどうかで、実際に商談にこぎつけるチャンスも変わってくるといえます。
さまざまな機能を使いながら、どんどん顧客開拓をしていきましょう。

Web受発注で受注ミスを防ぎ、ペーパーレスに

また、『BtoBプラットフォーム 商談』では、取引伝票もネット上でのやり取りになるため、受発注伝票をいつでも、どこでも確認することが可能になります。
いつでも確認できることから、受注ミスを防げるだけでなく、ペーパーレス化にも貢献します。
買い手企業にとっても、注文書や納品書をオンラインで発行できることから、煩雑な事務作業からも開放されます。
こうしたムダをなくすことが、業務の効率化に繋がります。

決済代行システムの利用で、新規取引先の売掛金回収も100%保証

例えば、鮭児を探している個人経営の小さなレストランから、パーティー用の大きな注文が新規で入ったとします。
商品カタログからマッチングして、オンラインで商談を行い、契約をすることになった遠方にある顧客、といった場合、取引に不安が生じるのは当然のことだと思います。
万が一、売掛金が回収できなかった場合を思うと、初回は現金で、といった条件をつけがちです。状況によっては、二の足を踏んでしまうこともあるでしょう。

支払いの不安を一掃することで、攻めのビジネスを

しかし、『BtoBプラットフォーム 商談』では、独自の決済代行システムがあります。
新規の取引先でも、売掛金回収100%保証となっており、不安に感じることなく、新規の顧客開拓を積極的に行うことができます。
決済代行の手数料は3%のみで、与信審査の手間とコストを省くことで、支払いまでの日数は最短で10日と、短いサイトになっているのが特徴です。
オンライン取引のため、請求書を作成する手間もありません。新たな顧客には満足の行く取引を行うことができ、売掛金回収の不安もなく、新たなビジネスを構築することが可能です。

売上ランキングを自在に検索して、競合他社を分析!

同じような商品を販売している企業が多い、北海道の食品業界で、新たな商品を販売する場合、否が応でも競合他社の売上が気になるといったこともあるでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、業種や地域、期間を絞り込んで売上金額のランキングを閲覧することが可能です。
例えば、北海道のとうもろこしを夏の間だけに絞り込んで、自社も含めて売上をランキングにして閲覧することで、自社の位置の確認や、情報収集に活用することが可能です。
もちろん、競合他社の順位だけでなく、商品キーワードや価格、特徴などを自社と比較することで、競合他社にあって自社にないものを確認で、どのようにアピールすれば顧客の心をつかめるのか、分析するのに活用することが出来ます。

もちろん顧客のニーズ分析にも

『BtoBプラットフォーム 商談』の検索機能を上手く使うことで、顧客のニーズ分析をすることも出来ます。
業種や地域、期間などの条件で絞り込んで、買い手企業が発注した商品をランキングで表示すれば、どのような商品が求められているのか把握できます。
上手に使えば、流行を先取りすることも可能で、自社の販売戦略を練るのにも活用できます。
また、買い手企業が実際に商品を検索する際のキーワードもランキング形式で表示できることから、自社の商品に使うキーワードの改善にも利用できます。

北海道食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

ひとくちに北海道の食材と言ってもさまざまあり、メジャーなものからニッチなものまで非常に多様なのも、北海道の食材の特徴です。
自社の取り扱う商品を、どのようにすれば上手くアピールできるのかわからない、新規開拓営業には、自社から都市圏が遠くて経費がかかりすぎる、営業のノウハウがないなど、営業に消極的な理由はさまざまです。
そのような課題のある企業にこそ、ぜひご利用いただきたいのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
売り手企業のさまざまな課題をクリアにし、新たな買い手企業の開拓をお手伝いします。
これまでの、ただなんとなく待つだけの姿勢から、攻めの営業に転じるためのノウハウが『BtoBプラットフォーム 商談』には詰まっています。
上手に活用することで、ビジネス環境がガラリと変わります。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』をご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。