業務用の豚肉を販売するには

業務用の豚肉を販売するには

自社が取り扱っている業務用の豚肉を販売したいと思ったとき、どこで販売するのが一番よいのでしょうか。
近場のお店を営業するだけでは販路が限られます。
日本全国に業務用の豚肉を販売できれば大きく売り上げもアップします。
全国に向けて販売するためにはインターネットをぜひ活用しましょう。
インターネットで販売すれば、自社にいながら全国の企業やお店に業務用の豚肉の販売ができます。
効率よく豚肉を販売していくのにおすすめなのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
食のマッチングサイトである『BtoBプラットフォーム 商談』を使えば、さまざまな買い手と出会うことができます。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を使って、多くの買い手に自社の業務用豚肉を販売していきましょう。

業務用豚肉の販路を拡大したい

生産者がこだわって作っている豚肉は多くの人が求めています。
自社で取り扱っている業務用豚肉も生産者がこだわって作っていて、ぜひもっとたくさんの人に使ってもらいたいと考えた場合、さまざまな販路拡大の方法があります。
今一番大きく販路を拡大できるのはインターネットを使った業務用豚肉の販売です。
日本全国の豚肉を買いたい人に向けて販売することができます。
つながりができれば定期的に買ってくれる可能性も広がるでしょう。
また自社の近場のお店に営業をかけるという方法もあります。
普段から営業で回っているところであれば、気軽に買ってくれるところもあるかもしれません。
ただ行ける範囲は限られており、大きく販路を拡大することは難しいでしょう。

インターネットで日本全国に販路を拡大

たくさんの企業やお店に自社の業務用豚肉を販売するなら、インターネットを使うのが一番です。
日本全国に販路を拡大することで、より多くの豚肉を販売できます。
ではどうやってインターネットを使って業務用の豚肉を販売すればいいでしょうか。
インターネット上では、色々な形で食材を販売できます。
例えば食材を効果的に販売できるサイトの一つに食材のマッチングサイトがあります。
売り手と買い手が出会うことができる食のマッチングサイトには多くの企業が参加しているため、自社の豚肉を買いたいという人に出会える確率も高くなります。
また大手通販サイトに出店するという方法もあります。
多くの同業他社が出店している大手通販サイトでは、他社との差別化が難しくなります。
大手通販サイトのフォーマットにそって、ショップサイトを作るため、似たような作りになってしまうからです。
そのような中で自社のショップから買ってもらうのはハードルが高いでしょう。
あるいはインターネット上に自社のホームページを作り、そこから商品を買ってもらうということもできます。
ただこれは一からサイトを作るため手間がかかります。
ホームページ制作会社とやり取りしたり、サイトができあがってからもすべて自分たちで管理しなくてはならないため、とても大変です。

自動マッチングで買い手を見つけるには

インターネットで業務用の豚肉を販売するのに適しているのが食のマッチングサイトです。
その中でもプロが集う食のインターネット市場『BtoBプラットフォーム 商談』はおすすめです。
『BtoBプラットフォーム 商談』には食材を効果的に販売するためのさまざまな機能が充実しています。
例えば売り手と買い手が自動マッチングするシステムがあるので、あります。
これにより手軽に食材を買ってくれる人と出会うことができます。

手軽にマッチングできる

『BtoBプラットフォーム 商談』の自動マッチング機能を使うための準備はとても簡単にできます。
まず自社の企業情報を登録しましょう。
そして売りたい豚肉の情報を登録します。
豚肉といってもいろいろな部位があります。
また冷凍か冷蔵かなど状態もさまざまです。
そこもしっかりと登録しておきます。
さらに希望取引先も登録することでよりマッチングしやすくなります。
このように必要な情報をしっかり登録しておくことで、手軽に買い手企業と自動マッチングできます。

新しい企業にアプローチできる

『BtoBプラットフォーム 商談』には約9000社の企業が登録されています。
その中から自社が登録した情報と合致した企業が自動でマッチングされます。
これはなかなか自分達だけではできないことです。
多くの企業の中からマッチングされた企業は見込み客になります。
今までつながりがなかった新しいたくさんの企業にアプローチできるのは、自動マッチングの大きなメリットです。

効果的な営業ができる

『BtoBプラットフォーム 商談』の自動マッチング機能でマッチングされた企業はリスト化されるので、見込み客の一覧を手に入れることができます。
このリストをもとにそれぞれの企業に営業をかけます。
よくわからないまま手当たり次第に営業をかけるのではなく、きちんとマッチングされた見込み客にピンポイントで営業をかけられます。
これは営業をかける上でたいへん効果的です。
自社が販売する業務用の豚肉に興味をもってくれるであろう企業にだけ営業をかけることができるので、手間も大きく省けます。
また取引に繋がる確率も高くなります。

Web展示会で豚肉の良さを知ってもらう

自社の豚肉をもっと多くの人に知ってもらいたい、と考えた時に、今まで展示会を利用していた会社もあるのではないでしょうか。
ただ展示会に出展するにはさまざまな手間やコストがかかります。
でも多くの人に自社の豚肉を販売するチャンスです。
実は『BtoBプラットフォーム 商談』でも展示会に出展できます。
『BtoBプラットフォーム 商談』はWeb展示会の機能があります。
Web展示会とはオンライン上の展示会。
オンラインで行われる展示会にはさまざまなメリットがあります。
ぜひWeb展示会に出展して、自社の豚肉をアピールしてください。

豚肉の良さをアピールする場になる

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会は自社の企業プロフィールや商品のPR動画、豚肉の商品カタログをWeb上に公開することで出展できます。
それらの情報を展示会に訪れた多くの企業が見てくれます。
ここでしっかりと自社が取り扱う業務用豚肉の良さをアピールしましょう。
商品のこだわりやどのようにして生産されているかなどのアピールポイントをしっかりと伝えることでより興味を持ってくれる買い手も増えるはずです。

遠方の買い手にも出会える

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会はオンライン上で行われる展示会のため、さまざまな地域の人が参加できます。
日本全国の人があなたの会社の情報を見てくれます。
これはリアルな展示会ではなかなか難しいところです。
どうしてもリアルな場での展示会は、展示会が行われている地域の周りの人がほとんどのため、なかなか遠方の人にアピールすることができません。
しかしWeb展示会であれば、参加者の居場所は問わないので多くの人に見てもらうことができます。
今まででは考えられなかった遠方の顧客と出会えるかもしれません。

展示会のコストが削減できる

リアルな場で行われる展示会は、まず開催される場所まで行かなくてはいけません。
また試食用の商品やチラシなども用意し、前日から行って準備を行います。
時間とお金のコストがかなりかかります。
それが『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会であれば、一度情報の登録をしておけば、後は自社にいながら展示会に参加することができます。
そのため大きなコストをかけなくてもWeb展示会に出展できます。
これは大きなメリットです。
また展示会で出会えた見込み客とそのまま商談ができるのもいいところ。
改めて訪問する手間もコストもかかりません。

Web商談を利用して取引に繋げる

新しい取引先と出会ったときに重要なのが商談です。
自社の商品のどんなところが良いのか、またどのように取引をしていきたいかなどを話し合うことは大切です。
『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会で出会った買い手や、自動マッチングで出会った買い手と話したい、と思うことがあるはずです。
そのようなときはぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談の機能を使いましょう。
Web商談はインターネットを使ったオンライン上での商談です。
今までの商談とは違い、実際に相手先に行くことなく、気軽に商談ができます。

すぐに商談ができる

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会で自社の業務用豚肉に興味を持ってくれた買い手がいたら、そこからすぐに商談を行うことができます。
『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談機能を使い、実際に気になったところを聞いてみたり、自社の商品のアピールをすることで取引に繋げることができます。
今までの展示会であれば、まず展示会が終わってから改めて商談に赴く、という形でしたが、『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会はそのまま商談をすることができます。
また自動マッチングで出会った買い手とも、すぐに連絡を取り合うことで、Web商談の予約を取りましょう。
そうすれば取引のチャンスを逃すことなく、話を進めることができます。
Web商談であれば一度資料を揃えてしまえば、話も早くできます。
また移動の手間もないので、短時間で多くの商談もできます。
ぜひWeb商談のメリットを活用しましょう。

対面で商談ができる

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談は対面で商談できます。
オンラインで対面の商談ができるのか疑問がわくかもしれませんが、PCとカメラさえあればお互いの顔を映しながら商談できます。
相手の顔を見て話すことで信頼関係も築けます。
また相手の表情を見ながら商談することで手ごたえを感じることもできるでしょう。
また同じ画面で資料を共有することも可能です。
しっかり資料を説明しながら、自社の豚肉の良さを知ってもらいましょう。
顔を見ながら話し、資料を確認しながら商談することで取引に繋がる確率も上がるはずです。

遠方の買い手とも商談ができる

Web商談の利点は相手の会社まで行かなくていいところです。
インターネットを使って出会った買い手は日本全国さまざまな所にいます。
そこまで実際に行って商談、となるとたいへんな時間とお金がかかります。
でも『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談であれば、オンライン上で商談できるため、実際に相手のところに行かなくても商談できます。
普段ではとても行けないような遠方の買い手とも商談することが可能です。
これはとても大きな利点です。
今までであれば相手が遠方というだけで、取引が進まないということもありましたが、Web商談ができれば違います。
ぜひさまざまな場所にいる買い手と積極的にWeb商談を行って、多くの顧客獲得を目指しましょう。

業務用通販コーナーで手軽に豚肉を販売する

『BtoBプラットフォーム 商談』には業務用通販コーナーがあります。
「即決!Mart」は手軽に素早く商品を購入してもらえます。
「全国特産品Mart」はこだわりの商品をしっかり紹介することで、必要な量を買い手が気軽に購入することができます。
どちらも商品を登録し、並べておくことで買ってもらえるのが良いところ。
自社の業務用豚肉をまずは試してもらうという購入の入り口にすることができます。
また買い手にしても試しに購入したい、見積もりなどの手間をかけずにまずは商品を使ってみたい、という希望を叶えることができます。
実際に自社の業務用豚肉を使ってもらうことで、良さを分かってもらえることもあるでしょう。
そこから取引につながる可能性もあります。
まずは気軽に商品を使ってもらえる業務用通販コーナーに自社の業務用豚肉を並べてみましょう。

業務用の豚肉を販売するのは『BtoBプラットフォーム 商談』がおすすめ

自社のこだわりの業務用豚肉を販売するならぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を使ってみましょう。
買い手と自動マッチングする機能で新しい取引が始めることができます。
またWeb展示会で商品を知ってもらうこともでき、Web商談をすることで顧客を獲得することができます。
業務用通販コーナーを利用して手軽に商品を試してもらうのもよいでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』のさまざまな機能をしっかり利用して、ぜひ販路を拡大していきませんか?

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。