福井県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

福井県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

福井県は若狭湾に面し、さまざまな魚介類に恵まれているだけでなく、両白山地の山々から湧き出る清らかな水と山の幸、さらには福井平野が育む野菜や米など、非常に多くの食材に恵まれた土地として知られています。
その品質の高さから、福井県の食材はとても人気があり、展示会や催事などでも多くの人々の支持を集めます。
福井県の食材を取り扱っているけれど、展示会や催事を除いた営業の機会に、新規顧客を獲得するには、どうすれば良いでしょうか。
さまざまな角度から検証してみましょう。

インターネットで集客を図るには

手軽に利用できるツールのひとつとして、インターネットを使ったものが挙げられます。
会社の公式サイトを作成し、商品の情報などをまとめ、集客を図るものです。
会社概要や沿革などとともに、取扱商品についての情報を掲載しますが、どのような情報を載せるべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
例えば越前がにを取り扱っているとして、越前がにの情報を掲載するにしても、詳細に載せれば良いというわけではなく、買い手側が欲しい情報がそこに記載されていることが重要になります。
例えば、塩ゆでされたものを取り扱っているのか、刺身用かといった加工の状態であったり、どのくらいの量から販売しているのかといった、買う側にとって大切な情報を掲載することが大切です。
単純に越前がにを取り扱っています、とだけ記載するだけでは、自社で取り扱っているものとは加工の状態が違うものを求めている買い手企業が問い合わせをしてきて、ミスマッチを起こす可能性があるのです。
ミスマッチを起こすことなく、買い手企業が自社の商品を探し当ててくれるようにするには、キーワード検索をかけたときに上位に表示されることが良いといえますが、そのためにはSEO対策などを専門の知識がある企業に依頼する必要があるなど、手間とコストが掛かるといえます。
公式サイトを作ったのはいいけれど、コストがかかる割に問い合わせがないからとそのままにしていたりしないでしょうか。
そうした会社におすすめなのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。

ミスマッチを起こさずに利用できるネットのツール

インターネットを介した問い合わせが、ミスマッチを起こしてしまう理由のひとつに、必要な情報がきちんと記されていないことが挙げられます。
同じ越前がにを求めている企業でも、日本料理店で刺身として提供したい場合と、イタリア料理店でパスタのソースに使用したい場合とでは、欲しい商品の状態が違ってきます。
サイトに越前がにと記載があったとしても、どのような商品を扱っているかわからなければ、よくわからないから問い合わせるのをやめるか、わからないけれど一か八か問い合わせてみるかのどちらかになり、確実に自社の商品を求める顧客に結びつけたくても、そうはならない可能性のほうが高いのです。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、このようなミスマッチを防ぐための仕組みができているため、問い合わせがあった時に戸惑うことがなくなります。
売り手企業側は「商品カタログ」に取扱商品を登録すれば、その商品を求めている買い手企業をサイトが自動的にマッチングします。
マッチングした買い手企業は、「見込企業」として自動的にリストが生成されて手元に残ります。
独自にインターネットに公式サイトを作成しても、ミスマッチが起きたり、それを改善しようとすると手間とコストがかかったりしますが、そうしたことがないのがいいところです。
しかも「見込企業」のリストが手元に残り、これまでのように新規見込み顧客のリストを作成する手間もなく、自動生成されたリストをもとに、営業をすればいいだけなのです。
『BtoBプラットフォーム 商談』を利用すれば、これまでの集客の煩わしさから開放されるといえます。

遠方にある顧客と密にコミュニケーションをとるには

インターネットを通して生まれた遠方の顧客と、商談や発注はもちろんのこと、ニーズを把握するために悩みを聞いたりといった、日頃のコミュニケーションは、新たな注文をもらうためには重要なことです。
最近はリモートワークが定着してきたこともあり、遠方であってもオンラインでコミュニケーションをとれることが、ビジネスの最低条件ともなっています。
今はビデオ通話のアプリケーションもさまざまなものがあり、Wi-Fiとウェブカメラのついたパソコンさえあれば、どんなに遠くてもコミュニケーションを取ることが出来ます。
仕事の話をするとなると、気になるのはセキュリティの問題や、クライアントによってどのアプリケーションを使っているかなど、互いに取り決めなければいけない事項もあり、自社で導入するツールを何にするか、迷うこともあるかも知れません。
『BtoBプラットフォーム 商談』でも、オンラインで商談を行える「Web商談」の機能があり、資料や動画を共有しながら相手の顔を見て商談を行えるようになっています。
しかも、ビデオ通話が出来るだけではなく、商談のスケジュール管理も『BtoBプラットフォーム 商談』の中で行えるので、予定を見落としてしまったりすることがありません。
さまざまなアプリケーションやメールを利用してスケジュールを調整すると、予定を忘れてしまうこともありますが、そうしたトラブルを防ぐことも出来ます。

遠方の顧客を開拓するのにコストが掛けられない場合

遠方の顧客を開拓するのなら、大都市圏で行われる展示会や催事に出展して、取扱商品についてアピールしたり、企業アピールを行ったりするのは、効果的な方法のひとつとして知られています。
しかし、出展には高額の費用がかかる上、現地に出張するスタッフの数も揃えなければならず、手間やコストがかかるため、簡単に決められることではありません。
展示会の出展費用など、コストが大きくてなかなか出せないけれど、新規顧客を獲得しないことには企業としての成長も見込めません。
そんな時にも『BtoBプラットフォーム 商談』が便利で、オンラインで展示会を行える「Web展示会」の機能が備わっており、これまでの展示会と同様に、ブースを構えて出展することが出来るようになっています。
自社の取扱商品のテーマに合った展示会に出展することが可能で、オンラインで開催されることもあり、日本全国さまざまなところから買い手企業が展示会にやってきます。
例えば、谷田部ねぎを取り扱っているとして、青果関連の展示会に出品することになったとします。
自社のブースでは、従来の展示会と同じように、動画で谷田部ねぎが育つ様子を流してアピールしたり、スライドを使ってレシピを共有したりすることが出来ます。
買い手企業はいつでもどこでもオンラインで参加することが可能なので、これまでは気になっていても足を止める時間がなかった人も、都合のいい時間にゆっくりと見ることができるため、これまでよりも数多くの企業に見てもらうことも出来るといえます。
谷田部ねぎに興味のある企業の情報も、簡単に集めることができ、それをきっかけに新規開拓をすることも出来ます。
『BtoBプラットフォーム 商談』の最大の特色とも言える機能なので、使わないのはもったいないともいえます。

どんな企業でもより良い商品を求めている

福井県の食材を探している買い手企業が、実際に発注する商品を選ぶ際に、どのようなところが決定打となって発注に至るでしょうか。
例えば、越前金時を同じように探していたとしても、買い手企業によって、どこにポイントを置くかは違っています。
少しくらい高くても、ともかく質の良いものが欲しい企業がいれば、ブランド名がついていれば、値段は安いほうがいいと考える企業もいるでしょう。
そのため、商談を進める中で、顧客のニーズを引き出し、それを満たすものを提供する必要があります。
大切なのは、多少のせめぎあいはあるにしても、顧客のおおよその予算を守り、その範囲内でより良い商品を提案することだといえます。

ニーズの把握にオンラインの商談は必要不可欠

顧客のニーズを把握するには、商談の中での聞き取りも重要ですが、メールやビデオ通話などの間に、気になることがあったら細やかに悩みを聞き出し、要望をすくい上げることが鍵になるといえます。
遠方の企業でも、オンラインのツールを使えば、実際に足を運ばなくても密にコミュニケーションを取ることが可能です。
相手がどのようなことに興味を持つか、どのようなことを気にしているかなどに気をつけて話を聞き出すことが、潜在的なニーズを探るのにも重要です。
メールやビデオ通話以外には、メルマガを発行してどのようなことに興味を持っているのか探ってみたりするのも効果的です。
こまめに連絡をとって慎重に話を聞くとなると、営業担当者は大変かもしれませんが、そのひとつひとつがチャンスに結びつくといえるので、見逃さないように注意しながら商談をしていきましょう。

数多くの企業が限定食材を探している

買い手企業の中には、希少な食材や、限定食材を探している企業も少なくありません。
例えば、居酒屋が自家製梅酒を作るのに、希少品種である紅さし梅を探していることもあれば、黒竜吟醸豚を探しているしゃぶしゃぶ店がいる場合もあります。
これまでであれば遠方にある企業がこれらを探しているとなると、福井まで来てもらって現地を視察してもらう機会を設けたかも知れませんが、今はオンラインで動画やスライドを共有することで、買い手企業の理解が深められるといえます。
こまめに生の情報を提供することで、信頼関係を作っていくのは大切なことです。

レアで高価な食材を発注する買い手企業が初回の取引だった場合

希少な食材は、需要と供給の関係から、どうしても価格も高くなるのが一般的だと言えるのではないでしょうか。
しかし、そういう食材を、まとめて売ってくれないかと持ちかけてくる買い手企業ももちろんいるのです。
高級品として知られている福井県産の越前うにのなかでも希少な「粉うに」をお椀に使いたいと言っている日本料理店があるとして、そのお店が遠方にある初回の取引先だったとします。
そうなるとさすがに金額も大きくなって不安なので、初回なので現金でと条件をつけたりするのが一般的な方法ではないでしょうか。
しかし、1ヶ月ずっと出し続ける献立で、量も多くなることから、買い手企業の負担になる場合もあります。
そんなとき、『BtoBプラットフォーム 商談』なら、独自の決済代行システムを導入しているので、不安を感じることなく初回の取引をすることが出来ます。
取引が初めてであっても、売掛金回収100%保証で、決済代行手数料も3%のみと、与信の手間とコストを省いています。
支払いまでのサイトも最短で10日と、短くなっているのもポイントです。
しかもオンライン取引のため、請求書の発行も必要ありません。
高額な希少食材を取り扱っている場合は、『BtoBプラットフォーム 商談』を利用すると、安心して初回取引の買い手企業との取引を行うことができ、積極的に営業を書けることが出来ます。

うつろう季節の食材を、いち早く買い手企業に届けよう

福井県の新鮮な食材を求める買い手企業の多くが、季節ごとに入れ替わるさまざまな食材を常に探しているのではないかと思います。
飲食店は基本的に、大きなチェーン店でもシーズンごとにメニューを入れ替えるところが多く、それは来店客のサービスのためであることが多いといえます。
例えば、福井県の野菜をおまかせで送ることになっている場合、季節ごとに出てくる地物の伝統野菜などを入れると喜ばれます。
シーズンごとにさまざまなニーズがあるといえますが、前年にどのようなものを発注していたのか分析し、今年の予想をすることが大切になります。
流行りの料理や話題の食材も重要ですが、何年もの間ずっと定番として売れているものも見落とすわけには行かず、いろいろな情報を分析した上で、今現在の悩みを聞き取り、総合的に判断をすることが大事になります。
しかし、前年の状況や今年の予測を、どこでどのように手に入れればいいのかわからないで困っている企業もあるかも知れません。
そんな企業には『BtoBプラットフォーム 商談』の検索機能を活用して分析を行うのがおすすめです。

検索機能を活用して今年の流行を読み、契約を勝ち取る

『BtoBプラットフォーム 商談』では、備わっている検索機能をうまく活用することで、前年にどのような商品が売れていたのか分析できたり、流行を先取りすることが出来ます。
福井県の野菜といっても、地元でしか栽培していないものから、一般的な品種まで実にさまざまです。
前年の発注の傾向を分析し、新たに売り出している品種や流行しそうな品種を考え、買い手企業に提案することで、トレンドを作っていくことも可能だといえます。
さまざまな条件で検索する情報を絞り込み、どの時季にどのような注文が入るのかをランキング形式で閲覧することが出来、これを元に分析を行えば、買い手企業のニーズの把握も可能になります。
その上で、どのような商品を提案するのか戦略を練ることが出来るのです。
買い手企業が実際に欲しい商品を探す際、検索窓に入力するキーワードも、ランキング形式で閲覧することが出来るので、自社の商品を売り込むときのキーワードを見直すのに活用することも出来ます。
検索機能を活用することで、さまざまな買い手企業の情報を得ることが出来るといえます。

福井県産食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

福井県の食材は非常に幅が広く、さまざまな食材が県内に散らばっているので、まだまだ知られていない食材もたくさんあるといえます。
取り扱っている福井県産の食材をどのようにすれば注文してもらえるのかわからない、遠方にある買い手企業を新規開拓するにはコストが掛かりすぎる、そもそも営業そのもののノウハウがないなど、悩みは企業によってそれぞれだといえます。
そういった悩みを抱える企業こそ『BtoBプラットフォーム 商談』を利用することが活路を開くといえます。
『BtoBプラットフォーム 商談』の機能は、ご紹介した以外にもたくさんあり、どれも活用することでビジネスを大きく飛躍させることに繋がるものばかりです。
ぜひ詳細な機能を知って、自社の成長に役立ててください。
今までより効率の良いビジネスを展開することが出来ます。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。