長野県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

長野県の食材を日本全国の飲食店へ売り込むには

海に面していない内陸県で、日本アルプスを代表とする山岳地が多いことで知られる長野県は、山の冷涼な気候と清らかな水に恵まれ、さまざまな野菜や果物、そばなどの雑穀や畜産物などの食材が豊かなことでも知られています。
長野県の食材は素朴なものが多く、山の暮らしに根ざした加工食品や伝統食は、他の地域にはないことから、高い人気を誇ります。
長野県の食材を取り扱って入るものの、どのように売り込めばいいのかわからないという場合、どうするのが良いのか考えてみましょう。

インターネットで新規顧客を獲得する

高い金額を支払って広告を出すことは出来なくても、インターネットに公式サイトを作成し、公開することは、そこまで大変なことではないといえるでしょう。
きれいにデザインされた公式サイトを作り、会社の情報を掲載し、と、ここまではいいのですが、問題は取り扱っている商品をどのように掲載するかです。
よく、取り扱い品目のみを箇条書きで並べたような企業のサイトがありますが、その程度の情報しか載せないままでは、肝心の集客は見込めないといえます。
取り扱っている商品を探し当てて問い合わせをしようと、買い手企業が決心するまでには、その担当者が必要とする情報がそこに掲載してあるかどうかにかかっているのです。
例えば、夏そばのそば粉を探しているそば店がいるとして、担当者が求めているのは、どこでとれたものなのかはもちろん、どのくらいの量から売ってもらえるのかなど、さらに細やかな情報であることが多いといえます。
単純に箇条書きで取扱商品を並べるだけでは、欲しい商品を取り扱っているかどうかがわからず、供給側とミスマッチを起こしてしまう可能性が高くなります。
かといって、細かい情報はあまり載せられないという場合も、企業によってはあるかもしれません。
サイトを公開したのはいいけれど、効果的に自社の商品をアピールする方法がわからず、困っていたりしないでしょうか。
そんな企業に便利なのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。

ミスマッチが起きないようにするにはどうするのがいいか

公式サイトのメールフォームからせっかく問い合わせをもらっても、先方の望んでいるものを取り扱っていなかった、といったミスマッチが起こるのはなぜなのでしょうか。
例えば、そばのページに、取り扱っているそばのことを書いてあったとしても、買い手企業が必要としている情報が揃っていなければ、「とりあえず問い合わせてみよう」とはなかなかなりません。
例えば、いつどこで収穫されたものか、どのように製粉されているかといったことがわからないと、同じ長野県産霧下蕎麦でも問い合わせには至らないかも知れません。
問い合わせをしてもらっても、自社ではやっていないロール挽き製粉のものを欲しいと言われてしまうなど、ミスマッチを起こしてしまうのではもったいないといえます。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、売り手企業が取扱商品を「商品カタログ」に登録するだけで、その商品が欲しいと思っている買い手企業と自動的にマッチングされるようになっています。
マッチングした企業は「見込企業」として自動的に生成されたリストが手元に残り、企業と担当者が分かるようになっています。
見込企業のリストには担当者の連絡先もあるので、通常、新規開拓をする時に作る担当者一覧を作る手間がなくなり、連絡先に連絡して営業をすればいいだけになっているのです。
『BtoBプラットフォーム 商談』の機能は活用すると便利なものがたくさんあります。
どんどん活用して新規開拓をしていきましょう。

ビジネスに欠かせなくなったオンラインツール

ネットからの問い合わせに限らず、最近はリモートワーク化が進み、ビデオ通話などのオンラインツールを使うことは、ビジネスを展開する上で欠かせないものになりました。
これまでは遠方の企業の担当者と商談をするには、電車をいくつも乗り継いだりして時間をかけて出張したものですが、今ではどんなに遠くにある企業とも、カメラ付きのノートパソコンやタブレットを使えば顔を見て話ができます。
ただ、仕事の上で使うとなると、顧客の導入しているアプリに合わせなければならなかったり、セキュリティの問題に不安が残ったりと、気になる点も多いのが問題です。
『BtoBプラットフォーム 商談』にも、オンラインで商談を行うための、「Web商談」の機能がついています。
他のアプリと比較すると、アプリの中でスケジュール管理が行える点が便利で、商談の予約をメールで連絡したりしなくても、商談相手を選んで予約すればリマインドが行くようになっています。
さらに『BtoBプラットフォーム 商談』には、最大の特色ともいえる「Web展示会」という機能があり、これを活用すると新規顧客を獲得しやすくなるといえます。

Web展示会で自社の商品の魅力や企業の概要をアピールする

Web展示会は、これまで大都市圏の会議場などで行われていた展示会を、オンラインで開催できるという機能です。
自社の取扱商品のテーマに合ったテーマの展示会に出展することが可能で、ブースでは動画やスライドを使用して商品のPRや企業アピールをすることが出来ます。
オンライン開催なので、通常の展示会のように開催地を気にすることなく、日本全国どこからでも参加することが出来るため、買い手企業もいろいろなところから集まってきます。
例えば、長野県産のはちみつを取り扱っているとして、製菓関連の展示会に出展することにしたとします。
自社ブースでは、通常の展示会と同じように、動画を見せながらどんなところで蜜がとれるのか説明をしたり、スライドを使ってはちみつがとれるまでを解説したりすることが可能です。
ブースを見て回る買い手企業は、これまでの展示会では忙しい中時間を配分しながらあちこち回っていたのが、ゆっくりと時間のある時に、興味のある売り手企業のブースを見ることが出来るため、これまでよりも多くの買い手企業が自社の情報を見てくれる可能性が高くなります。
自社の長野県産はちみつに興味を持ってくれた企業の情報は、簡単に集めることが出来るため、新規開拓をすることも簡単に出来ます。
また、声をかけてくれた買い手企業と「その場で」Web商談が出来るため、商機を逃しません。
オンラインの強みを最大限に活かすことの出来る機能でもあるので、活用しない手はありません。

条件の中でより良いものを買い手企業は探している

買い手企業が実際に商品を選ぶ時、どんなところが決め手となって発注するに至るのか、気になる企業の方も多いのではないでしょうか。
例えば、ナガノパープルを同じように探しているとしても、それぞれがどこに重きをおいているかは、企業の考え方によって違うといえます。
ちょっとくらい高くても、しっかりとした粒の大きな、味の良いものが欲しい、という企業もいれば、ナガノパープルであれば、多少難があっても構わない、という企業もいるでしょう。
そのため、同じ商品を求めている場合でもひとくくりにせず、それぞれていねいに話を聞き、ニーズを把握することが大切になります。
その中で大切なのは、買い手企業の予算に収まる範囲内で、できるだけ良い商品を提案できるかどうかだといえます。

潜在的なニーズを把握するためにも、オンラインの商談は必須

買い手企業のニーズを把握するには、商談のときはもちろんのこと、タイミングを見てこまめに連絡をして悩みや要望を聞くことが大切です。
今は便利なオンラインツールがあり、遠方の顧客にも連絡が取りやすい状況だと言えるので、それをニーズの把握に役立てることが出来ます。
オンラインで話す中で、相手がどんなことに興味を持ち、どんなことに悩んでいるかを見逃さないように注意しながら、細やかに対応する必要があります。
オンラインで顔を合わせるだけでなく、メルマガを発行して、それを開封してくれたか、商品リンクをクリックしてくれたかといったことからチャンスを伺うことも出来ます。
『BtoBプラットフォーム 商談』にはメルマガ一斉配信機能があり、開封したかどうかも企業ごとに確認ができるようになっているので、これをニーズの把握に使うことも出来ます。
さまざまな方法を織り交ぜながら、顧客との接点を上手に作り、ニーズを汲み取っていきましょう。

限定食材や希少食材を探す買い手企業も多い

買い手企業の中には長野県産の限定食材や、希少食材を探している企業ももちろんいます。
信州大王イワナやシナノユキマスを探している日本料理店がいるとして、これまでであれば、どんな場所で育っているのか、実際に来て見てもらう事もあったかも知れませんが、今は動画などで説明することが出来るので、自分たちで信州大王イワナやシナノユキマスの様子を撮影して共有し、それでイメージを確認してもらうことも出来ます。
発注をしてもらうまで、こまめに連絡をとって生の情報を提供し、安心して注文をしてもらえるよう信頼関係を作るのも大切だといえます。

希少で高価な食材を初めて発注をする買い手企業に不安なく販売するには

どうしても値段が高くなってしまう希少食材を、どうにか量をたくさん用意して欲しいと相談してくる買い手企業ももちろんいるものです。
まだ残暑が続く時季にはしりの松茸を献立にのせたいので用意して欲しいという個人の日本料理店がいるとして、そのお店が遠方にあり、初めての注文だったとします。
そうなると、まず心配になるのが売掛金の回収になるのではないでしょうか。
初めての注文がかなりの高額になることが予想できるとなると、初回は現金でと条件をつけたりするのが通例ではないかと思います。
しかし、量も多いことを考えると、先方にとっても現金での支払いは負担になります。
そんな時に便利なのが、『BtoBプラットフォーム 商談』です。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、独自の決済代行システムを導入しているため、初めての注文でも売掛金回収100%保証で、決済代行手数料も3%と、与信審査の手間とコストを省いています。
また、支払いのサイトも最短10日と、短いのが特徴です。
しかもオンライン取引なので請求書を作る必要もありません。
はしりの松茸のような、高額な希少食材を取り扱っている場合は、『BtoBプラットフォーム 商談』を導入することで、安心して新規開拓をすることが出来ます。

季節の食材をシーズンにいち早く買い手企業に届けるために

長野県に限らず、地方の食材をあちこち探している飲食店にとって、季節の食材はどこの企業も求めているものだといえます。
グランドメニューそのものをシーズンごとに見直す飲食店はチェーン店でも多く、一般消費者が季節の食材に敏感なのを表していると言えるでしょう。
例えば、長野県の高原野菜をおまかせで送っているお店があるとしたら、通年とれる野菜だけでなく、季節ごとの短い期間にしか出回らないものを入れるととても喜ばれます。
長年売れ続けているような、季節ごとの定番を見落とすことは出来ませんが、それ以外の商品も、前年の実績を分析することで、今年の売れ行きを予測することが可能になります。
流行りの料理や新たに出回り始めた品種の野菜など、定番と合わせて分析し、そこに買い手企業から悩みを聞いてニーズを把握したものを合わせ、新たな提案をするのが重要になります。
しかし、売り手企業の中には、前年の分析をどうやれば出来るのか、また今年の予測をどこから導き出せるのかがわからない場合もあるかもしれません。
そんな企業には『BtoBプラットフォーム 商談』の検索機能を活用することをおすすめします。

検索機能を活用してトレンドを読み、契約を勝ち取る

『BtoBプラットフォーム 商談』では、前年にどういう商品が実際に売れていたのかや、今年どのような商品が売れそうかといった情報を、検索機能を使って確認することが出来ます。
例えば、長野県の大根やカブは非常に種類が多く、お店でどんな料理に使うかで向いている品種を提案したり、ときにはレシピとともに提案を行うことで、お店のトレンドを作っていくことも出来ます。
さまざまな条件を設定して絞り込むと、買い手企業がどの時季にどういった注文を多くしているのかが『BtoBプラットフォーム 商談』では閲覧できるようになっています。
これを分析し、買い手企業のニーズを把握することが出来、それを元に提案する商品を考えたり、販売戦略を練ることが出来ます。
買い手企業が実際に商品を探す時に、検索窓に入力するキーワードも、ランキング形式で見ることが出来るので、自社の商品を販売する時に使うキーワードを改善するのに使うことも出来ます。
提案を新たな注文に結びつけるには、ニーズを把握し、流行を先読みし、販売戦略を練ることが重要です。
検索機能を活用して、必要な情報をどんどん得ていきましょう。

長野県産食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

長野県の食材といっても、非常にさまざまなものがあり、地域ごとにいろいろな食材が根付いているので、知られていないものもまだたくさんあると言えます。
取り扱っている長野県産の商品を、どのようにすれば買い手企業が発注してくれるのかわからない、遠方の企業を新規開拓するのはコストが掛かりすぎる、そもそも営業のノウハウそのものがない、といった企業にこそ、『BtoBプラットフォーム 商談』はその真価を発揮します。
ご紹介したもののほかにも、活用することで新規開拓だけでなく、新たなビジネスを展開するのに役に立つものが数多くあり、導入するメリットはたくさんあります。
これまでよりも効率の良いビジネスを展開することが可能になる、ビジネスのヒントがたくさん詰まっています。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』の詳細を知って、企業の成長に役立ててください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。