アジア食材を売りたいときには

アジア食材を売りたいときには

アジア食材を取り扱っている会社が販路を拡大していきたい時にはどのようにしていけばいいのでしょうか。

アジア食材を買いたいという飲食店は数多くありますが、仕入れ先もさまざまです。
売り手としてはそれらの飲食店に売り込みをしていくのがいいか、それともどこかに出店するのがいいかは悩むところです。
今回はアジア食材の販路を拡大していく可能性をぜひ探っていきましょう。

アジア食材を売る手段

自社で取り扱っているアジア食材を売るためにはさまざまな手段があります。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、そこを理解した上で自社のやり方に合った手段で
販路を拡大していくのがいいでしょう。
ではアジア食材を売るためにはどんな手段があるのでしょうか。

小売店で販売する

街の中でアジア食材を販売しているお店を見たことはありませんか?
自社で取り扱っているアジア食材を販売するのにお店を作るというのも一つの方法です。
お店であればアジア食材を取り扱っている飲食店だけでなく、
アジア食材が好きな個人のお客さんも来てくれることがあるでしょう。
他のお店にないような専門的な調味料や食材があれば、珍しいと思って来店してくれる人も増えるかもしれません。
ただお店を開くのであれば、場所を考えたり、実際にお店を借りたりしなくてはいけません。
そうすると家賃などの固定費も発生します。
またお店に来店できる範囲に住んでいる人がお客さんになるため、どうしても広い範囲に販売するのは難しいかもしれません。

自社のサイトで通販をする

インターネットを利用することで販路を拡大できるチャンスが広がります。
その一つが自社のサイトを作り、そこでアジア食材を通信販売することです。
インターネットを使えば、食材を買ってくれるお客さんが日本全国に広がることになります。
今まで以上に買ってもらえる公算が大きくなりますし、アジア食材が欲しい人が探して自社サイトに訪問してくれるため、
購買意欲も高い人が多いでしょう。
その人たちの希望と自社が扱っているアジア食材が合えば、多くの食材を仕入れてくれるようになるかもしれません。
ただインターネット上で自社サイトを見つけてもらうことはなかなか難しく、技術や運に頼らざるをえません。
うまく検索画面に自社のサイトが出てくるよう工夫を重ねるなどして自社のサイトを訪れてくれる人が増えるよう
工夫をしてみましょう。

食材のマッチングサイトに登録する

インターネット上には食材のマッチングサイトがあり、食材の売り手と買い手が出会うことができます。
自社で売りたいアジア食材を登録することで、買い手の飲食店の経営者など多くの人に見てもらうことができます。
そして買い手の希望に合うアジア食材が自社の登録食材の中にあれば、買ってもらうことができます。
中でも特にプロが集う食のインターネット市場『BtoBプラットフォーム 商談』はおすすめです。
『BtoBプラットフォーム 商談』には約9000社以上が登録しており、出会いの場も広がります。
ぜひ自社の取り扱っているアジア食材を登録して、多くの買い手と出会いましょう。

アジア食材は自動マッチング機能で売る

食材のマッチングサイト『BtoBプラットフォーム 商談』で自社の取り扱っているアジア食材を売りたいときは
どうすればいいでしょうか。
『BtoBプラットフォーム 商談』には自動マッチング機能があります。
売り手の売りたい食材と買い手が買いたい食材をマッチングすることで、
売り手は買い手にアプローチすることが可能になります。
ニーズに合う食材をアピールできればきっと買い手もその食材に強く心惹かれるはずです。

商品は簡単に登録できる

『BtoBプラットフォーム 商談』の自動マッチング機能を利用するのは簡単です。
まず自社の取り扱っているアジア食材を商品カタログに登録します。
食材を登録しておくことで、その食材がどのようなものかを知ってもらうことができたり、
その食材に興味を持った人が見てくれたりと売れる可能性が広がるでしょう。
そして次に希望する取引先条件を登録し、最後に自社のプロフィールを登録します。
どれもしっかりと登録しておくことで取引につながりやすくなるので、ぜひきちんと登録しておきましょう。

新しい買い手と出会える

自社の登録した食材や取引先条件などを反映して自動マッチング機能を使えば、
取引につながりそうな企業とマッチングされます。
相手企業の取引条件や食材の募集情報と自社の取引条件や食材がうまく合うことでマッチングされるのです。
マッチングした企業は自社の食材の販売先としては有力な買い手企業ですので、そこからぜひアプローチしていきましょう。
自動マッチングした企業はリスト化されるので、それをもとに営業すれば営業効率がアップします。
ぜひこの買い手企業のリストを活用しましょう。

ニーズに合った売り込みができる

自動マッチング機能で出会った企業は、募集情報に自社の取り扱っているアジア食材に合う情報を登録していた企業です。
そのため相手の欲しい食材と自社の売り込みたい食材がしっかり合っていることが多く、
相手のニーズに合ったアプローチができます。
ニーズに合った売り込みができれば営業もしやすく、効率的な売り込みができるため、取引に繋がる可能性が大きくなります。

業務用通販コーナーで気軽に購入してもらう

『BtoBプラットフォーム 商談』には業務用通販コーナーもあります。
自社の取り扱っているアジア食材を効率的に販売できる業務用通販コーナーは、
多くの買い手に食材のことを知ってもらえる場所の一つです。
業務用通販コーナーに自社の食材を登録しておくことでさまざまな買い手に購入してもらうことができます。
また、カートに入れていくだけのシンプルな仕組みなので使いやすく、買い手も気軽に購入できるでしょう。
ぜひ業務用通販コーナーに自社の取り扱っているアジア食材を登録して、どんどん販売していきましょう。

「即決!Mart」で手間なく販売

『BtoBプラットフォーム 商談』の業務用通販コーナーで人気の「即決!Mart」は、
購入したい食材をすぐに発注できるサイトです。
そのため自社の食材をまずはお試しで買ってもらいたい、という時にはぜひ使ってみましょう。
「即決!Mart」に掲載している食材はすべて表示通りの価格で販売しています。
そのため売り手側もわざわざ見積もりを作成することなく、すぐに販売できるので見積もりを提出する手間がありません。
また買い手もすぐに購入できるので、気軽に買ってもらえます。
さらに少量からも販売できるので、お試しで買ってもらうこともできるため、ぜひ積極的に出品してみましょう。

Web商談機能で取引をまとめる

自動マッチング機能でマッチングされた企業や業務用通販コーナーで自社の食材を購入してくれた買い手と、
ぜひこのまま取引をしていきたいと思うなら、ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談機能を使いましょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb商談機能にはさまざまなメリットがあります。
相手がどんな買い手なのかを知ることもできるし、細かい取引内容を話し合うこともできるからです。
また今までの商談では難しかった遠方の買い手との商談もできるようになります。
便利な機能がたくさんあるWeb商談機能をぜひ利用して取引に繋げていきましょう。

Web商談で相手のことを理解できる

『BtoBプラットフォーム 商談』を使って、自社の取り扱っているアジア食材を売ってみたい、と思っても、
実際に相手のことがよくわからなくて心配、ということもあると思います。
インターネットを使った卸売のいいところは多くの人にアプローチできることですが、
一方で相手のことがよくわからないという弱点もあります。
自社のアジア食材を買ってくれる人はどんな人だろうという不安を感じるかもしれません。
そんな時はWeb商談機能でいろいろと話すことで、相手のこともわかり不安が解消されるでしょう。

Web商談は顔も資料も見ることができる

どうやってWebで商談?と思うかもしれませんが、実際に対面で行う商談のようにお互いの顔を見て商談できます。
お互いの顔をパソコンなどのカメラを通じて、まるで対面しながら商談するようにWebで商談します。
顔を見ることで相手の表情から読み取れることもたくさんあり、取引を進めていく上で効果的です。
ぜひお互いの顔を写して商談を進めていきましょう。
また資料を画面共有しながら商談ができるのも便利な点です。
お互いに資料を確認しつつ、実際にオンラインで話しながらこだわりの点など多くのことを提案することで、
自社のアジア食材の良さをしっかり伝えることができます。

Web商談でコストを削減

Web商談は直接相手のところに行かずにWeb上でやりとりすることができるので、
新規営業のコストを大きく削減することができます。
また対面で商談することでお互いのことがしっかり理解できて、受注の確率を上げることができるでしょう。
さらに自分が住んでいる地域だけでなく、全国の買い手とWeb商談することができるので、販路が大きく拡大するでしょう。

Web展示会で新しい買い手を見つける

『BtoBプラットフォーム 商談』にはWeb展示会に出展できる機能もあります。
ぜひ自社のアジア食材をWeb展示会に出品してみましょう。
ところで、Web展示会とはいったいどんなもの?という疑問を持つ人も多いでしょう。
『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会は、インターネットを利用してパソコンなどから参加できます。
売り手も買い手もそれぞれの場所から参加できるため、今までは出会えなかった人たちとも出会えるかもしれません。

出展も手軽にできる

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会への出展はとても手軽にできます。
まず企業情報や出品したい商品などを登録しましょう。
自社を知ってもらうためにはしっかりと企業の情報や売りたい商品情報を登録するのが大切です。
買い手に興味を持ってもらえるよう、しっかり売り込める情報を登録しましょう。
またPR動画などを作成して見てもらうこともできます。
実際に会場を使用するイベントと違って出展費用などが発生することもなく、
情報の登録さえできれば出展できるので、ぜひWeb展示会に出展しましょう。

遠方の買い手とも出会うことができる

『BtoBプラットフォーム 商談』のWeb展示会はインターネットを利用して行われます。
インターネットを利用すれば場所を選ばないことから、販路が一気に日本各地に広がります。
自分の会社がある地域から遠く離れた場所にあるお店や会社、スーパーマーケットなどともつながることが可能になります。
これは販路を拡大する大きな可能性を生むことから、Web展示会に出展するのは自社にとって大きなチャンスとなります。

売掛金の回収は決済代行システムを利用

『BtoBプラットフォーム 商談』で出会った買い手との取引が始まる時に心配なのは売掛金の回収です。
取引のための口座を開設したり、与信管理をしたりと新たな仕事が発生するだけでなく
買い手の企業とはお金のやり取りについても話し合わなくてはなりませんが、
『BtoBプラットフォーム 商談』ならその手間を省くことができます。
『BtoBプラットフォーム 商談』を運営しているインフォマートが決済を代行することで、売掛金の回収を任せられるためです。
また、取引先ごとの請求書発行や支払先ごとの口座開設、支払い方法の商談などをする必要がありません。
これにより手間やコストを一掃できるので、あとは買い手との取引に集中できます。

アジア食材を売りたいときには『BtoBプラットフォーム 商談』で

自社の取り扱っているアジア食材を効率的に販売していくには『BtoBプラットフォーム 商談』を活用していきましょう。
自動マッチング機能で新しい取引先と出会えるだけでなく、
Web展示会で自社のアジア食材に興味を持ってくれた企業とWeb商談機能で取引に繋げることで
販路を大きく拡大できるはずです。
売掛金はインフォマートの決済代行システムを利用することで回収不能に陥る心配もありません。
ぜひ『BtoBプラットフォーム 商談』を使って、自社のアジア食材をたくさん販売していきましょう。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。