福島県の食材を日本全国の飲食店に売り込むには

福島県の食材を日本全国の飲食店に売り込むには

福島県ではさまざまな食材が作られていますが、福島県の食材はその品質が高いことから、多くの飲食店で料理に取り入れられています。
福島県といってもとても広いため、地域ごとにまだまだ知られていない食材がたくさんあるともいえます。
福島県のまだ知られていない食材を新たに販売するときに、以前であれば、大都市圏で行われる展示会や、全国各地で行われる催事などで、商品を紹介し、販売すれば、新たな顧客を獲得することも難しくなかったのではないでしょうか。
しかし、東日本大震災時の影響で、契約が取れそうになっても、価格を低く見積もられてしまったり、さらにこのコロナ禍になってからは展示会や催事そのものが自粛傾向にあることから、以前のように食材を販売することは難しくなりました。
福島県の質の高い食材を取り扱っていて、きれいなウェブサイトを作って公開していたとしても、そこにアクセスしてもらわなければ意味がありません。
食材の名前を検索して表示される、膨大な数の競合他社の取扱商品と、自社の商品との間に、どのような差があり、自社のものはどこが優れているのか、どこまで商品の情報を掲載すればいいのか、悩んでいる企業の方も多いと思います。
そんなときに重宝するのが『BtoBプラットフォーム 商談』です。
登録すれば、日本全国にある7,500社もの買い手企業が、福島県の食材を求めて、商品の情報を待っています。
上手に機能を活用すれば、これまでよりもずっと効率の良い商談を行うことが可能になります。

目次

福島県の食材・食品を必要とする、数多くの買い手企業とマッチング

福島県の食材といっても、福島県は海沿いから内陸まで非常に広く、海産物から農水産物、畜産物と、実にさまざまな食材があるといえます。
食材を取り扱う企業ごとに、商品に個性があるともいえます。
例えば、福島県のうにを主力商品として取り扱っているとしても、どの地域でとれたうにか、生か冷凍か、といった状態の違いによって、会社によっては得意な分野が違ってきます。
買い手企業が福島県のうにを探していても、最終的にどのように提供するかで、仕入れたいうにの状態も変わってくるといえます。
例えば、居酒屋で殻付きの状態で刺身にして出したい場合と、イタリア料理店でパスタのソースに使う場合とでは、使いやすい状態が全く違います。
そのため、福島県のうにを探して、ウェブサイト経由で問い合わせてきたとしても、自社の得意分野と違ってしまうという、ミスマッチを起こしてしまうことは、しばしばあることではないでしょうか。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、このようなミスマッチが起きない仕組みになっています。

商品カタログを登録したら、マッチングした企業に営業をかけるだけ!

『BtoBプラットフォーム 商談』では、商品カタログに取り扱っている商品を登録するだけで、買い手企業が登録している「調達カタログ」と自動的にマッチングします。
マッチングした買い手企業は「見込企業」としてリスト化され、手元にデータが残るようになっています。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、買い手企業の担当者や連絡先がわかるようになっているので、見込企業の担当者の元へ、福島県の食材の情報を提供したり、福島県産うにの商品提案を行ったりすればいいだけになっています。
つまり新規の見込企業のリストを作成する手間を掛けず、自動的にマッチングされた見込企業に自発的に営業をかければいいだけになるのです。
ただ商品を置いて待つだけの状態とは違い、攻めの営業は見込企業のニーズの把握が難しく、なかなか手が出しにくいものです。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、商品カタログを登録するだけで、数多くの買い手企業のニーズを把握する手がかりになるといえ、見込企業のリストも出来て、効率の良い営業活動の助けとなります。
登録した商品カタログはデータベースとして活用をすることも可能で、こまめに更新すれば、売上拡大の大きなポイントになるといえます。

顧客のニーズをしっかりと把握できる「Web商談」

コロナ禍前であれば、展示会や催事に参加すると、開催地周辺の買い手企業と会うきっかけになり、その時に商品を手にとって見てもらい、商談を行うことが可能でした。
しかし、展示会などが自粛傾向にある現在、そうしたかたちで営業するのが難しくなっています。
特に、福島県の特産品を使った調味料などの加工食品は、展示会や催事でのアピールが減ったことは、大きな痛手となっているのではないかと思います。
商談の頻度が減ってしまったことで、大都市圏の顧客のニーズが把握しづらいという悩みを抱えている企業も多いのではないでしょうか。
首都圏から比較的近いとはいえ、毎回足を運ぶにはコストが掛かりすぎるといった、経費面に悩んでいる人もいるでしょう。
そんなときに便利なのが、『BtoBプラットフォーム 商談』です。

福島県の食材を使ったパスタソースのレシピを、オンラインで相談

展示会や催事の期間中は、大都市圏で営業をするいいチャンスだったといえますが、それが難しくなっている昨今、顧客のニーズを把握するのが難しくなったと感じている人もいるのではないでしょうか。
例えば、福島県産のトマトを使用したパスタソースなどを販売しているとして、これまでであれば顧客に実際に会って、商品の提案を行い、顧客の悩みを聞きながらPBの商品開発を受けたりするのが通常の流れだったかもしれません。
しかし、展示会や催事が減ったことで商談自体が減り、顧客の悩みを聞く機会が減ったと感じているのなら、『BtoBプラットフォーム 商談』の利用をおすすめします。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、マッチングした買い手企業に営業を掛けることが出来るだけでなく、オンラインで「Web商談」を行うことが出来るようになっています。
Web商談は、これまで実際に商談を行っていたときのように、用意した資料をパソコンの画面上で共有しながら、相手の顔を見て商談を行うことが可能になっています。
福島県産のトマトを使ったパスタソースのレシピを相談する、といったことももちろん可能になります。

オンラインだからこそ、距離が近くなるような営業スタイルを実現

これまでは遠方の顧客のもとに何時間もかけて電車を乗り継いで出向き、挨拶をして、商談を行うのが当たり前だったかも知れません。
商談を行うのに、何度も関係者と顔を合わせて会議を行い、細かい悩みが出来た時は電話で話を聞き、といったこともあったかも知れません。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、どんなに遠方にある企業でもWeb商談が可能なため、かえって近場にある企業よりも密なコミュニケーションが可能になるといえます。
オンラインで商品の資料を共有し、関係者と会議を行うことももちろん可能で、実際にあって話をするのと遜色がない商談を可能にします。
オンラインで気軽にできるからこそ、会議の頻度を増やして接点を補強し、顧客との距離を縮めていきましょう。

「Web展示会」で福島県の食材の質の高さをアピールする

コロナ禍になり、展示会や催事が自粛傾向にあることから、これまでしていたような営業活動を、大都市圏で行えなくなり、福島県の質の良い食材をアピールする場を失ったりしている企業もあるのではないでしょうか。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、従来行われていた展示会と同様に「Web展示会」を行うことが可能になっています。
オンラインなので開催場所を気にすることなく参加が可能で、自社の商品に合ったテーマの展示会に参加することが可能です。
実際に展示会に出展する場合、商品をアピールするための動画やスライドを使用しながら、商品の説明をすることが出来ます。

福島県産の桃の魅力をWeb展示会でアピールする

例えば、果物に関するWeb展示会が行われることになったとして、自社で取り扱っている福島県産のブランド桃である、伊達の蜜桃を広めるべく、Web展示会に出展したとします。
Web展示会に出展することで、商品の認知度をアップすることが可能になりますが、なんといっても、日本全国7,500社の買い手企業の中で、伊達の蜜桃に興味を持ってくれる企業の情報が集められるので、これまでと違う新たな顧客を掘り起こすことが可能になります。
これまでは地元の果物店や百貨店が、伊達の蜜桃のメインの販売先になっていたとしても、新たな名物パフェを作りたいと思っているカフェチェーンからアプローチを受ける可能性があります。
また、伊達の蜜桃のアピールをするだけでなく、企業アピールをする場としても、これまでのリアルな展示会に出展するよりも、人手やコストをかけずに利用することが出来るので、効率が良いビジネスを展開することが可能になります。
さらに、Web展示会では、通常の展示会で行えるのと同じように、商品に興味を持ってくれた買い手企業と、その場でWeb商談をすることが可能になっています。
Web展示会を積極的に利用して、商品の認知度を高め、営業活動を行っていきましょう。

動画やスライドを使用して、福島県産の海鮮の魅力をアピールする

Web展示会では、実際の展示会と同様に、自社のブースで商品紹介の動画を流して商品アピールを行ったり、スライドを使用したりして商品の詳細な魅力を伝えることが可能です。
普段ならば、急いで顔見知りの企業ブースへと向かってしまうような、忙しい買い手企業の担当者も、時間の余裕がある時に動画を見てくれる可能性が高く、オンラインの強みを生かしたアピールが可能になります。
例えば、常磐ものの海産物全般を取り扱っているとして、展示会参加者に向け、常磐ものの漁の様子について、動画を使用して見てもらうことが可能になるのです。
動画に興味を持って立ち寄ってくれた、これまでに縁がなかった業種の買い手企業とも、Web商談で話を聞いて、ニーズを把握することが出来ます。
これまで常磐ものを取り扱ってきて、街場の料理店や居酒屋が中心の売り先だったとしても、おまかせのボックスを作って一般消費者に販売する予定のある地方の生協から声をかけられ、Web商談をその場で行う、といった、スピード感のある商談を可能にするのです。
展示会のブースに訪ねてくるのが、顔見知りの企業ばかりで、新規開拓が難しいと感じている企業にこそ、Web展示会を活用した営業がパワーを発揮します。
どんどん活用して、新たなビジネスを切り拓いていきましょう。

オンラインならではの、幅広い買い手企業とビジネスを

Web展示会に参加する買い手企業は、日本全国さまざまな地域から参加しています。
もちろん、普段ならば足を運ぶことが難しいような遠方の地域の企業もそこには含まれています。
商品に興味を持っていただけたら、実際に先方に出向き、話を聞いてもらうのが通例ですが、遠くまで出向かなくてもWeb商談が出来るので、日本全国さまざまな地域にある買い手企業に気軽に商品アピールを行うことが可能です。
また、顧客の幅も多種多様です。
食品メーカーやスーパーマーケット、ホテルチェーンなどの大規模な顧客から、個人経営の小さなレストランまで、商品カタログに登録している商品に興味を持っている買い手企業であれば、どのような業種でもマッチングされます。
これまで縁のなかった業種の顧客に商品を売り込むチャンスもあるといえ、そこにはまたとないチャンスが眠っている可能性もあります。
マッチングした見込企業にどんどん営業をしていきましょう。

メルマガ配信でいつもの顧客にも新規契約のチャンスを逃さない

すでに何らかの契約をしている企業には、新たな契約をしてもらえるように、まめにアプローチするのが大切になります。
何かしらのアクションを常に起こしている状況を作り、顧客に意識してもらうことで、こまめに悩み事を聞いたりして、顧客の新たなニーズを掘り起こすことが必要です。
そのきっかけとして、メルマガを配信するのはいかがでしょうか。
季節ごとに変わる食材について、商品紹介とレシピの提案を散りばめたものを作成して送ることで、商品に興味を持ってもらおうというものです。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、メルマガの一斉配信機能がついています。
文章力に自信がなかったり、何を書いていいかわからないという人も、サンプルの文面や作成のコツを伝授するので、安心して取り組むことが出来ます。
季節の情報をたっぷりと盛り込んで、新たな契約のきっかけになるメルマガを配信しましょう。

メルマガの開封率やクリック率から顧客のニーズを分析

メルマガは、作成して配信するだけでは仕事は終わりません。
配信したメルマガを、どれくらいの人たちが開封してくれたのか、また、商品のリンクを実際にクリックしてくれたのはどのくらいの人数か、といった、開封率やクリック率を分析することが重要になります。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、買い手企業ごとに開封したかどうかの確認ができるため、今後のアプローチ方法を練りやすくなっています。
実際に顔を合わせたり、電話したりという、直接の接点が少なかったとしても、こまめにアプローチをすることで、隠れた接点をもつことが、新たな契約のきっかけになることもあります。
実際に商品を売り込むチャンスは無数にあるといえます。
営業の手を緩めないようにしましょう。

即決Martで訳あり商品やお試し商品を販売して、福島県の食材をアピール

日々商品を取り扱っていく中で、正規の上代では販売することの出来ない商品が出ることはよくあることです。
例えば、賞味期限が迫っている加工食品や、規格外の農作物などは、価格を下げて「わけあり商品」として販売するしかない場合があります。
福島県産の質の良いきゅうりでも、傷や色ムラがあったり、大きさが規格に満たないものは、売るのに難儀してしまうこともあるのではないでしょうか。
そういった訳あり商品や、新商品のキャンペーンでお試し商品を販売したい場合に便利なのが、『BtoBプラットフォーム 商談』の「即決Mart」です。
即決Martは、価格を表示して販売する業務用通販サイトで、商品を掲載するだけで準備が完了します。
あとはページにアクセスがあるのを待つだけでいいのです。
新商品のお試し商品をサイトに置いておくだけの「待ちの営業」を簡単に実現するツールにもなるといえ、商品に興味を持つ買い手企業の情報を簡単に得ることが出来ます。
例えば、台風の風雨にさらされて傷ができてしまった梨など、品質は良いのに売りにくい訳あり商品を時々販売するようにしておけば、企業アピールに繋がります。
訳あり商品を無駄にすることもなくなり、フードロスの観点から見ても一石二鳥です。

買い手企業の募集情報を閲覧して営業をするチャンスも

『BtoBプラットフォーム 商談』では、買い手企業が調達カタログに登録した商品の情報を、キーワード検索で見つけて、それを元に営業を掛けることももちろん可能です。
買い手企業が求める商品に関する見積書も、とても簡単に作成することが可能で、商品の提案までスピード感を持って行うことが可能になります。
オンラインで商談を進めていく中で、思いがけない商談に発展することももちろんあるでしょう。
例えば、福島県産のえごま油に興味を持ってくれた買い手企業に話を聞いてみたら、自社で生産しているうつくしまえごま豚の注文が入るというようなこともあり得ます。
『BtoBプラットフォーム 商談』に備わったさまざまな機能を活用し、幅広い提案を行うことが出来るかどうかで、実になる商談ができるかどうかも変わってきます。
たくさんの機能を上手く使いこなして、どんどん顧客の開拓をしていきましょう。

Web受発注で受注ミスを防ぎ、ペーパーレスに

『BtoBプラットフォーム 商談』では、取引伝票もオンラインで発行するため、受発注伝票をいつでもどこでも確認することが可能になります。
そのため、受発注のミスが防げるだけでなく、オフィスのペーパーレス化にも役立つといえます。
買い手企業にとっても、注文書や納品書をオンラインで発行出来るので、煩雑な事務から開放されます。
事務作業の無駄をなくし、業務の効率化に寄与することが出来るのです。

決済代行システムの利用で、新規取引先の売掛金回収も100%保証

例えば、福島県産の川俣シャモを探している、個人の焼鳥店から、大口の宴会用の注文が初めて入ったとします。
商品カタログからマッチングし、Web商談での初めての契約が大口の注文になった、遠方の新規顧客となると、売掛金が大きいと取引に不安が生じるのは当たり前のことだといえます。
万一売掛金の回収ができなかったらと考えると、初回は現金といった条件をつけたりしがちです。
場合によっては二の足を踏むかも知れません。

支払いの不安を一掃することで、攻めのビジネスを

しかし、『BtoBプラットフォーム 商談』には独自の決済代行システムがあります。
新規の取引先でも売掛金回収100%保証となっており、お金に関する不安を感じることなく、新規顧客の開拓を行うことが出来ます。
決済代行の手数料は3%のみで、与信審査の手間とコストを省略。
支払いまでの日数も最短10日と、短いサイトになっています。
しかもオンライン取引のため、請求書を起票する必要もありません。
新規の顧客には質の良い川俣シャモを提供することで、満足の行くサービスを行うことが出来、売掛金の回収はゼロで、新たなビジネスを展開することが出来ます。

売上ランキングを自在に検索して、競合他社を分析!

お土産のお菓子のような、似たような商品を販売している会社が多いジャンルに、新たな商品を投入しようとしている場合、否が応でも競合他社の売上が気になるのではないでしょうか。
『BtoBプラットフォーム 商談』では、業種や地域、期間などを絞り込んで、企業の売上ランキングを表示することが出来ます。
例えば、福島県産のくるみゆべしを秋だけに絞り込んで、自社も含めた売上ランキングを閲覧することで、自社の順位の確認だけでなく、情報収集に活用することも出来ます。
もちろん、くるみゆべしを作っている競合他社の順位以外にも、商品に使用しているキーワードや価格、商品の特徴などを自社のものと比較することで、自社の商品の強みを確認できたり、自社の商品をどのようにアピールすればいいのか、といった分析に利用できます。

もちろん、顧客のニーズ分析にも

『BtoBプラットフォーム 商談』の検索機能を上手に利用すると、顧客のニーズ分析にも利用できます。
業種や地域、期間などで絞り込み、買い手企業が発注した商品のランキングを表示することで、どのような商品が求められているのかを知ることが出来ます。
これを上手く使えば、トレンドの分析や、流行の先取りをすることも可能になります。
これを元に、販売戦略を練るのにも活用できます。
さらに、買い手企業が実際に商品を検索する際、使用する検索キーワードもランキング形式で閲覧することが出来るので、商品を販売する時に使用するキーワードの見直しにも利用できます。

福島県の食材を販売するなら、『BtoBプラットフォーム 商談』で

福島県の食材とひとくちにいっても、非常に多種多様で、よく知られているものからマイナーなものまでさまざまです。
自社で販売している福島県産の商品を、どうしたら上手くアピールできるのかわからない、大都市圏での新規開拓にはコストが掛かりすぎる、営業のノウハウ自体がないなど、営業に関する課題がある企業にこそ、『BtoBプラットフォーム 商談』は威力を発揮してくれます。
『BtoBプラットフォーム 商談』は、売り手企業のさまざまな問題をクリアにし、新たなビジネス創出のお手伝いをします。
これまでなんとなく、ネットにサイトを作ってそのままにしている状態だったとしても、攻めのビジネスを展開するためのノウハウが『BtoBプラットフォーム 商談』には詰まっています。
活用することでビジネス環境がガラリと変わります。
『BtoBプラットフォーム 商談』をぜひご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。