豊かな食の宝庫、秋田の食材を新たに仕入れるには

豊かな食の宝庫、秋田の食材を新たに仕入れるには

日本海に面し、白神山地をはじめとした山や清らかな川など、自然に恵まれた秋田県の食はとても豊かです。
あきたこまちをはじめとした米や、その米を原料とする日本酒、日本海で水揚げされる、ハタハタに代表される魚介類などを使い、生み出された郷土料理など、さまざまなものがあります。
お店のメニューに秋田県の食材や料理を取り入れようと考えたとき、重要なのが仕入先の選定です。
秋田県の食に精通した業者には、卸から生産者までさまざまな業者があり、どこから仕入れをするのがいいのか悩む方も多いのではないかと思います。
今は現地に行かなくても、ネットで業者を探すことも出来るようになりましたが、検索して表示されるすべての業者を、上から順にチェックして、自分のお店のコンセプトやメニューに合う食材を探していくのはとても手間がかかります。
ここなら合いそうという業者が見つかっても、実際にぴったり合う食材を常に提供してくれるとは限りません。
そうしたお悩みにお応えするのが、BtoBプラットフォーム 商談です。備わった機能をフルに使えば、お店に合った食材を上手に仕入れることが可能です。

秋田県のハタハタを、圧倒的な数の中からマッチング

秋田県の食材といって思い浮かぶものにどんなものが挙げられるでしょうか。
きりたんぽなどの米加工品もありますが、しょっつる鍋にも使われるハタハタは、秋田県の魚でもあり、質が高いことで知られています。
徹底した資源管理のもとで漁獲量を調整しながら水揚げされる秋田県のハタハタは、さまざまな料理に使われ、秋田県の生活に密着しています。
例えばお店でハタハタを使った料理を出すことになったとして、どのような料理に使うかで、仕入れるときのハタハタの状態や価格も変わってきます。
頭の中に思い描く商品の状態があったとしても、ネットでひとつひとつ業者に当たるのでは時間や手間がかかってしまいます。
BtoBプラットフォーム 商談なら、手間のかかる業者探しも簡単にできます。
BtoBプラットフォーム 商談の「調達カタログ」に、お店で使うのに必要なハタハタの状態や価格を登録すると、食材を持っている売り手企業からアプローチを受けることができます。
売り手企業の数は全国で1,600社、商品カタログ数は約330,000品にものぼり、圧倒的な数の中からぴったりの商品を見つけることが出来ます。

売り手企業を見つけたら、オンラインで商談を

インターネットが発達する前は、いろいろと食材のことを調べて現地に出向き、訪れた地域の食材をいろいろと持ち帰り、現地の企業に電話で問い合わせて担当者と会い、話を詰めて契約をする、といった仕入れをしていたお店も多いのではないかと思います。
現在はインターネットも発達し、キーワードを検索窓に入れて検索すれば、たくさんの企業が表示され、その中から探すことが出来るようになりました。
しかし、インターネットにある現地の企業の数は膨大で、欲しい情報にたどり着くことが難しく、さらにその中からお店の仕入先候補になる現地の企業を探し出すのは大変なことです。
BtoBプラットフォーム 商談なら、自分が求める商品の詳細な情報を調達カタログに登録してマッチングするため、簡単に売り手企業を見つけることが出来るだけでなく、マッチング後には「Web商談」を利用して、オンラインで売り手企業と商談を行うことができます。
Web商談を上手に利用すれば、売り手企業との契約をするだけでなく、必要な商品の情報を引き出すだけでなく、その他に取り扱っている現地の産品についての情報をもらったり、実際に商品のサンプルをもらって試したりすることも可能になります。
お店のメニューに活かせるような、新たな食材を掘り起こしたり、郷土料理を知るきっかけにもなり、新たなメニューを生み出すことにもなるかもしれません。
ひとつの食材をきっかけに、さまざまな広がりを生むことになるともいえ、メニューのブラッシュアップにも繋がります。Web商談をどんどん利用して、秋田県の食材の情報を引き出していきましょう。

秋田県の野菜や果物の、よりよい生産者を探すには

秋田県でとれる野菜や果物といった農産物、良質なものを作る生産者から仕入れるにはどうすればいいでしょうか。
秋田県の農産物にはさまざまなものがありますが、秋田県ならではの食材も多いといえます。
その中でも名産品として知られる、じゅんさいを探しているとします。
ひとくちに秋田県産のじゅんさいといっても、等級もさまざまあり、大きさも違い、生産者によっても違ってきますし
良い生産者のじゅんさいを取り扱っているかどうかは、実際に商談をして、サンプルを見てみないとなんともいえないことも考えられます。
じゅんさいに限らず、野菜ひとつとっても、売り手企業によって取り扱いに得手不得手の商品がありますので、具体的にどんな物が欲しいのか、はっきりとしたイメージを持っておくことが大切だといえます。
売り手企業によっては、生産者や等級の違う、何種類かのじゅんさいを提案してくれるかも知れません。
その中からより良い生産者のじゅんさいが選べたら、仕入れる側としてはベターだといえます。
自分のお店のメニューを作る上で、ぴったりくる売り手企業を、BtoBプラットフォーム 商談ではマッチング機能を使用して探すことができます。
あらかじめ希望の仕入れ価格や商品の情報を「調達カタログ」に登録することで、マッチングした売り手企業から来た情報を精査すれば、無駄のない商談をすることが可能になります。

売り手企業主催の「Web展示会」で食材を探す

秋田県の食材といっても、非常に幅が広いため、ひとつの売り手企業で、秋田県の食材すべてをカバーすることは不可能だといえます。
BtoBプラットフォーム 商談では、各都道府県の食材の特集が組まれていて、探している食材を見つけやすくなっていたり、売り手企業が「Web展示会」を開催していたりします。
Web展示会は、卸売業者などが行う商品の展示商談会を、オンラインで行うものです。
例えば、料理に使うしょっつるを探しているとして、秋田県の産品を取り扱う売り手企業が催すWeb展示会に参加したとします。
秋田県産のしょっつるといっても、さまざまな会社が作っており、どのメーカーのどういった作り方のしょっつるが、自分の店で扱うのにフィットするかは、短い時間しかない場合、調味料について詳しい売り手企業でないとなかなか提案が難しいかも知れません。
BtoBプラットフォーム 商談のWeb展示会では、秋田県内で作られているありとあらゆるしょっつるについて、まるで実際に展示会に訪れたかのように、担当者から詳細な説明を受けることができたり、気になるものが出てきたら、オンラインでWeb商談をできるようになっています。
さらに、自分のお店の規模やコンセプトなどを、売り手企業の担当者と共有することで、よりよい食材の提案を受けることも可能になります。
Web商談を通じて、売り手企業との信頼関係をしっかりと築きながら、仕入れを通してお店のメニューにさらに磨きをかけていくことが可能になるのです。

秋田県のご当地食材や限定品を探すのにも

豊かな食材のある秋田県ですが、それぞれの地域ごとに根付いた食材や調味料など、現地をよく知る売り手企業でないと、手に入れることのできない食材もあります。
そうした秋田県のご当地食材を探すのには、売り手企業との信頼関係をしっかりと築いて、現地の生の情報を常に引き出せる状態を作っておくことが肝心になります。
地域に埋もれているようなご当地食材にも、お店のメニューに活かすことの出来る食材があるかもしれません。
例えば、いぶりがっこをメニューに使いたいと考えているとして、どういう漬け方や燻し方のいぶりがっこがいいか、探るのは大変なことです。
さまざまなメーカーのものだけでなく、道の駅に収めている個人の生産者のもののような商品まで、自分の店の料理に合う商品を探すとなるとかなり骨が折れるでしょう。
味のイメージがある程度できていて、伝えることができれば、現地の売り手企業に探してもらうことも可能かもしれません。
「調達カタログ」にどういういぶりがっこが欲しいかを登録しておけば、得意分野である売り手企業が対応してくれる可能性があります。
ネットで検索してローラー作戦でサンプルを試すよりも、ずっと効率よくスピーディーに、自分が欲しいと思っているいぶりがっこを手に入れることが可能になります。

幻の野菜「ふくたち」を持つ売り手企業を探しているお店の方にも

秋田県の食材の中には、豊洲などの市場ですらなかなか手に入らない食材もあります。
例えば、「ふくたち」もそういった秋田県の食材のひとつだといえるでしょう。
ふくたちは秋田県南部のみで生産されている野菜で、生産者も少ない野菜です。
ふくたち、という名前は品種名ではなく、誰もがよく知る野菜と同じ種からできる野菜でもあります。
夏に播種して冬に収穫するものを、春までハウスで越冬させ、3月に収穫します。
種の正体は白菜。
とう立ちした状態のものをふくたちと呼び、おひたしや和え物としていただくのが秋田流です。
とう立ちした白菜というとすぐに手に入りそうに感じますが、わざわざハウスで越冬させたものを、収穫できるのはほんの少しの間です。
こうした生産量の少ない野菜を使いたい場合、売り手企業にシーズン前からあらかじめ伝えておく事が必要になりますが、新たに仕入先を探す場合は、信頼の置ける売り手企業を探すことから始めなければなりません。
ネットを検索することで、上位に表示される売り手企業のページにふくたちが記載されていたとしても、事情があって扱わなくなった、といったことがあるのはよくあることです。
BtoBプラットフォーム 商談では、ふくたちを取り扱っている売り手企業を、確実にマッチングすることができるので、そういった無駄足を踏むことはありません。
新たな取引先を見つけるときは、取引先口座を作らなければならない場合があったりと、何かと時間がかかります。
ふくたちが出回る短い期間に合わせられるように、実際の時間的なリミットを見ながら、売り手企業と相談しつつ契約を進めることも可能で、業務上も効率よく、欲しい食材を手に入れることができます。

旬の秋田県食材を探すなら、早めの準備が吉

ふくたちと同様に、どんな食材にも旬があり、そのため、季節ごとに提供する料理が変わるのは、どんな業態でも同じことではないかと思います。
秋田県の食材は、1年を通してさまざまなものがあり、その季節ごとにおいしいものも変わります。
例えば、秋田県の魚として知られるハタハタの漁期は11月後半から12月まで。
鱈汁に使われるマダラは春先まで、初夏にかけて脂が乗るウスメバルは2~6月と、四季折々にさまざまな魚が入れ代わり立ち代わりで旬を迎えます。
そうした旬の魚介類の中で、より良いものを手に入れたいのであれば、やはりゆとりを持った早めの準備が肝心だといえるでしょう。
秋田県の食材は種類も豊富なので、調べていくうちに魅力的な食材に行き着くこともあります。
その中から自分の店のメニューに合ったものを精査するのには、いくつかの売り手企業を比較する必要があるといえます。
BtoBプラットフォーム 商談は、季節ごとのメニューに使用する食材を探すために、調達カタログの登録をするだけでなく、売り手企業が登録している、33万品もの商品カタログを検索して見つけることも出来ます。
気になる食材を持つ企業が、他にどんな食材を持っているかを閲覧することも可能で、さらに気になる食材を新たに見つけて、それが新しいメニューの顔になるといったこともあるかもしれません。
もちろん、契約をしている売り手企業の商品カタログに、欲しい商品が見つからないときは、季節が来るときに取り扱いをするかどうかを問い合わせることも可能です。
さまざまな機能を使いこなすことで業務を効率化し、より良い仕入れができるようになっています。

秋田県の食材を仕入れるなら、BtoBプラットフォーム 商談で

さまざまな農畜産物や水産物がずらりと揃う秋田県。
雪深い土地だからこその食材も多く、秋田ならではの食材もたくさんあります。
その中から自分の店に合ったものを個人で探すのは、非常に大変なことだといえます。
膨大な情報の海で迷子になる前に、BtoBプラットフォーム 商談をご利用ください。
さまざまな食材を持ち、出店審査をクリアした売り手企業の数は1,600社、330,000商品の中から、お店に合った商品がきっと見つかります。
より良い商品を仕入れることで、顧客の満足度も上がること間違いなしです。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。