徳永製菓株式会社

徳永製菓株式会社商品特集コーナー

世界のナッツが瀬戸内に集結。まだ誰も見たことのない景色。
どのような木がなり、どんな花が咲くのか? 花の「色」、実の「香り」、葉の「手触り」、風が吹き抜けていくときの「音」、遥かかなたの産地の光景を、自分たちが体験することでお客様に伝えていきたいと思います。きっかけは、ナッツのことを調べていく中で、アーモンドやピスタチオなどは温暖な気候条件が適しており、それはまさしくオリーブやレモンなどの果樹類が好む気候と同じで、私たちが暮らすこの瀬戸内海沿岸地域が最適なのではないかということを知ったことです。ファーム予定地の生口島(広島県尾道市)はレモンなどの柑橘類で有名で、国産レモン栽培の発祥の地でもあります。私たちはここにアーモンド、ピスタチオ、マカダミアナッツ、くるみ、ピーカンナッツ、ヘーゼルナッツの木を植え育てる、しまなみナッツファームプロジェクトを始めます。6種類のナッツが植えられた農園はまだ日本になく、世界の産地でも基本的には単一のナッツ農園であり、このような事例は聞いたことがありません。まだ誰も見たことのない景色が今から楽しみです。

200年継続企業を目指して

企業情報

耕作放棄地の再活用と循環型モデル「ナッツサイクル」。

しまなみナッツファーム

しまなみナッツファーム

創業明治2年。創業以来の伝統を受け継ぐ

創業明治2年。創業以来の伝統を受け継ぐ

耕作放棄地の再活用と循環型モデル「ナッツサイクル」

耕作放棄地の再活用と循環型モデル「ナッツサイクル」

200年継続企業を目指して

200年継続企業を目指して

  • しまなみナッツファーム
  • 創業明治2年。創業以来の伝統を受け継ぐ
  • 耕作放棄地の再活用と循環型モデル「ナッツサイクル」
  • 200年継続企業を目指して

瀬戸内海を縦断するしまなみ海道のほぼ中央にある生口島は、国内有数のレモンの産地です。最近では「瀬戸田レモン」として注目されるようになってきましたが、この生口島でも農家の高齢化や後継者不足によって、作物が育てられなくなった土地が長期間放置される「耕作放棄問題」が深刻化しています。今回の「しまなみナッツファーム」はこの耕作放棄地にナッツを植える予定です。ナッツを植えることが耕作放棄地の解消に少しでもつながれば良い…そのように考えてこのプロジェクトを進めてまいります。初年度は850坪の耕作放棄地にナッツの苗木を植える予定です。しまなみナッツファームでは、徳永製菓でナッツ・豆菓子を作る際の残渣などを一部、堆肥にしてファームに戻す循環型のモデルを模索する計画です。植物廃棄物を堆肥へアップサイクルさせます。

子どもたちの成長とともに

自分たちでナッツの木を植えること、これはもちろん初めての挑戦です。木を植えて育てていく…これは気の長い仕事で、10年先20年先、いえ50年、100年先でないと成果が見えてこない取り組みです。徳永製菓は今年で創業153年。これまで支えていただいたお客様と地域に感謝しつつ、これから先、200年継続企業を見据えた取り組みとして、ナッツファームプロジェクトに挑戦していきます。植樹祭には子どもたちも参加、「◯◯ちゃんのアーモンドの木」、「◯◯くんのピスタチオの苗木」などを植えていきます。子どもたちの成長とともに、ナッツの木々が将来大きく実を付けてくれることを夢見ながらプロジェクトを進めていきます。

徳永製菓株式会社の商品

きなこ豆

きなこ豆

豆徳の人気定番商品
きなこをたっぷり使いました♪
サクサクの衣に香ばしいきなこをたっぷりまぶしました。贅沢にたっぷりと巻き込まれたきなこが、落花生の風味を引き立てシンプルながらも豊かな味わいを生み出しています。

デイリーナッツ

デイリーナッツ

ナッツの健康をお届けします
4種のナッツに黒大豆をミックス♪
アーモンド・カシュナッツ・くるみ・マカダミアナッツ・黒大豆を食べきりサイズのテトラパックにしました。黒大豆入りは豆菓子やならではのミックス。

十二の心(冬春)

十二の心(冬春)

豆徳の定番ギフト
大切な方への贈り物に一粒一粒丁寧に作りました
彩豊かに、華やかに。選ぶ楽しさと、感謝の心を、豆徳の豆菓子に込めて【心-こころ-】「いつまでもまめにすごせますように」豆徳から願いを込めて。定番の美味しさから新しい味わいまで詰め合わせました。

菓子製造・販売

菓子製造・販売

創業明治2年。創業以来の伝統を受け継ぎつつ、斬新な発想と工夫で常に新しい商品作りに挑戦し続けている。主力の製品は、豆菓子(落花生・大豆・そら豆等)やナッツ(クルミ・アーモンド・カシューナッツ・マカダミアナッツ等)への味付け・チョコレートコーティングを得意としており、年間200種類以上のアイテムを製造しております。また、豆菓子のフライ技術から派生して、野菜と果物を美味しく手軽に食べる事が出来る、野菜果物チップスも取り扱いをしております。

本社所在地 〒720-0055 広島県福山市胡町4-21
代表電話番号/FAX 084-922-2710/084-922-2714
代表者名 上迫 豊
営業所・店舗数 4店舗
資本金 3,000万円
従業員数 60人
年商 12億円
設立年月日 2000年5月22日
URL(HPアドレス) https://www.mametoku.co.jp/
営業代表担当者問い合わせ先 084-922-2710

関連リンク

商品のご購入は、
「BtoB eSmart(無料)」へ

※BtoBプラットフォーム 商談(買い手会員)の方は
ログインしてご購入頂けます。

Web商談会を依頼する(無料)

※Web商談会についての
詳細はこちらをご確認ください。