青森県の質の高い農産物やブランド野菜を仕入れる

りんごの一大産地として知られる青森県は、さまざまな農産物が全国一の出荷量を誇っています。
ごぼうやにんにく、長芋などが盛んに作られ、夏でも比較的冷涼な気候のもと、質の良い野菜を生み出しています。
青森県では、野菜の他にも果物や山菜、お米など、種類も豊富な農産物を出荷しています。
獄きみや毛豆、大鰐温泉もやしなど、いろいろなブランド野菜もあり、徐々に認知も高まっています。
しかし、質の高い青森の農産物や、生産量の少ないブランド野菜を仕入れるのには、信頼の置ける仕入先と取引をすることが肝心になります。
ネットで業者を探すことも可能ですが、検索結果のすべてを確認するのが難しいのはご存知のとおりでしょう。
ネットには大きな会社から個人経営の生産者まで、さまざまな仕入先候補があるといえますが、その中からお店のコンセプトや仕入れたい食材の量、予算など、さまざまな条件をクリアする仕入先を見つけるのには時間と手間がかかります。
そうした悩みにお応えするのが、BtoBプラットフォーム 商談です。
備わった機能を上手に使うことで、お店にぴったりと合った仕入先を見つけることが出来ます。

陸奥湾のホタテを数多くの候補の中からマッチング

青森県の食材は野菜ばかりではありません。
例えば海産物であれば、陸奥湾産のホタテが知られています。
陸奥湾のホタテは全国でトップクラスの生産量を誇ります。
陸奥湾は周りの山々から、ミネラルをたっぷりと含んだ水が海へと流れ込み、餌となる植物プランクトンが海水に豊富に含まれています。
その豊富なプランクトンをエサに、自然と近い形で養殖が行われており、陸奥湾のホタテはうまみだけでなく、濃厚な甘みがあることでも知られています。
陸奥湾のホタテといっても、お店でどんな料理に使うのかで状態や大きさもさまざまです。
そして、仕入先業者によって、活けや生、冷凍など、得意分野も違います。
その業者によって持っている商品も違うので、目星をつけた業者全てに、自分が思い描く商品を持っているかどうか訊くのも手間がかかります。
そんなときに便利なのが、BtoBプラットフォーム 商談の「調達カタログ」の活用です。
自分が使いたいと思うホタテの状態や大きさ、量や予算などを登録しておくことで、実際に食材を持つ売り手企業からアプローチを受けることが出来ます。
売り手企業の数は全国で1,600社あり、商品カタログ数は約330,000品にものぼります。
ネットで検索するよりもさらに圧倒的な数の中から、ぴったりの商品を見つけることが出来るのです。

目当ての商品を見つけたら、オンラインで商談を

青森県の食材を探すならば、欲しい食材がある地域に目星をつけて、現地を訪れて食材を探したり、直接生産者を訪ねたりすることも、コロナ禍前であれば可能でした。
わざわざ足を運ぶことが難しくなってしまった今、そうした仕入先探しをすることは出来ませんが、検索サイトで見つけることの出来ないような、現地の小さな企業を探すのにも、BtoBプラットフォーム 商談は便利です。
BtoBプラットフォーム 商談では、出店審査をパスした数多くの売り手企業が登録していますが、大きな会社だけでなく、地元に密着した小さな企業もたくさん登録しています。
売り手企業が登録している「商品カタログ」を手がかりに、そうした企業を探すことも可能です。
また、自分の欲しい食材を「調達カタログ」に登録することで、ぴったりの企業をマッチングする機能もあり、そうした機能を活用することで、自分のお店にフィットする仕入先を見つけることが出来ます。
売り手企業の商品に興味を持ったら、「Web商談」を利用して、売り手企業の担当者と商談を行うことが出来ます。
自分の店に役立つ食材の情報を担当者から引き出し、お店の営業に活かすことも可能です。
Web商談をどんどん活用して、お店のメニュー作りを行っていきましょう。

青森県産りんごのよりよい生産者を探す

青森県はりんごの一大産地として知られていますが、青森県産のりんごの中でも、特に質の良いものを作る生産者のりんごを仕入れるのは簡単ではありません。
例えば、ふじという品種ひとつとっても、どのような栽培方法で作っているか、糖度や酸度はどうか、大きさや見た目はどうかなど、生産者によって変わってきます。
生産者から直接仕入れることも出来ますが、仕入れの最低ロットが大きいことも多いです。
また、業者から少量を仕入れるにしても、どのような生産者のりんごを取り扱っているかは、実際に話しを詳しく聞かないとわからないといったこともあるかも知れません。
仕入れたいと考えているりんごが、自然栽培や慣行栽培などに関してポリシーがある場合もあるでしょう。
そうした要望をはっきりと売り手企業に提示することで、価格や生産者の違うりんごの中から思ったものを選ぶことも、BtoBプラットフォーム 商談なら可能だといえます。
調達カタログにあらかじめ希望の条件を登録し、マッチングした企業の商品情報を精査すれば、思い描く商品にたどり着くことができ、ピンポイントで指定することで、無駄のない商談を行うことが可能になります。

「Web展示会」に参加して、青森県の新たな食材を探す

青森県の食材といっても、にんにくやほたて、りんごなどのような、一般的によく知られる食材の他にも良い食材が数多くあります。
そうしたメジャーな食材を取り扱う仕入先では、細かな特産品を拾うことは難しいといえ、別の売り手企業との商談を行うことが必要になる場合があります。
BtoBプラットフォーム 商談では、各都道府県の食材の特集が組まれており、目当ての食材が探しやすくなっていたり、売り手企業が開く「Web展示会」に参加することで、食材を探すことが出来るようになっています。
Web展示会は、売り手企業が自社の取り扱い商品をアピールする場となっており、担当者から商品について詳細な話を聞くことが可能です。
例えば、銘柄鶏を探しているとして、青森県のWeb展示会に参加するとします。
青森県では「五穀味鶏」や「めぐみどり」などの銘柄鶏以外に、特産地鶏の「青森シャモロック」が生産されています。
BtoBプラットフォーム 商談では、自分の店で取り扱うのに合ったものを、展示会に参加して吟味するように、比較しながら探すことが出来ます。
Web展示会は1社で行っているものから、地域の業者が数社集まって行っているものなどさまざまで、自分の探す食材を、効率よく探すことが出来ます。
食材を見つけたら、取り扱っている売り手企業の担当者とWeb商談で話をすることも可能で、そこでお店の規模やコンセプトなどを共有しながら、銘柄鶏とともに使うとメニューの幅が出るような、別の食材の提案を受けることも出来ます。
BtoBプラットフォーム 商談では、Web商談を通じて、売り手企業との信頼関係を築きながら、お店のメニューをプラッシュアップする仕入れが可能になるのです。

地元でなければ見つからない調味料を探すのにも

青森県には、さまざまな食材がありますが、地域でとれる農作物や海産物を活かすための、独特の調味料も根付いています。
八方汁やスタミナ源たれといった、青森県独自の調味料は、都市部では知られていないケースも多く、そうした調味料が、料理を作る上で重要な鍵になることもあります。
例えば、料理の薬味にと、三升漬を探しているとします。
三升漬は青森県産の青唐辛子と麹を醤油に漬けた調味料で、季節になれば自作もできますが、出来上がるまでに時間がかかるものでもあり、購入したほうが効率がいいかもしれません。
三升漬はお土産店などで手に入る、小さな瓶詰めで売られており、メーカーもいくつか存在します。
ご当地のお土産食材は、業務用のものを探すのは意外と難しく、欲しいロットに対応していないことも多いかも知れません。
そんなときはBtoBプラットフォーム 商談の「調達カタログ」に登録しておけば、商品を持っている企業の中で対応してくれる売り手企業がマッチングして現れることもあります。
BtoBプラットフォーム 商談なら、1社ずつメーカーを直接当たるよりも、効率よく商談を進めることができます。

青森県の地域限定食材を仕入れるのにも

青森県の食材にはさまざまなものがありますが、小さな町や村でしか生産していないような、地域限定の食材が数多く存在することでも知られています。
必要なときにそうした食材を仕入れるには、売り手企業との信頼関係を築き、食材の情報を引き出しやすい状態を常に作っておくことが大切になります。
例えば、幻の冬野菜として知られている、大鰐温泉もやしを仕入れられないかと考えているとします。
大鰐温泉もやしは痛みやすい野菜でもあり、仕入先業者も非常に限定されている野菜でもあります。
限定された業者から直接仕入れることも可能かもしれませんが、それには信頼関係を築く必要があり、すぐには仕入れることが難しい場合も多いといえます。
そんなとき頼りになるのは、やはり地元に密着し、青森県の特産品を取りまとめている売り手企業です。
BtoBプラットフォーム 商談では、そうした企業をピンポイントで探し出すことも比較的簡単にできます。
大鰐温泉もやしという商品名で検索をかけるだけでなく、調達カタログに登録しておけば、商品カタログに登録していなくても、季節になると取り扱うような売り手企業からアプローチを受けることが出来ます。
時間をかけて信頼関係を作り、食材を仕入れるのは仕入れの醍醐味ともいえるかも知れませんが、便利な機能を使って仕入れたことをきっかけに、売り手企業との縁ができて、他の食材の提案を受けることもあるといえます。
BtoBプラットフォーム 商談をどんどん活用して、よりよいメニューを作っていきましょう。

旬の青森県食材を探すなら、早めに準備を

どんな食材にも旬があります。
季節の食材が取り入れられたメニューを作るのには、その食材の旬の時期を頭に入れておく必要があるでしょう。
通年出回る野菜や果物もありますが、本当の意味で美味しい時期は限られており、その瞬間を切り取るのは、料理を提供する上でとても重要なことです。
例えば青森のりんごは、通年出回るようになっていますが、それは収穫してから冷蔵保存しているからで、1年中収穫できるわけではありません。
美味しい状態で収穫ができるのは2週間程度の短い期間しかありません。
もぎたてのりんごは、冷蔵されているものと比較すると、圧倒的に歯ざわりの新鮮さが違います。
その時期を見逃さないためにも、ゆとりを持った準備をしておくことが大切です。
りんごの品種は非常に多様なので、その中から料理にあったものを探すのは、さまざまな売り手企業の商品を比較する必要があるともいえます。
例えばいろいろな品種のりんごを使ったデザートを考えているとします。
BtoBプラットフォーム 商談なら、調達カタログにりんごの品種を登録しておけば、旬のさまざまなりんごを一手に扱う売り手企業を探すことも可能です。
また、検索をしてりんごを扱っている売り手企業を見つけ出し、他の品種も扱っていないか問い合わせることももちろん可能です。
さまざまな機能を使いこなせば、より良い商談を行うことが可能になり、業務も効率化されるのが、BtoBプラットフォーム 商談の良い点だといえます。

青森県産食材を仕入れるなら、BtoBプラットフォーム 商談で

さまざまな農畜産物や海産物が揃い、小さな町や村でないと手に入らない食材が豊富に揃う青森県。
そうした土地だからこそ、まだまだ発掘されていない魅力的な食材がたくさん見つかる地域でもあります。
その中から自分のお店にぴったりと合うものを個人で探すには、膨大な情報の中を細やかに探していく必要があり、それには時間と労力がかかるといえます。
メニューに反映するには、珍しいだけでなく、品質が良いかどうか、また、使いやすい価格かどうかということも大事な要素となってきます。
それらを踏まえてネットで探すのには、やはり検索上位からローラー作戦であたっていくよりないのが現状だといえるでしょう。
BtoBプラットフォーム 商談では、こうした手間が、調達カタログに欲しい商品を登録するだけの簡単な作業で、売り手企業からアプローチを受けることが可能になります。
パソコンを開けばWeb展示会などで青森県の食材を探すこともでき、参加する売り手企業とオンラインでWeb商談を行うことが可能です。
BtoBプラットフォーム 商談を上手に活用することで、効率よく仕入れを行うことができ、食材を探すのにかかっていた時間を圧縮することが出来ます。
これまで狭い範囲で行っていた仕入れを、売り手企業1,600社、330,000商品の中から選りすぐった、より良いものに変更することで、顧客の満足度も上がること間違いなしです。
青森県の食材を仕入れるなら、ぜひBtoBプラットフォーム 商談をご利用ください。

監修者

アートアンドヘルスケア株式会社 代表取締役 森下浩隆(もりしたひろたか)

アートアンドヘルスケア株式会社

代表取締役 森下もりした浩隆ひろたか-Morishita Hirotaka-

『「いいもの、いい会社」を広める支援することで、世界を一歩前進させる!』という想いで「食品、サプリメント、化粧品等で累計500億の販売してきたノウハウ」を提供しているコンサルタントEC売上4000万を1年半で1億2000万に。【年商3億→年商100億などの実績あり】
集客法、リピート促進法(ファン作り)、また販売のシステム化のアドバイス、実装までを支援してます。