メニュー原価管理・アレルギー情報
管理が簡単に出来る最強の仕組み

メニューは
外食産業の財産です!

BtoBプラットフォーム規格書
メニュー管理
  • メニュー原価、原価率の管理
  • アレルギー、原産国表示の管理
  • メニューを全店舗共通のマニュアルとして活用
メニューの原価率、アレルギー情報、調理工程を一元管理・共有できる仕組みです。
BtoBプラットフォーム 規格書 メニュー管理は、これまでエクセルなどでバラバラに管理していた「原価管理」「アレルギー情報」「調理工程」を一元管理し、本部や指定した店舗と情報を共有できるシステムです。メニューの原価・原価率・アレルギー情報を自動算出でき、業務の効率化がはかれます。また、メニュー作成から閲覧、編集まで各工程ごとに権限を設けられるため、あらゆる運用パターンに対応できます。

メニュー管理全体図

メニュー管理画面

メニュー管理画面

こんなお悩みはありませんか?

原価管理

  • 仕入品の単価・単位の入手が困難。
  • 最新原価での原価計算ができていない。
  • 店舗での代替品原料まで管理できていない。

原価・原価率の管理ができる!

仕入データを登録するだけで原価・原価率を自動計算します。
※仕入れ用基幹システムとのデータ連携が可能です。

詳しくはこちら

アレルギー・原産国管理

  • 仕入品のアレルギー・原産国の入手が困難。
  • 25アレルギーまで対応できていない。(情報を持っていない)
  • 原産国情報のメンテナンスが追いつかない。

アレルギー・原産国管理ができる!

メニューごとのアレルギー、原産国、カロリー等を管理できるためお客様への問い合わせ対応業務がスムーズに行えます。

詳しくはこちら

調理工程管理

  • 調理工程が書類化されていない。
  • 調理工程が店舗へ共有されていない。

調理マニュアルとして活用できる!

自社メニューの原価率、アレルギー情報、調理工程を一元管理できます!

詳しくはこちら

BtoBプラットフォーム 規格書 メニュー管理導入の5つのメリット

画面紹介

「BtoBプラットフォーム 規格書 メニュー管理」では、メニューごとに、下記項目を管理できます。
原価・原価率 アレルギー情報 分量表 調理工程(写真付き)
画面紹介

データの自動取込

「BtoBプラットフォーム 受発注」「BtoBプラットフォーム 規格書」のデータを自動取込することができます。 メニューの構成に関わる材料情報、アレルギー・原産国表示<規格書>とメニューごとの原価・原価率<受発注>のデータを自動取込することで、管理の徹底と業務の効率化が可能です。

BtoBプラットフォーム受発注
仕入データを自動取込するため、入力に手間がかからず、正確な数値で原価・原価率を算出できます。 BtoBプラットフォーム 受発注サイトはこちら
BtoBプラットフォーム規格書
規格書データを自動取込するため、入力の手間がかからず、正確にアレルギー・原産国の情報が算出できます。 BtoBプラットフォーム 規格書サイトはこちら

自社メニューの原価率、アレルギー情報、調理工程を一元管理できる仕組みを
もっと詳しく知りたい方は

  • お問い合わせ資料請求
  • お電話でのお問い合わせ 0120-935-737